A 回答 (4件)

安野モヨコ「働きマン」雑誌記者


http://www.hataraki-anime.com/

池田さとみ「B/W 雑誌記者・渡瀬法子の事件簿」雑誌記者
http://www.comicpark.net/cat/detail.asp?sitekey= …

国友やすゆき「AD物語」コピーライター
http://www.comicpark.net/cat/detail.asp?sitekey= …

岡崎二郎「大平面の小さな罪」広告デザイナーhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4091842216

小林博美「チャンネル・0(ラブ)」CM企画
    • good
    • 0

原秀則「サムデイ」


テーマは大学生の就職活動ですが、きっかけネオン広告のアルバイトを始めてその業界の就職を考える内容です。広告業界の話しが出てくるのは後半になってからです。

参考URL:http://www.s-book.com/plsql/com2_series?tid=6891
    • good
    • 0

かなり古く、手に入らない可能性が大ですが、ホイチョイプロダクション


の気まぐれコンセプトが面白いですね。
    • good
    • 0

ちょっと古いけど…



『A.A.Lady アド・エージェンシー・レディ』的場健(画) デニス・フランシス(作)
 大手広告代理店を舞台に、実力派社員と社長令嬢の2大女傑が対決する会社漫画。

『企画あり』国友やすゆき(著)
 大手広告代理店を辞めさせられた凄腕の男が活躍する大人向け漫画。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職業マンガ広告代理店もしくはテレビ局で働く人にスポットの当たったマンガを教えてください。

職業マンガ
広告代理店もしくはテレビ局で働く人にスポットの当たったマンガを教えてください。

Aベストアンサー

島耕作も、一時期、宣伝担当の部署に。

Q詐欺などをテーマにしたマンガ教えてください

クロサギやカバチタレ、ナニワ金融道などのジャンルのマンガが読みたいです。オススメを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『ダブル・フェイス』細野不二彦(著)
 表の顔は手品好きの街金融の営業マン、裏の顔は謎の債権取立人。2つの顔を持つ男が、世に蔓延る詐欺師や悪徳業者を退治するヒーロー漫画です。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07110508

Qはがき職人をテーマにしたマンガのタイトル

以前週刊少年チャンピョンではがき職人をテーマにしたマンガがあったのですが、そのタイトルが思い出せないので、わかる方、教えてください。
高田延彦そっくりな人がラジオDJで、内容はナイナイのANNのネタコーナーをなぞった感じで面白かったのですが、いつの間にか見なくなって、どうなったかずっと気になってます。
ちゃんと最終回があったのか、他の事情があったのか、知っている方がいましたらあわせて教えてください!宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

3年くらい前の今頃連載していたと思います。
 
『フリオチ』【堀 雅人】ではないでしょうか?
 

Q「卒業」「新生活」をテーマにしたマンガを紹介してください

卒業のシーズンです。卒業をテーマにした内容のまんが、コミックを教えて下さい。題名に「卒業」が付いてなくても内容がそうであれば、OKです。
「恋」の卒業、子供から大人への卒業、親からの卒業、いろいろあると思います。
「新生活」をテーマにしたまんがもご存知ならば教えて下さい。
都会に出て行くとか…。
まんが喫茶を経営していて(恥ずかしながらまんがは好きですけど、詳しくなのです。)今度そのテーマでコーナーを作ろうと思いますので…。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私のお勧めは、和田尚子さんの「片道切符」シリーズ(集英社マーガレットコミックス)です。
 主人公・麻里(ニックネーム「天ちゃん」)は、T大一直線の内気なガリ勉の高校生ですが、同じ学校に憧れの人がいます。その人は、武来君といってバスケしか頭にない、何でも言いたい放題、独立独歩の近寄りがたい少年です。ある日、麻里はバスケ部のマネージャーをしている友人に一芝居してもらい、代わりにマネージャーを務めることになり・・・というストーリーです。
 このお話は以後、「途中下車」「時間旅行」「夜間飛行」「銀河列車」「春色歩道」「初冬街路」「湾岸道路 前・後」まで続編があります。
高校生~社会人までのお話です。子供から大人へ、親からの卒業という内容にぴったりだと思います。麻里&武来君の成長ストーリーです(特に麻里の)。麻里のひたむきな恋心に感動!です。片思い中に読むと、感情移入しすぎてぼろぼろに泣けます。ぜひぜひお店に置いて下さい!

 もともと武来君は「ハッピーエンドの一片」という作品の脇役で描かれていたキャラです。こちらの作品は卒業というテーマには合いませんが、合わせて読むと2倍楽しめるかも知れません。

私のお勧めは、和田尚子さんの「片道切符」シリーズ(集英社マーガレットコミックス)です。
 主人公・麻里(ニックネーム「天ちゃん」)は、T大一直線の内気なガリ勉の高校生ですが、同じ学校に憧れの人がいます。その人は、武来君といってバスケしか頭にない、何でも言いたい放題、独立独歩の近寄りがたい少年です。ある日、麻里はバスケ部のマネージャーをしている友人に一芝居してもらい、代わりにマネージャーを務めることになり・・・というストーリーです。
 このお話は以後、「途中下車」「時間旅行」...続きを読む

Q同人誌業界はマンガ業界のインディーズといっていいんでしょうか?

具体的に質問したいことはタイトルの通りなのですが、そのほかに一つ伺うとするなら、同人とインディーズには何か違いがあるのでしょうか?

僕の知る限りのことで言うと、どちらもプロとアマチュアの中間的な立ち位置にみえますが、どこか違いもあるように感じます。

音楽業界など「インディーズ」と呼ばれる業界ではメジャーデビューの足掛かりだったり、創作活動の一環で活躍したりと創作的・商業的な雰囲気がある一方で、同人誌業界では二次創作品の多さなどからどちらかというアマチュア主体な傾向がある、というのは感じます。
とはいえ同人活動のオリジナル作品でプロデビューする人もいれば、逆に個人サークルでコミックマーケットなどに参加するプロの人もいる、などといった業界事情があるという情報を知っているだけで、なにぶんこうした世界に飛び込んだ経験はなく具体的に何が一緒で何が違うかよくわかりません。

そもそも、僕は昔から漫画やアニメに限らず、音楽、映画などが好きで、以前から同人やインディーズに興味があり、どんな共通点や違いがあるのか疑問に考えていました。

いちいち業界がどんな位置づけなのか、なんて決めつけるような野暮ったい質問だと自分でも感じますが、WEB上で一度いろんな人の意見を伺いたいと思い投稿させていただきました。
ぜひともご意見をお寄せください。

なお、実際に同人活動をやっている方によっては、偏屈な文面の投稿だと気に障られるかもしれませんが、あえて自分の疑問に思うことを正直に書きました。よって、大変に不快な思いをされるようでしたらお詫びを申し上げます。

では、よろしくお願いいたします。

具体的に質問したいことはタイトルの通りなのですが、そのほかに一つ伺うとするなら、同人とインディーズには何か違いがあるのでしょうか?

僕の知る限りのことで言うと、どちらもプロとアマチュアの中間的な立ち位置にみえますが、どこか違いもあるように感じます。

音楽業界など「インディーズ」と呼ばれる業界ではメジャーデビューの足掛かりだったり、創作活動の一環で活躍したりと創作的・商業的な雰囲気がある一方で、同人誌業界では二次創作品の多さなどからどちらかというアマチュア主体な傾向があ...続きを読む

Aベストアンサー

インディーズというのは、インディペンデントを意味しており、メジャーの対立概念として存在しますので、メジャー無しには存在し得ません。
アマチュアって意味じゃないんですよね。

音楽の世界でも、海外で言えば4大メジャー(ユニバーサル、ソニーBMG、ワーナー、EMI)以外はインディーズ扱いとなり、案外有名なアーティストだってインディーズだったりします。有名どころで言えばオアシスなんかそうでしたね。
日本の場合にはレコ協に加盟していればメジャー扱いですのでもう少し幅が広いですが、結局の所「メジャーではない」という意味である事は共通しています。
つまり、インディーズという言葉だけで括るのは無理がある訳です。
特に90年代半ば以降、インディーズシーンの盛り上がりと共に売上も伸びており、かつてのようなメジャーへの足がかり的役割だけでなく、それ単体でも充分ビジネスになるような市場が出来上がりました。ダイキを始めとする全国流通網が出来た事やタワーなどインディーズを積極的に扱う外資系ショップが主流になった事も大きい。プロとしての活動の場がメジャー以外にも広がったのです。アルバムで200万枚売り上げたモンゴル800、インディーズ初の100万枚越えを果たしたハイスタ、彼らをアマチュアだなんて言う人はいないでしょう。他にもインディーズでのリリースしかないにも関わらずしっかりとした地位を築き上げているアーティストは沢山います。

インディーズがプロとアマチュアの中間的な位置というのは間違いではありませんが、先述の様にそれは「メジャーではない」という点でしか語れませんのである意味当然であり、それ以上の意味は無い様に思えます。

では、漫画の世界はどうか?
商業誌と流通が異なるという意味では似ているのですが、いまだに非常にクローズドな世界である点はかなり違います。インディーズのCDはメジャー作品と同様に扱われることが多くなっており、その垣根はもはやジャンル程度の違いでしかありません。しかし同人誌は商業誌とは全く異なるマーケットで成立しており、両者ははっきりと区別されます。
例えば、学校帰りにインディーズとメジャーのCDを同じショップで買って帰るのは普通ですが、同人誌と商業誌を同じ書店で買うのはかなり難しい、という感じです。
漫画というものが雑誌で連載される事が基本にあるというのも影響しているのでしょう。
多分、もっとも大きな特徴は二次創作やアダルトなど法的に危険な(あるいはアウトな)作品がメインであるという点ではないでしょうか。もちろんオリジナル作品も少なからずある事は否定しませんが、大多数の作品が二次創作であることは事実でしょう。インディーズがメジャーの横にある世界だとすれば、同人誌は商業誌の裏にある世界、という感じです。
同じ土俵ではない、と言った方が分かりやすいでしょうか。

同人誌業界でも、オリジナルをメインとし、且つ大手書店でも普通に流通させられるような存在が出てくれば漫画業界のインディーズと言えるんでしょうけれど、それじゃ単に小さな出版社というだけかもしれませんね。

インディーズというのは、インディペンデントを意味しており、メジャーの対立概念として存在しますので、メジャー無しには存在し得ません。
アマチュアって意味じゃないんですよね。

音楽の世界でも、海外で言えば4大メジャー(ユニバーサル、ソニーBMG、ワーナー、EMI)以外はインディーズ扱いとなり、案外有名なアーティストだってインディーズだったりします。有名どころで言えばオアシスなんかそうでしたね。
日本の場合にはレコ協に加盟していればメジャー扱いですのでもう少し幅が広いですが、結局の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報