雪は、通常3℃以下で降ると思いますが、時々6℃ぐらいでも降ることがあると思います。最も気温が高い場合、何度ぐらいで雪が降る可能性があるんでしょうか?たとえば、気温が10℃で雪が降る事はあるのでしょうか?また、実際に6℃以上の高温で雪が観測された記録はあるんでしょうか?

A 回答 (1件)

降雪の条件は、統計的には地上気温2℃、上空1500mの気温が-6℃ が雨になるか雪になるかの境目とされています。

しかし、地上気温が5℃程度でも雪になることがあり、雨か雪かの判断は難しいところです。
http://www.gifu-net.ed.jp/kishou/bbs/ans/a0004.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日の大阪の最低気温は何度

でしたか?
大阪の最低気温をモニタしているのですが
今日に情報を取るのを忘れてしまいました

Aベストアンサー

最低気温だけならこちらの方が見やすいと思います。
明日になれば更新されています。

http://weather.crc.co.jp/weatherchart/src/0403_47772.htm

参考URL:http://weather.crc.co.jp/weatherchart/src/0403_47772.htm

Q火星には雨、雪は一切降らない?

火星には雨、雪は一切降りませんか?なら何故
氷が存在するんでしょう。

Aベストアンサー

気圧が低いので地球のように水が液体として存在することが難しいようです。地球の高山で水が低温で沸騰してしまうのと同じ原理ですね。
水の氷が全くないわけではないみたいですが、氷の多くはドライアイスだそうですよ。

Q雪が降っている夜に月が見えるか?

突飛な質問で申し訳ありません。冬、雪が降っている時に三日月が見えるというような情景があるでしょうか。教えていただけますか。

Aベストアンサー

充分あり得ます。
多くの場合は雲の合間の晴れている部分に月が見えます。
海岸の場合には遠くの海上に雪雲があって、海岸の上空が腫れているような場合には、晴れていても雪が降ってくることがあります。

お住いはどちらでしょうか。
雪国などでは雪花などと呼ばれます。
雪は雨と違いまして軽いために風に乗ります。
雪が降っている時に風があるとそっくり風下へ流されていきます。
結果として離れた風下に雪が降るという現象になります。
又寒冷地の場合には積もった雪の表面が風で砂ぼこりのように舞い上がります。
地吹雪と呼ばれています。
この舞い上がった雪が離れた場所で降ることがあります。

上空の風が強いと地上に降らずに風下へと流れていくことがあります。
この場合は三日月の前を雪が通り抜けていくように見えます。

このような現象ですので日中でも起きますし月齢に関係なく起きます。
但し気温が充分低いということが条件です。
気温が高いと飛んできた雪が空中で溶けて雨になってしまいます。

Q来月(3月)は、関東地方平野部(南部)雪が降ると思いますか?

来月(3月)は、関東地方平野部(南部)雪が降ると思いますか?

もう寒いのは勘弁。
週間予報をみると18度という日もありますが、一方でまだ1ケタの気温の日もありました。

早く桜が開花する時期になって欲しいです^^

Aベストアンサー

過去54年間で東京で3月に降雪が無かったのが12年。降雪があったのが42年ですが
平成に入ってからみると降雪が無かったのが10年です。

平成に入ってからでは五分五分と言うところですが
今年の気候を考えると降る確率のほうが少し高いかなと思います。

Q水星を観測したいのですが(黒点観測用の投影板)

「太陽横切る水星を全国で観測可能 9日朝、次は26年後」
http://www.asahi.com/science/news/TKY200611060308.html

記事によると、黒点観測用の投影板が必要とあります。
これはどうやって入手できますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

望遠鏡取扱店・大きなめがね店・大規模カメラ店などで手に入るかもしれませんが、
厳密に記録をとったりスケッチしたりする必要がなければ丈夫な紙などで投影板の
代用ができます。
以下、万が一「投影板」が入手できなかったときの参考まで。

望遠鏡の接眼レンズ(ふつう目で覗くところ)から数十センチ離したところに画用紙や
厚紙などの紙を持ち、紙に太陽が写るように大まかにピントを合わせます。
(このとき、接眼レンズと紙の間が長いほど太陽の像は大きくなりますが、それに
つれて像が暗くなっていきます。)
その後は紙を接眼レンズに近づけたり遠ざけたりしてくっきりと見える位置を探します。

この紙に直射日光が当たらないように太陽の光をさえぎる工夫をするとコントラストが
上がり黒点や太陽面通過中の水星がくっきり見えるようになります。
このあたりの構造はNo2の方が紹介されているサイトの「投影板」の写真などが参考に
なると思います。

屈折望遠鏡でプリズムなどを使って90度光軸を曲げられる、あるいは反射望遠鏡など
であれば直射光の遮蔽は比較的簡単にできます。(太陽を投影する紙の一辺を数センチ
直角に折り曲げるだけでOK)

これらすべてを一人でやるのは難しいですが、おおぜいで安全に楽しめる方法です。
前の日にもし天気がよければ予行演習をしておくといいと思います。

望遠鏡取扱店・大きなめがね店・大規模カメラ店などで手に入るかもしれませんが、
厳密に記録をとったりスケッチしたりする必要がなければ丈夫な紙などで投影板の
代用ができます。
以下、万が一「投影板」が入手できなかったときの参考まで。

望遠鏡の接眼レンズ(ふつう目で覗くところ)から数十センチ離したところに画用紙や
厚紙などの紙を持ち、紙に太陽が写るように大まかにピントを合わせます。
(このとき、接眼レンズと紙の間が長いほど太陽の像は大きくなりますが、それに
つれて像が暗くなっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報