ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

クランプメータの購入を検討しています。

調べたところ、正弦波以外の波形の測定に適したTrueRMS(真の実効値)タイプのクランプメータがあるようですが、
安価な一般タイプより「真の実効値」タイプを購入した方が無難でしょうか?

用途は三相動力モータ、および単相三線の電流測定です。
機械の保全、電力量の概算などに使用する予定ですので、どうぞアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

電流計には、真の実効値型とそうでないものがあります。

そうでないものは正確には「平均値整流実効値換算型」といいます。平均値整流回路は安価ですから、それを通して平均電流を測定したあと、強引に係数を掛けて実効値に換算して表示します。この係数は正弦波のときの係数です。測定する電流が正弦波の場合は正確に表示されますが、正弦波でない場合は誤差が大きくなります。

3相モータの電流は、インバータを使用していなければ正弦波ですから正確に表示されますが、インバータの場合は不正確になります。単相3線は、いろいろな負荷がつながっており、一般に正弦波とは全然違う波形になりますから、真の実効値型が良いです。たとえばパソコンの入力電流などは、正弦波とは似ても似つかない電流波形ですから、誤差は数十パーセントにもなることがあります。

相対値(前よりも増えたとか減ったとかを比較する)が分かれば良いのであれば一般タイプでも使えますが、電力量を知るなど値自体を正確に測定する必要がある場合は、値段は高いですが真の実効値形が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
逆に、この「真の実効値型」タイプの場合、正弦波の測定には不向きということはありませんか?
お手数ですが、よろしくお願いします。

お礼日時:2007/01/07 19:48

>>逆に、この「真の実効値型」タイプの場合、正弦波の測定には不向きということはありませんか?



それはありません。「真の実効値形」は実効値の定義式通りの演算をCPUで行いますので、波形にかかわらず正確な実効値を表示します。よって、正弦波電流を測定する場合は、「真の実効値型」も「平均値整流実効値換算型」も、同じ値を示します。もちろんCPUのサンプリング時間の問題からあまり高い周波数成分は測定できませんが。

なお、一昔前は「平均値整流実効値換算型」が一般的でしたので、昔のデータとの比較に使用するため、真の実効値形測定器は「平均値整流実効値換算型」として動作するモードも持っているのが普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/08 01:45

たとえば、整流器負荷とか放電灯照明(水銀灯など)の負荷電流実行値を計りたいときには、true rms型の方が良いでしょうが、


機器の保全や電力量の概算に使うくらいでしたら、一般の型(平均値換算)でも十分かと思います。
(電力量計算には、実効値だけでなく力率(基本波力率以外に高調波力率も)も必要になるので、実効値測定だけにこだわっても、、と思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方の使用目的なら平均値タイプでもOKですね。

お礼日時:2007/01/07 19:25

TrueRMS(真の実効値)タイプは、しらないのですが・・・



普通、クランプメータって、かなり、誤差ありますよね。
結局、直列に入れて測定する電流計や、
分流して、その電圧降下から、電流を測定すめ方法は、かなり正確だと思いますが、

クランプメータは、間接的なので、ちょっと、クランプの仕方、角度、また、その他、結構、外界に影響されやすいですね。

機械の保全、電力量の概算などに使用する予定なら、特に、そんなにシビアでなくてもいいんしゃないでしょうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
クランプメータって、多少の誤差が生じるものですね。

お礼日時:2007/01/07 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Qクランプメーターは、インバータの1次側or2次側のどっちでみたらいいのでしょうか?

モーターのW値をみるとき、クランプメーターは、インバータの1次側or2次側のどっちでみたらいいのでしょうか?

 今までは、2次側(出力側川)でみてましたが、それだと真値ではないと指摘されたのですが・・・

 2次側だと電圧・電流ともに変化しているからとのことでした。

当方、電気の知識はほとんど持ち合わせておりません。
できるだけやさしくご教示いただきたくよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ほかの方もおっしゃっていますが、本当の「クランプメーター」では電力は測れませんので、おっしゃっているのが「クランプパワーメーター」であるという前提で、お話をさせていただきます。

最近のクランプパワーメーターは、どちらでも測れるようになっているものが多いのですが、インバータの二次側の電流・電圧波形が正確な正弦波になっていないため、一昔前のメーターや簡易的なメーターでは、二次側では正確に測れない場合がありました。したがって、一次側のほうが正確に測りやすいということができます。
とはいえ、一次側でなら、古いタイプの計測器でも正確に測れるとも限りません。インバーターは物にもよりますが、ノイズの発生源となることが多いので、計測器に相当な狂いを生じることがあります。不用意に古い計器であたるくらいなら、No.3さんの言うように、インバーターの指示値を見たほうが正確な場合があります。

インバーターは油断しているとかなり泣きを見ます。くれぐれもご油断なさらぬよう。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報