こんばんわ。
進学のための貯金にと、毎月4,5万円貯金しています。もちろん、アルバイトのバイト代です。

どうせ預けるのなら、利率がいい所を探しているのですが、ドコも同じでしょうか?
現在、三菱東京UFJ銀行の自動積み立て定期預金に預金しています。
毎月必ず預金できるかは・・・わかりません。なので自動積み立てなのですが・・・。
一応、現在は15万円しかありません。まだ3ヶ月しか経っていないので・・・。

ドコかよさそうなサービスはないでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ソニー銀行の円預金は高金利です。


今日現在の10万円を預けた場合で1ヶ月定期を作ると年0.316%と高金利です。
普通預金だって0.2%もありますし、積み立て定期預金もあるので、一度検討して見て下さい。

参考URL:http://moneykit.net/visitor/rate/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごい金利が高いですね!!
積み立て定期預金で1年にしようと思います
ありがとうございました!

お礼日時:2007/01/08 19:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貯金150万円、毎月の貯金費用12万円、住宅ローン3000万円、どうしますか?

現在、預金が150万円。
毎月の貯金用資金が月12万円。
住宅ローンが3000万円程(利息1.8%、残り34年)
みなさんならどういう資産設計を行いますか?
株、債券、繰り上げ返済、是非、みなさんの考えを教えてください。

Aベストアンサー

1.預貯金の増強。目標300万円。万一、働けなくなって無収入でも1年間は生活できる資金です。人により額は異なってきます。とりあえず300万円としました。
2.繰上げ返済、繰上げ返済用の資金を預貯金に貯め、手数料などを考えて行う。
3.繰上げ返済により負担しなくなった利息分を投資に回す。

こんなところでしょうか、住宅ローンは大きなリスクを取っていることなので、リスクを取り過ぎないようにコントロールすることを考えます。早い話、自分が住む家はキャッシュを生まないので資産でなくて負債に近い存在と考えています。

Q国内証券会社に預金中の1,500万円の運用法について

現在、野村證券MRFに1,500万円預金中です。日本国家破産⇒ハイパーインフレなど物騒な話題もありますので、海外分散投資を始めました。(日本が破産するとは考えていませんが、インフレへの対処は必要かと思っていますし、将来の円安を懸念します。)
近日に内1,000万円でUS$MMF購入、500万円をマネックス証券に移しユーロMMFを購入。
その後、野村證券にて、US$MMFを資金にUSゼロクーポン国債を購入しようかと考えていますが、以下についてアドバイスを頂ければ幸いです。良きFPに巡り逢えません。みなさまの御意見を聞かせてください。
(1)私の投資方針は適切と思われますか?
(2)US金利は上昇基調のようですが、US国債は一括で購入したほうが良いですか?分散して(金利情勢などのタイミングを探りつつ)購入していくほうが良いですか?
なお、現在の主な流動性資産保有状況は以下のとおりです。資産の利用方法は老後資金(現在67歳です)で今後30年は生きるつもりです。年収は年額60万円程度の国民年金だけです。借入金はありません。海外に住むつもりはありません。
国内預貯金 4,000万円
野村證券 MRF1,500万円
国内株式 6銘柄 2,500万円
国内銀行での株式投資信託 6種類 1,000万円
国内銀行でのドル建個人年金保険  750万円相当額
海外証券会社(Ameritrade)ETF5種類 800万円相当額

*ユーロMMFは、為替手数料が安いマネックス証券に移した上で、外貨でもローリスクで運用したい(適切な投資対象を知りません)ので、当面そのままで保有しようかと思っています。
なお、1,000万円は、企業規模を考慮して、若干手数料でのデメリットはあるでしょうが野村證券で運用しようかと思っています。

現在、野村證券MRFに1,500万円預金中です。日本国家破産⇒ハイパーインフレなど物騒な話題もありますので、海外分散投資を始めました。(日本が破産するとは考えていませんが、インフレへの対処は必要かと思っていますし、将来の円安を懸念します。)
近日に内1,000万円でUS$MMF購入、500万円をマネックス証券に移しユーロMMFを購入。
その後、野村證券にて、US$MMFを資金にUSゼロクーポン国債を購入しようかと考えていますが、以下についてアドバイスを頂ければ幸いです。良きFPに巡り逢え...続きを読む

Aベストアンサー

私から1つ意見を出します。
野村證券の外債系商品ラインナップは4つあります。
1:外貨MMF 2:BST(ボンドセレクトトラスト)
3:ゼロクーポン債 4:利付債
外貨MMF、BSTは短期金利型金融商品ですが、外貨MMFは分配金を出して、そこから20%の源泉分離課税が適用されるのに対して、BSTは基準価額が上がっていくタイプの商品で、信託終了日前までに売却すれば、値上り分は非課税です。
つまり、外貨MMFよりもBSTの方が税法上有利ですから、長期保有なら為替手数料分は元が取れるのでは?。
通貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、スターリングポンドなどがあります。

ゼロクーポン債については、現在のアメリカの金利が安いので、一括購入すると、長期金利が上がった時に金利を取り損ねる可能性があると思われます。
ですから、短期のゼロクーポン債か、あるいは状況を見ながら分割して購入するかのどちらかだと思いますが、その際、税金には気をつけてください。

この点は、私は余り得意な分野ではないので他の方にお願いしますが、その理由は以下の通りです。
公的年金60万円の所得(公的年金控除額が140万円あるので実質0)でも、株式配当金総額と保険の満期金が一括が分割かでアドバイスが違ってきます。

ゼロクーポン債は中途売却して利益を得る方法ならば年間50万円非課税になりますが、償還日まで持つと償還差益は雑所得として超過累進課税が適用になりますが、課税所得が低ければ、利付債の税金よりも安くなる場合があります。
問題になるのは、ドル建個人年金保険の利益が雑所得(不利な所得)か一時所得(年間50万円の特別控除)になるのかが分からない点です。
ですから、「経済状況だけ」よりも「税金面まで総合的」に考えた場合、かなり税金に詳しい人でないと答えられない点です。

私から1つ意見を出します。
野村證券の外債系商品ラインナップは4つあります。
1:外貨MMF 2:BST(ボンドセレクトトラスト)
3:ゼロクーポン債 4:利付債
外貨MMF、BSTは短期金利型金融商品ですが、外貨MMFは分配金を出して、そこから20%の源泉分離課税が適用されるのに対して、BSTは基準価額が上がっていくタイプの商品で、信託終了日前までに売却すれば、値上り分は非課税です。
つまり、外貨MMFよりもBSTの方が税法上有利ですから、長期保有なら為替手数料分は元が...続きを読む

Q預金口座の利率について

預金口座を開設しようかなと思っているのですが、
イマイチ分からない事があります。
開設しようかなと思っている(アメリカの)口座は普通のinterest rate(利率ですよね?)と
APY(annual percentage yield)があります。
仮に$100で口座開設した場合、利子率の計算はどうなるんでしょうか?
ちなみに、両方とも利子は0.50%となっています…
必要ならば、補足はします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>単純計算で、$100*0.50=$150という事になるのですか??

すごい都合良い計算ですね。それ50パーセントですよ。
銀行が倒産します。パーセントと算数もう一度勉強しなおしては。

一年預けるとxx%、それ以下だとyy%で日割り或いは
月割りで適用すると言うことです。

貴方大丈夫ですか。

Q金積み立て・プラチナ積み立て

タイトルとおり、金・プラチナの定期積み立てをしようとおもっています。

価格のグラフからは、まだ価格上昇するでしょうから、始めるのには良い時期かなと思っています。
以下の質問に御回答ください

1. まず、金とプラチナのどちらを積み立てるべきでしょうか?

2. 次に、ネットではあまり情報が集まらないのですが、手数料が少ないとか、信用があるとか、お勧めのお店はあるでしょうか?

乱文にてすいませんが、よろしく御願い申し上げます

Aベストアンサー

こんにちは
参考までにですが
簡単に読めない世界ですので
お客様にも言うのですが、お金が余っている分をするのはいいと思います
でも増やそうと思ってはうまく行かないと思います。と
リスクのある世界ですので
田中か三菱をお勧めいたしますが
http://www.tanaka.co.jp/index.html

http://www.mmc.co.jp/gold/

こちらは問い合わせてみてください
http://www.ishifuku.co.jp/Teigaku/index.html

Q日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます

日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます。
もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。
本人はそれ以上言わないのですが、気になります。
誰かの本を読んでそのような行動をとっているのでしょうが、誰がそう薦めているのでしょう?
また、その手の預金はどんな種類の預金ですか?
外貨建て預金?
なんでしょうか?

Aベストアンサー

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国の国籍に変える以外に方法はありません。
要は日本人なんて止めてしまえば日本が個人に対して課税できないからです。

現在有利な節税方法は長期的には税法上の取り扱いが変更される事はよくある事です。
実は、「もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。」というのは実は非常に馬鹿らしい話なのです。
それが嫌ならば外国国籍に変えるか、資産を大きく増やして税率に負けない運用をするのかのどちらかです。
むしろ、それによって儲かっている金融機関やプライベートバンカーが裏にいる筈です。
それに気付いてほしいのですが・・・

参考URL:http://okwave.jp/qa/q1548395.html

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報