何も数値が与えられずに、人工衛星を静止衛星にする軌道半径は求めれますか???

A 回答 (10件)

静止軌道は地球の自転速度と衛星の周回速度が同じなので地上から見ると静止している用に見える軌道です、赤道上空に1本しかなく、地球から

3万6千キロ離れた軌道を回ります
    • good
    • 0

#7です。



地表での重力の加速度gと地球の半径Rが分かっていれば万有引力定数Gや地球の質量Mが分からなくても構わないというところを補足しておきます。
#6の方が衛星の軌道半径を周期TとGとMで表しておられます。これはケプラーの法則ですね。この式を#7ではT、g、Rで表しています。G、Mはg、Rに変換できます。
GM=gR^2 です。

地表にある質量mの物体に働く重力はmgとなりますがその力の正体は地球からの万有引力であるという関係から導くことが出来ます。
mg=GmM/R^2  となります。

この式は高等学校の物理の教科書に出てきます。

周期Tは静止衛星ということから24時間ということが分かっています。
    • good
    • 0

A3です。



A5 neKo deux さんへ

私の勘違いでした。

9.8と地球半径だけでは無理ですね。これだけでは地球表面を回る衛星の周期しか出ませんね。

すみませんでした。
    • good
    • 0

地球の半径 R[m]


重力の加速度 g[m/s^2]
人工衛星の角速度 ω[rad/s]
人工衛星の軌道半径 r[m]

r^3=gR^2/ω^2

です。
静止衛星の周期は24時間ですから角速度は2π/(24×60×60)[rad/s]になります。
g=9.8[m/s^2]
R=6.4×10^6[m]

r=6.7R になります。地上36万5千kmほどです。
    • good
    • 0

主星に比べ十分に軽い衛星の公転周期は


T=2π√(a^3/GM)
ただしここで
T:公転周期
a:軌道(長)半径
G:万有引力定数
M:主星の質量
で求められます。

ですからここで軌道半径aを求めたいなら
T、G、Mが必要です。
このうちTは(地球に対する)静止衛星という定義から24時間と分かっていますので、残るはGとMの2つ。
ただし必ずしも"この"2つでなくてはいけないと言うことは無く、No3さんのようなさまざまな言い方ができます。
確認はしていませんがそれぞれの間で換算が可能なはずです。
    • good
    • 0

> 3:重力加速度=9.8 と地球の半径 の2つでもOKですかね。


> 3の場合どうやってとけばいいんですかね??

重力加速度=9.8で、半径6500kmで、24時間で1回自転する星。
重力加速度=9.8で、半径6500kmで、24時間で何周か自転する星。

があったとして、静止衛星の軌道半径は、自転速度の影響をモロに受けます。
(2倍の速度で周回するには、もっと近いところでないとならない)
後者では、何周自転するのか分からないと、解けないと思います。

--
こちらが参考になると思います。

ロケッターズ - 理論 - (静止衛星)
http://rocketeer.dip.jp/pbr/theory/stop.htm

最後の式で、
重力定数(万有引力定数)G=6.67259×10^-11[m^3/kgs^2]
円周率π=3.141592
は定数で変化しないものですので、

天体の質量M[kg]
自転の周期T[秒]
を入力すると、静止衛星の軌道半径が計算されます。
    • good
    • 0

A3です。



さきほどの2:

は 月までの距離と 月の公転周期 でいいですね。
    • good
    • 0

1:地球の半径と ふつうの(地表に近い)人工衛星の周期



がわかっていればOKです。

地球の半径は地球一周が4万km を知っていればでます。

人工衛星の周期は約90分。これは常識・・・ではないですね・・・


2:地球の半径と、月までの距離が地球の半径の何倍かを知っていれば、でます。
月の公転周期は約30日?も知ってないとだめですが。

いずれもケプラーの第三法則、公転周期の3乗は公転半径の2乗に比例する、を利用します。

3:重力加速度=9.8 と地球の半径 の2つでもOKですかね。


どちらにしても、何かの値が与えられなければ無理でしょう。

この回答への補足

3の場合どうやってとけばいいんですかね??

補足日時:2007/01/07 23:33
    • good
    • 0

地球の引力と遠心力がつりあうときに静止するはずですが


地球の大きさとか質量とかいろいろな数値がわかって
36、000Kmが出てくるのと違うかな?
何も知らないと難しいのでは?
    • good
    • 0

最低でも、


・天体の質量
・天体の自転の速度や周期
が無いと無理だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q静止衛星を観測するにあたって。

 東京から見ると、静止衛星は仰角45度の南の空にあるそうですが、それは139°46'Eの赤道上空にある静止衛星がみえるのでしょうか?
 また静止衛星を望遠鏡で見るとどのくらいの範囲のものまで見ることができるのでしょうか?(例えば170°Wのものも見ることができるのか。)
 その衛星を観測する際の方位、仰角の求め方も含めて、教えて欲しいです。

Aベストアンサー

静止衛星は赤道上空にたくさん並んでいるので、幾つかの静止衛星が観測可能でしょう。冬なら、オリオン座のM42付近をガイド撮影で撮影してみると、恒星は点に写るのに、静止衛星は線状に写って見えます。
あと、私はよく流星観測と称して寝転がって星を眺めていますがいつも同じ場所に時々キラリと輝く物体があります。最初は流れ星かと思いましたが何回も同じ場所で光るので、静止衛星が自転していて太陽の光を反射したときだけ見えるのかなと思っています。明るさは2~3等くらいで1秒以下の点滅ですので見つけるのは結構難しいかもしれませんが、空のきれいなところに行った時に探してみてください。

Q人工衛星の軌道変換の求め方

人工衛星における円軌道間の軌道変換についてです。
Hohmannの遷移軌道から求められるとは思うのですが
それは元の円軌道半径r1が
目標とする円軌道半径r2より小さい(r1<r2)
すなわち小さい円から大きい円への移動なら成り立つと思います

ここで、もし大きい円半径r2から小さい円半径r1に軌道変換を行う場合の
速度変更量はいったいどう求めるのでしょうか
Hohmann関係は円の接線方向への速度と考えていると思うので
内側の円軌道に移る場合はどう考えるのかわからなかったので
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>もし(r1/r2) < 0.50ならば、内側の円軌道に移るのに必要な速度変更は、外側の円軌道から脱出する速度変更より大きい

△V1,△V2の表現が書かれているサイトを見つけました。

http://aero.kouku-k.ac.jp/nakano/rocket/OD2.htm
http://aero.kouku-k.ac.jp/nakano/rocket/OD.htm

ここにある結果を使うと
r1<r2であれば△V1>△V2です。
外から中へであれば減速になりますが速度変化の大きさについては同じ関係が成り立つと思います。

Q静止衛星を今の2倍の高度に移動し、周回速度も2倍に加速すると、地球からは静止しているように見えるが、

静止衛星が気になって、その算出式を探して、高度などの計算は何とか解決できました。ただし、中身を本当に理解しているのかどうか、自信が持てません。
そこで、仮に、次のように静止衛星を移動したりします。正しく思考しているかどうか、教えて下さい。
今、35,788kmの上空を周回している静止衛星を、仮に、そのほぼ2倍の79,954km{=(35788+6378)×2-6378}上空に瞬時にそのまま移動するとします。そして周回速度も瞬時に今の2倍に加速します。  (6,378kmは地球の半径)
そうすると、とりあえず、この時点でも、地上から見たら、この衛星は静止していますね。ただし、この時点で、衛星は、地球の引力を振切り、宇宙の彼方へ飛んで行きますよね。
奇妙な設問ですが、正しいでしょうか?

Aベストアンサー

静止軌道での速度はだいたい 3 km/s くらいで, 速度をその 2倍にすると 6 km/s. これは, (その距離では) 地球の引力を振り切るのに十分な速度なので地球を離脱する軌道をとる. ただし, 太陽系からは離脱できないはず. つまり「宇宙の彼方へ飛んで行」くことはなく, 太陽をまわる人工惑星になるんじゃないかな.

Q300kg程度の衛星を静止軌道上に打ち上げるロケット

300kg程度の衛星を静止軌道上に打ち上げられる現役のロケットを探しています。

静止衛星上に打ち上げられるロケットとなると、自分で探してみても2トンなど、非常に大きな質量のものを打ち上げるロケットなどしか見つかりません。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オービタル・サイエンス社(ペガサスロケット)

http://www.geocities.com/hhoshi001/content/newlaunch.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%B9_%28%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%29

発射台からではなく、航空機から飛ばすタイプです。
ペガサスの最大打上げ能力は
高度600km・低軌道に325kg、高度600km・太陽同期軌道に250kgの
ペイロード(衛星)が投入可能である。

とあります。

おまけ
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu20/siryo20-1.pdf
6ページあたりも参照。

Q静止衛星の速度は幾らか

TVの衛星放送はパラボラアンテナで電波を受信して楽しめます。とても高度な科学技術の世界が日常生活に溶け込んでいます。衛星が地球から見れば静止しているから可能な訳です。不図考えます。静止衛星と言えば、衛星が静止している訳ではなく、地球の回転に同期して運動している訳です。静止衛星の速度は相当複雑な運動速度の式になるでしょう。その場合の基準座標はどのように考えるのでしょうか。宇宙の運動の基準座標等の話になったら複雑すぎて、お手上げですが。

Aベストアンサー

「静止衛星の速度は?」と質問されたら普通の感覚では以下でしょう。やっぱり。:-)


静止軌道は地表から約36,000Km。地球の半径は約6,400Kmですから、二つを合わせて「半径42,400Kmの円の円周を約24時間で回っている」ということですよ。
円周は2πrだから2×3.14×42,400
24時間を秒にすると24×60×60
これを計算すると答えは「秒速約3Km」ですね。

Q人工衛星の軌道

今度の3月に人工衛星を打ち上げるようですね。
いつも思うことですが、人工衛星は地球の赤道上空を
回るものだと思っていました。人工衛星の原動力は
重力でそれが均等に加わるのは赤道上空と思いました。
地球はきちんとした球ではないからです。
もしくは必ず地球の重心上空をとおって
回っていなきゃいけないと思います。
高度が決まっていて軌道も限られておると、
もう衝突しないようにあげるのは
難しいのではないでしょうか??
衛星の雲なんてのがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

私は宇宙工学関係ですので,
>別の話ですが地球がきちんとした球でないのは
>自転しているからですか??
については一般人,しかも自信なしでお願い致します.

私も知らなかったので,調べてみました.下記URL御参照.

どうも,本当に西洋ナシ型なのではなく,陸地や山があったりなかったりで,
これを平均海水面(ジオイド)を用いて表現すると,西洋ナシ型になるようです.

参考URL:http://mike.medic.mie-u.ac.jp/~kimunori/koumuin/tigaku1.htm

Q静止衛星の問題

地表から高さh(m)の円軌道上を、地球の自転と同じ周期T(s)で、地球の自転と同じ向きに赤道上を回る人工衛星は地上から静止してみえるので静止衛星と言う。地球の質量をM(kg)、人工衛星の質量をm(kg)、地球の半径をR(m)、地表における重力加速度をgとする。
1,静止衛星の角速度ω(rad/s)をTを用いて表せ
2,静止衛星の速度v(m/s)をR,h,Tを用いて答えよ
3.静止衛星の加速度a(m/s2)をR,h、Tを用いて答えよ
お答えください・・・・お願いします

Aベストアンサー

地球の自転周期T=人工衛星の公転周期Tを使って、角速度は
ω=2π/T [1/s]
です。地球の中心から測った人工衛星の円軌道の半径は
r=R+h [m]
ですから、速度は半径×角速度で
v = rω = 2π(R+h)/T [m/s]
加速度は半径×角速度×角速度で
a = r(ω^2)=(R+h)(2π/T)^2 [m/s^2]
となります。
ご質問はここまで。地球と人工衛星の質量、および地表での重力加速度は不要です。

次にhを求めてみましょう。地球の引力による加速度は地球の中心との距離の2乗に反比例することから、地球の引力が人工衛星に及ぼす加速度は
g(R/(R+h))^2
となり、人工衛星がどっかに飛んで行ってしまわないためには、これが求心加速度aに等しくなくちゃいけませんから、
a =g(R/(R+h))^2
よって、
(R+h)(2π/T)^2=g(R/(R+h))^2
だから
(R+h)^3=g(RT/(2π))^2
ゆえに
h = (g((RT/(2π))^2))^(1/3)-R
となります。
2πR =(4.0×10^7) [m]
T=8.6×10^4 [s](≒24時間。実は1年≒365.24日で1+365.24回転するので、(24×365.24/366.24)時間ですけど)
g=9.8[m/s^2]
を使うと、
h=3.6×10^7[m]
が得られます。結局質量M,mは不要です。

地球の自転周期T=人工衛星の公転周期Tを使って、角速度は
ω=2π/T [1/s]
です。地球の中心から測った人工衛星の円軌道の半径は
r=R+h [m]
ですから、速度は半径×角速度で
v = rω = 2π(R+h)/T [m/s]
加速度は半径×角速度×角速度で
a = r(ω^2)=(R+h)(2π/T)^2 [m/s^2]
となります。
ご質問はここまで。地球と人工衛星の質量、および地表での重力加速度は不要です。

次にhを求めてみましょう。地球の引力による加速度は地球の中心との距離の2乗に反比例することから、地球の引力が人工衛星に及ぼす加速度...続きを読む

Q電子軌道半径の求め方

ボーアの原子模型を利用して水素の電子軌道半径を求めたいのですが、
どのようにすればうまく求められるでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=36150
の私の回答No.3をご覧下さい.

Q北朝鮮の上空に静止衛星を上げる事は可能ですか?

北朝鮮の上空に静止衛星を上げる事は可能ですか?

Aベストアンサー

はじめまして
偵察衛星を北朝鮮の上空に打ち上げるということは偵察衛星ということですよね。まあ、静止衛星で偵察していたらもっとくわしく北朝鮮の動きを把握できるということでしょうね。

残念ながら、赤道の上空にしか静止衛星は打ち上げられません。しかも赤道上空ならばどこまでも良いというわけではなく、地球を1周するのにちょうど1日かかる高度3万6000mのところでないとだめなんです。それ以下では早くまわりすぎるし、それ以上では遅くなってしまいます。

もちろん真上でなくても静止衛星から地上を観測できます。しかしいかんせん地球の直径の約3倍も遠いところからでは、地上は詳しく見ることはできません。ですから偵察衛星は解像度を上げるために高度100~200kmというもっと地上に近いところを回ります。

さらに偵察衛星は普通は北極点と南極点をまわるものが多いそうです。この軌道をとれば世界のすべてを撮影できますからね。
何かわからない点があれば、私の知っている範囲でお答えしますよ。

Qs軌道1個、p軌道3個、d軌道5個… となる理由は?

s,p,dなどの軌道は、(半径方向以外の)ノードの数によって分類されているようですが、ノードの数が同じならばエネルギーも同じと見てよいのでしょうか?

また、ノードなしのs軌道やノード1個のp軌道はまだ分かりますが、ノード3個のd軌道が5つしかない理由がよく分かりません。
4つ葉型の3つはxyzに対し対称ですが、残りの2つは対称形になっていません。線形結合すれば同じになりそうな気もするのですが、だとしたらなぜ4つ葉型は3つあるのにこちらは2つで全範囲をカバーできるのでしょうか?
ノードの形はこの5つの他に考えられないのでしょうか?

Aベストアンサー

一つ目の質問ですが、全ノード数が同じなら、という意味でしょうか?
電子一つしかない水素様原子なら、軌道エネルギーは主量子数だけで決まるので、確かにそうなります。
2s = 2p, 3s = 3p = 3d
ですね。
しかし一般の原子だと角運動量子数に依存しますので、主量子数が同じでも角運動量子数が大きい軌道の方がエネルギーは高くなります。
質問にある”ノード”が、動径部分のノードを除いた後の数を比較しているのなら、確かにそういう風に表現することもできるでしょう。しかし、2px = 2py = 2pz, 3dz^2 = ... = 3dx^2-y^2ということを言っているだけなので、あらためて別の表現をする必要も無い気がしますが。

2つ目の質問ですが、まずノードの数の解釈がごっちゃになっていませんか?
質問からすると、動径方向のノードの数を除いて比較されているようですが、それだとd軌道は2個になりますよね?もちろん、主量子数が同じなら全ノード数は共通なので、3s,3p,3dのノードは全て2個ずつです。
また軌道の対称性についてですが、d軌道の形は全てD2hの対称性を持っています(3dz^2だけはD(無限大)hですが)。もちろん、これらの線形結合で他の形状の軌道も作ることができます。しかしそうやって作成した軌道は、結局はもともとの3d軌道の混ぜ合わせでしかありません。
線形代数の言葉で言えば、もとの3d軌道は独立なベクトルである、ということです。

一つ目の質問ですが、全ノード数が同じなら、という意味でしょうか?
電子一つしかない水素様原子なら、軌道エネルギーは主量子数だけで決まるので、確かにそうなります。
2s = 2p, 3s = 3p = 3d
ですね。
しかし一般の原子だと角運動量子数に依存しますので、主量子数が同じでも角運動量子数が大きい軌道の方がエネルギーは高くなります。
質問にある”ノード”が、動径部分のノードを除いた後の数を比較しているのなら、確かにそういう風に表現することもできるでしょう。しかし、2px = 2py = 2pz, 3dz^2 = ....続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報