私はスキーによく行くのですが、最近は車中泊でもアイドリングストップが叫ばれていますよね?そこで数年前から私もシュラフを使用しているのですが、3季物の為か朝方は寒くて目が覚めて、ついついエンジンをかけてしまいあまり意味が無い状態です。アウトドアに関してまったく無知で、シュラフを選ぶ際も値段だけで決めたのですが、安くて良い物がないかと再度購入を考えてます。しかし種類が多い事と、冬場しか使わないという事で決めかねてます。どなたかランニングコストや品質について教えて下さい。また、上手な車中泊の仕方なども教えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

皆さんが答えられたとおりですが,補足的に説明します.


熱は下から上に移動するんだと言うことを覚えてください。冬山で簡易テントでビバーグしたとき,ダウンシュラフに包まりましたが,雪に接触している部分が特に冷たく感じました.上から降る雪に対してはそれほど寒さを覚えませんでした.この経験からすると,車の中での使用ですから,スリーシーズン用のシュラフで十分です.ただシュラフの下を暖かくすることです.車の下が朝方に零下になるため,その冷気を車から直接受けるため寒いのです.
毛布も良いですが夏に使う空気をいれたビーチマットが最適だと思います.
ビーチマットの上に毛布を敷き,3シーズンのシュラフに入る.これで十分です.それでも寒い場合は,シュラフカバーが良いでしょう.間違ってもシュラフの上に重い布団とか毛布を載せないことです.空気の層を潰せばシュラフも単なる布切れです.体温で暖めた空気を逃がさないことが大切ですから!体から離れた部分の空気を暖めるのは大変ですよ。高級なものに頼るのではなくて身近なもので暖を取る方法を考えてください.
野宿してる人の冬の暖房知ってますか?新聞紙ですよ!新聞紙を体に巻きつけるのです.これで空気が逃げなくて暖かいのです.新聞紙をセーターの下に入れて御覧なさい最初はごわごわするけど慣れると暖かくなりますよ.ホカロンと同じです.冷たい空気が体に当たるのを防ぎ体で温められた空気を逃がさないためです.お分かりでしょうか.空気を如何に上手く利用するかで暖は決まります.参考にしていただければ幸いです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわ~!!目からうろこが取れた感じです。お風呂のお湯でもそうですよね(当たってますよね?)熱の移動のお話しは納得です。解りやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/11 10:07

モンベルのシュラフはコストパフォーマンスが高いですよね。

ダウンハガーは、私もオススメします。

あと、アウトドアショップで売っている「エマージェンシーシート」がお勧めです。銀色もしくは金色の薄いフィルムで、タバコの箱くらいの大きさに畳まれて売られています。これをシュラフの外から巻けば、かなり保温性が上がります。
3シーズンシュラフ+このシートで、冬の屋外泊を快適に出来ました。500~1000円位で売っていますので、冷え込んだ時に備えて常備されると良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安いですね。だいたい3名ぐらいで行くのですが、その値段だと負担になりません。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/11 10:02

私はステーションワゴンの荷台~後部座席を利用して寝ていますが、マミー型3シーズンの中に、フリースシェラフ(アルペンで\3980で購入)を入れた上、足下にフリースブランケット(ユニクロで\1000)を入れて対応しています。

それと、マット。これは良いものを使っています。下から熱が奪われることが減り、かなり違ってきます。
本当は冬山用の暖かいシェラフを買う方が良いのですが、こういった工夫で、いまある物を利用した上で、安く快適に眠れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。安く快適が一番ですね。参考になります。

お礼日時:2001/01/11 09:58

ずばり、モンベルのダウンハガー♯2で決まりです。


暖かくて安い。
アウトドア用品店などで3割引くらいで買えます。
(メーカーの者ではありません・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知識がないので商品名を出していただけると助かります。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/11 09:56

冬の車中泊は、エンジンがかかっているときがあったかい


だけに、エンジンをとめた後の冷え込みが一層厳しく感じ
られますよね。

バックナンバーになってしまいましたが、下記アドレスにて車中泊の特集をやってる、○EPALが手に入ります

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。このままエンジンを…って思ってしまいます。でも皆さん車中泊は常識なんでしょうか?私も快適な車中泊を勉強してみます。

お礼日時:2001/01/11 09:54

 私は2ボックスのステーションワゴンなんですが、1人の時はマットを敷いて平地用の3シーズンのシュラフにエントラント(ゴアテックスと似た素材)のシュラフカバー、その上に毛布をかぶっています。


 私はどちらかといえば寒さに強い方なのでそれでいけてますが、シュラフはもうちょっと暖かい方がいいかなと思います。
 小学生の息子と一緒の時は普通の敷き布団、毛布、掛け布団を持ち込みます。まだ標高の高い駐車場では試していませんが、普通に寝られます。ただし普通の寝巻きで寝ている訳ではありませんが…。
 場所や人にもよりますが、今の装備の上に毛布や布団を重ねていけばいいんじゃないでしょうか。
 車の中なら特に新しいものを買う必要はないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

布団はかさばりそうで難しいですが、毛布なら車にも積めると思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/11 09:48

シュラフを選ぶときは、封筒型でなくてマミー型(サイドジッパーがなくて、首の所でひもを締めるタイプ)にしましょう。

そしてシュラフのサイズは自分の体にぴったりのものを選びます。大きなサイズだとシュラフの中がなかなか温まりません。できれば羽毛の入った冬山登山用のものがベストですが、予算が折り合わなければ安いものでもかまわないと思います。外で使うわけではないのでゴアテックスなんて必要ないし。
どんなタイプの車をお持ちか分かりませんが、私の場合はワンボックスのワゴンタイプなので後部座席を平らにして、毛布を敷きその上にシュラフで寝て、さらにシュラフの上に毛布を掛けて寝ています。特に寒いときは足の方が冷えるのでシュラフの奥にセーターなどを突っ込んでおくといいでしょう。首のあたりが冷えるときはタオルなどを巻いておくと全然違いますよ。
とにかく、お金を掛けずに身の回りのもので工夫してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シュラフだけで寝ていました。皆さん工夫されているのですね。参考になります。

お礼日時:2001/01/11 09:44

どの様な素材のものをおつかいですか?


綿の物だと重い上に汗をかいたときには冷えます。下手すりゃ凍結しますし。
やっぱりお奨めはダウンの物ですね。
着てる物も全て化繊か毛の物にしましょう。
あとはシェラフを濡らさないようにゴアテックスのシェラフカバーをしましょう。
ダウンシェラフを選ぶ際には構造とダウンの量に着目します。
特に足下の構造に注意してお店の人と相談するのがよいでしょう。
ダウンの量は600g以上なら寒いことはないと思いますが、多すぎると暑くて寝れなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素材は綿だと思うのですが、エンジンを切った直後はまだ暖かいため汗をかいてしまい、その後おっしゃる通り冷えてきて目が覚めてしまいます。素材も大事なんですね。

お礼日時:2001/01/11 09:41

スキーでアイドリングで車中泊となると雪が降ってくるとものすごく危険ですね。


さて、車の中で使うとなると外気温まで下がりますが少なくとも風はしのげるわ
けですから、アウトドアショップに売っている合成繊維製の冬山用で良いのでは
ないでしょうか?携帯性はあまり考慮しなくて良いわけですから、逆に洗濯し易
い方が良いですよね。とにかくテントじゃなく車の中ですから扱い易い物が良い
と思いますよ、羽毛はメンテが大変だし高級ですから、そんなに気合いは入れな
くとも良いと思います。ちなみに耐寒気温の目安は売り場に書いてあるか、店員
に聞けば解ります。山道具系の所ならそもそも相談すればどの辺りが良いか教え
てもらえると思います。

ところで、長距離トラックの運転手さん用に畜熱マットというのがあるようです
が、どこかに売ってますかねぇ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。専門店など覗いてみます。

お礼日時:2001/01/11 09:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車中泊 お勧めのシュラフを教えてください。

夜間に車の中で寝ないといけない事がまにまにあります。凍えます。

冬のとても寒い時に、車のシートをフルフラットシートにして、暖房無しで、寒さを防ぐ為に、シュラフを使用したいと思っています。

主に使うであろう地域の気温データとして、1978年12月~2009年1月間の、”日最低気温の低い方から観測史上1~10位の値”を下記に示します。(℃)(西暦/月/日)

-6.7(1983/1/23)
-6.3(1985/1/31)
-6.3(1982/1/31)
-5.9(1981/2/27)
-5.8(1986/1/6)
-5.8(1980/12/29)
-5.7(1986/1/10)
-5.6(1999/2/4)
-5.6(1986/1/11)
-5.5(2006/1/8)
こんな具合です。

このような状況下では、
シュラフの性能を示す ”適温レベル” や ”最低使用温度” や ”使用可能限界温度” や ”快適使用温度域” の値は、どのくらいの物を選べば適合するのでしょうか?
有効に効果を発揮し、最低気温時にも凍えないお勧めのシュラフがありましたら、ご紹介いただけませんか?
お勧めの理由もお書きいただけますと、尚、分かりやすいです。

予算は、販売価格+送料で0~11000円位迄が予定です。
中綿は、ダウン・化繊問いません。
封筒型・マミー型問いません。
できるのであれば、秋の涼しくなったころ~春の涼しいころも使えると良いかなと思っていますが、やはり冬の一番の寒さの時凍えない事を最優先にしたいです。

私的にこれなどは?と思ったシュラフは、

http://www.esports.co.jp/item/9168310190103.html
http://www.esports.co.jp/item/9004310190068.html
http://www.esports.co.jp/item/0000000084600.html
http://www.esports.co.jp/item/9213310190132.html
http://www.esports.co.jp/item/0000000084599.html

こんな所ですが、いかんせん使ったわけではないので、この商品に限らずとも、
実際にシュラフを自分でご使用なされている方の、生きた明確・的確なご意見と選択のお知恵をお借りできたらと思いました。

よろしくお願いいたします。

夜間に車の中で寝ないといけない事がまにまにあります。凍えます。

冬のとても寒い時に、車のシートをフルフラットシートにして、暖房無しで、寒さを防ぐ為に、シュラフを使用したいと思っています。

主に使うであろう地域の気温データとして、1978年12月~2009年1月間の、”日最低気温の低い方から観測史上1~10位の値”を下記に示します。(℃)(西暦/月/日)

-6.7(1983/1/23)
-6.3(1985/1/31)
-6.3(1982/1/31)
-5.9(1981/2/27)
-5.8(1986/1/6)
-5.8(1980/12/29)
-5.7(1986/1/10)
-5.6(1999/2/4)
-...続きを読む

Aベストアンサー

このデータからすると車内は最低でどんなに寒くても0度といったところでしょう。
モンベルのシュラフは品質 性能 価格の面で間違いなく 私も2種類使用しております。
といっても 山に担いで 持っていくため 非常に軽量コンパクトなものです。
寝る場所の気温が 0度ぐらいでしたら 薄着でシュラフに入って ダウン の製品なら快適に寝れるのは 安くても2万~ だと思います。

11000円までというのは 新品ではないでしょう

化繊のものはかさばりますが 1万5千ぐらいので快適温度0度ぐらいの製品を買えばいいのではないでしょうか  
1万なら5度ぐらいのやつを買うといいと思います

これでは心もとないと思うかもしれませんが、装備が限られた 天候も厳しい山じゃなくて  車内ですからそれで充分です。
余裕ある最低温度はもてあますと思います。 とても寒がりならそれでいいですが

充分暖房やお風呂などで暖まってからシュラフに入って 
寒かったらカイロやフリースを着ればいいんです。  自分もよく使うのがフリースの毛布です。 これらフリースやフリースの毛布は車で枕がわりにもなりますし フルフラットとっても車は体のどこかが痛かったりするのでそういうときのクッション材にもなります。

※山では暖房もなく、装備も限られ 助けも呼べませんから温度に余裕のある軽量コンパクトなものを普通は選びます。 

楽に寝るために 多少ゆったりして ちょっと着こんでもいいようなサイズのものをおすすめします。

それととても重要なのがマットです。
こちらも代用品で毛布などをひけば解決しますが・・・かなりかさばると思います

ちなみに専用のものを買うと
クッション性があって 断熱効果があって   
つるつるしてないもの 寝ているうちにシートから必ずずれつかえません 
これらを解決してややコンパクトなマットは新品で3、4千円~です。
例えばよくある安い銀マットは使えないと思ってください


 

このデータからすると車内は最低でどんなに寒くても0度といったところでしょう。
モンベルのシュラフは品質 性能 価格の面で間違いなく 私も2種類使用しております。
といっても 山に担いで 持っていくため 非常に軽量コンパクトなものです。
寝る場所の気温が 0度ぐらいでしたら 薄着でシュラフに入って ダウン の製品なら快適に寝れるのは 安くても2万~ だと思います。

11000円までというのは 新品ではないでしょう

化繊のものはかさばりますが 1万5千ぐらいので快適温度0度ぐらいの製...続きを読む

Qテント泊や車中泊で読む本は?

テント泊や車中泊では、電源の都合もあってTVやラジオより本がイイ場合もありますよね。

そこで、テント泊、車中泊、山小屋などで静かなひと時に読む本を教えてください。

●文庫本、週刊誌、それとも電子ブック?
●小説、エッセイ、時事、それとも歴史?
●読んだあとは、蔵書、まとめて廃棄、次の人のために寄付(単なる放置)?

(個人的には、怪談はビビるので読まない。東海林さだお氏のまるかじりシリーズがストレスなくてイイです。週刊誌やマンガは嵩張るので、基本的には文庫本で持ち帰りです。)

Aベストアンサー

文庫本ですね。


夢枕獏「神々の山嶺」なんてどうでしょう。
厚くて読み応えがあるので、
雨の日の停滞なんかにはもってこいです。

Q川湯温泉周辺での車中泊

川湯、十津川方面に行くつもりをしているのですが、川湯温泉付近で車中泊できるところご存知ないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あそこら辺は道があまり広いわけじゃない上に、
夜は車の通りが少ない→みんな結構とばす&見通し悪し、なので
路肩だと ぶつけられるキケンが・・・

私は湯の峯温泉(つぼ湯の近く)の共同駐車場で寝たことがあります。
サルが鳴いていました。

仙人風呂は、川の水と温泉のミックスのため
湯が湧き出してるところは熱いんですが、
それ以外はけっこうぬるいというか冷たいです。
私が言ったのは暮れの頃でしたが、
「尻を暖めれば腹が冷え、腹を暖めれば背中が寒い」思いをしました。
それはそれで楽しいのですが、「ゆっくりあったまる」には向かないように思います。

なので押さえに他の温泉も周ってみることをオススメします。
湯の峯で夜を明かすならつぼ湯は最後、と行きたいところですが、
あそこは時間制の貸切制なので、空いている時間に早めに味わっておく方が
効率的に動けると思います。
わたらせ温泉の大露天風呂も、なかなか良いですよ。

駐車場によって一晩中停められるところもあると思いますので
そういうところを探した方が良いかと。

Q車中泊に適した車

初めて投稿する者です
車中泊ができる車を探しています条件は
(1)MT車設定があるもの
(2)180cm後半でも寝転がれること
(3)長距離を走っても疲れない車
以上です    回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

仕事の都合上ハイエースを使っています。

ジャストローというタイプで、タイヤハウスの高さまで床上げされているので、荷台がまっ平らで広々としています。
今のハイエースは標準がロングタイプなので、後部座席を立てていても190cmぐらいまでは足を伸ばして眠れると思います。

長距離を走っても疲れない車という点では、ちょっと?です。いつも片道せいぜい2~3時間ぐらいしか乗りませんので。
燃費は空荷でも8~10km/Lぐらいなので、はっきり言って悪いです。

Q車中泊の寒さ対策について

今年から、スキー行きでは、道の駅や、スパー銭湯、立ち寄り湯などを利用しながら、
車中泊にチャレンジしてみたいと思っています。

車内をすべて隠すカーテンやエアベッドは、持っています。
布団も敷布団、毛布、掛け布団やイワタニのストーブジュニアも用意しています。

FFヒーターは高価だし、リーズナブルに寒さ対策を施し、少しでも車内泊を快適に過ごす方法あれば、教えて下さい。

イワタニのカセットガスを使うタイプでも、各窓を数センチづつ開けるなどして、換気に注意すれば、
問題はないのではないかと思いますが、少し恐いですね?
大型の使い捨てカイロの効果はいかがでしょうか?

今のところマイナス15度位は、気温の下がる可能性もあるスキー場での駐車場での車内泊も考えています。

どうぞ車内泊経験者の方々に限らず、キャンパー・登山家の皆様などのご意見、お考えなど、お聞かせ下されば、とても有り難いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

寝袋(シュラフ)と断熱シートの併用がオススメです。
シュラフは冬山用の-30℃耐寒用などであればスキー場の駐車場等でも朝まで寒さで目覚めることなく過ごせ問題ありません。
最強レベルでは-40℃ってのもあります。
断熱シートは専用のものもありますが、最悪銀マットでもいけます。

寝袋のスペックは-30℃など表記されていますが、実際はもうちょい低めで-20~-10℃以上くらいが実用範囲でしょうか。
メーカーとしてはモンベルなんかがコスパ良いと思います。
私が愛用してるのが下の製品 #0です。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121217
これは化繊なので、ダウンと比べるとかさばりますが、登山者ならともかく車中泊なので大きさ、重さはある程度割りきれるのではないかとおもいます。その分安いです。

参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報