少しばかり株式投資をしています。
団塊の世代というとかなりの退職金かと思われますが いったいどこえへ流れるのでしょうか 
株式投資にはどの程度で その他は何に使われるのでしょうか
出来ればねらい目の企業なんかを 教えてくれませんか
なかなかリストアップは しても絞込みが出来ません
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>出来ればねらい目の企業なんかを 教えてくれませんか


これはお答えできません。

>団塊の世代というとかなりの退職金かと思われますが いったいどこえへ流れるのでしょうか 
まず、現時点では80兆円と言われる退職金を狙って銀行、証券会社、生保が退職金争奪戦が繰り広げられます。
しかし、その主な資産配分は毎月分配型投資信託に流れる可能性が強いです。
だって、リタイヤ後の収入を賄いたいからです。
外債ファンド、REITファンド、高配当ファンドの3つに分ける事が出来ますが、現時点では外債ファンドが大きいです。

つまり、日経平均を押し上げるほど、株式にお金が還流するかは不明で、あるとすれば高配当企業にファンドとしての資金の還流は有り得ます(勿論、日本だけでは無く世界中の高配当株と言う意味です)。

但し、高配当株が有利だと言えない事情が米国で発生しました。
いわゆる「ダウの負け犬ファンド」がそれです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました
必ず ひどく書かれるのでは と思っていたしだいです。
それが 流れを おしげもなく解かりやすく教えていただき有難うございました。 参考にさせていただきます。
自分が 甘いことも解かっています 有難うございました。

お礼日時:2007/01/10 23:32

バブルの時の飲み屋のつけがまだ膨大にあるので。

。。。。。。。




買取機構は、2006年5月以降は、売却のフェーズに入る
日銀に関しては、処分開始が2007年10月以降と定められており、2006年度中の供給要因とはならないが、2007年度以降の供給要因となる。
簿価ベースで6兆円近くに及ぶ(時価ベースではさらに大きい)供給圧力は、今後の株式需給を考える上では大問題であろ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解かりました。
頭に入れておきます。
有難うございました。

お礼日時:2007/01/11 00:01

>なかなかリストアップは しても絞込みが出来ません


こういう状況なら、インデックスファンドかTOPIX連動ETFを購入することをお勧めします。個別銘柄より面白みに欠けますが、分散投資には間違いないです。

団塊世代が個別株を買う割合より、投資信託へ流れる割合が多いと推測します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
なるほど その方法もありましたか
私は 勉強不足で 視野が狭いもので 
そうですね 解からないときは 分散投資が一番ですね
もう少し いろいろ考えます。 貴重な意見を すいません
私の今の心理状態を みなさん ご存知のようで 当り銘柄を 頭から
教えた下さい はいこれとこれです なんて回答は望んでいませんし
そんな方も いないだろうと思っていましたから 
本当に 1から幅広い視野で勉強します

お礼日時:2007/01/10 23:58

(1)住宅ローンの返済に充てて、ローンの重みを軽くするのが一般的と思います。



(2)投資にも色々ありますが、株式投資は退職金の余剰金で3~4社を選択して株価のみでなく株主としての優待制度、配当金など総合的に考慮されたら良いのではないかと思います。1銘柄株価の下落場合での損切をすばやく決定する基準を決めておく必要があるとおもいます。総合的にバランスとる必要があります。

(3)FX(外国為替証拠金取引)の投資で日本円と外国通貨との金利差を稼ぐと同時に為替変動差で損得が発生すが外国通貨が高くなった場合は自国通貨が下落する場合に、自己最低レートを設定可能な短資、銀行、インターネット銀行があります。ネットで検索ができます。これも株投資と同様に2~4通貨を探すことです。株価のような紙くずになる心配はないと思います。

(4)株式投資の企業は誰での絞り込み不可能と思います、小額投資で研究することにして、それから絞り込んではいかがでしようか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど 有難うございます。
FXをしている友達がいるのですが 苦戦していて 私には 手が出ません
回答者様の意見を参考にさせていただき がんばります

お礼日時:2007/01/10 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金に対する税金はどれぐらい?

退職金が30万円ほど支払われる予定なのですが・・・質問です。
・退職金にも当然税金が掛かるのですか?また、どの程度税金が掛かるのでしょうか?
・控除があるのでしょうか?
・中小企業退職金共済制度に入っているのですが、会社の都合で不当に減らされるなんてことはあるのでしょうか?
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

退職金が30万円ほどであれば税金はかかりません。
退職所得控除がありますので、1日でも働いて退職すれば最低80万円は控除できますので30万ほどであれば、控除額に満たないため課税金額が出ませんよ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2732.htm

Q株式投資に必要で有効な投資情報は

NISAをきっかけに株式投資を始めようと思っていますが、投資情報で有効で必要なものはありますか。基本は無料で得たいのですが教えて下さい。

Aベストアンサー

無料で有名定番サイトは下の2つ
http://www.miller.co.jp/
http://www.traders.co.jp/
有料情報をもし使う前に見ておきたいサイトは下
http://www.zyoutou.com/guide.htm
http://saiakutoushi.html.xdomain.jp/

参考URL:http://saiakutoushi.html.xdomain.jp/

Q退職金をもらうと税金の申告などしないといけないのでしょうか?

退職金をもらうと税金の申告などしないといけないのでしょうか?

夫は2月に退職し退職金をもらいました。夫が人に申告をしたら税金が還ってくるような
ことを聞いたらしいのですが、詳しくはわからないらしくすっきりしません。

退職金を受け取った時にする申告などがあるのか教えてください。
漠然としたお話で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職する際、「退職所得に受給に関する申告書」を会社に出してあれば、申告する必要ないし税金が戻ることはないです。
もし、申告書を出してない場合は、20%の所得税が引かれているので、確定申告すれば所得税還付されます。
退職金は他の所得と違い控除額が大きい(勤続20年以下の場合<40万円×勤続年数>、20年を超える場合800万円+70万円×(勤続年数-20年)ですので、税金かからないことも多いですね。

また、「給料分」については、今年他の収入(退職金以外)がなければ、来年確定申告すれば所得税還付されます。
所得税が退職金とは別計算です。

Q株式会社です。1千万ほど個人の投資家から投資をして

娘夫婦の株式会社が投資を受けた件です。

1千万ほど個人の投資家から娘夫婦が運営している株式会社へ投資してもらったらしいのですが、
ビジネスに失敗して返済できていないらしいのです。娘曰く、会社の住所は娘達の住所に去年変わっているし、その後娘もすでに代表を辞任しているし、登記簿にはその旨が記載されているので私達親には関係ないというのですが、当初会社の住所が私達の家になっていた時期があったので、投資家の方が変更前の親の私達の住所へ手紙を書いた様なのです。

内容に、「法的手続きを取らざるを得ませんが、そうなるとご家族の方に金銭的な影響を及びかねない事を危惧しております」と書いてありとても心配です。私達に支払い義務が生じる可能性があるのでしょうか。心配で夜も寝られません。

私達は退職しておりますし、そんな大金を払えるわけはありません。
ちなみに私達はその会社の株主でもありません。
どなたか詳しい方、教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

単に住所だけであれば質問者には関係しません

取締役や監査役に就任していればそれなりの責任があります

個人の投資家からの投資と言っていますが、どのような形の投資でしょうか、株主として資本金ならば返済請求はできません。
会社としての借入なら返済請求を受けます、またその際に取締役が個人で保証を行っていれば連帯保証人としての責任はあります(連帯保証人ではない個人保証など考えられませんから)
質問者が個人保証を行っていれば責任があります

以上のどれにも該当しなければ、質問者が返済を求められることはありません
(娘さんが責任を免れられるかは書かれていることからだけでは判りません)

Q退職金の税金

父が来年43年働いた会社を定年退職します。
退職金は3000万くらいだそうです。
一度にもらうと税金がかかるのでしょうか?
またいくらかをもらって残りを会社からの年金と言う形でもらった場合とではどちらが税金がすくなくてすむのでしょうか。

退職金の税金などについてわかりやすく説明してあるHPもおしえてください

Aベストアンサー

>退職金は3000万くらいだそうです
控除額は800+23×70=2410万円
課税対象額は
 (3000-2410)/2=295万円
退職金の所得税は
 295×0.1=29.5万円
定率減税がきくので
 29.5×0.9=26.55万円になります。

Q株式投資か投資信託か

投資の初心者の者でご経験者の方にお聞きします。
株式投資か投資信託かで判断しかねています。

小宮一慶さんは長期投資の株式派です。

長期で優良銘柄を買い時を考え、余裕資金で買うことを勧めています。投資信託は失敗しても証券会社は手数料によって損をしないので営業マンを簡単に信用してはいけない。特に信託報酬の1%はバカにできない。ファンドマネージャー(実はサラリーマンで四半期の成果主義管理にさらされている)は銘柄を選ぶ時、短期で値ざやを稼ぐのを狙う。短期志向だからアクティブ型投信はTOPIXにも勝てない。長期間で実績(過去三年の運用実績)のある投信を選ぶべき。それよりも余裕資金についてのみ、良く知っている優良会社に長期投資の考えで投資するのが良いとしています。
私はこの考え方に共感を感じます。

しかし、今売り出し中の勝間和代さんは投資信託派です。(短期志向でもないですが)
株式投資は素人がプロの世界にいきなり入って簡単に損をする。
投資信託は買い方や選び方次第ではいい。ファンドマネージャーがプロの見識でやってくれるし、レポートもくれるので良い。ノーロードでインデックスの分散投資で積み立て方式でいけばリスク管理はできる。

藤沢久美さんは世界同時株安で分散投資効果も破壊された。今回の株安で痛手を受けていても分散投資、積み立て方式ならばスタンスを変えなくてもいいとしています。積み立て可能なものは長期の投資のものが多い。問題はまとめ買いしていた人。これは景気回復に時間がかかりそうな今は解約するべき。投資信託の王道はインデックス積み立て方式としています。これも長期の考え方です。

ここで長期の良さはわかったのですが、株式か投信かではどちらがご経験上どちらが良いと思われますか。

投資の初心者の者でご経験者の方にお聞きします。
株式投資か投資信託かで判断しかねています。

小宮一慶さんは長期投資の株式派です。

長期で優良銘柄を買い時を考え、余裕資金で買うことを勧めています。投資信託は失敗しても証券会社は手数料によって損をしないので営業マンを簡単に信用してはいけない。特に信託報酬の1%はバカにできない。ファンドマネージャー(実はサラリーマンで四半期の成果主義管理にさらされている)は銘柄を選ぶ時、短期で値ざやを稼ぐのを狙う。短期志向だからアクティブ型...続きを読む

Aベストアンサー

そこから先を、ご自分でどのように考えるかという問題です。今は、本を読んで知識を増やしただけです。

小宮さんが買わないほうが良いと言っているのはアクテイブファンドで、インデックスファンドは否定していないです。
そういうことで言えば、手数料が安いノーロードのインデックス投信が3者一致した意見ということになります。
個別株ですが、長期保有で資産形成につながる銘柄をは選ぶのが難しいのではないでしょうか。否定はしませんが。

Q退職金の税金について

今現在主人の扶養に入りながらパートで働いています。
5月に退職したパート先から退職金を頂きました。
月々85000円くらいで働いているので、退職金を含めると年間の所得金額が103万円を超えてしまうのですが、退職金には税金が掛からないという事なので、今まで通り扶養家族のままで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

「退職金に税金がかからない」というのは、間違いです。

退職金は、給与所得とは別に考え、退職所得になります。
退職控除の金額が大きく、出してもらえる退職金はたいてい、退職控除を引き算するとマイナスになるような金額になることが多いのです。つまり、課税対象額が0円になることがほとんどなんです。

退職控除は、勤務年数(12ヶ月未満の端数は、1年に切り上げ)が2年までは80万円、それ以上は1年につき40万円ずつ上がっていきます。
たとえば4年1ヶ月~5年の勤務だと、200万円までなら課税対象額は0円です。

あと、税金上の扶養に入るには、所得ではなく年収が103万円までです。
所得は、年収から必要経費(給与所得の場合は、給与所得控除)を差引いた金額のことで、所得金額で言うなら38万円を超えると税金上の扶養からはずされます。
つまり、給与所得と退職所得の合計が38万円までなら、ご主人の税金上の扶養に入れるのですが、退職金は実質的に退職所得が0円になることが多いので、給与所得(パート代)だけで考えても大丈夫……なことが多いです。

Q投資信託と株式投資

投資信託より配当の良い武田薬品株に投資するほうがいいように思うのですが詳しい方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

No2です。
私は日興がラップを始めた時、10年くらい前でしょうか、ラップを買いました。
大損してやめましたが。
で、ノムラのラップを見てみますと成功報酬もあるとか。
よほどに相場が右肩上がりでないと、金額を固定束縛したラップで成功は難しいと思います。
証券会社の提示する資料は、都合の良い安い時期から高い時期へのチャートですから、一見して儲かるように見えますが、ETFでないと長期保有ではなかなか利が載らないかと思います。
私は色々なファンドや株式を少しずつ20年以上継続して持っていますが、プラスになっているファンドはほとんど有りません。
株式は浮き沈みは有りますが、長期で持っている株式に限れば大沈みで処分した物も有りますけれど、かなりの銘柄で浮いています。
長期のファンドのチャートを見ればお分かりのように、指標になる数字のチャートに9割以上のファンドが微妙に負けています。
大きな原因は手数料に尽きるかと思います。
そこに来て、たまたまファンドの調子が良くて指標に買った時は成功報酬を取られ、負けた時も手数料は取られるわけですから、普通のファンド以上に指数に勝つのは難しくなろうかと思われます。
指数に勝って上げるファンドは優秀なのだから、下げる時は指数ほど下がらない・・・だろう・・・かも知れないと思った事も有りましたけれど、実際は上げる物は下げる時も立派な勢いで下げていきますw
特別など滅多に遭遇しないので、どれを取ってもちょこっと優秀かどうか程度です。
ファンドを買うならば、チャートを見比べれば、超長期で一番優秀なチャートを描くファンドはETFですから、手数料も経費も安いETFをメインに買い、少しばかりを旬なファンドに振り向けるのが王道なのかと思っています。

No2です。
私は日興がラップを始めた時、10年くらい前でしょうか、ラップを買いました。
大損してやめましたが。
で、ノムラのラップを見てみますと成功報酬もあるとか。
よほどに相場が右肩上がりでないと、金額を固定束縛したラップで成功は難しいと思います。
証券会社の提示する資料は、都合の良い安い時期から高い時期へのチャートですから、一見して儲かるように見えますが、ETFでないと長期保有ではなかなか利が載らないかと思います。
私は色々なファンドや株式を少しずつ20年以上継続して持っています...続きを読む

Q退職金の税金について

今年、退職しましたが退職金の件でお聞きしたいと思います。
38年勤め約1900万の退職金です、まず、この額で税金はかかりますか?
それと、半分は現金で貰い、あと半分は確定給付企業年金(15年間)に預けていますが、
これも金利に税金がかかるんでしょうか。

Aベストアンサー

退職一時金は退職所得で勤続年数で退職所得控除後、源泉が引かれ、確定申告で調整
退職年金は公的年金で雑所得だったような

Q株式投資に詳しい方アドバイス下さい、新株式

投資に関してはまったくの素人なのですが、今NT○都市開発の新株式を申し込んでみないかと言われています。投信で実質失敗ばかりしていますので、少しでも取り返せればと思いますが、判断が出来ません。

そこで、何でも良いです。私論でも、根拠のない予測でも良いですので、皆さんの考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

申し込んだ方がよいと思います。
現在の株相場は、米国の原油事情により、下落傾向にありますが、短期的に見れば、新規公開株は、『おいしい』といえます。

NT○系列でもあり、バックグラウンドがはっきりしていますので、上場当日、ご祝儀値上がり分だけでも、期待できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報