みかんの、じょうのう膜が、酸とアルカリによって除去される
過程が分かる人いますか?
もし、ご存知な方いましたら教えてください。
よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ペクチナーゼの件ですが、ご指名もあるので少し補足させていただきます。



結論からいいますとできますが難しいでしょう。
まずコストはご想像の通り全くあいません。酵素を使うので溶液もバッファー使用の必要も出でしょう。

次にペクチナーゼについてですが、精製が大変です。すごいとはいいませんが、普通売られているものではセルラーぜ活性が残っているのでセルロースまで分解します。使うならさらに精製が必要です。
種類もいろいろあるのでどれを使うかの設定も必要です。
さらに反応速度がとても遅い。時間がすごくかかります。

しかしこの技術うまく使うと大変良いことがあります。普通ジュースを作るときは搾るのですが、細胞が破壊されるため酸化防止剤などを加える必要が出てきます。しかしこの技術で細胞を破壊せずに作ることができるのです。こうして作ったものは細胞が壊されていないために比較的安定なんです。無添加で長期保存ができるんですね。

ちなみに現在のジュース生産においてもペクチナーゼ、セルラーゼを使用しています。それは搾った際に細胞壁破砕物がコンタミするためです。

すっかり蛇足ですがMiJun様よろしいですか。
    • good
    • 0

akiyamaharukaさんの詳細な回答がありますが、以下のサイトは参考になりますでしょうか(直接的な回答ではありませんが)?


(「これでわかる 理科 中学3年」みかんの袋はとかしてとる)

製造コスト的には合わないでしょうが、「ペクチナーゼ」等の酵素の利用もあるのでしょうかね?
それにしても、前処理としての酸・アルカリ処理は必要なのかも・・・?→akiyamaharukaさんが詳しいのでは?

ご参考まで。
 
    • good
    • 0

回答ではなくて,補足というか,お礼というか,お詫びというか,です。



akiyamaharuka さん私の勘違いを御指摘いただきありがとうございました。確かに蛋白質はあまり関係ないようですね。

ところで,ペクチンだとすると。あえて取り除かずに,植物性繊維として食べた方が整腸作用があって良いようです。便秘にも効果的だそうです。

今度はあっていると思いますが・・・。

参考URL:http://www.sisnet.or.jp/secom/shop/secom/clm-48. …
    • good
    • 0

みかんのじょうのう膜が、酸とアルカリによって除去できるのはこれらが細胞壁に対して


作用するためです。具体的には、ペクチンに作用する事が大きいです(ペクチンは細胞壁内でセルロースと並ぶ主成分。じょうのうでは特に多い)。ペクチンは細胞壁内では、不溶性のものが多いのですが:文献によれば(実際に実験したら可溶性のものもかなりあり)これが塩酸によりまずはずれて可溶性になります。理由はCaイオンと結合することで不溶性になっているペクチンがはずれる、または塩酸によりセルロースとの結合が離れるという事が考えられています。このとき温度をかけるのは、反応速度上昇、同時にペクチンは鎖上構造をしているのでこの鎖を断ち切る意味もあります。塩酸でも同様なことが起こせます。
ペクチンは主に酸性で抽出できるのですが、細胞壁内にはアルカリにより可溶化する成分もありこれを水酸化ナトリウムで可溶化するわけです。この二つによりかなりの膜成分が可溶化され細胞壁はすかすかの状態になり柔らかくなります。しかしもう一つの主成分のセルロースは酸、アルカリ、熱ともに安定のために残ります。これを水流で流すことになります。
中のさのうが分解されないのは細胞壁成分にセルロースが多いためです。

人参をお湯で煮ると柔らかくなるのもこのペクチンが溶けだしていることで説明できます。酸アルカリは反応をさらに強力にしているわけです。

残念ながら今回の場合に関しては,rei00様がご指摘されるタンパクの関与は小さいです。

ちなみに温州みかんでしたらじょうのう膜をお湯で2時間ほど煮ますと(皮に対して水10倍ほど)、膜はバラバラになります。

参考URLでご希望の実験をしています。かなり参考になるはずです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=12725
    • good
    • 0

下記の参考 URL のペ-ジを見ると,「酸とアルカリによって除去される」のではなく,酸とアルカリで柔らかくした後,水流で除去されるようです。



酸やアルカリは蛋白質を変性させて分解も引き起こしますから,それで柔らかくなるんだと思います。

これでいかがでしょうか。

参考URL:http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/cqccs/xqa …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみかんの剪定・仕立て方についてですが、みかんの木の高さを2mくらいにし

みかんの剪定・仕立て方についてですが、みかんの木の高さを2mくらいにしたい場合、枝は何本くらいにするのがいいでしょうか?もしくは枝と枝の間は何センチくらい離したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ミカンは基本的に剪定は積極的に行わない方がいい木だと思います
日の当たらない枝は自然に枯れていきますしそこまで気にしなくても枝の数は自然に決まると思います。
しかし、たかさを2Mですと切らないと数年で超えてしまいますので、木の中心に近い芯(幹)になりそうな枝を切って高さを抑えてください。
種類によって上にばかり伸びるものは支柱などで工夫して左右に向かって誘引してもいいかもしれません。

Q土のpH値を下げる物質(アルカリ→酸) 

一般に、酸性土壌で作物を育てる場合
畑に石灰(アルカリ性)をまいたりしますが
土壌が強アルカリ性であり、そのpH値を下げたい
場合に有効な物質はあるでしょうか。

ひとつ、石膏(弱酸性)をとりあげて
それを土に混ぜて計測してみたのですが 
もとの土のアルカリ分が強いため
なかなか値を下げることが出来ません。

硫酸などは強酸性ですが それを土にまく
わけにもいかないので 使えないですね…

なにかヒントがあれば ありがたいのですが。

Aベストアンサー

何が原因でpHがあがっているのかわかりませんが

コンクリートの炭酸カルシュームと思いますが

肥料と言う考えでいけば

硫安(硫酸アンモニューム)がpHを下ます

ただし、多量にまくとアンモニア(窒素)のため

雑草が生えやすくなったり、富栄養化も気になります

PHを下げるのなら参考サイトのように

硫酸第一鉄資材(フェロサンド)と硫酸アルミニウム資材(硫酸バンド)

が良いかもしれません

硫酸第一鉄は工業的には安く出回っていますが

個人で入手できるかちょっとわかりません

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/kenkyuseika/seikajoho/h09s_joho/h0900259.htm

Qみかんの木、すだちの木

中古の家を購入したらみかんとすだちの木が植わっていました。剪定の時期や方法、どんな虫が付いてどういう方法で駆除するのがいいか、など注意する点を教えてください。

その他、いろいろ庭に木が植わっているのですが、なんの木だかさっぱりわかりません。(みかんとすだちは実がなっているのを見たので^^;)
それが何か自分で調べる良い方法はないでしょうか?

アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

すだち、みかんは3月中旬~4月中旬に剪定しています。剪定は間引き剪定で風通しや日光があたる様に剪定しています。

他の剪定には切りつめ剪定があり、長すぎる枝を枝先から基部へ短く切りつめる剪定です。おもに前年枝に対して行ないます。

すだちは害虫や病気にも強いので消毒はしていません
2年に1回剪定だけです。

みかんはカミキリムシの被害が出やすいので、7月~8月に卵のつく幹の部分にマラソン剤を散布します。

>いろいろ庭に木が植わっているのですが、なんの木>だかさっぱりわかりません

樹木の種類を調べるには本屋さんで、樹木のハンドブックを購入するか!
デジカメで撮影して以下のURLに投稿したらどうですか?

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/bbs.cgi

Q柿やみかんはヘタがあるけど 林檎にはヘタがありません。 なぜですか? 教えて下さい、よろしくお願いし

柿やみかんはヘタがあるけど
林檎にはヘタがありません。
なぜですか?
教えて下さい、よろしくお願いします

Aベストアンサー

リンゴ  ⇒バラ科
ミカン  ⇒ミカン科
柿    ⇒カキノキ科


植物の科がまるで違いますので。

Qみかんの木の病気について

うどん粉病だと思うのですが、シークワーサーの木とみかんの木についてしまいました。
葉の除去と、薬の散布を行っていますが、気を抜くとすぐ又出てきてしまいます。
風通しが良いように、剪定も行いました。
現在12月です、来春に向けて、今後どのような処理をすれば、うどん粉病はなくなるでしょうか。

Aベストアンサー

ホームセンターの園芸担当をしています。
こういう事を言われるお客様はよくいます。
まず前提として、うどん粉病はつきやすいものと覚えておいてください。
環境にも大きく左右されます。
AさんとBさんは同じ木を育ててるのに、Aさんの家の木には全くつかずに隣のBさんの家の木はうどん粉病と毎年格闘している。なんてこともよくある話です。
また、木も人間のように一本一本違います。病気にかかりやすい子もいればかかりにくい子もいます。

僕は、基本的に質問者様が行っている様に「うどん粉病の予防には風通しを良くする事」としか言っていません。下手なことは言えませんので・・・
まあよく耳にする予防法は
※酢を薄めたものをふりかける
※重曹を水にといたものをふりかける
ですかね。
(もしこれをするならば充分調べて自己責任でお願いします。希釈率を間違えば木に影響が出る恐れがありますので・・・)

ホームセンターの店員として言わせてもらうと、ついてから市販のお薬をふってください。
今は食品成分でできた安全な薬もあります。
そして周りに他の木やお花がある場合は、そちらにもふりかけておいてください。病気が移っている可能性がありますので。

農協で売っているような(印鑑等がいるような)薬は別として、ホームセンターで売っているような薬を「予防」としてふりかける人もいますが、ホームセンターで売っているような薬はふりかけた後、成分があまり残らないようにできていますので意味が無いと思っておいてください。

長々と書いて申し訳ありませんでした。来年はうまくいくといいですね。

ホームセンターの園芸担当をしています。
こういう事を言われるお客様はよくいます。
まず前提として、うどん粉病はつきやすいものと覚えておいてください。
環境にも大きく左右されます。
AさんとBさんは同じ木を育ててるのに、Aさんの家の木には全くつかずに隣のBさんの家の木はうどん粉病と毎年格闘している。なんてこともよくある話です。
また、木も人間のように一本一本違います。病気にかかりやすい子もいればかかりにくい子もいます。

僕は、基本的に質問者様が行っている様に「うどん粉病の予防には...続きを読む

Q静岡のみかん

みかんの生産地としては愛媛や和歌山が有名です。
その愛媛や和歌山と比べて、静岡は年間の降水量が多いにもかかわらずみかんの生産が盛んです。

それは一体なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

静岡と言ってもみかん栽培は伊豆半島に集中していますが、伊豆半島は愛媛や和歌山と同じように黒潮(暖流)の影響を強く受け、大半の栽培地である海岸から内陸に入り込まない地域は冬でも氷点下になることは滅多にありません。そのことが温暖な気候を好むみかんの栽培を容易にしています。

次に地形ですが、伊豆は海岸に近い地域に平坦な部分が少なく山ばかりで、野菜やお米(穀物)の栽培が出来ません。林業や漁業だけで多くの人が生計を立てることも難しいです。そのことから山の斜面を利用して「栽培できるもの、収穫量の多いもの」がないかといった答えが「みかん」でした。

ただ最近は生産者の高齢化が進み、また山の斜面が多いため収穫がしにくく手間賃が嵩み経営も厳しくなっています。出荷されないで処分されるみかんも多くなり栽培は減少傾向にあるようです。

Qみかんバイラス(ウンシュウ萎縮ウィルス)器具殺菌

青島みかんの剪定をしていたら,15年ほどの樹齢の木の葉が,表を外にして丸まって,変形している枝がありました.

3年ほど前,10mくらい離れた同じ圃場で,ウンシュウ萎縮ウィルスと思われる症状の出た老木を焼却したことがあります.この木にも感染したのかと心配です.

剪定ハサミとノコギリは,新品に換え,剪定作業を続けますが,多数の収穫用ハサミ,スコップなど全ての器具を更新するのは困難です.

ネットで検索すると,インフルエンザビールスの殺菌についてでさえも,薬効の有無が議論されています.

ウンシュウ萎縮ウィルスで汚染されたと考えられる,先の農機具を殺菌する良い方法はあるでしょうか?

できたら,熱湯/漂白剤ハイターなど,家庭で簡単に用意できる物を応用できればありがたいです.

Aベストアンサー

園芸用器具のハサミ、カッターやナイフなど刃物を殺菌(ウイルス)するもので
昔から有名なもので第3リン酸ナトリウム(りん酸三ナトリウム)があります。
基本は3-5%液で10分浸けておいて軽く拭いて使います。
スコップへの効果はどうかな??
ただし100%滅菌とは言えないようです。

Amazonや楽天でも売っていますし、地元でも試薬や工業用薬品を扱う店なら取り寄せてくれます。
りん酸三ナトリウムで検索してみてください。
薄めたもの(商品名:ビストロン)もありますが、ずっと使うなら少ないと思います。

他に↓のようなものがあります。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00147.html

Qみかん(柑橘)について

みかんには甘夏、ポンカン、ネーブル、清見、八朔、デコポン、・・・etc、たくさん種類がありますよね。
いろんなみかんを交配して新品種のみかんが作られてる事は知っているのですが、何がどのみかんとどのみかんからできているかを詳しく知りたいんです。デコポンが清見とポンカンの交配種ということは知っていますが、それ以外はあまり分かりません。人でいう家系図みたいな、みかんとみかんの繋がりを知っている人がいたら、または調べられる所があったりしたらぜひ教えてください。
それから、みかんについて調べているとタンゴール系とかマンダリン系と書いてあったり、中晩柑類という言葉がでてきたりするのですが、いまいちピンときません。そのへんについても詳しい人がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セミノールはアメリカのスイングル博士がダンカングレープフルーツとダンシータンゼリンを交配させて作り出した交配種です。
清見オレンジは宮川早生とトロビタオレンジの交配種で、農水省果樹試験場興津支場で育成された品種です。
グレープフルーツは西インド・バルバトス島で18世紀に生じた新品種で、大正4年に渡来。
タンカンは中国広東省でポンカンとオレンジの自然交雑で生じた種。
天草は清見と興津早生の交配種です。
はるみは防寒の必要をなくした清美とポンカンの交配種です。
八スイートスプリングスはハッサクと上田温州の交配種です。 
中晩柑類は甘夏、伊予柑、セミノール、ネーブル、ポンカン、デコポン等です。
マンダリン系は剥皮しやすいカンキツ類(温室マーコット、ポンカン、クレメンティン等)です。
タンゴール系とはミカン類とオレンジ類の雑種。タンカン、清見、津之香、天草、せとか等。ミカン類(tangerine)とオレンジ(orange)のorの合成語(tsngor)。
また、タンゼロという種類がありミカン類(マンダリン、タンジェリン)とブンタン、あるいはグレープフルーツの雑種の総称。オーランド、ミネオラ、セミノール、スィートスプリング、サマーフレッシュなどにあたる。
ミカン類(tangerine)とブンタン(pummelo)、グレープフルーツ(pomelo)のeloの合成語(tangelo)。
どうでしょうか?

セミノールはアメリカのスイングル博士がダンカングレープフルーツとダンシータンゼリンを交配させて作り出した交配種です。
清見オレンジは宮川早生とトロビタオレンジの交配種で、農水省果樹試験場興津支場で育成された品種です。
グレープフルーツは西インド・バルバトス島で18世紀に生じた新品種で、大正4年に渡来。
タンカンは中国広東省でポンカンとオレンジの自然交雑で生じた種。
天草は清見と興津早生の交配種です。
はるみは防寒の必要をなくした清美とポンカンの交配種です。
八スイートスプリ...続きを読む

Q今年みかんの花が咲きません

去年まで沢山の実をつけたみかんの木、今年は、8月になっても花が一つも咲きません。木自体が枯れている訳でもなく新葉は実っています。でも去年位から木に元気がなく例年より葉の茂りかたが少なかったのは事実です。毎年庭木の剪定時に庭師に消毒はしてもらっています。どうしてでしょうか?今年の冷夏日照不足も関係しているのでしょうか?何か改善策ありますか?

Aベストアンサー

去年実を付けすぎた反動です。みかんは、隔年結果になりやすいです。来年は一杯花が付きますから、摘花をしてください。これでもかと思うくらい摘花して丁度良いくらいです。実が付いた段階で、今度は摘果をしてください。
肥料も、2月頃、6月頃にやってください。
下記を参考に

参考URL:http://www.naranougi.jp/QA/192mikan.htm

Qみかんの皮の農薬について

青いみかん(収穫が早い)の皮の成分をアルコール水溶液で抽出しようと思うのですが
農薬が気になります

1、果物では収穫が早いもののほうが残留した農薬の量は多いですか?
2、残留した農薬は洗って落とせるものですか?
3、残留した農薬を落とす方法はありますか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

農薬の収穫前日数を守っていれば何ら問題はありません。

残留農薬がある=収穫前日数が短い
ですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報