ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

もし、取り組んでいるものによって性格に影響するならば、ジャズとクラシックではかなり影響がるように思えます。
クラシックは基本的に「聖典みたいなものを奉って」と言ういいかは適正ではありませんけど、とにかくあまり自立的とはいえないわけです。登るべき山が高いと言うか、その雲に覆われた山頂をはるかに遠望しながら取り組むと言うことだと思います。本当に作曲家がその価値があるかどうかは、また別問題でしょうけど、この姿勢と言うものは固定化しているように思われます。
対してジャズやポピュラーと言うのは、そういう高みがない代わりに、「創造性」というものが求められます。ある程度曲のノウハウと言うものを体得したら、あとはとにかく創造し続けろと。
これはどちらが楽と言うものでもないでしょうが、そういうことを日々何年もやっていると、おそらくそれによる人格形成の差が出てくるのではないでしょうか。
おそらく、多かれ少なかれ、クラシック奏者は「権威主義」的にあるいは「従属主義」てきになり、あるいは僕的な意識から強調的になる?対してジャズ奏者は「自立」「反権威主義」「非協調」?的になるのではないかと。

だとすれば、音楽教育がもたらす心理的人格的成長効果というものを、もっと強調したほうがよろしいような気がするのですがいかがでしょうか。

理想はどっちもやる事なのでしょう。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

皆さんクラシックに創造性が必要ないことを説いていらっしゃいますが、私の同意できます。

ジャズとはちょっと性質は異なりますますが、創造性は必要と思います。

それよりも、ジャズというか即興演奏に創造性は必要かということが疑問です。いまどき、ジャズのアドリブフレーズ集が沢山あり、このコード進行なら、このようなフレーズというように多くの例が載っています。これらを組み合わせるだけで、結構それらしいアドリブになります。ちょっとしたセンスがあれば、それをらおかしくなく組み合わせていくことができます。別に創造性というほどのことではありません。昔でも、耳のいい人で聴いておぼえたフレーズのストックを沢山持っていて、その組み合わせでアドリブをしていた人は沢山いるはずです。(というか殆どはこっちだと思います)私は創造性の有無の話としているだけで、その人たちの音楽が低級というつもりはないどうころか、すばらしいものはいっぱいあると思います。また、ストックしてあるフレーズを即座にアドリブとして実践できるまでの不断の努力に対し尊敬を抱いています。

では、創造性のあるミュージシャンとはいうと、ジャズの場合ですが、単にアドリブが巧いということではありません。やはり、新しい形の音楽を創っていく人たちだと思います。そういう意味では、ジャズがなかば伝統芸能化しつつある現在では、ジャズに創造性を求めるのは難しいかもしれません。とはいえ、日本からも上原ひろみのような、自分の音楽を創ることができる人が登場したのは嬉しい限りです。ところで、創造性を発揮しジャズを進歩させたような人たちでも、本当の創造力を発揮するの一時期なのが普通です。例えば、キース・ジャレットなどは一時期はジャズの進歩の原動力の一人でしたが、いまではスタンダードを淡々と弾くだけですね。創造するということは恐ろしくエネルギーのいることなので、長生きして一生創造力を発揮し続けるなど、考えられません。チャーリー・パーカーとジャコ。パストリアス、どちらも創造力の塊という人生をおくりましたが、20代で既におかしくなり30半ばで人生に幕を閉じてます。

まあ、本当の創造性は天才のみに許されたもの。すなわち、音楽教育の過程で創造性がどうかなるというものではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。「創造性」ということが、ジャズのフレーズ組み合わせ作業に当てはまるかというと、疑問ですね。要はクラシックと方法が違うと言う事だけです。

そして、例に挙げていただいたように、「真に」創造的な人たちとは、単なる演奏家でなく、作曲家であり革新者である、ジャズクラシック分野を問わない人たちです。

質問自体は、そういう「方法論」の差で正確に違いが出てくるのではと言う仮説だったのですが、これはあまり憲章の使用がありませんね。広く両方と付き合ってみるくらいしかないかもしれません。

もっとも、「性格」には小さな影響局しかないと言う事には同意です。

お礼日時:2007/01/16 08:46

補足ですが、バッハなどのバロック音楽の楽譜を見てください。

強弱や速さの指示がほとんどされていません。バロック音楽は演奏者が自由に装飾したり、適切な速さを考えたりする音楽なのです。バロック音楽を聴くことをお勧めします。その即興性はジャズ顔負けですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バロックはそうですよね。それがほとんど一般のクラシックの分野で消え失せてしまった。その結果ほとんどのクラシック的入門の教本では、即興性を訓練することをしなくなりましたよね。それは一種の手落ちではないのかと、そう思えてしまいます。

お礼日時:2007/01/14 12:39

質問を読んでいて、不快な気分になりました。

あなたはクラシック音楽をその程度のこととしか考えていないのですか?

クラシック音楽の演奏は第2次創作ともいえる作曲とは全く違う創造行為です。特に19世紀から20世紀半ばまでの演奏家は、楽譜を自分の考えでアレンジして曲を完全に自分のものとしたように演奏していました。最近はここまでのアレンジを加える人は少なくなっていますが、演奏は自由な創造行為です。だから同じ作品をいろんな演奏者で聴きたくなりますし、誰がどのように演奏してるかなどを研究したくなります。演奏者の仕事は作曲者が書いて、出版された楽譜をいかに自分のものにするかです。しかも、楽譜も出版社によって細部が違ったりしますしね。

とりあえず、あなたはクラシックをもっと聴いたほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音符というものを介するということは、出す音が決まっているということです。音符がない(コード進行しかない)ということは、出す音を考えなければならないということです。いくら創造性といっても、クラシックのそれはごく小さな渦動範囲で行われているのに過ぎないのではないでしょうか。

もちろんそれを深く追求していけば、果てしない創造の世界だと感じることもできるでしょう。ですが、それはクラシックの世界の考えの内側で思考しているだけです。

tio_elemenさんも、もっとジャズを聴いたほうがいい。

お礼日時:2007/01/14 12:37

1~3番の皆様のご回答と大体同じです。


とりあえず、bossambaさんはクラシックにかなり偏見を持っておられるように感じます。クラシックに自立性・創造性が無いなんてことはありません。
もしも自立性・創造性が無いなら、新たな作曲がなされたり、同じ譜面なのに人によって異なった演奏になったり、「この曲のこの音符の音おかしいよね~」などと話しながら譜面に#を付け足したり、「ここはもっと激しく弾くべきだ。いや、ここでは控えめにした方が良い」といった議論を行ったりしないはずです。

>取り組んでいるものによって性格に影響するならば

確かに、強く影響するものもあるとおもいます。ただ、音楽は元々の人間性が反映されるもので、音楽が性格に影響する程度は非常に小さいものではないかと感じます。その、影響するとしても非常に小さい程度である音楽分野の純粋な、クラシックとジャズであれば、それほど差はないものと思われます。ただ、クラシックにも色々なジャンルがある訳で (ジャズ、ポピュラーも色々なジャンルがありますよね) 、例えば、バロック以前の音楽と最新鋭のジャズとなると、さすがに演奏者の人間性には良い悪いでなく大きな差が出てくると思われます。しかし、これは演奏者の元々の好み・性格の違いによるものが大きく、音楽が性格に影響したわけではないでしょう。どちらかというと、逆に、性格が音楽に影響するものと考えます。

3番のご回答で、
>スポーツに真剣に取組んでいる人に悪い人はいないように(←大げさ?)

と仰っておられますが、仰る通り大げさです。これだけは「そんなことはない」と断言させて頂きます。柔道部員と思われる体つきの中高生が、電車の中で偉そうな (横暴な) 態度をとっている場面に数回遭遇しました。何様のつもりなのか知りませんが、実に不愉快でしたね。(なぜ、柔道と思ったかと申しますと、この人は打撃系、この人は掴み技系、この人は素人、と少し観察したら大体はわかるからです。つまり、典型的な柔道系であったというだけで、すべてが柔道部員であるとは限らないわけですが) 勿論、柔道が悪いわけではなく、「柔道の体つき」でしか、他人の実力を読めず、弱者と判断すれば偉ぶるといった低級な人の話です。

話がそれましたね、失礼。

>音楽教育がもたらす心理的人格的成長効果というものを、もっと強調したほうがよろしいような気がするのですがいかがでしょうか。

結論として、音楽自体が演奏者に与える人格的な成長効果の程度は薄いものと考えます。類似の効果でいえば、精神力は鍛えられるかもしれませんね。

>理想はどっちもやる事なのでしょう。。。

好みのどちらかで十分ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

性格が音楽に影響するものは大きいでしょう。しかし音楽も正確に足しようとも(作用反作用のように)影響しているのではないかと。憶測ですけどね。音符のある創造性とない創造性、大した差じゃないかもしれませんけど。

お礼日時:2007/01/14 12:33

ジャズとクラシックは音楽の枠組み内では違いがありますが、教育効果としては違いがないかと思います。



例えば、お子様に柔道、剣道、サッカー、野球などをやらせたとき、その子はどんなジャンルであれ、
身体を動かすことの楽しさ、自分との競い、礼儀、などをスポーツを通して学習していきます。

>日々何年もやっていると、おそらくそれによる人格形成の差が出てくるのではないでしょうか。

日々何年もやってきたオリンピック代表選手やプロスポーツ選手は、身体のつくりこそ違いますが、
インタビューでの競技に対する考え方、哲学、取り組み、など精神的な面では共通することがあります。
音楽もそうなのではないでしょうか?

私はクラシックからジャズに転向(←趣味で、ですが。)しましたが、良い音を出そう、
良いアンサンブルをしよう、という基本姿勢はクラシックもジャズも変わりません。

>「創造性」というものが求められます。

(クラシックでもジャズでも)ある課題曲があり、それを『如何に美しく演奏するか』を
自分なりに試行錯誤して創造すると、何故か以前先生が仰っていた演奏や意味が分ってきます。
一番美しい演奏するために、クラシックだったら譜面に書かれていない音質や弾き方に工夫します。
ジャズの場合はそこにインプロヴィゼーションやシンコペーションが加わるだけです。

でも何度も何度も演奏すればするほどある一定の(ベストと思われる)ところで落着きます。
それが今ある技術の中でのベストなんだな、と思うわけです。しかしCDや他の演奏を聴くと、
まだまだ全然…という気分になります。
ほら、NHKのど自慢なんかを観ると、同じ曲でも素人とプロ歌手の差が分りますよね?
でもその差は分るけど『行なうは難し』みたいな感じです。

>クラシックは基本的に「聖典みたいなものを奉って」と言ういいかは適正ではありませんけど、とにかくあまり自立的とはいえないわけです。登るべき山が高いと言うか、その雲に覆われた山頂をはるかに遠望しながら取り組むと言うことだと思います。本当に作曲家がその価値があるかどうかは、また別問題でしょうけど、この姿勢と言うものは固定化しているように思われます。

うーんと、「作曲家が聖典」じゃないんですよ。「ある楽譜」を演奏するにはどのように弾いたらベストかを考えると、
自然な流れで作曲家の心理や背景や意図を考察し始めるわけです。主役はあくまでも演奏家や指揮者にあり、楽譜が媒体なのです。
もちろんその原譜の良し悪しはありますし、良い譜を生む率の高い作曲家もいれば逆もあります。
そのことはクラシックもジャズも同じことが言えます。

私はクラシックのCDは指揮者と楽団で購入しますし、ジャズも作曲家より演奏家(アーチスト)で選びます。
ただ楽譜を購入するときは作曲家で選びますね。

話はそれましたが、スポーツに真剣に取組んでいる人に悪い人はいないように(←大げさ?)、
音楽家もどんなジャンルであれ音で表現しようと日々取組んでいることには変わりはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも創造性は求められる。しかし取り組みが違う。それを問題にしたかったわけなんですけど、あまり大した差じゃないかもしれませんね。私もそこそこどちらもやってきましたが、まだ人格に影響するほどやってないので何とも言えません。ただ、ジャズの「自分で作る」というのは、創造性が求められるにせよ、音符のすでにあるクラシックとは一線を画すものである気がしています。それをひとくくりでいいというお考えはあまりに汎用的すぎではと思ってしまうんです。

お礼日時:2007/01/14 12:31

うーん。

かなり偏見が入っているような。

「取り組み方」はもしかしたらそうなのかもしれません。
ただ、クラシック奏者にもジャズ奏者にも共通して「創造性」が求められると思います。(私の言う「創造性」とbossambaさんの言う「創造性」はもしかしたら意味が違うのかもしれませんが)

もちろん、クラシック奏者は音大orコンクールから楽団やソリストへ、といった道があるていど確立されているのに対して、ジャズ奏者は自分で営業活動しながら人脈や活動場所を得ていく場合がほとんど、ていうキャリアステップとして歴然とした差があるので、それぞれのキャリアにあった性格の人しか残れないってのは(現在の日本においては)あるのかもしれません。
しかし、50年前(モダンジャズがアングラ音楽だった時代)はともかく、現在は音楽的に差がある、とは思いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クラシックの創造性とジャズの創造性は、内容が違いますよね。音符があるかないか。それだけの差ですけど、それがなにか影響するのではないかと。たとえば参考書教科書だけ読む授業と、テーマ設定から自分で資料探して何か結論を導くことをやり続けることで、なにか日常的に思考方法なり行動に変化がみられるのでは?と思ったのです。

お礼日時:2007/01/14 12:27

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B3%E8%88%88% …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

ええと、クラシックは楽譜通りに弾くことが要求されるのに大してジャズはアドリブが要求されるという事ですか?

音楽による教育は人格形成の一部分にしかすぎませんので、指導者にもよりますが全体に与える影響は少ないと思います。また、クラシックでもアドリブを要求される事はありますけど。

つーか、本人の性格により音楽の方向が決まるわけで、逆に音楽が決まってから性格が変わるという事は無いような。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに割合は少ないかもしれません。しかしちょっとはあるかなと。クラシックでのアドリブあるにはありますけど、少ないですよね。滅多に主にかからないので、クラシックを普通にやっていてなかなか意識しません。

お礼日時:2007/01/14 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアニストの性格の共通点(?)

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
たとえば、楽器奏者でオーボエ奏者は気難しく風変わりで
いつもリードを削っているとか(オーボエの方大変失礼いたして申し訳ありません)、楽器独特の演奏者に与える(要求する?)特徴みたいなものがあると思います。

ピアニストの性格の共通点(?)というようなものがありましたらば教えてください。
要領の悪い質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

こんにちは。
勉強中の音大生ですが、ちょっと興味のある質問だったので、回答したいと思います。

これに類する本が出ていますが、僕はどうかと思っています。
世界中のプレイヤーがこの分類になってるとは思えませんし、実際にこの分類のような性格だったとしても、なぜそうなるのかが明確ではないあさはかなモノのような気がするのです。
自分はトランペットですが、目立ちたがりだとか酒豪だとかいろいろ書かれてますけど、決してそんな気はしてません。純粋に楽器が好きで上手くなろうと努力していろいろと考えていれば、気付くことや壁がいっぱいあるわけですよ。個々の楽器にそれぞれの問題があると思うのですが、それに対しての対処の仕方などや反応が、性格として見なされてるだけな気がするんです。
しかもそう言うたぐいの話を好むのもやはり日本だけらしいのです。
実際に世界の奏者はみんな謙虚で常に上を目指している努力家ばかりです。
失礼ながら僕は日本のプレイヤーは自意識過剰な人や、今の状態を維持することばかりで、上を目指して冒険することができない人が多すぎる気がします。
kouraさんに対して言ってるのではありません。自分を含め、楽器にたずさわる人間がもっと考えなければいけないことだと思うのです。

長くなりましたが、たとえその性格がぴったりはまったとしても、何の意味のないことに思えます。厳しいことかもしれませんけど、もし楽器をなさってるのであれば、もっと大切なことがたくさんあると思います。でも変わったことをするのではなく、当たり前の事を当たり前にできるようにするのがやはり大事なんでしょうね。

質問の答えになってなくてすいません。

こんにちは。
勉強中の音大生ですが、ちょっと興味のある質問だったので、回答したいと思います。

これに類する本が出ていますが、僕はどうかと思っています。
世界中のプレイヤーがこの分類になってるとは思えませんし、実際にこの分類のような性格だったとしても、なぜそうなるのかが明確ではないあさはかなモノのような気がするのです。
自分はトランペットですが、目立ちたがりだとか酒豪だとかいろいろ書かれてますけど、決してそんな気はしてません。純粋に楽器が好きで上手くなろうと努力していろい...続きを読む

Qピアノ曲でショパンが人気なのは日本特有でしょうか?

たぶんに偏見が入っているかとは思います。

何年かピアノを習っていました。
どうも、ショパンが偏重されすぎているような気がしました。これは日本固有のことなんでしょうか。

私見としては、ピアノといえばショパンだ見たいな考えが、古今のピアノ曲に触れる機会を奪っているような気がしてしまいます。

これは日本固有の状況で、他国ではそうでもないのでしょうか。国際的にも似た状況ならば、おそらく、ショパンは本当に優れたピアノ作曲家だという認識でよいと思いますが、どうなんでしょう。

Aベストアンサー

確かに日本人のショパン偏重はあると思います。

以下、非常に個人的な感覚での話です。

どなたかがコンクールについて書かれていますが、ショパンコンクールの場合は、コンクールを見るためのツアーがあったり、マスコミでも大騒ぎしますが、世界三大ピアノコンクールの他の二つ(チャイコフスキー、エリザベト王妃)の場合は、そんな騒ぎは起きません(--;;
コンクールで騒ぐなら、自国開催の浜松国際でもうちょっと騒いでもいいような気がするんですけどね……(浜松で優秀な成績の人たちが、その次に三大コンクールに出て入賞していますんで)。

クラシック好きな人なら、ある程度偏りは薄いように思いますが、クラシックに興味はあるけど好きでもない人に話を振ってみれば、右も左も「ショパン」。
その答えを聞くたびに、内心「おまえもか!」と叫んでいる私がいます(^^;;

聴きやすいんでしょうね。そしてどこかのBGMで、テレビで、耳にする機会も多く、印象が残りやすいのかなと。
#日本人が好きだからショパンを使う、それを聴いてショパン好きが増える、ショパン好きが多いからもっと使う……?

私は子供の頃と今とピアノを習っています。
ショパンは優れた作曲家だと私も思います。好きな曲もあります。でももっと好きな作曲家がいます。弾きたい曲もショパンに限らず(というかショパンで弾きたい曲はあまりない……)。

ベートーヴェン、シューマン、シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームス、リスト、ラフマニノフ、スクリャービン、グラナドス、フォーレ、現在弾きたい曲がある作曲家です。
今のところ頂点付近にある目的の曲はフォーレのノクターン4番です。

そんな私は今、何故か↑リストにないモーツァルトを練習中です(笑)

確かに日本人のショパン偏重はあると思います。

以下、非常に個人的な感覚での話です。

どなたかがコンクールについて書かれていますが、ショパンコンクールの場合は、コンクールを見るためのツアーがあったり、マスコミでも大騒ぎしますが、世界三大ピアノコンクールの他の二つ(チャイコフスキー、エリザベト王妃)の場合は、そんな騒ぎは起きません(--;;
コンクールで騒ぐなら、自国開催の浜松国際でもうちょっと騒いでもいいような気がするんですけどね……(浜松で優秀な成績の人たちが、その次に三大コ...続きを読む

Q創価学会の人かどうかの見分け方を教えてください。

事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。
(詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。)
これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、
創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、
知っておきたいです。

ちなみに自分なりに考えたのが、
・どこの新聞をとっているか聞く
・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く
(神式、キリスト教式だと大丈夫かも)  です。
最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。

たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、
学会の人全てを否定しているわけではありませんが、
この事にかなりナーバスになっていますので、
学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。
あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。

Aベストアンサー

学会会員です。比較的簡単な見分け方は.

1.死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている
2.木製の仏壇の場合は.つくりが派手(他の宗派の場合には.分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので.結構古い物が転がっています)。
3.お守り.破魔矢.熊手.達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが)
4.命日など家族で遠距離の墓参りに行く。(近所の宗派の方は.命日の近くの都合のよい日に出かけます。)
5.若い人のばあいには.「宗教の話をする」。今の若い方々は.宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。
6.夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。若い方の場合には.酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが.これをしない場合です。
7.宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。

Q真面目で物静かなタイプの男性の好みは?

真面目で物静かなタイプの男性は、どんな女性が好みなんでしょうか?もちろん個人差があるのは承知してます。人によって自分と同様静かな女性が好きな人と、自分と反対に明るい女性が好きな人がいるのだろうとは思いますが、皆さんの周りの方や、物静かで真面目な男性の方がいらっしゃったらご自分の好みなど、個人的なご意見で結構ですので、教えて下さい。割合的にはどちらが多いのか、なども興味があります。
ちなみに別に好きな人がいてどうこう、というのではなく、ただ単に「どうなのかな~?」と思っただけなので、お気軽にお答えくださいね♪

Aベストアンサー

 はじめまして。20歳女です。

 私の彼は、無口で、一見まじめで(いや、多分まじめ…私といるときはちょっと違うけど)、静かな人です。も~~~すっっごい無口で、メールですら無口で、たいてい一言、むしろ2文字…って感じの人です。

 一方私は、根はおとなしいですが(率先して騒ぐタイプではないです。派手な人種でもないです)、感情は豊かで、楽しいこと大好き、おしゃべり大好き。彼とは価値観が似てるくらいで、性格は正反対です。

 過去の彼の恋愛遍歴を見ても、おとなしい子を選んでないですね。天真爛漫、天然ボケ、ちょっと気の強い、そういう子ばっかりです。

 似たタイプを選ぶと、自分と会話してるみたいな感じになりません?自己愛の強い人、完璧タイプの人は似たもの同士でくっついてる場合多いです、なぜか。

 補いながら恋愛をするのが、私と彼の出した結論です。

Qピアノの先生 教えて

娘が習っている先生は,とても怖いと言うか,厳しい方です,この夏のコンクールに参加する事になってからは,側で聞いていたら親の私の方が「へこん」でしまいます。私はピアノに関しては,素人で,よく分からないのですが 真剣にピアノを習うというのはやはり相当の覚悟が必要なのでしょうか。一年ほど前,娘の弾くピアノを聞いていて「もしかしたらこの子は,もっと上手になるかも」と思い,今の先生の門下になりました。子どもは10才です。ソナタを練習しています。

Aベストアンサー

上の890770です。私の娘も、もうすぐ10歳ですから同じ年齢の母ですね。
テクニック・ツェルニー40番・シンフォニア・ソナタ・コンクールの曲と精一杯やってきても、駄目だし連続のお稽古でへこんでいます。時には、涙を流します。親の私も、もらい泣きをしてしまうこともしばしばです。
それでも、先生はにこにこと出迎えてくださり笑顔で送り出して下さいます。そして叱咤しているときも愛情が感じられます。ですから、泣いても泣いても娘はピアノも先生も大好きなようです。もし、お嬢様が娘と同じようにピアノがお好きならば親は見守るしかないのでしょうか。子供は大人ほどあとをひくことがありませんし。今は指もよく回るようになり伸びる時期だと思います。今後進学問題や将来を模索する時期になったときが本当の正念場だと覚悟しています。藝大を首席で卒業しても毎コン優勝しても、コンサートピアニストになれる補償はなしの厳しい世界です。お稽古代も相当なものですよね。それに加えて娘にスタンウェイを買ってあげる時点で主人と大口論になり「この娘にいくらつぎ込むのか覚悟しなくてはならないな」
と主人はうなりました。親としてどこまでしてあげられるのかわかりませんが経済的に独り立ちをするまで最も時間がかかる道だと覚悟していますし、万一挫折しても受け入れられる寛大さも親として必要だとも思っています。そういう意味では覚悟が必要ですよね。
最近まで読譜を手伝い、お稽古で録ったMDをチェックしながら稽古につきあうこともしていましたが、自分専用のグランドを買ってもらって覚悟したのか最近は自分で自ら3時間以上、休みの日は5~6時間練習しています。お嬢様の成長を楽しみにじっと我慢の母になりましょう。私もここで同士に巡り合いうれしく思います。

上の890770です。私の娘も、もうすぐ10歳ですから同じ年齢の母ですね。
テクニック・ツェルニー40番・シンフォニア・ソナタ・コンクールの曲と精一杯やってきても、駄目だし連続のお稽古でへこんでいます。時には、涙を流します。親の私も、もらい泣きをしてしまうこともしばしばです。
それでも、先生はにこにこと出迎えてくださり笑顔で送り出して下さいます。そして叱咤しているときも愛情が感じられます。ですから、泣いても泣いても娘はピアノも先生も大好きなようです。もし、お嬢様が娘と同じ...続きを読む

Qスカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の心理は?

大学に通うようになって気づいたのですが、スカートを履いている女性よりズボンを履いている女性の方が多い感じがします。そして、一人お洒落な子がいるのですがその子はよくスカートを履いています。
そこで興味を持ったのですが、スカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の違いや性格また心理等教えてください。

Aベストアンサー

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため、親から見離されるということは命に関わる問題として、脳の奥深くにインプットされるのです。
「近寄る」→「怒られた(嫌われた)」→「見捨てられる」→「生きていけない」
このような禁止令の中で「あなたの性であるな」というのがあります。
例えば、「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われ続けるとその禁止令が入る場合があります。
すると、女性的な格好をするのが苦手になったりするのです。

スカートを好む女性とパンツを好む女性の心理が全てそうとは言えませんが、そういう場合もあると言われています。

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため...続きを読む

Q自宅で音楽教室を開くには資格がいるのですか

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが、すごく楽しくて、このままずーーっと歳を取るまで上達していって、教本などもすべて制覇していったら、ちいさな子どもさんで初心者の方などで趣味でやると割り切っている人になら格安のお月謝で教えれたりするのかなあとぼんやり思ったのですが・・・

定年退職後は時間ができるので大好きな楽器ばかり弾くつもりです。そんなとき、1人で弾くだけじゃなくて教えられたらすごく幸せだなあとふと思ったのですが。

教室などよりも安いし、音大めざしているわけじゃないから、ということで習ってくれる人いるのかなあと・・・

そんなに甘くないでしょうか・・・
真剣に教えていらっしゃる個人教室の先生には失礼な質問だったかもしれませんすみません・・・

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが...続きを読む

Aベストアンサー

音楽教室を開くのに公的な資格は必要ありません。
私は音大卒ですが、卒業証書と教員免許以外に取得した資格はありません。音大卒でなく人に教えている友人も何人かおります。

ただ、小額であってもお金をとって教えるのであれば、それなりの責任が生じることを覚悟する必要があるでしょう。これはどんな職業でも同じだと思いますが。

ご質問の文章を拝読してちょっと気になったのは、「子供や初心者なら」という部分です。
もし初心者に教えることがやさしいとお考えなら、それは違います。
「できる」ことと「教えられる」ことは違います。ましてや、子供や初心者を教えるには高い教育技術が必要とされ、大きな責任を背負うこととなります。

夢を実現させるためには、どうか演奏技術だけでなく「教えること」についても考え、学んでいかれることをお勧めします。

最後に、我が師の言葉を記させてください。
「音楽の教師が最低限やらなければならない仕事は、生徒を音楽嫌いにしないこと」。

Qジャズのセッションには何曲ぐらい弾けないと駄目ですか?

近々ジャズのジャムセッションに行くことになりました。ギターです。
いちおう練習メンバーとのセッションはしていますが、全く見ず知らずの人とのセッションは初めてです。
客として見に行ったことはありますが、その時は参加者の人はみなさん次々と曲をやっていて、ボーカルの伴奏の時もキーを聞いてそれにその場で合わせたりしていました。

僕はまったくそんなレベルではなく、レパートリーも10曲ぐらいしかありません。それもほとんど決まったようなソロしかできません。
ましてボーカルのキーにその場で合わせるなど到底無理です。

こんな状態でセッションに行って、みなさんに迷惑はかからないでしょうか?
というかもう行くって言ってしまったので今さら断りにくいし、好奇心もあるので行きたい気持ちのほうが強いです。
まだあと何週間かあるので、できるだけ曲を覚えて行きたいのですが、何曲ぐらいできないとだめなのでしょうか?

また、こういうセッションの場合、どんな曲でもその時出ていたら、無茶苦茶でもいちおうやらないといけないものなのでしょうか?
「じゃあ次はオールザシングスユーアーね」とか言われても、今この曲は僕のレベルではソロができません。
こういう時、いやちょっとできません、と言ってステージを降りるのはNGですか?
そのへんがすごく不安です。セッションの決まり事みたいなものがありましたら教えてください。

近々ジャズのジャムセッションに行くことになりました。ギターです。
いちおう練習メンバーとのセッションはしていますが、全く見ず知らずの人とのセッションは初めてです。
客として見に行ったことはありますが、その時は参加者の人はみなさん次々と曲をやっていて、ボーカルの伴奏の時もキーを聞いてそれにその場で合わせたりしていました。

僕はまったくそんなレベルではなく、レパートリーも10曲ぐらいしかありません。それもほとんど決まったようなソロしかできません。
ましてボーカルのキーにその場...続きを読む

Aベストアンサー

この前の方だと思いますが、
私も昔、ライブハウスの真似事みたいなことをやっていて、何度かセッションを企画したことがありますが、
不特定多数の人が参加するセッションでは、セッションリーダーが細心の注意を払って組み合わせを考えます。実際にはなかなか難しいんですが。
もちろんライブハウスごとの方針とか、来るお客さんの平均的なレベルというか立ち位置、なんかにもよるんだとは思いますが、基本的にはお客商売ですから、お客さんに不快な思いをさせようなことだけはしないでくれとセッションリーダーをやる人はオーナーからきつく言われているはずです。
はっきり言って、演奏をちょっと聞けば、実力はすぐにわかるので、セッションリーダが、もし配慮が必要だと感じれば必ず配慮してくれるはずです。どうしても、不安ならあらかじめセッションリーダーに配慮してほしい、と言っておいていただけると、セッションリーダーとしては非常に助かります。とはいっても、実際には、「自分は初心者なんで配慮してほしい」と言ってきた人が実はそこそこ演奏できる人だったり、すごく場慣れしてそうに見えても、も実際にはそうでなかったり、となかなか難しいんですけどね。

>また、こういうセッションの場合、どんな曲でもその時出ていたら、無茶苦茶でもいちおうやらないといけないものなのでしょうか?
>「じゃあ次はオールザシングスユーアーね」とか言われても、今この曲は僕のレベルではソロができません。
>こういう時、いやちょっとできません、と言ってステージを降りるのはNGですか?
>そのへんがすごく不安です。セッションの決まり事みたいなものがありましたら教えてください。
まったくできる自信がなければ降りるのもありだと思います。少なくとも私は。セッションの作法的には何の問題ないと思います。
ただ、セッションなんかで人前で演奏するのは、自分一人で練習しているのの100倍以上の練習になると思います。ジャズの上達は人前でどれだけ恥をかいたかで決まるところがあるんで、自分ひとりでこっそり練習してうまくなったところでセッションでいきなりヒーローみたいなことはありえないです。
オールザシングスユーアーにこだわっているところを見ると、自分で少し練習してみた、てことなんだと思うので、やってみたらと思わないでもないですけど。

>ましてボーカルのキーにその場で合わせるなど到底無理です。
多くのセッションでは、ボーカル入りの曲はハウスバンドが演奏するはずです。たとえお客さんを加える場合でも、あらかじめ実力がわかっている人しかいれません。初めて来た人を、いきなりボーカルの曲にいれるなんていう無茶なことは普通ありえません。
あるとすれば、例えば、フライミートゥーザムーンみたいな曲で、ボーカルパートはボーカルパート、アドリブは完全に普通のインストで、という感じだとは思いますが、これは、基本的にはボーカルの人にはあんまり受けが良くないので(ボーカルの人によっては、逆にそういうのが好きな人もいるみたいですが)あんまりやりません。


p。s。
>32小節リズムチェンジ
そういえば、そんな言い方もしているんですね。私はいつも循環の曲とか、I Got Rhythmとか言ってましたが、確かに聞いたことある表現なきがしました。勉強になりました。

この前の方だと思いますが、
私も昔、ライブハウスの真似事みたいなことをやっていて、何度かセッションを企画したことがありますが、
不特定多数の人が参加するセッションでは、セッションリーダーが細心の注意を払って組み合わせを考えます。実際にはなかなか難しいんですが。
もちろんライブハウスごとの方針とか、来るお客さんの平均的なレベルというか立ち位置、なんかにもよるんだとは思いますが、基本的にはお客商売ですから、お客さんに不快な思いをさせようなことだけはしないでくれとセッションリー...続きを読む

Q独り暮らしの男性が家に女性を招く心理は…?やはり…

独り暮らしの男性が、女性を家に招くという行為は、やはり体目的でしょうか?

いかにもな感じでなくても、隙あらばでしょうか?

体目的以外で家に入れることってありますか?

教えてください!

Aベストアンサー

人(男性)それぞれでしょうがやはり#1さんもおっしゃっているように
下心ゼロの人はいないように思います。

以前、知り合って間もない頃に
(会って2回目、まだ私的には付き合っている感覚はナシ)
さりげなくその人の自宅近くまで歩かされ(?)
急に「うちここから近いんだけどよかったら来る?」と言われました。
22時だったし、まだ警戒していたので
「いや、もぅこんな時間だし今日は帰るね」といって、そそくさと帰りました。
そのとき彼はあっさりと「わかった」と引き下がりました。

後々、その人と付き合うようになり、その時のことを聞いてみました。
すると、はじめからそうするつもりはなかったけど
雰囲気的にそうなればそうしていたかもしれない、と言われ、
あー、やっぱりあの時ついていかなくてよかった、と思いました(笑)
ちなみにその彼は今、旦那さんになっています。

もし、誘われて断ったとしても相手からまた遊びに行こうと
誘われたり、何らかのアプローチがあれば彼の気持ちもわかるのでは…?

体目的だけだったら、一度断られてるから無駄に誘ったりはしないでしょうし。

人(男性)それぞれでしょうがやはり#1さんもおっしゃっているように
下心ゼロの人はいないように思います。

以前、知り合って間もない頃に
(会って2回目、まだ私的には付き合っている感覚はナシ)
さりげなくその人の自宅近くまで歩かされ(?)
急に「うちここから近いんだけどよかったら来る?」と言われました。
22時だったし、まだ警戒していたので
「いや、もぅこんな時間だし今日は帰るね」といって、そそくさと帰りました。
そのとき彼はあっさりと「わかった」と引き下がりました。

後々...続きを読む

Q楽器の音色にその人柄が出るって本当ですか?

ピアノやギターの音には,その人の人柄が出るから,
心を綺麗に素直にしなくてはいけない。
ドロドロした人生を送っていると,弾く音,奏でる音にも,
そのドロドロが出て,音が汚れてしまう。
とある人から聞きました。

これって,本当のことなのでしょうか?
変な質問で申し訳ございませんが,よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは、私も子どものころにピアノの先生に言われていました。
「綺麗な心の持ち主は綺麗な音を出すことができる。意地悪な人は、どんなにがんぱっても綺麗な音は出せない。」
という風に。

これは、気持ちとして大事にしていればいいと思います。

>本当のことなのでしょうか?
あまり技術がない人(子どもなど)には顕著に現れると思います。
音の繊細な響きを出すことを無視して、早く弾けばいいと思って叩きつけたり・・・

人柄というか、「その人がどのように音楽に向き合っているか」が見えると思います。

あと、ピアノの先生は「恋愛をしなさい。」と言ってましたね^ ^
色々な人生経験をして、それらの感情を音に表現するには恋愛を経験するのがいいと・・・

管楽器もギターでも、声楽でも「音楽に対する姿勢」は重要です。
「パート内でまず美しい和音をつくるために、自分だけでしゃばらない」、「音色を合わせる」などの基本のことも重要ですが、
時には潔く力強く、明るく奏でることも大事です。

やっぱり、自分が音楽をする人間として「心を清く素直でいる」ことで、楽器を奏でることが一番幸せだと思います。
他人からはそんなにわからないことですが、自分としてそういう姿勢でいようね、という認識でいいのではないでしょうか?

日頃から、素直に清らかに生活することで、音楽の感性が身についてきます。私は部屋が汚く臭いので、臭い音を出してるんだと思っています。
固く考えなくていいと思いますよ。

それは、私も子どものころにピアノの先生に言われていました。
「綺麗な心の持ち主は綺麗な音を出すことができる。意地悪な人は、どんなにがんぱっても綺麗な音は出せない。」
という風に。

これは、気持ちとして大事にしていればいいと思います。

>本当のことなのでしょうか?
あまり技術がない人(子どもなど)には顕著に現れると思います。
音の繊細な響きを出すことを無視して、早く弾けばいいと思って叩きつけたり・・・

人柄というか、「その人がどのように音楽に向き合っているか」が見えると思います。
...続きを読む


人気Q&Aランキング