竹も木材も主要な物質は、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、の3つらしいです。

木材はセルロースを利用し、プラスチックをつくっているのに、竹からはそのような話を聞きません。
竹のリグニンの燃料化も聞きませんし、ケナフやバガスから紙をつくるのは聞きますが、竹から、とういうのも聞いたことがありません。

竹では不都合があるのでしょうか?
竹は今問題になるほどたくさんあるし、利用できたらそれにこしたことはないと思うのですが。

A 回答 (2件)

東急ハンズ辺りで見かけた気がしたので検索してみたところ、


やはり竹を使用した紙もあるようです;
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/eigyou/take_outlin …
http://www.ccr.gunma-u.ac.jp/News/200206/News200 …

下側のサイトによれば、竹紙が日本で身近でない理由として、
「中空のため輸送コストが割高」との説が紹介されています。

それにしても、下側のサイトの「アピールポイント」のところの、
『竹パルプを10%以上配合すれば、「非木材紙普及協会」の
 非木材紙マークを使用することができ』、
って・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

竹を使用した紙、あるんですね。見た事ありませんでした。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/12 02:42

これから先、発展する領域だと思います。



竹繊維 の単語で検索すると、樹脂関係も含めて、最近の研究状況がわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早速、竹繊維の単語で検索してみたら、竹もたくさんの商品になっていることを知って驚きました。
しかし、利点ばかり書いてかって、問題点がよくわかりません。
竹の伐採のボランティアとかやったのですが、伐っても引き取り手がいなくて困りました。
こんなに利点があるなら、刈れば売れそうなものですが・・・。

お礼日時:2007/01/12 02:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケナフはどこにいったら売ってますか?

なんでかは知らんですが、ケナフは環境に
良いらしいので、ほしいと思ったのですが、
植物店を5軒ほどまわったのですが、
どこにも置いてませんでした。
どうやったら手に入りますか?
いくらくらいしますか?
外来種を植えて本当に環境保護になるのですか?

Aベストアンサー

いいところに気が付かれました。

外来種をやたらと持ち込むことは、
日本固有の生態系を破壊する恐れが十分にあります。

環境にいい、というのは、たとえば紙を作るのに
木材資源の代替になる、というレベルの話で、
なんでもいいからあちこち蒔けばいい、
というものではありません。

環境を考える上でケナフの有用性に着目してみる、というのならともかく、
「ケナフは環境にいい!」という単純な発想でやたらと広めるのは
どうかと思いますね。「ケナフ」で検索してみるとたくさんサイトが
引っかかりますが、「ちょっと待ってよ」的サイトを一つ挙げておきます。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/doken/home/charoko/kenaf/

Q木材の加工に要するエネルギー

個人経営の木工業を営んでいます。
自分の作った木工品が、どれくらいのエネルギー消費に支えられて作られているのか計算したいと思っています。
木材の伐採、搬出、製材、乾燥、加工などの各段階で、どれくらいのエネルギー消費があるのか、定量的なデーターを探しています。
循環型産業といわれている木工業も、動力のほとんどを「電力」に頼っていて、現実は非循環的な側面も多く持ち合わせています。
化石エネルギーや原子力に頼らないで、木工業を持続させる方策を考えています。
結果として昔の手作業にもどらざるを得ないかもしれませんが、
その前に定量的な分析をして可能なことから始めたいと思っていますので、情報お待ちしています。

Aベストアンサー

質問の趣旨は「木材工業におけれLCA」ではないかと思いますが・・・?

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「木材工業:「環境への影響度」を定量的に表す方法の現状と課題」

●http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenkyugaiyou/ken_i9g.htm#4
(インテリア研究所:環境負荷要因を考慮した製品設計手法に関する研究)

◎http://pre.yamatake.co.jp/life_cycle_assessment/life_cycle_assessment.htm
(LCAとは?)
◎http://crest.iis.u-tokyo.ac.jp/~yasui/index.html
(安井研究室)
●http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/
(市民のための環境学ガイド)

さらに以下の成書が参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
===============================
実践LCA―ISO14040対応/石川雅紀∥〔ほか〕編…/サイエンスフォーラム…/1999.1 
LCA実務入門/LCA実務入門編集委…/産業環境管理協会/1998.8 
ライフサイクルアセスメント(LCA)の実際/東レリサーチセンター…/東レリサーチセンター…/1996.6
LCAのすべて/未踏科学技術協会エコ…/工業調査会/1995.1 
環境負荷低減のためのLCAの考え方/環境情報科学センター…/1994.3 
===============================
◎http://www.aist.go.jp/NIRE/lca/lca.htm
(NIRE:LCA関連情報)
●http://www.green-web.ne.jp/conten/lca/LCAsofjp.html
(日本のLCAソフト)
●http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/news-98/98-10-1.htm
(NIRE:バイオマスエネルギー利用によるCO2削減効果)

文献検索をすればあると思いますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/wtak/mk1998.html#Jul1998

質問の趣旨は「木材工業におけれLCA」ではないかと思いますが・・・?

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「木材工業:「環境への影響度」を定量的に表す方法の現状と課題」

●http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenkyugaiyou/ken_i9g.htm#4
(インテリア研究所:環境負荷要因を考慮した製品設計手法に関する研究)

◎http://pre.yamatake.co.jp/life_cycle_assessment/life_cycle_assessment.htm
(LCAとは?)
◎http://crest.iis.u-tokyo.ac.jp/~yasui/index.html
(安井研究室...続きを読む

Q木材の長所・短所

中学校で、技術科の宿題に

木材の長所と短所について調べてくる

というのが出されました。
色々調べてみたのですが結果が出なかったので
参考になるサイトなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 技術科ですからそのうち加工を実習でやると良く分かります。
その前に、パソコンの検索を覚えましょう。
下記はGoogleで検索したものです.

http://www.e-house.co.jp/woodland/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%90

 「木のコラム」と 「 木材 」のところを読むと
良く分かります。

Q木材・枯葉の自家焼却処理はダメですか?

CO2を吸収して成長したものを焼却してもCO2の増減はプラマイ0ではないのでしょうか? 最近、家庭での焼却処理が規制?されているようですが。化学製品などについては理解できますが、自然ゴミまでエネルギーを使って回収する理由がわかりません。焼却場で焼却するとCO2の排出が減少する訳ではないですよね?
それとも。消防法か何かの関係でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

家庭でゴミを燃やすのは自燃です。焼却場の焼却炉でゴミを燃やすのは自燃ではなくて、天然ガスなどの燃料を使ったバーナーでゴミを焼くという方式なので燃料を使った分だけ二酸化炭素の排出量は増えてしまいます。

なぜ、二酸化炭素の排出量を増やしてまでゴミを焼却場の焼却炉で燃焼させるのかというと、焼却炉では自燃では得られないほどの高温を作り出すことができるのです。その温度は800℃以上です。

このようなことをする目的なのですが、ゴミは何でも燃えればダイオキシン類が発生します。ダイオキシン類は最強の毒と言われていて、ゴミはダイオキシン類を発生させないように燃焼させなければなりません。

そうは言っても焼却場の焼却炉でゴミを燃やしてもダイオキシン類は普通に発生してしまいます。幸いなことにダイオキシン類は発生してしまっても800℃以上の高温下で分解し無害化されます。その無害化された排煙が焼却場の焼却炉の煙突から排出されるのです。

家庭ではこのようなことはできませんよね。だからゴミは一部の認められるているもの以外は全て焼却場で焼却しなければならないという規制が行われているのです。だから質問に書いてあるとおり木材・枯葉の自家焼却はダメなのです。


ここまでが一般論です。これから書くことは行政が国民に秘密にしていることです。

一部の認められているもの以外は全て焼却場で焼却しなければならないという規制が行われていると、先に書きましたが、港などで良く見かける木製のパレットは焼却してはならないと数年前にこっそりと法令に追加されました。

なんで木材で作られているパレットを焼却場の焼却炉で燃やしてはいけないの?と、この世の皆さんが不思議に思っています。その理由は木製のパレットには臭素を含む殺虫剤が染み込ませてあるからなのです。

ダイオキシン類と言われ恐れられているのは、塩素系のダイオキシン類のことです。塩素系のダイオキシン類の研究はかなり進んでいて除害の方法も現在ではほぼ確立されている状態です。

ただ、塩素系のダイオキシン類とはまた別に、臭素系のダイオキシン類の存在が明らかになってきています。この臭素系のダイオキシン類は塩素系のダイオキシン類よりもはるかに毒性が強いことが分かっています。

しかし、臭素系のダイオキシン類の無害化の技術はまだ確立されてはいないので、今のところ対策方法としては「燃やさない」ことでしかないというのが事実です。そのやり玉に上がっているのが臭素を含んでいる木製のパレットなのです。

あとは#1さん、#2さんがおっしゃっているとおりです。

こんにちは。

家庭でゴミを燃やすのは自燃です。焼却場の焼却炉でゴミを燃やすのは自燃ではなくて、天然ガスなどの燃料を使ったバーナーでゴミを焼くという方式なので燃料を使った分だけ二酸化炭素の排出量は増えてしまいます。

なぜ、二酸化炭素の排出量を増やしてまでゴミを焼却場の焼却炉で燃焼させるのかというと、焼却炉では自燃では得られないほどの高温を作り出すことができるのです。その温度は800℃以上です。

このようなことをする目的なのですが、ゴミは何でも燃えればダイオキシン類が発生します...続きを読む

Q竹を切るのに最適な時期を教えて下さい

竹は何時でも切ると虫が入ると聞きましたが 何時が一番最適なんでしょうか
どなたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

切った竹を利用する場合、11月に切るのがいいと聞いた事があります。
この時期は竹の中の水分が少ないのでカビ等での痛みが出にくいそうです。

当方の畑の周辺にも竹があり、11月以降に切っています。他の仕事もあり11月のみに切るのは難しいので11~2月あたりに切っています。特に問題はないようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報