マルシェル新規登録で5000円分当たる

私は自動車鈑金業を営んでおりますが、時々車検を頼まれることがあります。本業は鈑金なので、取引先の自動車整備工場にそのまま外注しています。儲けは殆どありません。数千円です。
お客様への領収書は例えば、○○様 車検代 10万円と総額で書いています。
先日知人に、車検代の全部を売上高に計上していると消費税を多く支払うことになると聞きました。ちなみに消費税は簡易課税を選択しています。
どのように記帳または、領収書に記載すれば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

簡易課税であれば、単純に売上で消費税を計算します。

したがって、すべてを売上にするより、自分の取り分だけを売上計上したほうが良いと思います。

外注への支払
 外注費95,000/現金95,000
顧客からの入金
 現金95,000/外注費95,000
 現金95,000/売上高 5,000
や、外注費を立替金で処理しても問題ありません。また法人であれば売上を手数料収入にしても良いと思います。

単純計算で売上10万に対して消費税を納めるのと5千円に対して収めるのであればぜんぜん違うと思います。
しかし、税務署から指摘を受ける可能性もあります。取引は総額で見なければなりませんので、管轄税務署で確認してOKであれば、担当者名と経緯内容、日時等を残されることを薦めます。税務署や担当者次第で法律の解釈が変わります。
領収書は貰った金額でしか書けないと思うので、そのままでも良いのでは?

また別な考え方で自動車整備工場の代理店のような形で、整備工場から直接脚に対して10万の領収書を切って貰い、かわりにあなたの取り分の領収書を整備工場に発行すれば、あなたは手数料収入だけになると思います。収入印紙も整備工場で貼って、あなたもはらないといけないところが、整備工場だけになりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。
税務署や担当者によって見解が違うこともあるのですね。

後者の手数料収入として受け入れる方がすっきりいくような気がします。仲介マージンみたいに考えるわけですね。確かに収入印紙の節約にもなります。

有難うございました。また相談することがあるかもしれませんので、その時は宜しくお願いいたします。

お礼日時:2007/01/11 00:33

車検立替金○円


取扱手数料○円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2007/01/13 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検諸費用 立替金 

自動車屋を始めたばかりでわかりません。車検諸費用(重量税・印紙代等)を立替えた場合の車検代をお客様から全額頂いた時の領収の切り方と、振込みで頂いた場合の帳簿の付け方はどのようにしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

売上とは、商品などを売った金の経費分を含めた総額をいいます。
補足分
(たとえばクラウンを車検すると
重量税 50,400円
検査手数料印紙代 1,800円
自賠責保険(24ヶ月)22,470円
ここまでは 私の売上げではありません、
これに18,000円くらいを頂いています。
これが本当の売上です。)
というのは、間違いという事となります。
貴方の補足文でみると租税公課分の無申告の脱税者と判断されます。
帳簿付けで分からない所があるなら、地元の商工会議所に帳簿類を持って相談しに行けば、無料で教えてくれますよ。
各種の税金については、下記に国税局のURLを見て下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
ご参考まで

Q中古車販売業の経理(仕訳)について

中古車販売業を開業いたしました。

(1)仕入時の仕訳について(現金仕入)
 車両本体   100000円(仕入)
 リサイクル料  10000円(仕入ではダメですよね?科目を教えてください。)
 AA落札手数料  10000円(仕入でOK?)
 搬送費     5000円(仕入でOK?)
 合計     125000円

※経理ソフトを使用しています。
車両ごとの原価が一目でわかるようになるべくまとめたいのですが
ダメですよね…

(2)車検料支払時の経理(車検は外注です。)現金払い
※販売時には車検料も含めて請求する場合です。
 諸費用   50000円(立替金?)
 部品工賃  50000円(仕入でOK?)

(3)販売時(売上)の経理(現金入金)
 車両本体    200000円(売上)
 車検諸費用   50000円(立替金?)車検費用を支払う前は(預り金?)
 部品工賃    50000円(売上?)
 リサイクル   10000円(?)
 登録手数料   30000円(売上?)
 車税 10000円(?)※車税込みで仕入ている場合
 車庫証明証紙   2000円(?)
 合計      352000円

※金額は例です。

(?)を教えてください。
解りにくい説明かもしれませんがよろしくお願い申し上げます。



 

中古車販売業を開業いたしました。

(1)仕入時の仕訳について(現金仕入)
 車両本体   100000円(仕入)
 リサイクル料  10000円(仕入ではダメですよね?科目を教えてください。)
 AA落札手数料  10000円(仕入でOK?)
 搬送費     5000円(仕入でOK?)
 合計     125000円

※経理ソフトを使用しています。
車両ごとの原価が一目でわかるようになるべくまとめたいのですが
ダメですよね…

(2)車検料支払時の経理(車検は外注です。)現金払い
※販売時には車検料も含...続きを読む

Aベストアンサー

1.商品の仕入にかかる引取運賃や購入手数料等のような取得に要した費用は棚卸資産の取得価額に算入するため、基本的には仕入勘定にした方がよいでしょう。
車両本体、落札手数料、搬送費:仕入
リサイクル料:立替金

2.自社登録してからの販売ではなく、検切れの車を車検2年付でお客に販売すると仮定した場合
諸費用:立替金
部品工賃:外注費

3.基本的に法定費用は売上に含めなくてよいと思いますが、自動車税の精算は役所を通さないものと思われますので売上に含めます。
車両本体、部品工賃、登録手数料、自動車税:売上
リサイクル料、車庫証明証紙:立替金のマイナス
※車庫証明は登録に必要なので、証紙代を立て替えて支払っているものとします。

Q車検を外注している場合の仕訳を教えて下さい。

お世話になります。

青色の個人事業で自動車修理(板金塗装)をしています。
記帳は弥生の青色申告を使っています。

お客様から車検の以来があると取引先に外注しています。
その時に、外注した時点ではお客様から代金は頂かず、
納車の時に自社売掛をして、お客様に請求書を渡し
数日~翌月頃にお客様からの入金があり
外注先には翌月末の支払いをするといった流れです。

これをどう仕訳したら良いのか悩んでおります。
(1) 自社売掛をする時、整備費用は普通の売上で良いと
思うのですが法定費用の仕訳がわかりません。
*以前、管軸の税務署で法定費用は預り金で良いと言われた
(借方) 売掛金¥○○(整備分のみ) / (貸方) 売上高¥○○
        ???        /       ???  
     法定費用分はどこにどう処理するのか・・・

(2) お客様から入金があったときどう処理したらいいのか。
(借方) 現金¥○○(整備分のみ)  /  (貸方) 売掛金¥○○
     普通ならこうだと思いますが法定費用の分は…?
     
(3) 外注先に支払った時の処理。
(借方) 外注費¥○○(整備分のみ) /  (貸方)  現金¥○○
     やはり預り金(法定費用)の分がわかりません。

預り金が絡むとなんだか複雑で悩んでしまいます。
どなたかご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

お世話になります。

青色の個人事業で自動車修理(板金塗装)をしています。
記帳は弥生の青色申告を使っています。

お客様から車検の以来があると取引先に外注しています。
その時に、外注した時点ではお客様から代金は頂かず、
納車の時に自社売掛をして、お客様に請求書を渡し
数日~翌月頃にお客様からの入金があり
外注先には翌月末の支払いをするといった流れです。

これをどう仕訳したら良いのか悩んでおります。
(1) 自社売掛をする時、整備費用は普通の売上で良いと
思うのですが法定...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ご質問にないことから
法定費用は前金が常識だと思います。万一客が夜逃げをしたら整備費用だけでなく、立替えた法定費用まで負担しなければなりません。
前金が無理な場合でも少なくとも車を引き渡す前に受領するようにされてはいかがでしょうか。
私の知り合いの整備工場では、ほぼ例外なく法定費用だけは前金です。
「管軸の税務署で法定費用は預り金で良いと言われた」とのことですが、この「預り金」とは、これが前金である前提です。

つづいて本論ですが、現状を前提とすれば仕訳はつぎのとおりでよいと思います。

(1) 自社売掛をする時
(借方) 売掛金¥○○(整備分のみ) / (貸方) 売上高¥○○
      立替金¥○○(法定費用)  /  (貸方) 未払金¥○○  
     外注費¥○○(整備分のみ) /  (貸方) 買掛金¥○○ 
 売上と外注費は、費用収益対応の関係から同時計上が妥当でしょう。
    
(2) お客様から入金があったとき
(借方) 現金¥○○(整備分のみ)  /  (貸方) 売掛金¥○○
現金¥○○(法定費用)   /  (貸方) 立替金¥○○
         
(3) 外注先に支払った時の処理。
(借方) 買掛金¥○○(整備分のみ) /  (貸方)  現金¥○○
      未払金¥○○(法定費用)   /  (貸方)  現金¥○○ 

まず、ご質問にないことから
法定費用は前金が常識だと思います。万一客が夜逃げをしたら整備費用だけでなく、立替えた法定費用まで負担しなければなりません。
前金が無理な場合でも少なくとも車を引き渡す前に受領するようにされてはいかがでしょうか。
私の知り合いの整備工場では、ほぼ例外なく法定費用だけは前金です。
「管軸の税務署で法定費用は預り金で良いと言われた」とのことですが、この「預り金」とは、これが前金である前提です。

つづいて本論ですが、現状を前提とすれば仕訳はつぎのとお...続きを読む

Q車検代の仕訳について

車検代には整備料金、自賠責保険料や、重量税
などが含まれますが、仕訳はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

会社にもよりますが、「車両費」という科目を設けて、全てをそれで処理する会社もありますし、そうでない場合は、整備料金は「修繕費」や「雑費」、自賠責保険料は「保険料」、重量税は「租税公課」、車検代行料は「手数料」や「雑費」、という感じになると思います。

ところで、前回の車検時はどういう仕訳をしていたのでしょうか、基本的には同じ方法を継続すべきだとは思います。

Q保険代理店手数料の勘定科目

保険代理店手数料の勘定科目は売上ですか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

質問者さんは保険代理店なのですね。
(損保等と保険代理店契約を結んでいる)

保険のコミッションとしての手数料でしたら、収入となります。
勘定科目としては、”保険代理店収入”が一般的かと思います。
(別に勘定の名前だけの問題ですから、売上としても問題ありません)

Q自動車修理販売店での仕訳・・・

個人経営の小さい町工場の事務をしております。
自動車業の仕訳の仕方や科目(説明も)が詳しくわかるサイトを探しています。
高校時代に簿記を習いましたが
今は忘れてしまって軽い初心者状態。
お店によって仕訳の仕方や使う科目が違ったりもあるかもしれませんが
できれば自動車業専用みたいなのがあればありがたいです・・・
どうかよろしくお願いいたします♪

Aベストアンサー

HPは知りませんが、「中古車販売業の経営・経理ハンドブック」という書籍は参考になりますよ。

Q返戻自賠責保険料の課否判定

よろしくお願いいたします。
私は、会計事務所に勤めているものなのですが、新規で他の事務所から流れてきたお客様で自動車販売業があります。
某メーカーの新車・中古車の販売、修理を行っている会社です。
そこの会計処理のうち気になる処理があったので、どなたか教えてください。
雑収入に、返戻自賠責保険料が毎月のように計上されているのですが、その課税区分が「課税売上」でこれまで20期以上にわたって処理されているのです。
保険料の戻りは「非課税売上」ではないのでしょうか?
私も調べているのですが、なかなか納得いく答えが見つかりません。
どなたかご存じの方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会計事務所の方であれば、ここで質問するより事務所の先輩や先生に聞いた方がいいと思うんですが・・・。

その返戻自賠責保険料が、廃車などに伴う自賠責契約の解約に伴う戻りであり、お客様に対する請求書上及び経理上も保険料分として区分されている場合は、消費税上の課非判定についてのみ言えば非課税取引です。 支払った時、非課税なものが戻ってきただけですから。 (ただし立替処理の場合は不課税となるケースも稀にあり) 

しかし、中古車販売業という業種にかぎっては自賠責保険料や自動車税などの法定費用について特殊なきまりがあります。
一般的な中古車販売業では、未経過の自賠責や自動車税が残ったままで販売することがありますよね。
このような場合は、たとえ請求書上では区分していたとしても消費税上はこの未経過の自賠責や自動車税を含めた総額をもって課税資産の譲渡等の対価とされますので、この課税売上に含めて処理した分にかかる支払額の戻りでしたら、たとえ保険料であっても課税売上となる場合もあります。
もしかしたらその業者さんは、それぞれの取引について個別に確認するのが面倒なので、すべて課税売上にしているのかもしれません。
今一度、その業者さんに課税売上としている意図と、問題の返戻金がどのように処理されたものの戻りなのか内容をご確認下さい。

いろんな業種がありますが、特に自動車販売業の会計処理は複雑というか面倒くさいです。 損益にすべきものと立替・預かりとすべきものがまさに渾然一体です。
これからも大変だと思いますが頑張って下さいね。

http://homepage2.nifty.com/akahori/new_page_145.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/10/01.htm 

会計事務所の方であれば、ここで質問するより事務所の先輩や先生に聞いた方がいいと思うんですが・・・。

その返戻自賠責保険料が、廃車などに伴う自賠責契約の解約に伴う戻りであり、お客様に対する請求書上及び経理上も保険料分として区分されている場合は、消費税上の課非判定についてのみ言えば非課税取引です。 支払った時、非課税なものが戻ってきただけですから。 (ただし立替処理の場合は不課税となるケースも稀にあり) 

しかし、中古車販売業という業種にかぎっては自賠責保険料や自動車税な...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。

Q保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

銀行からの借入を繰上げ返済した際、県の保証協会の保証料の戻りが発生しました。
ただ、この借入の保証料なのですが借入をしていた際、毎年保証料が口座より引き落としされており、経費として処理されておりました。
私が関与前からわざと経費として処理してあるようなので何らかの意図があるのかと思うのですが・・・(本来であれば保証料全額を一旦前払費用として計上して毎年按分した分を経費として処理するのでは?)

まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。
ですのでこの場合、科目は雑収入にするのが良いでしょうか?
もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが、こちらも合わせて教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正益○○○○○
(2)戻り額が少額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○


>もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが・・

勘定科目が何であれ、信用の保証料は消費税は非課税です。消費税法基本通達6-3-1の(2)において、信用の保証料は消費税非課税と定めています。↓

消費税法基本通達6-3-1
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/03.htm

従って信用保証料の戻りも消費税は非課税です。

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング