現在,関西に住んでいて4月から北海道に引っ越す者です.

関西のほうで中古車を買ってから引っ越したいのですが,
関西では寒冷地仕様の中古車ってないですよね.

普通仕様と寒冷地仕様の違いはバッテリーとクーラント,
ウォッシャー液ぐらいしか思い浮かばないのですが,
ほかにあるのでしょうか?

また,中古車屋で仕様変更してもらえるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 寒冷地の北海道に引越しですか~。


寒冷地仕様の中古車に乗りたいのであれば、北海道に行ってから買えばまず寒冷地仕様が簡単に手に入るでしょう。(寒冷地仕様じゃない車を探すほうが大変ですね。)
 さて、普通仕様の車を完全な寒冷地仕様に変更するのはまず現実的ではないでしょう。寒冷地仕様はセルモーター、ワイパーモーター、ヒーター噴出し口、電気配線等変更項目相当なものになります。また部分的に変更しようとしても接続(コネクターやボルト穴の位置)が合わないなども発生するでしょう。(問題なく合う部分もありますが)
 クーラント液、ウオッシャー液は濃度調整の問題で、仕様とは少しちがいますね。バッテリーは容器の大きさ自体も大きくなりそのスペースがあるのかも心配です。(電気的容量だけを大きくするのでもいいですが)
 普通仕様のそのままでも普通の冬の天候ならば不自由なく使えます。普通仕様の車だからということで少し気を使ってあげれば大丈夫でしょう。
 もし寒冷地部品へ変更するのでも北海道で行ってからのほうが部品の入手は中古車やさんにとっても楽なのではないでしょうか。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます.気づかないところにも
いろいろな相違点があるもんなんですね.
ほぼ北海道に永住する形になるので一時しのぎ
するよりも北海道で中古車を探すことにします.

お礼日時:2001/01/11 14:17

sailorさんの言うようにあまり気にしなくてもと思います。

どうしても寒冷地仕様が欲しいのであれば現地に行ってから探すほうがはやいでしょう。とりあえず、今の車を持っていって、バッテリー,ワイパーゴム、冷却水など変更して乗ってみてから判断してもいいのでは?もし、ヒーターの温まり具合が悪いようでしたら荒業としてラジエーターの3分の1程度ガムテープなどで塞ぐ。その処置後、水温計があまりに上がるようなら剥がしてください。それと、暖かい季節になったら必ず剥がすのを忘れずに・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.なるほど,でもほぼ向こうに永住する
様な形になるので,一時しのぎするよりも北海道で中古車を
探すことにします.

お礼日時:2001/01/11 14:12

ご質問にあげられたもの以外に思いつくものといえば、ヒーターが強化されている。

温風の噴出し口が多くなっている。オルタネーターが強化されている・・くらいかと思います。ただ、他の方もコメントされてますが、最近の車はあまり意識しなくても良いかも知れません。私が5年間にニ購入したホンダ・オデッセイのカタログには寒冷地仕様という文字が見当たりませんでしたし、寒冷地仕様と同等の装備になっているとも聞いたことがあります。少なくとも電装系は心配ないということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.気づかないところにも
いろいろな相違点があるもんなんですね.
ほぼ北海道に永住する形になるので一時しのぎ
するよりも北海道で中古車を探すことにします.

お礼日時:2001/01/11 14:15

北海道生まれの横浜育ちです。


以前車で北海道へ行ったとき、秋頃だったのですがヒーターが前々暖まらずに寒い思いをしたことがあります。エンジンが温まれば風も温かくなるだろうと思ったのですが、走れば走るほどエンジンは冷え風も冷たくなっていくので閉口しました。
おそらくラジエターやヒーター、サーモスタットなどの関係だと思うのですが、寒冷地仕様車と一般仕様車では設定が違うのだと思います。
他にもケミカル部品(ドアやウインドウなどのゴム部分)の材質も違うと聞いたことがあります。(寒冷地仕様の方が硬化しにくいらしい)
下の方が書いてらっしゃる点など全てクリアするにはかなり出費が見込まれると思いますし、普通仕様のままでは快適なドライブができないと思いますので、機会があれば買い換えた方が良いような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.気づかないところにも
いろいろな相違点があるもんなんですね.
ほぼ北海道に永住する形になるので一時しのぎ
するよりも北海道で中古車を探すことにします.

お礼日時:2001/01/11 14:16

細かなことを入れればかなりありますが、よほど古い車ならともかく、最近の車では実際使用する上で不便に思うようなことはまず無いと思います。

バッテリーとクーラントワイパーブレード、タイヤぐらいの交換でOKでしょう。寒冷地仕様車が標準仕様車とどこが異なるかは車種によりそれぞれですが、一例をあげると、熱線入りのサイドミラー、ワイパーブレードとワイパー格納時にブレードの下になる部分に熱線が入ったガラス、大容量のセルモーター、ウォッシャー液の加熱装置、シートヒーター、大容量のヒーターユニット、ディーゼル車の場合の予熱装置等です。
それから余談ですが、燃料はこちらで使いきり、寒冷地に行ってから満タンにしましょう。寒冷地では燃料の質が異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.気づかないところにも
いろいろな相違点があるもんなんですね.
ほぼ北海道に永住する形になるので一時しのぎ
するよりも北海道で中古車を探すことにします.

お礼日時:2001/01/11 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウインドウォッシャーは色々ありますが寒冷地仕様としてどんな物がいいですか?

ウインドウォッシャーは色々ありますが寒冷地仕様としてどんな物がいいですか?

Aベストアンサー

寒冷地では、 普通の水色の -40℃対応などを原液で使います。
寒冷地用ウオッシャーを入れる前にタンクに残ってる量が多ければ ある程度 雨天時などに多く使い 減らしてから 充填することで ある程度希釈されるので -40℃対応でも 半分しても -20℃対応位になるでしょう。 
4月位になったら タンク半部位まで使用したら 水道水を補修で 50%希釈位で使用すればOK

撥水ウインドウオッシャーも有りますが 撥水タイプは、普通の水色ウオッシャーを完全に抜き 混ぜない様にしないといけないので 面倒で 割高なので お薦めしません
普通の 水色の 寒冷地用ウオッシャーで十分です。

Q寒冷地仕様について

最近の車は、地域格差はなくなったのでしょうか?
一昔前、北海道で販売している車は、寒冷地仕様と言う事で特にバッテリーなどを変える必要があり、割高な設定となっておりました。が最近カタログみるとそのような事が記載されてなくので、全国同じ仕様で大丈夫になったのかなと感じております。逆を言うと中古車を検討する場合、寒冷地ユースでも全国から持ってきてもそのまま乗れるのかなと疑問に思っております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

寒冷地で使われるのでしたらやっぱり寒冷地仕様の方が
よいと思います。
寒冷地仕様はメーカオプションとなってカタログにも掲
載されています。(トヨタ車の場合しか知りませんが。
トヨタの人間ではありません。)
表面的に見えるのはバッテリーのサイズくらいですが、
実際は
・バッテリーに接続されるケーブルの太さ
・ワイパーモータの大きさ
・スタータモータの大きさ
・ゴムシールの材質
・後席ヒータダクトの有無
など多岐にわたります。
単にバッテリーを替えただけでは
寒いときの始動性や降雪時のワイパーの力強さとか
いろいろ違いが出てきます。

Q【豪雪地帯】寒冷地仕様でないとマズイでしょうか?

雪とは無縁の九州から、豪雪地帯の新潟へ転勤する事になりましたが、心配事があります。

それは新潟の様な豪雪地帯では、寒冷地仕様で無い車を乗るのはマズイだろうか?って事です。

今までずっと中古の軽自動車を乗り継いできた私ですが、今回もそろそろ買い替え時なので、寒冷地仕様で無くても問題ないなら、九州で乗り換えて新潟へ持っていきますし、寒冷地仕様でないと話にならないなら、新潟へ行ってからすぐに寒冷地仕様の車を探すのがイイかなと思っています。

ちなみに九州では皆無ではありあませんが、中古車で寒冷地仕様の割合はかなり低いです。

Aベストアンサー

新潟県下越の海岸よりに住んでいます、回答は出尽くしているようですので、ポイントだけ。
1. 新潟県は山間部を除き冬季でもマイナス5度程度なので温度に関しては問題はないでしょう。
2. 冬季の3ヶ月はスタッドレスタイヤが必要(必須)です、シャーベット状からカチカチの圧雪まで状況により変わるのでノーマル(夏)タイヤでは走れません。
3. スノーワイパーも必需品です、標準のワイパーではブレードが凍り付いてしまいうまく雪を掻けません。
4. バッテリーは容量が抜けていなければ標準品で数年は問題ないです、あやしかたら新品にすれば問題ないです。
5. 冬季の駐車は駐車ブレーキのワイヤが凍結し戻らない恐れがあります、MTならローギヤまたはリバースに、ATならPポジションにします。
6. 雪道に慣れていないならスタンバイ方式の生活四駆でよいので、出きるだけ四駆を薦めます、坂道の交差点などの発進は二駆と段違いに楽です。
7. 予算上四駆が無理ならFFです、FRはやめましょう雪道では苦労します。

Q寒冷地仕様の軽油について!

お正月に2泊3日で信越地方へスキー旅行に行くのですが現地で軽油凍結防止のため現地近くで軽油を入れたいのですが高速のサービスエリアのガソリンスタンドは寒冷地仕様の軽油では無いと聞きました。本当でしょうか?現地街中にあるスタンドは全て寒冷地仕様の軽油でしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高速道路のSAでも寒冷地軽油は販売されています。
誰ですか。売ってないなんて言ったのは。

http://www.j-sapa.or.jp/news/keiyu/index.html

Q寒冷地仕様のバッテリーって

ちょとお聞きしたいのですが。
新車購入以来一度もバッテリーを交換していないので(4年目)、さすがに今年は冬前にバッテリーを交換しようと言うことになり、主人がよくある量販店に行って来ました。
結局買わずに帰ってきたのですが、どう説明されたのか、寒冷地仕様のバッテリーにしようか迷っているようです。
主人は「大きいことはいいことだ」と言ってますが、昔スキーに行った時誰かが(主人でないことは確か(^▽^笑)「発電器も寒冷地様じゃないと意味無いんだよ」と言う話しを聞いた様な気がします。聞き間違いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょう?お教えてください。

Aベストアンサー

またまたです。

1クラス大きいサイズなら付けても大丈夫です。
発電機も年々性能低下しますがまだ大丈夫です。

最低でも一週間に一度1時間以上乗った方がいいです。
ちょっとしか乗らないと、自然放電とスターターで大量に電気を使うだけで、
十分に充電できませんから。

充電量の持ち出しに余裕があるほうがkasikomeさんの使い方にはあっていると思います。

もし心配ならディーラーなどで寒冷地仕様と標準仕様のオルタネーター(発電機)の出力の違いを調べて貰うといいです。たぶん大差ないか同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報