大豆イソフラボンの摂取を目的として毎日、納豆2パック(100g)食べていたのですが、きな粉の方がより少ない量で同量のイソフラボンが摂取できると聞きました。

いったいどの食べ物が一番、手軽で効率が良いでしょうか?金銭的にも安上がりな点も考慮にいれて考えた場合、どうでしょうか?

A 回答 (1件)

含量はきなこのほうが多いかもしれませんが、納豆のほうがイソフラボンの吸収が良いと聞きます。

また納豆をよく混ぜたあとに20分間放置してから食べるとさらに吸収性が増すそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクレアチンの摂取タイミング

こんにちは。
これからクレアチンを摂取しようと考えています。
そこで質問なのですが、クレアチンはどのようなタイミングで摂取するのがベストなのでしょうか?
トレーニング後?トレーニング前?食後?空腹時?
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。趣味でボディビルをやっている者です。
クレアチンは通年ではないですが、摂取することがあります。あまりクレアチンには詳しくはないです。

ご質問のクレアチンですが、摂取タイミングはおそらく重要ではありません。クレアチンは適当にいつ摂取してもいずれ飽和します。飽和するまでの期間がちょっと変わるかもしれませんが、いつ摂取しても大局的には大きな違いはないと思います。

摂取タイミングは重要ではありませんが、ベストなのはトレーニングでクレアチンが消費される前に、トレーニング前の食事で炭水化物やタンパク質と一緒に摂るのがよいかもしれません。ただ、私は就寝前のシェイクで飲んだり、飲み忘れたり、適当です。

クレアチンは個人差はありますが、体感が得られる数少ないサプリメントだと思います。体感が得られない場合は、摂取量を増やしてみてください。私の場合、最低10gです。海外のフォーラムを見ていると、20~60gで通年摂取するという人もいるようです。

Q大豆イソフラボンの摂取量

20代の成人男性です。私は納豆が好きで一日朝晩2食(1パック 45g×2)食べています。週に2回ほど3食食べることもあります。納豆と味噌汁(豆腐なし)以外は大豆食品は特に摂ってないのですが、体に良くないのでしょうか?

数年前に大豆イソフラボンの摂取量が話題になりましたが、今はどうなのでしょうか?最新の情報を知っている方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人の歴史の中で大豆製品は多く摂取してきましたが、大豆イソフラボンを原因とする健康被害は報告されていません。現時点におけるヒトの安全な摂取目安量の上限値は大豆イソフラボン70~75mg/日と設定されていますが、納豆90gでは大豆イソフラボン約66mgです。
納豆はナットウキナーゼによる血栓溶解作用、納豆菌による整腸作用、良質なたんぱく質源でもあり、健康への良い影響のほうが大きいと思いますので、心配することはありません。
ただし、食事は様々なものをバランスよくとることが大切です。大豆に限ったことではありませんが、どんな食品でも偏ったお食事にいいことはありませんのでお気を付けください(^-^*)

参考URL:http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html#2

Qプロテインの摂取タイミングについて教えてください。

プロテインの摂取タイミングについて教えてください。
トレーニングを始めて1年半ほどですが、プロテインは全くの初心者です。

仕事の都合上、帰宅してから就寝までが5時間ほどしかありません。
当方草野球をしており、いつもこなしているトレーニングメニューから食事して就寝、という一連の間に最適なプロテイン摂取タイミングがいまいち良く分かりません。

夜飯を食べて少ししか経っていない就寝前にプロテイン摂取しても太る気がするし、
トレーニング後にプロテインを摂取してから少し後に食事をしても同様の気がします。。。

行動時間は以下のような感じです。

PM 7:30 帰宅

PM 7:45 ランニング

PM 8:15 筋トレ(上半身と下半身を交互で2日に1回)

PM 9:00 素振り・シャドウピッチング

PM 9:30 風呂

PM 9:45 夜飯

AM 12:30 就寝


細かく書いてしまいましたが、より詳しく教えていただければと思い、
「こことここを入れ替えた方が良い」という順番なども含めて
最適なプロテイン摂取のタイミングを教えていただきたいです。

トレーニング・プロテインの知識豊富な諸先輩方にご教示いただけると幸いです。

宜しくお願いします。

プロテインの摂取タイミングについて教えてください。
トレーニングを始めて1年半ほどですが、プロテインは全くの初心者です。

仕事の都合上、帰宅してから就寝までが5時間ほどしかありません。
当方草野球をしており、いつもこなしているトレーニングメニューから食事して就寝、という一連の間に最適なプロテイン摂取タイミングがいまいち良く分かりません。

夜飯を食べて少ししか経っていない就寝前にプロテイン摂取しても太る気がするし、
トレーニング後にプロテインを摂取してから少し後に食事をしても同...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。補足ありがとうございました。

まず、現在のトレーニングの内容ですが、基本的に20回以上できてしまうウエイトを使ったトレーニングはほとんど有酸素運動になってしまい、筋肉を強化する効果は薄いです。質問者様が今現在やられているトレーニングの意図は正確には分かりかねますが、野球の競技能力への向上はほとんどないでしょう。なので、軽量なダンベルしか使用できない環境でも、少なくとも下半身については、ブルガリアンスクワットやランジのような、片足で全身の重量を受け止めるようなトレーニングで負荷をもっと大きくしてあげる必要があるかと思います。
また、下半身のインナーマッスルのトレーニングとしてチューブを取り入れてますが、はっきり言って無駄です。高負荷のウエイトトレーニングの方がよっぽどインナーに効きます。ちなみにウエイトトレーニングでインナーが鍛えられない、なんてことはありません。インナートレにチューブが推奨されるのは単にスポーツの動作ではインナー、というか肩のローテーターカフなんですけど、そこを十分にトレーニングすることが難しいためだからなのですが、それがいつの間にかチューブトレ等の低負荷の動作でしかインナーを刺激できないなんて誤解を産んでるだけです。

あと、プロテインに関しては、お分かりかと思いますが、単なるたんぱく質にすぎません。何故プロテインを摂取するかというと、食事からでは十分に摂取できない、もしくは減量中などで脂質の多い肉類を避けたケースにおいて利用するものであって、食事から十分に摂れていれば特に摂取する必要もありません。
高強度のトレーニングをされている場合は除脂肪体重の2倍以上のたんぱく質摂取が推奨されますが、質問者様のトレーニングは失礼ながら高強度にはあまり思えないため、普段の食事からたんぱく質を意識して多めに摂る程度で良いのではないかと思います。ただ、今後トレーニングの強度を上げていくのであれば別ですけど。
また、筋肉を増やす場合にはある程度太ることを覚悟で食事の量を増やす必要があります。筋肉自体もたんぱく質の塊なんでエネルギーを持っていますし、また筋肉の合成の際には結構なエネルギーが体内で使われます。
疲労の回復にはたんぱく質よりも炭水化物の方がはるかに効果的です。トレーニング後や試合後などに、吸収の速いブドウ糖等を水に溶かして速やかに摂取することをお勧めします。


野球の投手のトレーニングについては専門外ですので、参考程度に聞き流して下さい。

本格的にトレーニングをやるとなると下半身の強化は相当必要な気がしますが、こと上半身に関しては筋力で投げるものではなく、身体全体の連動がモノを言うのではないかと推測します。
特に腕を太くしてしまうと、腕の振りに影響が出ることは容易に考えられますので、二頭・三頭のトレーニングはやる必要がないように思えます。ただ、握力の強化は必要そうですね。

肩周り、特に肩の柔軟性やローテーターカフを鍛えるトレーニングとして、「プルオーバー」と呼ばれる種目を投擲種目の選手はやってたりします。確かにこのトレーニングはどこを鍛えているかよく分からない部分もありますけど、肩の可動域は確実に広がりますし、故障の予防に役立つのではないかと思います。
いきなり高重量でやると肩の関節を痛めかねないので、今使ってらっしゃる4kgの重量で片手づつダンベルプルオーバーのトレーニングを取り入れてみるのも良いかもしれません。

#2です。補足ありがとうございました。

まず、現在のトレーニングの内容ですが、基本的に20回以上できてしまうウエイトを使ったトレーニングはほとんど有酸素運動になってしまい、筋肉を強化する効果は薄いです。質問者様が今現在やられているトレーニングの意図は正確には分かりかねますが、野球の競技能力への向上はほとんどないでしょう。なので、軽量なダンベルしか使用できない環境でも、少なくとも下半身については、ブルガリアンスクワットやランジのような、片足で全身の重量を受け止めるようなトレーニ...続きを読む

Q大豆イソフラボン   危険摂取量

大豆イソフラボンを取りすぎると、発癌性があるから危険と聞きましたが、
1日どれくらい摂取すると危険なのでしょうか?

因みに、毎日納豆1パックと豆腐の味噌汁飲んでいますが、これは危険な摂取量ですか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

発癌性云々のもとのデータは、食品安全委員会の新開発食品専門調査会の資料に記載がありますのでご覧下さい。
最新のものは下記ページに「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(第33回会合修正案)」というPDF
ファイルがあります。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai33/index.html
試験管(培養細胞)レベルで、トポイソメラーゼIIの働き(DNAを正常に保つ)を高濃度のイソフラボンが阻害する可能性があるという報告があり、そのため、乳幼児急性骨髄性白血病の原因となる遺伝子の異常を引き起こす可能性が否定できないということです。
これは生体での話ではありません。QNo.2001235、QNo.1938231など、イソフラボンを積極的に補給されている場合の血中レベルに比べても100倍程度の開きはあります。
おそらく食品安全委員会では、
1.胎児への影響が小さいとはいえ完全に否定しきれないこと、
2.妊娠中は大豆イソフラボンを補給する意義がないこと、から
「妊婦(妊娠の可能性のある方を含む)が、特定保健用食品として大豆イソフラボンを日常的な食生活に上乗せして摂取することは、推奨できない。」といっているのでしょう。フラボノイドに発癌性があるから摂取量に安全基準を設けるというレベルの話ではないと思います。

#本日(12日)の朝日新聞の生活面にイソフラボン関連の記事がありました。食品安全委員会の方がQ&A形式でお答えになっていますので、ご覧になると、どの程度の懸念かご理解の参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/index.html

発癌性云々のもとのデータは、食品安全委員会の新開発食品専門調査会の資料に記載がありますのでご覧下さい。
最新のものは下記ページに「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(第33回会合修正案)」というPDF
ファイルがあります。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai33/index.html
試験管(培養細胞)レベルで、トポイソメラーゼIIの働き(DNAを正常に保つ)を高濃度のイソフラボンが阻害する可能性があるという報告があり、そのため、乳幼児急性骨髄性白血病...続きを読む

QSAVASの摂取タイミングはいつですか?

週3・4回のペースでジム通いして、もうすぐ1年になります。
5ヶ月前からSAVAS(赤)というプロテインを勧められ飲んでいます。
しかし、摂取タイミングが全くわかっていない事に気づきました。
ジムでは、自転車(のようなマシーン)→筋トレ1時間→水泳1時間、
という順で運動しています。自転車の直前と水泳前の2回に分けて摂取しているのですが、

(1)SAVAS(赤)の場合、これって正しい摂取の仕方なのでしょうか?
(2)また、このプロテインを夜寝る前に摂取するのは効果的ですか?
また量は付属スプーン何杯程度でしょうか?
(3)後、SAVASは赤以外があるのですが、筋肉をるける+減量目的の人は
このままの赤缶が最適でしょうか?
SAVASの説明書の内容がわかりにくいので困っています。
過去の質問で、摂取タイミングは品種によって違う、という内容を見たので、
SAVASの事がわかる方、お教えください。質問は(1)~(3)の項目です。
ご指導宜しくお願いいたします。
過去の質問を捜したつもりですが、もし既出であれば申し訳ありません。

週3・4回のペースでジム通いして、もうすぐ1年になります。
5ヶ月前からSAVAS(赤)というプロテインを勧められ飲んでいます。
しかし、摂取タイミングが全くわかっていない事に気づきました。
ジムでは、自転車(のようなマシーン)→筋トレ1時間→水泳1時間、
という順で運動しています。自転車の直前と水泳前の2回に分けて摂取しているのですが、

(1)SAVAS(赤)の場合、これって正しい摂取の仕方なのでしょうか?
(2)また、このプロテインを夜寝る前に摂取するのは効果的ですか?
また量は付属スプー...続きを読む

Aベストアンサー

初期のSAVAS販売当時は日本在住していましたので、使っていましたが、今のは不明です。
「赤」とはどの様なものでしょう?
普通の、プロ用、ラボ用ですか? 昔と違って製品が多いですからね。

今は日本ではホェイ系統が全盛ですし、ジムなら差益の多いものを販売するでしょうから、ホェイプロティンかホェイぺプチドだとは思いますが。

摂取タイミングは、吸収されて、使用当該部位に存在させる時間を考える事が重要ですが、大体上記なら一時間から2時間程度が其の時間と考えられます。

が、ペプチドが其の状態で人間が吸収できると分かったのは近年ですから、まだ時間がはっきり分かりませんが、アミノ酸よりも早いと言う研究もあるので、それだと20分から30分程度と成ります。

2:効果的です。上記と同じく、30分から2時間前にです。
量は体重一kg当たりで、1.5gから2グラム程度でしょう(1日量)。 
スプーンいっぱいが何グラムかは表記されているはずです。
なければ台所用や郵便用のスケールで計りましょう。
重要な事ですからね。(^o^)
ちなみに米国製の場合は、大体25グラム用のスプーンが入っています(製品の湿気の有無により量も違うが、日本製だと良質なので25グラム程度と思われます)。

>自転車の直前と水泳前の2回に分けて摂取しているのですが
⇒上記量を自転車の前の上記タイミングと、運動後、及び寝る前のタイミングに分けて採るのが良いでしょう。

60キロの人なら90グラムから120グラム程度は必要ですから、食事の蛋白と合わせて考えてください。

サバスは味も良いし、高品質らしいですが、なにぶん単価が高いので、十分量を確保するにはそれなりの経済力が必要ですが、それは大丈夫ですか? 別段メーカーやジムに儲けさせる必要もないのでしたら、こちらから個人輸入をされることをお勧めします。

又、長期間十分な量を使い、サバスへの出費と同じ値段で買うなら、本土やハワイあたりへ買出しも差額で出来ると思いますよ。
こちらではプロティン系統は900グラムなんて一番小さい単位です。 
5キロとか10キロのを安く売っています(ただし、味は・・・)。

日本から近くならハワイ・オアフ島のサプリ屋で売っています。日本人が沢山いくところにも置いてあります。それでも相当に安いです。旅行代金くらい出てしまいます(^_^;

初期のSAVAS販売当時は日本在住していましたので、使っていましたが、今のは不明です。
「赤」とはどの様なものでしょう?
普通の、プロ用、ラボ用ですか? 昔と違って製品が多いですからね。

今は日本ではホェイ系統が全盛ですし、ジムなら差益の多いものを販売するでしょうから、ホェイプロティンかホェイぺプチドだとは思いますが。

摂取タイミングは、吸収されて、使用当該部位に存在させる時間を考える事が重要ですが、大体上記なら一時間から2時間程度が其の時間と考えられます。

が、ペプチド...続きを読む

Q大豆イソフラボンの摂取に伴う害について

大豆イソフラボンは、一般には大豆食品に含まれる、健康を促す栄養素であることが知られています。よって大豆食品を適度に摂取することで健康が促されることもあると思います。

しかし、日本の食品安全委員会や新開発食品委員会等のレポートでは、特に閉経前の女性において、イソフラボンを摂取した場合にホルモン量の大きな変化が見られることがあるとされていました。

そして「何故、閉経前の女性だけにホルモン量の変化が出るのか」を、私自身が調べていたのですが、なかなかきちんとした答が見つかりません。

どうか専門家の方から回答を頂けたらと思います。

Aベストアンサー

食品安全委員会の「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」PDFは読まれましたでしょうか。
http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy/hy-singi-isoflavone_kihon.pdf
(2) 大豆イソフラボンが閉経前女性の月経周期に与える影響(43P)
大豆イソフラボンは、視床下部に働きホルモンを抑制したり、高用量のイソフラボン摂取の場合は、ネガティブフィードバック作用でホルモン量が低下してしまうため月経周期に影響するのではないかと言うことです。

閉経後の女性の場合、長期高用量摂取で子宮内膜増殖症がみられているようですが、内分泌系へ影響を及ぼす信頼できるデータがなかったようです。
「閉経後女性の感受性が閉経前女性に比べて低くはないこと、男性の感受性が大きく女性と異なるとする理由が見出されないことから、閉経前女性の結果を外挿し、大豆イソフラボンアグリコンとして30mg/日とした。」
と説明されています。

大豆イソフラボンの制限は、あくまでも成分が凝縮された形のサプリメントなど健康食品であって、一般の食品への制限ではありません。
食品の摂取はバランスよく、ということです。

参考URL:http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai36/index.html

食品安全委員会の「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」PDFは読まれましたでしょうか。
http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy/hy-singi-isoflavone_kihon.pdf
(2) 大豆イソフラボンが閉経前女性の月経周期に与える影響(43P)
大豆イソフラボンは、視床下部に働きホルモンを抑制したり、高用量のイソフラボン摂取の場合は、ネガティブフィードバック作用でホルモン量が低下してしまうため月経周期に影響するのではないかと言うことです。

閉経後の女性の場合、長期高用量...続きを読む

Q体力強化と疲労回復に有用な栄養素とその一日の摂取量と摂取タイミング。それと過剰摂取について。

二つにわけて考えてます。

(1)体力強化
(2)疲労回復


この二つについて必要な栄養素とその一日の大体の摂取量を教えてください。
聞くところによると、(1)にはアミノ酸、(2)クエン酸・ビタミンB1
のようです。
合ってますでしょうか?
これ以外にありましたら教えてください。
なければ、これらの成人男性の一日の目安必要摂取量
を教えてください。
大体で結構です。
摂取するタイミングもお願いします。
運動前なのか後なのか、それとも食事前後なのか?
ちなみにアスリートではありませんので、ハード
トレーニングはしてません。


それとも過剰摂取した場合どうなるのでしょうか?
特にビタミンは頭痛吐き気とよくないと聞きますが、
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使われますから体力強化にも使われるし、TCAサイクルにも使われる基礎的なものですから疲労回復にも効果はあります。

必要量は人によりかなり違いますし、生理的要求量を公には出ていますが、薬理学的要求量と成ると単位も違ってくるほどの量に成るものもあります。
其のデーターで沢山ありますが、見やすいのは下記がよいでしょう。
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-2-13.pdf

摂取タイミング;水溶性なら朝晩。12時間間隔程度でよいでしょう。

過剰摂取:書かれている頭痛や吐き気はビタミンAを大量に長期間(三ヶ月から半年)で現れてくる症状です。  もちろん白熊の肝臓を食べて急性で死亡したとのレポートはありますが、普通は上記の慢性的なものです。

で、医療用ではなく、市販のサプリならほとんどがV-A前駆体として売られているので、体内で必要量だけがV-Aと成るため、其の心配もまず無いでしょう。

私が推薦しているほかのビタミン類なら(V-Dなど油溶性を除く)すべて水溶性なので過剰摂取では排泄されます。
そのため、多く・短時間毎に摂取する必要があるのです。

Citricacid[枸櫞酸]は50歳以上ですと、10グラムから15グラム程度が疲労回復や運動量増加などの効果が出てくるようです(これも人により違いますがほとんどがこの程度で効果があります)。

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使...続きを読む

Q玄米粉と、きな粉の摂取量

玄米粉ときな粉を毎日食べようと思ってます。
でもどの程度とればいいのか、叉は過剰摂取にならないかよく分かりません。
どなたかお分かりになれば教えてください。

Aベストアンサー

このような食べ方であれば、過剰摂取の心配はないと思います。
と言うより、無理だと思います。
玄米はともかく、きな粉については他に納豆などの大豆製品をたくさん摂られるのであれば、その心配も出てくるでしょうし、敢えて摂る必要はないと思います。
玄米粉を食べるのであれば、玄米クリームというのがあるので、是非試してみて下さい。
そのまま食べるに越したことはないのですが、もし大変だと思ったら、試してみると良いと思います。

参考URL:http://www.2shock.net/article/0042.html

Qブルーベリーサプリの摂取タイミング

情報サービス系の仕事上、一日中パソコンの前といった状況なんで、今度アントシアニン(ビルベリー)の液状のサプリを購入しました。これを摂取するタイミングというのはいつが良いのでしょうか。
ちなみに通勤時間は普通です。

Aベストアンサー

たしか・・・
アントシアニンって
水溶性のカテキン群のポリフェノールに属している…ですよね?
違ったらすみません。その程度で聞いてください。

ということは・・・ビタミンCのように
比較早く血中に混ざり(本当か?)
早く排出される(本当か?)
そう思います。

なので一度に多く摂取するのではなく
一日で平均的にとるべきと言えます。

そのような一時的な栄養素ならば、寝る前に補給するというものというより
ビタミンC剤のように、朝に飲む という考え方も成り立つと思います。

どちらにしても、体に一時的な保存(脂肪などのように)されない気がします。

となると夜よりも朝。
または朝と6時間後位の3時ごろではないでしょうか。

Q日本人の平均栄養摂取量と望ましい摂取量

日本人の平均栄養摂取量と、必要な栄養摂取量についてまとめてあるサイトがあったら教えてほしいです。

Aベストアンサー

基本は、厚生労働省の調査結果でしょうか。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/12/h1224-4.html
上記の II 結果の概要 第3部 栄養素等摂取状況
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/12/h1224-4d.html

食事摂取基準については、
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2.html
上記の 別添 6.食事摂取基準
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2a.html
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2b.html

食事摂取基準の読み方については、こちらがわかりやすそうです。
http://www.e-shokuiku.com/guide/4_6.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報