ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

9R59Dのコイルパック調整法を教えて下さい!

初めまして。
アマチュア無線用受信機「TRIO-9R59D」についてお尋ねします。
昨年の夏頃、隣接市のゴミ収集業者からアマチュア無線用受信機「TRIO-9R59D」を貰ってきました。
回収業者によれば、ダンボール箱に入れて直接持ち込まれたそうで、雨などがかからない様保管されていました。
箱から出して見ると、ケースやパネルは汚れていましたが、外部に破損も無く内部のパーツも全部揃っていました。
テスターを使ってAC回路や+B回路、ヒーター回路などの絶縁を一通り点検し、アースとアンテナを繋いで電源を入れて見ました。
この9R59DはAバンド:550KHz~1.6MHz、Bバンド:1.6~4.8MHz、Cバンド:4.8~14.5MHz、Dバンド:10.5~30MHzを
カバーする広帯域受信機です。モードSWをAM-ANLに合わせ、Aバンドから順に受信して行きましたが、AとBバンドは放送を受信出来ますが、CとDは何も聞こえません。
内部中央にコイルパックがありますが、どなたかその調整法を教えて頂けませんか?
また、この受信機に関する参考事項が御座いましたら、アドバイスをお願いします。

A 回答 (1件)

http://ja9ttt.homedns.org/hamf/radiorest/9R59D.h …
TRIO 9R-59D Reciever 
これでいいのかな?
参考になればいいんですが
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受信機9R59Dでアマチュア無線を聞いています。    10MHzから

受信機9R59Dでアマチュア無線を聞いています。    10MHzから上の感度に少々不満足です。
そこで、各バンド18、21,24,28MHzで簡単なプリアンプを製作しまして切り替えて使って
いますが、切り替えなしでHF全バンドで使えるプリアンプは作れませんか?

Aベストアンサー

短波受信機の感度を補う広帯域プリセレクターアンプというのがあります、これは高感度のFETプリアンプに同調用の5連バリコンで、目的周波数にあわせて目的の信号を、浮かび上がらせる補助的な回路です、昔は高性能FETで回路を組み、自作トランジスタ短波受信機につけていました、最近のHFアマチュア無線機は半導体素子の高性能化、デジタル技術であるPLL回路のVFOに伴い、トリプルコンバージョンのゼネラルカバレージ受信機能で、ローバンドから30メガヘルツまで、連続受信、オールモード受信ができます、そしてバンドパスフィルターとしてこのプリセレクター回路が組み込まれていますので、高感度、高選択度、高安定度、です、しかし、オール真空管式のこれらのトリオ製短波受信機は感度が悪いシングルコンバージョン回路で、親受信機としてつかい14メガ、21メガ、28メガはクリスタルコンバーターをつなげてダブルコンバージョンにして感度を上げてくださいと案内がされています、プリセレクター回路を自分で自作して組み込むのが一番でしょう、但し広帯域プリアンプは異常発振はしやすく、雑音が増える、ハイパワー局が出てくると感度抑圧現象が起こりやすくなります、面倒でもバンドごとに専用プリアンプ回路に切り替えたほうが、よいでしょう、

短波受信機の感度を補う広帯域プリセレクターアンプというのがあります、これは高感度のFETプリアンプに同調用の5連バリコンで、目的周波数にあわせて目的の信号を、浮かび上がらせる補助的な回路です、昔は高性能FETで回路を組み、自作トランジスタ短波受信機につけていました、最近のHFアマチュア無線機は半導体素子の高性能化、デジタル技術であるPLL回路のVFOに伴い、トリプルコンバージョンのゼネラルカバレージ受信機能で、ローバンドから30メガヘルツまで、連続受信、オールモード受信ができます、そして...続きを読む


人気Q&Aランキング