人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

卒論で伊勢物語について取り組もうと考えているのですが、何に焦点をあてて研究を進めようか悩んでおります。
ここに着目すると面白い!というご意見がありましたら是非お聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下記のホームページが「伊勢物語」に関してまとめていらっしゃるのですが、すごくわかりやすいです。



着目点ですが…、多様な女性が入れ替わり立ち替わり登場しますので、その女性の類型と、男主人公の関わり方という視点もあるかと思います。同じような話でも「筒井筒」などは大和物語とでは女の描かれ方が違っていますし。

参考URL:http://www.isemonogatari.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!業平像について追いかけてみたいと思います(^^)

お礼日時:2002/05/11 02:16

ヒントになればいいですが。



参考URL:http://dir.biglobe.ne.jp/dir/182184/180908/18091 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いくつかのHPも当たってみたのですが・・・。
なかなか難しいですね(><)頑張ります!

お礼日時:2002/05/08 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国文学の卒業論文!

大学3年です。古典文学で卒業論文を書くことに決めたのですが、何を書こうか迷っています。日記文学、紀行文学、随筆のどれかにしようとは思っているのですが、それさえもまだ決まっていません。自分の興味のある作品について書くのがいいとは思うのですが、作品を読んだりしてみても「これだ」と思うものがありません。経験者にお聞きしたいのですが、どのようにテーマを決めたらいいか、または、どのように決めたのかという経験談でもよいので、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

国文学科卒業者です。

ゼミの先生に相談するのが一番良いとは思いますが・・・。

私は近現代文学ゼミで、吉本ばななのキッチンについて卒論を書きましたが、
選んだ理由は、
1.作家が好きだった
2.作品に共感できる個所がいくつもあった
3.作者に対する研究がまだそんなに進んでいなくて、
  他の人の書いた論文を読破するのがラクだった(^^ゞ
大きいのは以上三点です。

本当は、夏目漱石の研究にしようと思いましたが、3の部分で、
あまりにも研究論文が多すぎて、挫折しました~~(^^ゞ

古典文学といっても、上古、中古などありますので、ゼミの先生が
詳しい時代(読んでおくべき論文とかを教えてもらえる)を選択しては
いかがですか?
あとは、お友達とは重ならない方が良いと思いますよ。
今、もし私が卒論のテーマを選ぶとしたら、「枕草子」にしようと
思います。まわりの人間関係とか掘り下げてみるのも面白いかと・・・。

もし、東京近郊にお住まいだったら、国立国会図書館に
行かれると、過去の論文とかがたくさん読めて、便利ですよ。
私は国会図書館に通い詰めました~~。

では、頑張って論文書き上げてくださいね!

ご参考まで。

こんばんは。

国文学科卒業者です。

ゼミの先生に相談するのが一番良いとは思いますが・・・。

私は近現代文学ゼミで、吉本ばななのキッチンについて卒論を書きましたが、
選んだ理由は、
1.作家が好きだった
2.作品に共感できる個所がいくつもあった
3.作者に対する研究がまだそんなに進んでいなくて、
  他の人の書いた論文を読破するのがラクだった(^^ゞ
大きいのは以上三点です。

本当は、夏目漱石の研究にしようと思いましたが、3の部分で、
あまりにも研究論文が多すぎて、挫折...続きを読む

Q源氏物語、卒論 緊急!!!!

卒論を12月15日に提出しなくてはいけないのですが、入院をしていたため全く進んでいません…。
源氏物語のゼミなんですが、書きやすい・調べやすいテーマとかはありますか?
本当に困っています。
卒論は2万字で源氏物語に関係していれば内容は本当に何でもいいです!!

ちなみに私は日本語日本文学科に所属しています。

お勧めの参考文献なども教えて頂けたら助かります。

Aベストアンサー

日本語日本文学科卒業、上代文学専攻でした。

no1さんの仰る通り、指導教授に診断書でも入院証明書でも見せて、
今後のアドバイスを受けた方が良いと思います。

どのくらいの期間入院されていたのかは分かりませんが、
私の大学では卒論のテーマは、前期中に教授に報告して、
了承を得ることになっていましたよ。

>卒論は2万字で源氏物語に関係していれば内容は本当に何でもいいです!!
4年間の集大成ですよ。あなたは本当になんでもいいのですか?
自分の納得のいく卒論を書きたいのなら、指導教授に相談すべきです。

>お勧めの参考文献なども教えて頂けたら助かります
これくらいならお答えできるかも知れませんが、テーマを人に考えてもらうのはどうかと思います。

お体に気を付けて卒論頑張ってくださいね。!^_^!

Q伊勢物語「芥川」に関する疑問

伊勢物語の芥川に

ゆくさき多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、男、弓・やなぐひを負ひて戸口に居り。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。

という部分がありますよね。
この鬼っどこから入ってきたんですか?男は入り口で見張っていたんですよね。てことは女は密室に居たわけですよね?鬼は何処から・・・。

それからもうひとつ、このさらわれた女は、男におぶられながら「あれは露ですか?」とかって訊ねるでしょ?これが歌の伏線だって言うのはわかるんですけれど、でもさらわれた女が悠長に「露が・・・」なんて言ってる場合なんでしょうか?

この二つの点が疑問です。
いろいろとサイトを覗いてみましたが、現代語訳自体が意味不明すぎます(笑)。
これって教科書に載っているらしいのすが、・・・こんなことならきちんと授業を受けておくんでした・・・(笑)

Aベストアンサー

 「鬼一口」と呼ばれ、古典の教科書にもよく載っている段です。

鬼は、外からきたわけではなく、このあばら屋にもともと住んでいたのです。

それから、逃げている途中で女が「あれは何?」と言うのは、
確かにさらわれている最中、悠長な言葉ですが、これは、それだけ彼女が屋敷の中で
大切に育てられた身分の高い女である、ということを示しています。

俵万智さんの『恋する伊勢物語』(ちくま文庫)を読んでみてください。
「殺し文句は永遠に」という章に、この段も取り上げられています。


人気Q&Aランキング