会計事務所で働いているのですが、お客さんにおもちゃ屋があります。その
おもちゃ屋は中古ソフトも扱っています。そしたら調査で中古ソフトの棚卸し
をしっかりやってくれと言われました。ちゃんとやってもらってるのですが、中古ソフトの仕入れはどんどん値段が変わり、それを把握するには大変な
手間がかかります。税務署からは先入先出法などの教科書のコピーをもらう
しまつです。それぐらい知ってるよって言うのをがまんでした。
 物知りな方なんとかいい方法を教えてください。
まだ社会人2年目なので初心者です。

A 回答 (1件)

棚卸商品の評価方法は、基本的には開業時に届け出た方法により行い、特に届出なかった時は最終仕入原価方で行うことと税法で決められています。


また、この方式が一番多く採用されています。
ただ、仕入原価が大幅な上昇傾向や、下降傾向のときは利益えの影響が強いという欠点もあります。
決算期に一番近い仕入原価で評価するのですから原価の把握が簡単です。
質問の趣旨がはっきりしなかったので、見当違いの回答になって居ましたら、補足願います。

この回答への補足

すいません、かなり分かりずらい質問でした。おもちゃ屋さんとしては、
常日頃どんな感じに仕入れ値を把握すればいいんでしょうか?ということ
が聞きたかったのです。中古ソフトに一個ずつ値段をつけていったとしても
同じ商品なのに値段が違うものがだんだん出てきますよね。そんな中古
ソフトはどんな風に管理し、棚卸しをしたらいいんでしょうか?
 なんか簡単でいい方法ありますか。たびたびすいません

補足日時:2001/01/11 20:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古屋での買い取り

先日PS2のソフトを何本か某中古屋に売って
代金を受け取って帰ったらしばらくして一本中身が違うからお金を返せという電話が来ました。で、何を言っても無駄な風だったの後日行くという返事をしたのですが、これってどうなんでしょうか

Aベストアンサー

法律的にいえば相手方に分があるかと思います。
もちろん、中古屋さんのいう通り中身が本当に違ったらの話ですが。その場合は、民法95条の錯誤により売買契約が無効になると思います。この場合、中古屋さんが間違ったことについて、重過失があれば無効になりませんが、この場合はよっぽどの事情がない限り重過失は認定されないでしょう。

中古屋さんが全額について返せと言っているのであれば、その必要はありません。他のソフトに関しては契約は有効に成立しているかと思います。まあ、そんな時は全額返してほかのショップに行けばいいだけの話しですが・・・

質問の内容が明らかでないので、どのような請求をされたいのかわかりませんが、不十分であればまたご質問ください。

QMLMは危険で違法という先入観があるのですが

最近MLMの情報が飛び込んできました。
今までねずみ講の話は聞いたことがあったんですが、マルチ商法は聞いたときありませんでした。
HPを見たところ、マルチ商法自体は違法ではないんですね。
もし、MLMに参加するとして、法的に守ってもらうためには、どんな書類を用意すればよいのでしょうか?
例えば、この商品に問題あったとして、責任は全部会社にあるようなものにするには、どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

一、まず、直接の御質問からは外れますが、前提的知識を少し述べておきます。
 >マルチ商法自体は違法ではないんですね<とは必ずしも言い切れません。
 そもそも、マルチ商法とはマスコミが創りだした用語で、法律用語ではありません。何を以ってマルチ商法と呼ぶかも不明瞭です。
 したがって、違法か合法かを一概に言うことはできません。
 法律上の用語は特定商取引法の「連鎖販売取引」であり、連鎖販売取引の要件を満たし、かつ、特定商取引法上の規制を満たした場合のみが合法と成ります。
 規制を満たさないものは違法でありますし、商品販売を伴うマルチ商法が無限連鎖講(あなたの言うねずみ講)禁止法違反で有罪判決を受けた例もあります。
 名前がマルチ商法と呼ばれているか、ねずみ講と呼ばれているか否かが問題なのではなく、特定商取引法・無限連鎖講防止法の要件を満たしているか否かが問題なのです。
 そして、そもそも特定商取引法は、いわゆるマルチ商法を実質的に死滅させるために創られた法律であり、合法化するためのものではありません。立法者の予想よりも、規制が甘かったために、事実上、マルチ商法が生き残ってしまったに過ぎません。
 現在でも、反社会的なものとの認識は変わらず、出来る限り抑制しよう、死滅させようというのが行政側の意図なのです。

 ニ、さて、その上で御質問自体にお答えします。
 >責任は全部会社にあるようなものにするには、どうしたらよいでしょうか?<
 そんな虫の良い話は有り得ません。
 反社会的なものに手を出す以上、それなりのリスクを負うことは当然のことです。
 ちなみに、サクセスマーケティング社というマルチ商法肯定出版社が出している「ネットワークビジネス」という雑誌の調査によると、マルチ商法に加入したが、一円の収入も上げられなかった人の割合は、全体の94,677%に上るそうですよ。
 私なら、(一に書いたことも含めて)手を出さないことをお勧めしますね。

一、まず、直接の御質問からは外れますが、前提的知識を少し述べておきます。
 >マルチ商法自体は違法ではないんですね<とは必ずしも言い切れません。
 そもそも、マルチ商法とはマスコミが創りだした用語で、法律用語ではありません。何を以ってマルチ商法と呼ぶかも不明瞭です。
 したがって、違法か合法かを一概に言うことはできません。
 法律上の用語は特定商取引法の「連鎖販売取引」であり、連鎖販売取引の要件を満たし、かつ、特定商取引法上の規制を満たした場合のみが合法と成ります。
 規...続きを読む

Q不正な中古自動車屋で困ってます、助けてください

中古自動車屋で、購入後1ヶ月1000km保証で、先月9月末日に購入して本日ワイパーが急に不調で、先日も一回、中のルームライトが点かないので連絡し、全くいずれも回答がなく、今日ついにまずは信じていた方でしたので、メールで連絡の一つくださいと、送り続けたら着信拒否され、すぐに電話もしましたが、出られません!全く購入前と大違いで、警察へ被害届けを、出すつもりですが、このような場合、警察が先に良いのか、消費社庁がよいのか、専門的知識をお持ちの方教えてください。ただでさえ一月で、車もこんな状態で、保証も嘘だし、”連絡ない”のが最も常識外れです。憤りの度を越したので、サービス業でありながら、買ったときだけ笑い、後は知らない典型的な悪質中古自動車屋です。しかも時価0の車を20万円以上で買いましたし。何よりも、この不正が許せないので、ご協力宜しくお願いします。 悪戯、反論の方のご意見はやめてください。正義感強い常識人の方教えてください。

Aベストアンサー

基本的には口頭でも契約は成立するが…
相手がねぇ??

自己紹介不明の為に、未だ若いんだろうね…オッチャンぐらいは書かなきゃ!

オッチャンなら1人で行っちゃうけど。。。

まず、警察は立ち会ってくれない!!

誰か大人連れて店に、乗り込む方法しか無理。

車は、一度登録してしまうと、余程の詐欺的行為以外は返品も不可能。

動いて・止まって・曲がる機能が正常だと悪徳業者は、それで逃げる。

自動車屋が捕まらない時は、内容証明の郵便で不具合明記で出すのが良いが、書き方解らないだろうし…

待ち伏せする方法しか無いよ。

良く若い子に相談されると、待ち伏せの見本見せて、念書書かした事、多数。

ちなみに、電話は同じ番号の電話では無いよね?
番号変えて電話しないと、絶対に電話には出ないよ!

追記だと、メール不明だから、返答欄から連絡して!

個人情報書けないので、オッチャンが電話してやる事出来ないし…

元車メーカーの者としては何とか助けてやりたいが…

Q中古車屋で修復歴ありの車を買ったら修復されていませんでした。対応は?

中古車屋で、修復歴ありの車を購入しました。乗って1ヶ月も経たない内にエンジンランプが点灯しましたので、点検を受けました。
その結果、私が購入する前に事故による衝撃でトランスミッションの部分に亀裂ができていて、そこからオイルが漏れていました。この故障箇所は修復されていませんでした。これを完全に修復するには、トランスミッションの部分の部品の交換が必要で14万円かかります。この費用を中古車屋に負担してもらいたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

現状販売でなければ保証を受けれるはずです
1度買った中古車屋で見てもらったほうがいいですね
保証になるかどうかは中古車屋の誠意次第ですね
もし不可であれば訴訟を起こす等色々方法はありますが
通常であれば販売した中古車屋の確認不足で修理費用は中古車屋全負担です、現状渡しの場合は適用されません、購入時の契約書があれば1度見てください

Q先行予約 抽選なのに先入金?

こんにちは。
ライブチケットの先行予約に関して、疑問に思うことがあります。

人気チケットのため、先行予約ですら抽選なのですが、抽選なのにもかかわらず、先にチケット代の入金が必要なのです。
落選したら払出証書が届くことにはなっていますが、返金手数料が引かれた額での返金となります。先行予約入金の手数料も、もちろんこちらの負担です。
考えようによっては、抽選結果がわかるまでの数ヶ月、こちらが無利子(手数料自己負担なので、むしろマイナス)でお金を貸している状態かとも思います。

人気チケットの場合のメジャーな方法らしいのですが、初めての私は、このシステムに少し驚いてしまいました。
こういった方法は、消費者保護等、何か問題だったりはしないのでしょうか?
法律に詳しい方、もしよろしければ教えて下さいませ。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

消費者保護の観点からは、返金手数料が差し引かれることにつき消費者契約法10条の問題となり、「返金手数料を差し引く契約は無効」との結論を得ることも可能なように思います。

ただ、それ以上の問題については、問題点を挙げることは出来ますが、法的に請求権が発生する・法的に無効にできるなどのことは無いのでは、と思っております。


なお、消費者契約法10条は、消費者に一方的に不利となる契約を無効にするものです。

この点、「先にチケット代の入金が必要」との部分については、消費者が先行予約の抽選に参加できる権利を得られることから、「一方的に不利となる」ものではないといえ、無効にはならないでしょう。

他方、返金手数料については、まず、消費者のメリットである「消費者が先行予約の抽選に参加できる権利」との点は先行入金に対応するものです。また、抽選漏れになれば法的にも返金するのが当たり前といえます。そのため、当たり前のことをするのに手数料を差し引く点で消費者に不利であって、かつ手数料返金に対する消費者のメリットはありませんから、「一方的に不利となる」ものといえそうです。だから、返金手数料は同法10条に照らして無効ではないのかしら、と思った次第です。

消費者保護の観点からは、返金手数料が差し引かれることにつき消費者契約法10条の問題となり、「返金手数料を差し引く契約は無効」との結論を得ることも可能なように思います。

ただ、それ以上の問題については、問題点を挙げることは出来ますが、法的に請求権が発生する・法的に無効にできるなどのことは無いのでは、と思っております。


なお、消費者契約法10条は、消費者に一方的に不利となる契約を無効にするものです。

この点、「先にチケット代の入金が必要」との部分については、消費者が先...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報