プロが教えるわが家の防犯対策術!

工場内のコンベアのモーターや減速機について
1)運転中の電流値を測りたい場合電流計は交流電流計か直流電流計かどちらで測ればいいんでしょうか?

2)モーターや減速機のどこに電流計を接続すればいいんでしょうか?

素人なのですいません よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

同じ工場の従業員として質問者さんをフォローしますと、工場の設備(特にモーター機器)に不具合がある時、「電流を調べろ」と言われることがよくあります。

電流で負荷の大きさとか、設備の異常状態が端的に判るからです。コンベアなんか特にそうですね。
私が新入社員のとき、「上司から**の電流を調べろ」と言われ、マルチメーターを持ってきたら「アホか」と言われたことがあります。学校では電気工学を勉強していましたが、実践の段階では電流の危険さとか、クランプメーターの存在とか知りませんでしたので。

この回答への補足

まさにそうです!

工場内の新設のベルトコンベアに不具合が頻繁におこっていたために駆動部に電流計をつけようかと考えていた次第です

でもこれほど危険とは知りませんでした

補足日時:2007/01/13 16:43
    • good
    • 1

最近のモーターは、直流モーター、交流モーター、単相モーター、三相モーター、インバーター制御モーター、等と沢山の種類があります。


ですから電流だけ測定しても余り意味がありません、もし必要なら最初から付いているはずです。
どういう目的で電流を計りたかったのですか?目的をハッキリさせてから、コンベアーメーカーに相談されたら良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます
たしかにメーカーに聞けばいいですね でも自分で出来るなら1からやりたかった・・・

お礼日時:2007/01/13 16:48

ごみレスです。



 私の働く工場では
 場所によって100V(家庭用並)と
 200V(モーター類)を使っています。

 200V×10A=3000W?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます

お礼日時:2007/01/13 16:43

お尋ねですね。


再質問の内容を見てもちょっと背筋が寒くなります。

この場合、直列型の電流計はモーターの突入電流に耐えられる物を入れないと、スイッチを入れた瞬間に焼ききれますが、それ以前に、危険を電流容量で考えてる点が大変怖いです。

工業用動力電源は200Vですから、この電圧のかかってる配線はかなり危険です。
金属露出部分に接近するだけで、接触しなくても火花放電でショートし感電事故が発生します。
100Vの家庭用電源でさえ、条件次第ではこういう事故は起ります。

006Pという9Vの四角い乾電池を見たことあるかと思いますが、あの電池でさえ、電子部品を発火させたり爆発させる事が出来ます。

電圧は大変怖いものです。

何らかの事故で電流が人体を流れてしまうと、1A でさえ致命傷になります。
心臓を止めるには 数十 mA(ミリアンペア:1Aの千分の一)で十分なのですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よくわかりました  もっと勉強いたします
ありがとうございました

お礼日時:2007/01/13 05:04

>確か定格電流は12から15アンペアですがそんなに危険なんでしょうか?



→死にますよ。1アンペアでも十分死ねます。電圧(100~400V)と間違えてませんか?
「小さいモーター」とのことで、多分実際にはそんなに大きくないとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返事ありがとうございました  そんなに危険だったとは・・・

お礼日時:2007/01/13 05:02

こんにちは。


No2 さんのおっしゃるように交・直流の区別もつかないような人が回路を切断して入れるタイプの電流計を使用するのは不可能です。

確か工場のモーター配線レベルでそういう操作をするには資格が必要だったはず。

唯一可能性があるのは、No1 さんが紹介してるクランプメータですが、仕事の上でそういう指示が出たのなら、明確に拒否してください。
基礎知識が無さ過ぎるので出た数字の信頼性も非常に低い物になるでしょうし、何より人身事故が怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確か定格電流は12から15アンペアですがそんなに危険なんでしょうか?

お礼日時:2007/01/12 21:51

どうして素人の貴方が電流を測定したりするのですか?危険ですから止めておかれた方が良いですよ!


どうしても測りたいなら非接触型電流計で測ったらどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました  小さいモーターなんですが危険だったとはしりませんでした

お礼日時:2007/01/12 21:50

電流計は回路に直列に挿入するものであり、それなりの耐電流でないと破損します。


そこで工場で使うモーターの電流測定はクランプメーターが一般的です。電磁誘導を用いて間接的に電流を測定するものです。
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/clamp …
モーターが直流モーターか交流モーターかに依存しますが、通常交直兼用だったと思います。

参考URL:http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/clamp …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに危険だったとは・・・ありがとうございました

お礼日時:2007/01/12 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Qモータの電流測定について

モータ(ブラシレスDCモータ)の負荷電流特性を測定するために、モータドライバの入出力電流を測定していますが、モータドライバの+側の電流を測定した時と-(COM)側を測定した時と電流値が違っています。
閉回路であれば、入力側と出力側の電流値が同じだと思うのですが、なぜでしょうか。推測できる原因を教えて下さい。
モータドライバには、DC24Vの電源を供給しています。具体的には、
回転数 100rpmの時 +側:0.21A COM側:0.11A
回転数 400rpmの時 +側:0.41A COM側:0.41A
回転数 800rpmの時 +側:0.54A COM側:0.61A
回転数1200rpmの時 +側:0.75A COM側:0.96A
回転数1600rpmの時 +側:0.87A COM側:1.12A




               

  
                

Aベストアンサー

難しいですね、考えても理由が分かりません。
プラス側とマイナス側の電流が大きく異なっているようですがこのような事は通常考えられませんね。

ただ周波数によって大幅に数値が変化している事が何かヒントになるかも知れません。

例えば周波数や波形の影響を受けない電球をプラス側とマイナス側にそれぞれ直列に入れて運転した場合はどちらも同じ明るさを示すと思います。示さないはずは無いと思いますが。

では何故電流計ではそのような差が出るかですがモータードライバーのノイズによる誤動作では有りませんか?パルスなどの汚れた波形による機器の誤動作と言う事です。

ちなみにドライブ回路に充分な性能を持つノイズフィルターを入れ、ノイズの影響を受けないように電源の元のほうに電流計を挿入したら如何でしょう。
場合によっては電流計をシールドしてみたら如何でしょうか。

原因は分かりませんが誤作動である事は間違いありません。

Q電流値の計算方法

よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…

少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。

Q三相三線電流値について

はじめまして。
仕事で電力調査を行ってるのですが、電気に関してはまったくの素人で困っています。
基本的な事で恥ずかしいのですが、助言頂けると助かります。
クランプメーターにて電流値の測定を行っているのですが、
単相三線の電流値はL1L2(三線のうちの右と左)の和でいいのでしょうか?
また三相三線の場合はどの線を測定すればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単相三線式の場合、L1及びL2を測定します。
例えば主幹ブレーカが75Aとした場合、
測定結果がL1が50A、L2が40Aの場合は正常と言えます。
その時のN相は約10Aとでます。
L1とL2の和ではありません。それぞれ単独です。
片方に75Aまで流せます。
言いかえれば、L1とL2のバランスが取れていれば150Aまで
使用できると言えます。
あくまで、上記の場合ですよ。

三相三線式の場合はRSTの3本ともほぼ同じ値が出ます。

Qデジタルクランプメーターによる三相交流の測り方

 低圧電力契約を主開閉器契約に変更しようと思っています。そこでクランプメーターで機器の実使用電力を測りたいのですが、この場合は赤黒白の三本有るどの線を計測すればいいのでしょうか。できましたらその理屈なども簡単に教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

低圧電力=三相交流ですから、どの線を測っても良いです。
なぜかといわれたら、三相( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%9B%B8%E4%BA%A4%E6%B5%81 )だからとしか・・

Q電気モーターに負荷がかかったとき電流値が上がるのは何故

電気モーターに負荷がかかったとき電流値が自動的に上がって、ひどいときにはブレーカーが働いて電気が止まったりします。
何故負荷がかかると電流が大きくなるのか、優しく教えて下さい。

Aベストアンサー

#2です。

直流モータでイメージが湧くなら、交流でも同じです。

誘導電動機は、固定子によって作られる回転磁界によって
フレミングの右手の法則によって回転子に誘導起電力が発
生して、電流が流れます。
これは、回転磁界側を固定して、回転子が逆方向に回って
いると考えるとわかりやすいと思います。

すると、その電流によってフレミングの左手の法則によって
力が発生します。これは、図を書いて考えるとすぐにわかりま
すが回転磁界の方向と一致します。

こうして、誘導電動機は回転磁界と回転子の間に滑りをもつ
事によってトルクを発生させて回っています。

ここまでわかったら、誘導電動機の滑り-トルク曲線は書けますよね?

ですから、外から力が加わると回転数が落ち(滑りが大きくなり)
トルクが大きくなってバランスする回転数で回ります。

フィードバック制御が無い場合は、ここで終わりです。

しかし、多くの場合回転数制御をするために、フィードバックが
ありますので、回転数が落ちるとトルクを大きくして、元の回転数に
戻そうと制御します。

方法は、回転磁界を速くして滑りを大きくするか、回転磁界の磁束
密度を大きくするかのどちらかです。

多くは、3Dマップによって周波数と磁束密度を制御しますが、
簡単にインバーターで周波数を上げて、回転磁界を速くしてやれば
回転が上がります。磁束密度を上げる場合は電流を増やすわけです
が、どちらの場合も多くのエネルギーを与えるますので、電圧が一定
ならば電流が増えます。

同期電動機も同じようなものです。

#2です。

直流モータでイメージが湧くなら、交流でも同じです。

誘導電動機は、固定子によって作られる回転磁界によって
フレミングの右手の法則によって回転子に誘導起電力が発
生して、電流が流れます。
これは、回転磁界側を固定して、回転子が逆方向に回って
いると考えるとわかりやすいと思います。

すると、その電流によってフレミングの左手の法則によって
力が発生します。これは、図を書いて考えるとすぐにわかりま
すが回転磁界の方向と一致します。

こうして、誘導電動機は回転磁...続きを読む

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q単相3線、3相3線の電流値について

1、単相3線で100vでpcなど、200vで蛍光灯を使用してます。現状をクランプメータで計ったところ
赤:34A、白:0、黒:29Aでした、この総電流は単純に足せばよろしいのでしょうか教えてください。
2、3相3線でエアコンを使用してます、これも現状をクランプメータで計ったところ、赤:21.7A、白:
21.7A、黒:17.8Aありました、この総電流は、単純に足せばよろしいのでしょうか教えてください。
愚問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

No.3 です。
済みません、消費電力ですね。

単相3線式の場合は、200V回路を考えると不平衡になるのでややこしくなります。
その為、100Vを2回路として考えます。
消費電力は、力率を 0.9 とすると、
W11 = V・I・cosθ
 = 100・34・0.9
 = 3060 (W)
W12 = 100・29・0.9
 = 2610 (W)
単相3線式の消費電力合計は、
W1 = W11 + W12
 = 3060 + 2610
 = 5670 (W)

三相3線式は、力率を 0.8 とすると、
W33 = √3・V・I・cosθ
 = √3・200・17.8・0.8
 = 4933 (W)
これには単相回路が含まれているので、その為に三本の電流値が違います。
この単相回路分を力率 0.9 として計算すると
W31 = V・I・cosθ
 = 200・(21.7 - 17.8)・0.9
 = 702 (W)
三相3線式の消費電力合計は、
W3 = W33 + W31
 = 4933 + 702
 = 5635 (W)

この辺りになろうかと思います。
ただ力率は仮定して計算してますので、多めの数値で見積もりたいのであれば、力率の部分を外して計算してください。

No.3 です。
済みません、消費電力ですね。

単相3線式の場合は、200V回路を考えると不平衡になるのでややこしくなります。
その為、100Vを2回路として考えます。
消費電力は、力率を 0.9 とすると、
W11 = V・I・cosθ
 = 100・34・0.9
 = 3060 (W)
W12 = 100・29・0.9
 = 2610 (W)
単相3線式の消費電力合計は、
W1 = W11 + W12
 = 3060 + 2610
 = 5670 (W)

三相3線式は、力率を 0.8 とすると、
W33 = √3・V・I・cosθ
 = √3・200・17.8・0.8
 = 4933 (W)
これには単相回路が含まれているので...続きを読む

Qテスターでのモーターの抵抗の測り方。

古い二槽式洗濯機をいただきました。
テスターを使い、モーターの抵抗を測ろうとしたのですが、予想と違います。

方法は、
プラグの両端にテスターのテストリードを接続し、洗濯機のダイヤルを回してから抵抗を計測する、というものです。

洗濯機本体には、
洗濯槽:85W
脱水槽:35W
と書いてあり、電源は100Vなので、抵抗は((電圧)^2)/(電力)なので、
洗濯槽:118Ω
脱水槽:286Ω

しかし、実測値は
洗濯槽:8Ω
脱水槽:31Ω
とでました。

 これだと電流が過剰に流れるのでは、と心配です。
 試しにベンチグラインダー(まぁまぁ新品)で、同様のことを試してみました。
予想値:59Ω
実測値:6.0Ω
となり、違っていました。

 使ったテスターはデジタルのもので、200Ωのレンジで計測しました。
アナログのテスターを使っても、結果は似た感じでした。
 洗濯機はシンプルなもので、見えるものは洗濯槽用、脱水槽用モーターと、それに使われているコンデンサくらいです。
 パッと見では、モーターは焼けていなく、動きも正常です。

 私の計測の仕方がおかしいのだと思うのですが、 どこが間違っていて、またどうすれば、うまく計測できるのでしょうか?

古い二槽式洗濯機をいただきました。
テスターを使い、モーターの抵抗を測ろうとしたのですが、予想と違います。

方法は、
プラグの両端にテスターのテストリードを接続し、洗濯機のダイヤルを回してから抵抗を計測する、というものです。

洗濯機本体には、
洗濯槽:85W
脱水槽:35W
と書いてあり、電源は100Vなので、抵抗は((電圧)^2)/(電力)なので、
洗濯槽:118Ω
脱水槽:286Ω

しかし、実測値は
洗濯槽:8Ω
脱水槽:31Ω
とでました。

 これだと電流が過剰に流れるのでは、と心配で...続きを読む

Aベストアンサー

質問の要旨が計り兼ねますが…

洗濯槽も脱水槽もどちらも、モーターの話なので、モーターは、コイルで出来て(成り立って)いるので、純抵抗とは、話が違うと思うのですが…
どちらかと言うとリアクタンスの問題なので、そちらの計算式を立てた方が良い…
----
モーターの「数値」とは出力の話なので、消費電力のwと混同しては、話が成り立たない…

力率の問題も絡むので(0.7Kw略、1馬力)とは成らない(小型モーターは、力率が悪い)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング