あさのあつこ著の「The MANZAI」の舞台校、
湊市立湊第三中学校ですが、
「湊市」とはどこにあるのでしょう?

ずいぶん方言が入っているので、調べてみたんですが、
富山県の新湊市しか見つかりません。
そのことを指しているのでしょうか?
それとも、湊市は、著者の創った架空の地名なのでしょうか?

「湊市」について知っている人、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして、こんにちは。

^-^
確実な情報ではありませんが、「The MANZAI」の湊市は架空の地名だと思います。あと、この作中で話されている関西弁は、岡山よりも大阪の方言に近いものだという記事をどこかで読みました。
……おそらく舞台は大阪府だと思います。

参考までに、「バッテリー」の岡山県新田市・横手市も、モデルとなる場所はあるそうですが、実在する地名ではないそうです。こちらはバリバリの岡山の関西弁です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe MANZAI(あさのあつこ)の「湊市」とは…?

あさのあつこ著の「The MANZAI」の舞台校、
湊市立湊第三中学校ですが、
「湊市」とはどこにあるのでしょう?

ずいぶん方言が入っているので、調べてみたんですが、
富山県の新湊市しか見つかりません。
そのことを指しているのでしょうか?
それとも、湊市は、著者の創った架空の地名なのでしょうか?

「湊市」について知っている人、回答をお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、こんにちは。^-^
確実な情報ではありませんが、「The MANZAI」の湊市は架空の地名だと思います。あと、この作中で話されている関西弁は、岡山よりも大阪の方言に近いものだという記事をどこかで読みました。
……おそらく舞台は大阪府だと思います。

参考までに、「バッテリー」の岡山県新田市・横手市も、モデルとなる場所はあるそうですが、実在する地名ではないそうです。こちらはバリバリの岡山の関西弁です。

Qあさのあつこバッテリーの落ち

バッテリーの最後、結局巧は森脇を三振にしたんですか?

Aベストアンサー

確か門脇じゃなかったですっけ。

あの最後は読者に委ねてるんじゃないでしょうか。
あやふやな表現になってるのはそのためだと思われます。

Q六道の読み方。ろくどう?りくどう?

こんにちは
仏教の【六道】は「ろくどう・りくどう」のどちらでも良いそうですが、本当はどちらですか?元々はどちらの読みが先でしょうか。

私は子供の頃から「りくどう」と言っていましたが、最近、「ろくどう」と言う人がいる事に気がつき、若干違和感を感じます。

「がちりん」「がっこう」「じきどう」などなど普段読まない読み方の多い仏教語において、やはり「りくどう」が本家だと思いますが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

手許にある仏教関係の辞典類には、「ろくどう」とあり、「りくどう」としているものは一つもありませんでした。

現在の日本語での漢字の読み方の多くは漢音です。
「仏教用語は独特の読み方をする」と思えるのは、仏教用語は漢音ではなくて呉音で読む場合が多いからです。
「月光」の「月」の呉音は「がつ」ですし、「食堂」の「食」の呉音は「じき」ですから、「がっこう」「じきどう」と読むのは呉音で読んでいるという仏教の基本に則った読み方です(「月輪」の「がち」は読み癖といいますか、ちょっと特殊な読み方ですが)。普段使っている日本語の「げっこう」や「しょくどう」とは違った読み方なので、「ああ、仏教用語だな~」という感じを受けるのだと思います。

で、問題の「六」ですが、現在の一般的な日本語の読み方である「ろく」は、呉音なんです。特殊な読み方だと思える「りく」の方が実は漢音なんです。
ですから「六道」も基本に忠実に呉音で読んでいるから「ろくどう」となるわけです。
普段からなじみのある「ろく」という読み方だから、「仏教用語なのに普通に読むのはおかしい」と感じられるのでしょう。
そういうイメージから、「六」という字を、あまりなじみのない「りく」の方が正しいと思って、「りくどう」と読む人が出てくるようになったのかもしれません。

ちなみに、「六」の付く仏教用語で「りく」と読ませているのは「六合(りくごう)」「六合釈(りくがっしゃく)」という単語だけでした。

手許にある仏教関係の辞典類には、「ろくどう」とあり、「りくどう」としているものは一つもありませんでした。

現在の日本語での漢字の読み方の多くは漢音です。
「仏教用語は独特の読み方をする」と思えるのは、仏教用語は漢音ではなくて呉音で読む場合が多いからです。
「月光」の「月」の呉音は「がつ」ですし、「食堂」の「食」の呉音は「じき」ですから、「がっこう」「じきどう」と読むのは呉音で読んでいるという仏教の基本に則った読み方です(「月輪」の「がち」は読み癖といいますか、ちょっと特...続きを読む

Q「信頼」著:福山 という本知ってる方教えてください

「信頼」という本を探しているのですが、著者が福山だという情報しかありません。出版社がわかれば一番なのですが、ご存じの方いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

【信頼の法則】福田 壱卍【著】という本が検索でヒットしました。
この本でしょうか。著者が違っていますので、
お探しの本とは違うかもしれませんが。

信頼の法則
ISBN:4871790134
204p 19cm
オレンジ出版 (1991-10-30出版)
福田 壱卍【著】

[B6 判] NDC分類:188.9 販売価:\1,165(税別)

ここまでは信頼できる。
それ以上は信頼できない。
揺るがない信頼なんてあるのか?その扉をひらくカギがここにある。
1 「確かな信頼」を求む
2 「仏法の信頼」を開く
3 「信頼の法則」を掴む

ただし絶版のため入手不能となっています。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

Q赤ちゃんの名前(湊斗 or 湊太)

赤ちゃん(男の子)の名前で、「湊」という漢字が気に入り、「湊斗(みなと)」か「湊太(そうた)」か迷っています。どちらが良いと思いますか?他の案もあればお願いします。
明日までに決めないといけないので、ぜひお願いします!

Aベストアンサー

もうすぐ4ヶ月の息子がいます。
名前の候補の中に「湊志(そうし)」がありました。
結局違う名前にしましたが・・

私の好みは「そうた」の方ですが、
お子さんの顔を見ながら2つの名前を言ってみると、
「この子はこっちの名前だ!」ってひらめくカモですよ♪

Q本のタイトルと著者

かれこれ15~20年前に読んだ、たぶん日本人作家のファンタジーです。

ストーリーは…
大きな城塞都市に王がいる。主人公の少年がさまよい歩いたあげく、その王と会う。(この2人はたぶん親子?だったが当人たち、特に少年は知らない?)少年がその王を殺し(または追い出し)て、自分が王位につく?その新しい王のもとにまた少年が訪れる?ここで王は同じことが繰り返される宿命を知って…
といった内容だったと思います。というか、はっきりいってまったく思い出せません(^^;)

当時(15~20年前)、たぶん角川文庫で背表紙が黒かったように思います。すでに絶版になっている可能性大です。
ちょっと懐かしく思い出してしまったもので、見当がつく方がいらっしゃったら、作家と作品名を教えていただければと存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しばらく前のご質問なのでまだ、捜されているかどうかわからないのですが、
川又千秋 著  時間帝国

ではないでしょうか?

下記 url にあらすじと冒頭部がありますので、
よろしければ、確認してみてください。

参考URL:http://www.papy.co.jp/act/book/jikan/

Q博多の「袖の湊」と「沖の浜」

1.博多の「袖の湊、袖湊」の文献上の初出をご教示下さい。

また、「袖の湊」は何を指していたのでしょうか。
博多の港全体を意味していたのでしょうか。

2.博多の「沖の浜」の文献上の初出をご教示下さい。

また、「沖の浜」は何を指していたのでしょうか。

3.平清盛と「袖の湊」「沖の浜」を関係づけた文献上の初出をご教示ください。

Aベストアンサー

>3.平清盛と「袖の湊」「沖の浜」を関係づけた文献上の初出をご教示ください。

後述論文によれば、
『古代の博多/中山平次郎著・岡崎敬校訂/九州大学出版会/1984.5』
のようです。

>また、「袖の湊」は何を指していたのでしょうか。
>また、「沖の浜」は何を指していたのでしょうか。

下記論文内に「…絵馬並びにそれに基づく「博多古図」は、…
…鎌倉時代に描かれたもので、後に江戸時代に筆写されたものであろうと言われている。」
として、不鮮明ではありますが「博多古図」(住吉神社蔵)と「古図説明(住吉神社)」が
掲載されています。

以下に当該論文を一部抜粋しましたが、詳細は論文本文を御覧になってみてください。
・『日本土木史研究発表会論文集 巻6/土木学会/1986』(258-269頁)
http://www.jsce.or.jp/library/open/proc/maglist2/00902/1986/mg01.htm
◇「福岡市の土木史的考察(その1)-古代からの秀吉の博多再興(町割り)まで-秀島隆史」
http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00044/1986/06-0258.pdf
<3/12>
博多古図 住吉神社蔵
古図説明(住吉神社)
<4/12>
3.平清盛の袖の湊の築造
(1)袖の湊の存在について
福岡市の住吉神社に絵馬が蔵されている。この絵馬並びにそれに基づく
「博多古図」は前頁に揚げるものであるが、これは鎌倉時代に描かれたもので、
後に江戸時代に筆写されたものであろうと言われている。
この絵馬の中央付近には、矩形状の沖の浜があり、その奥に袖の湊がある。
この袖の湊は、一名「幻の港」とも言われ、現在は市街地の地下に埋没していて、
その確認は困難である。

しかし、この袖の湊の存在と、それが平清盛による築造であろうと論ぜられたのは、
中山平次郎氏(1871~1956・元九大医学部教授)である。
中山平次郎氏は、考古学についても造詣が深く、九州における考古学の開拓者的人物であるが、
その著「古代の博多」において袖の湊につき論ぜられている。

その論旨とするところを要約すると、

1 筑前国続風土記、石城志などの歌群の中で、
「博多」を歌詞とするものと「袖の湊」を歌詞とするものを分類すれば、
後者はすべて清盛の大宰大弐となった1158(保元3)年以降であること。

2 沖の浜の跡と推測される行の町、市小路からの出土白磁(平安末期のもの)、
地層の考証の結果、約9尺の人工盛土と判定される層があること。

3 清盛が後に築造した大輪田泊(神戸港)とその築港方法が極めて酷似していること。

である。…

>1.博多の「袖の湊、袖湊」の文献上の初出をご教示下さい。

初出文献となると平清盛と関連付けた研究者自身におかれましても
『筑前国続風土記』『石城志』に記述された歌群などのほか、
前記論文でも『伏敵編』など後世の文献を取り上げているところをみますと、
築造当時の記録に辿り着くのは困難な様子が伺えますので、
(詠まれた時期が特定出来る和歌などがあれば宜しいのですが、
それも最古とは限りませんから多くは望めない結果…結局は)
和歌などの歌群に基づいて各和歌集の成立時期と各歌人の生没年などから
推定する以外にはないのかもしれませんね。

※『筑前国続風土記』…明治に至るまで写本としてのみ流布し、
刊行されなかったために、一般にはあまり知られていない。
1688(元禄元)貝原益軒59歳時に編纂許可がおり、1703(元禄16)年73歳時に藩主に献上。
http://www.lib.nakamura-u.ac.jp/kaibara/fudo/contents.htm
※『石城志』…津田元顧・元貫共編、1765(明和2)年。
※『伏敵編』…1891年重野安繹監修、山田安栄編纂・刊行した蒙古襲来関係史料集。

・『筑前国続風土記』
(巻之四) 博多
http://www.lib.nakamura-u.ac.jp/kaibara/fudo/pdf/f04.pdf
<19/53>袖湊
<21~23/53>
・惟宗忠宗
新後撰 戀(恋) ※新後撰和歌集…1303年成立。
浪こゆる袖のみなとのうきまくら うきてぞひとりねはなかれける
・後深草院少將内侍
續千載 ※続千載和歌集…1320年成立。
おもひつゝいはねばいとゞこゝろのみ さわぐは袖のみなとなりけり
・中臣祐(祐)臣
同(續千載) 
しられじな袖の湊による波の うへにはさわぐこゝろならねば
・津守國助
同(續千載)
泪そふ袖の湊をたよりにて 月もうきねの影やどしけり
・從二位 行家
續後拾遺 ※続後拾遺和歌集…1326年成立。
年月は泪のさわぐ我が袖の 湊やこひのとまりなるらん
・國助
新千 ※新千載和歌集…1359年成立。
蘆間なき泪の袖の湊にも さはるは人のよるべなりけり
・前大納言爲定
新拾遺 十二 ※新拾遺和歌集…1364年成立。
いかにせんもろこし船のよる方も しらぬにさわぐ袖のみなとを
・三宮
千五百 ※千五百番歌合…1201年後鳥羽上皇が詠進させた百首歌を
歌合形式にしたもので、歌合としての成立は1203年春頃か。
うとかりし唐土船もよるばかり 袖の湊をあらふしらなみ
・定家
續古今 冬 ※続古今和歌集…1265年成立、
千鳥なく袖の湊をとひこかし 唐土船のよるのねざめに
・前大納言忠良
新續古今 ※新続古今和歌集…1439年成立。  
こひわぶる袖の湊のなみまくら いく夜うきねの數つもるらん
・光俊
夫木 ※夫木和歌抄…1309~1310年頃成立。 
日暮れば袖のみなとを行く螢 さわぐおもひのほどや見ゆらん
・有家 同(夫木)
まつら潟袖の湊にこぎよせん 唐土船のとまりもとめば
・爲家 同(夫木)
とこの海に流れておつる泪川 袖の湊のさわぐ名もうし
・式子内親王
續後撰 ※続後撰和歌集…1251年成立。
影なれてやどる月かな人しれず 夜なゝゝさわぐ袖のみなとに
 
以上の14首の和歌の中で先ず注目すべきは、その成立過程を考慮しますと

「・三宮 千五百 
うとかりし唐土船もよるばかり 袖の湊をあらふしらなみ」

が最も平清盛に近接した和歌集のようですから、
遅くともこのあたりまでは遡れるようです。

※三宮…惟明親王(これあきらしんのう)<1179~1221>通称:三宮・大炊御門宮
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/teika/jinmei.html#JM03
※千五百番歌合…1201年後鳥羽上皇が詠進させた百首歌を歌合形式にしたもので、
歌合としての成立は1203年春頃か。

なお、誠に申し訳ありませんが、知識不足&時間不足により
各歌人の生没年や各歌の詠まれた時期特定等までは未調査のため、
他の歌などで「清盛の大宰大弐となった1158(保元3)年」頃まで
遡れる可能性が残る事に御注意下さいm(_"_)m

ほか参考URL
『石城志 巻1至3/津田元貫/筑紫史談会/大正8-10』<27/57>
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/987296/27
『伏敵編 卷之一-六/山田安栄編/吉川半七/明治24.11』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2387705

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

>3.平清盛と「袖の湊」「沖の浜」を関係づけた文献上の初出をご教示ください。

後述論文によれば、
『古代の博多/中山平次郎著・岡崎敬校訂/九州大学出版会/1984.5』
のようです。

>また、「袖の湊」は何を指していたのでしょうか。
>また、「沖の浜」は何を指していたのでしょうか。

下記論文内に「…絵馬並びにそれに基づく「博多古図」は、…
…鎌倉時代に描かれたもので、後に江戸時代に筆写されたものであろうと言われている。」
として、不鮮明ではありますが「博多古図」(住吉神社蔵)と「古図説明(...続きを読む

Q著者、監修者、編者の違いは何ですか?

本の末尾を見ると、○○○○著とか、△△△△監修とか、◇◇◇◇編とか書いてありますが、著者、監修者、編者にはどのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

著者というのは書いた人
監修というのは、その道の専門家が、書いた内容に間違いがないか監督したり修正したりしたということ。
編集というのは出版社でその本を企画・執筆依頼したり、資料集めをしたりの編集作業をしたという意味です、

Q港と湊の違いってありますか?

 すごくつまらない質問かもしれませんが教えてください。
 とある論文をよんでいて、普段私たちが使っている港について「湊」という表記になっていました。普通なら「港」だと思ったんですが、「湊」をわざわざ使用しているということは、何か違いがあるんでしょうか?
 日本史の中世の論文でしたが、歴史とか地理の世界では区別して使っているんでしょうか?
 

Aベストアンサー

まず漢字の意味を書きます。
湊:(水上の)人やものの集まるところ。
港:船着き場。(「港」は比較的新しい字でもともとは「分かれ流れる川」という意味で、そこが船着き場となり、その意味を借りて「湊」を示すようになった)

上のことから、海上交通では「湊」の方が本来的であると思います。ただ、近代に至れば船の大型化にともなって「湊」には船着き場がかならずあるようになり「港」の字をあてることが多くなったのでしょう。

ご質問の論文は中世日本史のものとのことですが、その当時は集まる舟の大きさもあって(「船」と「舟」との差は大きさです)「湊」を用いる方が普通ですしそこに船着き場はまずありません。小さな舟ならば直接岸に乗り上げたりしますし、大きな船の場合は沖に停泊してはしけで人や荷を岸に運びます。つまり歴史的に言うならば「湊」から「港」に発展していったのです。

Q著者紹介・発行年月日・発行者などが記載されていることこの呼び方

どの本も、あとがきの後ろに著者紹介・発行年月日・発行者・発行所などが1ページに記載されていることが多いですが、本の用語として、このページをなんと呼ぶのでしょうか。

Aベストアンサー

奥付(おくづけ)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報