1.市場経済体制の下で独占禁止法が必要となるのはなぜか?
2.大規模小売店舗立地法の施行により小売業の事業展開にいかなる影響がもたらされるか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 補足ですが、外国の圧力で旧大店法が廃止されましたが、政治家の支援者には中小企業も多く、両方の妥協案として立地法が制定されました。

 つまり、商業調整という規制をなくして外圧にも一定の理解を示し、その一方で環境調整で地元中小企業を守るという意図があったようです。 私の住む地域の動きとしては、既存の大規模店の新規出店と時間延長の届出が大半です。
 まだ新しい法律でよくわからないので実績の積み上げが見えてくるまで、新規出店は様子を見るという地元大手ス-パ-の社長もいました。
 特に、外国の大規模店の動きはありません。 
 ちなみに、最近の新聞に、大規模店舗と中小企業を対象に行ったアンケ-ト結果が掲載されていて、大規模店舗は、騒音・交通調査のコストがかかること、出店までに8月以上かかること、そして、店舗面積が減らされてしまうことがあることなどから、出店がむずかしくなったとの答えが、中小企業は、環境基準さえ満たせば、地元商店街との商業調整が不要となっているので、大規模店の出店が容易になったとの答えが、それぞれ最多となっていました。 
    • good
    • 0

2についてですが、商業調整を目的とした立地法の制定で大店法は廃止されています。

立地法は、周辺の生活境調整を目的とし、店舗面積1,000m2以上の大規模店の、交通渋滞対策(おもに駐車場と荷さばき車両の駐車施設整備)、廃棄物保管施設整備と騒音の基準と規制を定めています。 
設置者は届出後、4ヶ月間は、住民説明会を行い、住民と都道府県の意見の提出を待ち、意見があれば、改善措置を示し、また、住民の意見が出されるのを待つことになります。理由なく改善案を示さなければ、勧告され、さらに従わなければ公表されます。  意見がなくても、原則8ヵ月は、出店や変更はできません。 だから、設置者にとっては、非常にいやな法律です。 999m2の店舗面積にして法の網をのがれようという動きもあります。 また、とりあえず、希望案で届出し住民や都道府県の出方をみる大手もおおいようです。
 公表されてもよければ、8ヵ月さえ待てば、合法的にオ-プンできる仕組みなのですが、そこまでする設置者は、まだいないと聞いています。
大規模小売店にとっては、大店法のような地元商店街との商業調整はなくなったものの、住民の目にさらされる環境調整という厄介な足かせをはめられたといった感じのようです。 ちなみにすでに営業している店舗は、1,000m2を超えていても、変更さえなければ、立地法の規制は、うけない仕組みとなっています。 
    • good
    • 0

1.について


市場経済体制とは自由競争が行われる世界ですが、その競争で勝ち続ける企業が大きくなりすぎるとその競争が行われなくなるからです。
例えばAという企業がその市場において80%のシェアを占めた場合、その市場はAという企業の思うがままになってしまいます。具体的には製品の価格が企業にとって有利な状態で安泰としていられます。その時他の企業がAという企業に挑もうとしても流通業界などを抑えられていて参入できないのです。
もっと分かり易くいうとBという企業が製品を売るために問屋に卸そうとしてもAが問屋に対してBの製品を扱うならAの製品を卸さないなどと圧力をかけることができます。また問屋に対して不当な抱き合わせ販売を強制することもできます。問屋にとってはAの製品が80%のシェアを占めているのですからそれを扱うことができないのは死活問題です。故にAの圧力に屈するしかないわけです。
このようなことが行われないように独禁法があります。この法律は消費者にメリットがあります。消費者にとっては商品の価格が低くなります。現在の電話通話料をみれば分かりやすいと思います。また社会にとっても企業間の競争により技術の発展というメリットがあるのです。
2.について(これはあまり自信ないです。ごめんなさい。)
この法律は外国の圧力によって作られたといってもよいでしょう。ですから外資の大型店舗がますます増えてくると思います。今までは単に国内での小さな小売店の存続が問題でしたが、これからは国内の大企業の存続が焦点となります。すでにトイザラスやカルフールといった企業が出店して驚異となっています。流通業は今までメーカーに比べて外資との競争は経験していませんでした。これからが本当の大規模な小売店の力の見せどころです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手作りマヨネーズがバター状になってしまう理由を教えてください。

手作りマヨネーズがバター状になってしまう理由を教えてください。

材料は、塩 卵黄 を先に混ぜ合わせ、その後酢を入れ混ぜる
そしてその後油を数滴ずついれて混ぜていく。(手混ぜてで作っています)
方法です。

しかし、乳化するのですが、バター状になってしまうのです。

油の中に水が入る乳化の状態になっているような感じです。


どうしてそうなるのか教えてください。

また、手作りの場合、こうならないようにするにはどうするかを教えてください。

Aベストアンサー

マヨネーズがバター場になるのは、乳化の相転移現象によるものです。そしてその原因は油の加え過ぎと撹拌不足です。

「水と油の様に」と言う様に、水と油は溶け合いません。この溶け合わない水と油を混ぜ合わせる事を乳化と言います。水か油かのどちらかが他方の中に微細な粒になって浮いている状態が乳化です。
マヨネーズは水相の中に油相が浮いている水中油型の乳化、バターは油相の中に水相が浮いている油中水型の乳化です。

マヨネーズは、水相(実際には卵と食酢)の中に油相が浮いているにも拘わらず、油の方が量が多い特殊な状態です。その状態によってあの硬さを出しています。しかし油相が多いので極めて不安定で、条件が悪いと分散させたはずの油相がつながってしまって、その中に水相が分散するバターと同じ油中水型に相変化してしまいます。これが御質問の現象です。

これを防ぐために、水相である卵と食酢を良く混合し、ここに油を少しずつ加えながら強撹拌を行います。これがポイントです。もし撹拌が弱く、撹拌に見合わない速度で油を加えると、大きな油の粒の周りに分散していた油が集まって来て油の相が反転し、一気に相転移が発生してしまいます。
もちろん油の入れ過ぎは決定的に相転移を起こします。

ご家庭での撹拌機はせいぜい泡立て器程度ですから、強い撹拌力は出せません。おそらく油の粒子の大きさは数十μm程度だと思います。市販のマヨネーズは極めて強い力が出せるマヨネーズ専用の特殊な乳化機を使って、油の粒子が1μm程度の大きさまで均一に細かくして、安定な状態にしています。
ですから過程で作ったマヨネーズは物理的な意味での保存性がありません。保存中に相転移を起こし易いです。

相転移してしまったマヨネーズを通常の状態に戻す事はとても難しいでしょう。もし直すには一度卵と酸を混ぜたものを多量に(おそらく今の量の2倍以上)加えて強く撹拌して再度水中油型に転移させた後、もう一度油をやはり最初の2倍程度弱の量をゆっくりと加えて行くしかありません。

マヨネーズがバター場になるのは、乳化の相転移現象によるものです。そしてその原因は油の加え過ぎと撹拌不足です。

「水と油の様に」と言う様に、水と油は溶け合いません。この溶け合わない水と油を混ぜ合わせる事を乳化と言います。水か油かのどちらかが他方の中に微細な粒になって浮いている状態が乳化です。
マヨネーズは水相の中に油相が浮いている水中油型の乳化、バターは油相の中に水相が浮いている油中水型の乳化です。

マヨネーズは、水相(実際には卵と食酢)の中に油相が浮いているにも拘わらず、油の...続きを読む

Q大店立地法施行前の影響について教えて下さい。

私の勤めております会社(施設関連向けの資材や照明器具等の
製造をやっております)の業績が大店立地法施行前の需要とかで
大幅に良くなったらしいのですが、そもそもこの法律のことが
良く分からず、何故需要が増えたのか見当がつきません。
周りにも聞きにくく、書き込み致しました次第です。
(当社の社内報、取締役の話等でもいきなり「大店法の影響で...」
と始まり、皆が分かっているのが当然のような風潮があります。)
この内容に詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 45284さん似た様な質問が2、3日前あったので
わたくしが答えたのをコピーして貼り付けました。
(下記)
新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民の理解に変わった。この大型店の出店は周辺住民には便利になる反面、恐ろしいほど、道が混んだり、万引きの増加や、年上に子供がからまれるとかいった問題も起きる。
このため、新大店法では出店は困難と判断され、移行処置期間の2001年1月末までに、計画に登っている出店をしていまおうと出店ラッシュになりました。この結果、多量の蛍光灯を使うため、業者さんが儲かったのではないかと思います。
逆に今年からの出店は、大型店舗では、目ぼしい物は何も無いので、業者さんの売上も天と地程の差が出るのではないでしょうか?
 つまり立て易くなったのではなく、立てにくくなるから
、それまでにやってしまえとばかりに、一時期に集中したと見るべきです。
(以上)

 45284さん似た様な質問が2、3日前あったので
わたくしが答えたのをコピーして貼り付けました。
(下記)
新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民...続きを読む

Q【化学】マヨネーズはカロリーハーフマヨネーズより普通のマヨネーズの方が身体に良いってどういうことです

【化学】マヨネーズはカロリーハーフマヨネーズより普通のマヨネーズの方が身体に良いってどういうことですか?


カロリーハーフマヨネーズは糖質が加えられているので普通のノーマルマヨネーズより健康に良くないと言う。

カロリーハーフの方が体に悪いって信じられないんですが標準マヨネーズの方の方が糖質多いのでは?

どういうことですか?

Aベストアンサー

マヨネーズの味(普通のマヨネーズ)に近づけるため 糖質由来の乳化剤やその他にも化学物質で味を調える
何も添加しない物とはやはり危険性が増える
体に良くないでなく 危険性が増えると考えるベキ
ドレッシングもノンオイルドレッシングそう
添加が多く含まれる食品は注意が必要。

カロリーが高いだけで 健康に悪いのでは無く 自分の食生活で摂取量を加減すれば良いだけで
それを添加剤で補うのが 危険デス
脂質・糖質は三大栄養素デス。

Q【小売・流通の神様の本】日本の小売・流通業を経営している人は必ず読んでいるという小売の神様が書いた書

【小売・流通の神様の本】日本の小売・流通業を経営している人は必ず読んでいるという小売の神様が書いた書籍の名前を教えてください。

ダイエーとかマクドナルド、ニトリにUNIQLOの社長もEコマースやECビジネスやのれんやフランチャイズをする人は必ず読んでいるという本です。

ほとんどの経営者が読んでいるという。

Aベストアンサー

日本銀行券

Qマヨネーズが濃いという言い方

ポテトサラダなどで、マヨネーズの量をたくさん入れたものを、僕はマヨネーズが濃い、マヨネーズが効いてるなどの言葉を使っています。

逆にマヨネーズの量をあまり入れないポテトサラダなどを、マヨネーズが薄い。などと言います。「ポテトサラダ作るなら、あんまりマヨネーズ入れないでね。やマヨネーズ薄めにね。」など。

ここで質問なのですが、僕の言葉使い、別に変じゃないですよね。

この間、知り合い(男)が、コーンマヨネーズパン?を食べてるときに、マヨネーズ濃い?と聞いたところ、えっ?みたいな感じをされて不愉快だったので、質問させていただきました。元々神経質なので、気にしなくていいことを気にしてしまうので…

治したいんですが、なかなか…

話が若干逸れてしまいましたが、回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 個人的な受け取り方でよろしいでしょうか。

>マヨネーズが濃い

 マヨネーズ自体の味が濃いかどうか訊かれているように受け取ります。具体的には、全卵を使ったマヨネーズ(海外に多い)は薄いし、国内のほとんどのマヨネーズは卵黄を使っており、味が濃いです。

 また、カロリーを控えた物は、おおむねマヨネーズとしては、味が薄いように感じます。

>マヨネーズが効いてる

 使われているマヨネーズの量が多いとい受け取りますが、「濃さ」との兼ね合いにもなります。「薄い」マヨネーズを多めに使うより、「濃い」マヨネーズを少な目に使ったほうが「効く」ことがあります。

 マヨネーズが「濃い」「薄い」の意味は、どちらかと言えば共通認識は高くなく、「効いている」「効かせる」のほうはマヨネーズ以外にも風味一般の強さに使われる表現であるため、他人に通じやすいように思います。

Q中心市街地活性化法・改正都市計画法・大店立地法が施行されて

中心市街地活性化法・改正都市計画法・大店立地法が施行されて地方自治体・流通業者が上記法案を利用し開発した街・店舗と言うのが有ると思います。

その計画から実施までの計画書のような物を閲覧したいのですが、どこで見られるのでしょうか?

Aベストアンサー

 それらの事業は国の補助を受けて実施している場合があり、都道府県の商工担当が自治体からの事業申請関係の窓口となっています。

 関係書類の閲覧は、都道府県の担当課で閲覧をさせてもらう方法と、都道府県の担当課から自県内の事業実施自治体を紹介してもらい、実際に事業を実施した自治体に出向いて、現場視察と書類を見せてもらう方法があります。

Q大阪(なんば)で、お好み焼きにマヨネーズをかけることが多いのはなぜ?

早速ですが本題です。
大阪(なんば)でお好み焼きを食べるとき、マヨネーズをかける人が多いのはなぜなのでしょう?

吉本新喜劇目的で大阪旅行に行くと、なんば付近を行動することが多いので、お好み焼きを食べる機会が多いのですが、ほぼすべての店で「マヨネーズをかけますか?」と聞かれます。
しかし私は、粉もの(お好み焼き、たこ焼き、焼きそば(?))にマヨネーズをかけるのは大嫌いなので、必ず「マヨ抜き」で注文するのですが、周囲の方は、ほぼ全員マヨネーズをかけています。

マヨネーズを少しでもかけると、
・マヨネーズの味だけしかしなくなってしまう=全部同じ味になる
という私からすると、
「ソースだけで十分美味しいのに、マヨネーズをかけて台無しにしている」
ようにしか思えません。

それとも、実は、マヨネーズと抜群に相性の良いタネになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

粉物に、マヨネーズは美味しいと思っている人が多いからでしょう。(私もそう思います)
ですが好みの問題なので、堂々と『マヨ抜きで!』とおっしゃって下さい。
ちなみに、たこ焼き発祥の店とされる玉出の会津屋では、マヨネーズはおろか、ソースすらかかってませんが、美味しいです。

Q大規模小売店

今、ダイエーのような大規模小売店が生き残るにはどうすればいいのでしょうか?やっぱり、コンビニなどが出てくるとこれから生き残るのは厳しいのでしょうか?何か、解決策みたいなのはないのでしょうか?皆さんの意見を聞きたいです。お願いします。

Aベストアンサー

同じ大規模小売店でも、イトーヨーカ堂とジャスコは業績好調です。大規模小売店という形態が問題なのではなく、経営のやり方が問題なのだと思います。

我が家の近所にはイトーヨーカ堂があっていつも利用していますが、一消費者としてとても満足しています。生鮮食料品が新鮮で値段はお手頃だし、商品選びも吟味されていると思います。「これはどこどこのなんとかさんがつくった野菜です」みたいな、情報開示にも積極的で好感が持てます。

イトーヨーカ堂に商品を卸す立場にあるアパレル企業につとめる友人が「イトーヨーカ堂はほんの少し何かあっただけで始末書ものなのでたいへん」と言っていました。出入り業者に厳しいということは、消費者にとってやさしい、ということではないでしょうか。

Qマヨネーズが濃いという言い方について2

「マヨネーズが濃いという言い方について」で質問した者ですが、文書に間違いがあり、僕が伝えたいことが、伝わりづらい文章だったのでもう一度質問させていただきます。前の質問に回答を下さった方は、今回の文で判断し、回答をお願いしたいと思います。

僕は小さい時からマヨネーズが苦手で、親がポテトサラダを作る時など「マヨネーズあんまり効かせないでね」や「マヨネーズ薄くしてね」などとい言っていました。

昨年ぐらいに、知り合いがコーンマヨネーズパン?を食べている時に、「マヨネーズの味する?」と聞きました。

以下、会話

私「マヨネーズの味する?」

知「マヨネーズパンだから当たり前じゃん」

私「そういう意味じゃなくて、マヨネーズ濃い?」

知「マヨネーズに濃いとかあんの?」

私「え~と、マヨネーズ効いてる?」

知「まぁ、マヨネーズパンだからあたりまえじゃね?」

以上が、会話のないようです。

ここで質問ですが、「濃い」という使い方は、どうなのでしょうか。やはり、少し意味が違う言い方ですかね…

僕としては、「マヨネーズの味が強いのかな~?ポテトサラダもそうだし、マヨネーズパンにも、マヨネーズが効いててマヨネーズの味が強いものや、逆もあるよな~」、と思ったのでそういう意味で「濃い」と使いましたが…

「濃い」という言葉が間違っていた場合、やはり、「効いてる」や「強い」という言い方なのでしょうか。

二人とも高校生の男で、僕は料理が結構好きなのですが、向こうはそうでもないです。

質問するほどでもないのでしょうが、小さいことを気にしてしまう性格なので、(それに今、自律神経失調症?)なので、はっきりさせておきたい、正しい言葉を知りたかったので、質問させていただきました。

乱文ですみませんが、回答お願いします。

「マヨネーズが濃いという言い方について」で質問した者ですが、文書に間違いがあり、僕が伝えたいことが、伝わりづらい文章だったのでもう一度質問させていただきます。前の質問に回答を下さった方は、今回の文で判断し、回答をお願いしたいと思います。

僕は小さい時からマヨネーズが苦手で、親がポテトサラダを作る時など「マヨネーズあんまり効かせないでね」や「マヨネーズ薄くしてね」などとい言っていました。

昨年ぐらいに、知り合いがコーンマヨネーズパン?を食べている時に、「マヨネーズの味する?...続きを読む

Aベストアンサー

前の質問見てないけど
その場合私なら多く入ってる?って聞くかな
もしくはマヨネーズ味濃い?って味もしくは風味を入れる

ちなみに私はマヨネーズに濃いも薄いもあると思うが

Q所得税の税制改正は、公布と施行の日が違うと聞きましたが、施行されたのが

所得税の税制改正は、公布と施行の日が違うと聞きましたが、施行されたのがいつかを載せてあるHPや書籍は、どのようなものがありますでしょうか?

私が調べているのは住宅ローン減税の施行日なのですが、現在はおそらく4月に公布されたものがその年の所得から税額控除されるのだと思います。

しかし、このローン減税の歴史を調べるにあたり、制度が始まった当時も同じ年に施行されたのかどうか疑問に思っています。


この日までに住めばこの年減税が受けられるということを聞きたいのではなく、いつの所得から税額控除されるのかということです。

どなたかその資料になるものをご存知であれば回答お願い致します。

Aベストアンサー

>いつの所得から税額控除されるのかということです。
>どなたかその資料になるものをご存知であれば回答お願い致します。
 
法に「いつの所得からが適用になるのか?」がはっきりと明記されています。
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syotok/19/soho/41.htm
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syotok/19/soho/41_2.htm
 
これは「○年からの所得が適用になる」と法で決められた物であり「法の施行日」とは無関係です。
 
法の施行日が何年何月だろうが、法に「○年から適用される」と書いてあれば、施行日より過去に遡って適用されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報