出産前後の痔にはご注意!

大学一年生で栄養学を勉強している者です。

今、実験のレポート作成を行っているのですがどうも原理と考察の内容がかぶってしまいます。

原理はどのような原理をもとに実験を行ったのか(文章が変ですが他にいい単語が思い浮かばなかったので…)
考察は実験を通して理解できたこと
を書くというのは漠然と分かってはいるのですが…

特に授業でする実験なので結果が分かっており尚更どのように書けばいいかが分かりません。。

例えば『Aという原理を用いて実験をして結果が出たがこれはAという原理による。』というようになってしまいます…

どなたか簡潔に説明していただけないでしょうか?基本的な質問で申し分けありませんがお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 原理というのは仮定です。

立てた仮定に矛盾する事実がない場合、その仮定を原理と呼ぶのです。ですから原理に合わないような実験を観測することができれば、これはノーベル賞ものの発見になりますよ。
 ですから、『原理を用いた実験』というのはあり得ません。原理というのは学者が勝手に立てた仮定で、それが正しいという保証は何もないのですから。現にニュートンの立てた原理は20世紀になってこれに反する現象が沢山発見されて否定されてしまいましたよね。これに代わってアインシュタインの立てた原理が今のところ真理とされています。しかしこれを否定する事実が観測されればそれは否定されてしまいます。これが科学の限界なのですよ。
 ですから貴方が行なった実験は当該実験に関わる原理で説明できることを証明する実験だったのではないでしょうか。その証明が考察になるのでしょう。
 原理を正しいと仮定する→実験を行う→実験結果が原理で説明できる→その実験は原理が正しいなら正しいという流れです。
 もし説明できなかったら、それを説明できる他の原理を探すということになるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど確かにやってみなければ原理が本当かどうかなんて分かりませんよね。

証明する、というよりも確認するための実験だと考えます。まだ一年生、しかも基本的な実験のため、これから学んだり覚えなければならないことを身をもって実感し、理解を深めることが授業の目的であり意図であるようです。

>その証明が考察になるのでしょう。
とありますが証明というのがいまいち分かりません…実験で出てきた結果そのものが証明ではないのでしょうか?考察は、いつもは参考文献で裏づけをとるような形でかいていますがそれでは不十分でしょうか?

>現にニュートンの立てた原理は20世紀になってこれに反する現象が沢山発見されて否定されてしまいましたよね。
勉強不足でお恥ずかしい、そうだったのですか…科学には限界がありますがそれがまたおもしろいところであるかもしれませんね。

お礼日時:2007/01/13 21:38

>>あと、私なら、反省の代わりに感想として、実験を通じて気づいたことや感じたことも書いていきます。

参考文献の記述との比較でしたらこのあたりで書くかな。
>とありますがこちらの内容は考察としては不適切、と受け取ってもよいのでしょうか。感想というのは学生実験だから書けることだと思うのでレポートにこのような内容は基本的な不必要、ということですよね…。

感想はあくまで主観的なことなので、考察に書くのはよろしくないでしょう。考察は客観的に書かないと。
感想は、学生実験だから云々ということに関わりなく、どんなときにでも書いておいたほうがいいと思いますよ。
あとで読み返したときに思わぬ発見につながることがありますしね。
それに学生実験のレポートなら、先生が感想を読んで、以下に積極的に取り組んでいるかを読み取ることもありますからね。

思い返せば、私なんぞは、問題を解くレポートにすら、思い当たったことや気づいたことなどを感想として末尾に書いた記憶があります。
レポートが返ってきたときに先生から「面白い着眼ですね」などと書かれていて喜んでいましたね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます。

なるほど…論文として発表するのならともかく感想を記録として残しておくことも大事ですね。

感想に関しては先生も、いいこと書いてあると教えがいがあると言っていましたね(笑)

お礼日時:2007/01/13 22:51

#3です。



>1)~5)を読んで感じたのですが、考察は結論と反省、という風に考えても間違いではないのでしょうか?

いえ、考察は結論や反省とは異なります。
考察: 考えた過程を書き記していくので、長くなるのが普通です。
結論: 考察で得られた事柄(結果)をまとめて書くので、短くなるのが普通です。
反省: 段取りはよかったか、手際はよかったか、手先の器用さが求められる実験なのに実験者に器用さがなかったとき、どのように改善したらよかったかなど(かな?)

あと、私なら、反省の代わりに感想として、実験を通じて気づいたことや感じたことも書いていきます。参考文献の記述との比較でしたらこのあたりで書くかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます、お手数おかけします。
とてもよく理解することができました。

>あと、私なら、反省の代わりに感想として、実験を通じて気づいたことや感じたことも書いていきます。参考文献の記述との比較でしたらこのあたりで書くかな。
とありますがこちらの内容は考察としては不適切、と受け取ってもよいのでしょうか。感想というのは学生実験だから書けることだと思うのでレポートにこのような内容は基本的な不必要、ということですよね…。

お礼日時:2007/01/13 22:19

栄養学のことは分かりませんが、実験一般についてでよろしければ、私なら、考察では次のことを書きます。



1)実験結果から何がいえるか
2)実験結果から原理が導き出すとき、その実験だけで十分だったといえるか
3)不足があれば何が課題として考えられるか
4)実験方法や実験手順に改善すべき点はなかったか
5)実験にミスがあって異なる結果が出た場合、ミスと結果の因果関係は既知のものだったか ⇒ 新たな発見につながる可能性がある

などが考えられます。
あとは個別の実験によって変わってくるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
栄養学といっても化学、生物に基づいたものなので大丈夫です。

私の場合、いつもは1)、4)、5)に参考文献で得た知識を付け足すという感じですね。。

1)~5)を読んで感じたのですが、考察は結論と反省、という風に考えても間違いではないのでしょうか?

お礼日時:2007/01/13 21:43

実験結果が原理通りだった場合、



『Aという原理を仮定して実験をして予想通りの結果が出たが、
これはAという仮定が正しかった事による。』

という事ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かにその通りですね…しかしそれだと原理と考察に同じことを書くことになってしまうのでしょうか…もしよろしければ具体的に教えていただければありがたいと思います。

お礼日時:2007/01/13 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートで原理と方法と、どちらを先に書けば?

実験についてのレポートを書くときに
私は今まで、方法を先に書き、
そのあと原理として
この作業では何を求めらた、
この作業では何を求めらた…
以上から何が求められた
これを理論値と比較しどうのこうの、
というのを既習の式をいれつつ書いていました。

昔読んだ本に、原理には
・求める物理量と、実際に実測する量との関係式
・検証に用いる関係式
がどのように導かれるか、その式の意味するところはなにかを書け
と書いてあったからです。


しかし、レポートの書き方の本やサイトを見直すと
原理→方法の順で載っているものが多いことに気づきました。
原理→方法の順に書くと私の書き方は通じなくなってしまいますが、
実際、原理→方法の順に書くのが一般的なんですか?

その場合、どういう手順で原理を書けばいいか、アドバイスもお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読み手に立って物を考えるといいかもしれません.
基礎からの積み上げのようにレポートを作ると原理のほうが先に来ると思います.しかし,読み手にとって分かりやすいのは,要するに何のために何をして何が分かったかがはっきり書いてあるということだと思います.なので,私のお勧めのレポートの書き方は,目的,結論,方法,原理という順番になります.

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

Q検量線

検量線とはどういったものなのか?
検量線を引くとはどういったことをすればいいのかおしえてください。

Aベストアンサー

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラフ用紙に記入し、直線なり曲線で結びます(直線か、曲線かは理論的なものに依存します)。こうしてできたラインが検量線です。この検量線により、測定器の実際の指示値から濃度を推定できるようになります。ただし、検量線は濃度0.1~0.3g/Lの間で作成したので、その検量線の有効性もその間と言わざるを得ません。検量線から推定して1.5g/Lとでた場合には、その値の信憑性は低いと言わざるを得ないでしょう。その際は、O,1.0,2.0g/Lの既知試料等で検量線を引き直す必要があると思います。

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラ...続きを読む

Q吸光度と透過率

 早速質問させていただきたいのですが、吸光度と透過率にはどのような関係があるのでしょうか?ランベルトベールの法則を利用すると言うのはわかるのですが、吸光度は透過度の逆対数であると理解しているのですが、どう関係しているか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

私も時々分らなくなることがあります。苦手のひとつですね。分光計で考える良いと思います。試料溶液と溶媒単独を同じ光源からのそれぞれ通過させ、溶媒単独と通過してきた光の強さ(光電管の電圧)I0 と試料溶液を通過してきた光の強さ(光電管の電圧)Iとして、縦軸に光学密度(吸光度とも称されます)log(I0/I)又は透過率(I/I0)、横軸に波長又は波数のチャートが得られます。それ故、吸光度は透過率の逆数の対数になりますね!

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qバーフォード反応で、還元性のある二糖類のラクトースなどでも酸化銅の沈殿ができないのはなぜですか?ラク

バーフォード反応で、還元性のある二糖類のラクトースなどでも酸化銅の沈殿ができないのはなぜですか?ラクトースなら還元することができるはずですが、できないということはニ糖類はそもそも還元力が単糖類より弱いということなのでしょうか?

Aベストアンサー

>ニ糖類はそもそも還元力が単糖類より弱い
一概にそう言うのは間違いですが、ご存知の様に単糖類の還元性は環が開いて水が付き、アルデヒド性が現われるのが一番簡単で、多くの二糖類ではこの環が開く部分にもう一つの糖が付いているため、二つの糖が分かれてからさらに単糖が開く必要があり、どうしても還元性は弱くなります。

Q科学の実験手順・操作のフローチャートの書き方がよく分かりません

お恥ずかしい話なのですが、
実験操作・手順のフローチャートの良い書き方が
未だによくわかりません。

僕が今回書き方がよくわからなかったのは、
化学的手法による抽出の操作でした。
酢酸エチル抽出がどうとかこうとか・・・
(図書館で少し調べてみたのですが、なかなか見つからなくて・・・)

なにかアドバイスがありましたらお願いします。
別に上記のようなものではなく、
どのような実験についてでも結構です。

皆さんの色々なフローチャートを参考に出来たら、と思っていますので。

お願いします。

Aベストアンサー

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」
という実験のフローチャートを書きます。

反応液調製      酵素液調製
 |          |
 | pre-incubate 5min. |
 |←―――――――――|
 |  1ml添加
 ↓
mix
 ↓
incubate 20min.
 ↓
saturated NO2CO3 sol. 1ml添加
 ↓
mix
 ↓
A400測定
 ↓
検量線の式からp-NP生成量を求める
 ↓
酵素活性で表す
 ↓
グラフ用紙にプロット
 ↓
至適温度を求める

長くてすいません。下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。
参考になると良いのですが・・・・

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸...続きを読む

Q沸騰石はなぜ突沸を防ぐのですか?

化学の実験などで、溶液を沸騰させるときなどに、沸騰石を一緒にいれて加熱したりしますよね。あれは、突沸を防ぐためと習ったのですが、なぜあれを入れることによって、突沸を防ぐことができるのでしょうか?原理的なことが知りたいです。また、沸騰石は普通の石とどんなところが違うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

沸騰石には空気がいっぱい入っているからです。
不純物の少ない液体を沸騰させると、気化する「きっかけ」みたいなのが一気に訪れて突沸しますが、沸騰石を入れておくと、その中の空気が「きっかけ」になってくれて、少しずつ「きっかけ」を出してくれるようなイメージ。表現が間違ってるかもしれませんが。

で、普通の石とどう違うかということですが、「空気」です。
空気が入っていて、更に、その空気がが出ていける状況にあれば、沸騰石になることができます。市販の沸騰石でもいいし、レンガのかけらみたいなのでもいいし、学生実験では、沸騰石をガラスで作りました。ガラスをこねこねして、空気をいっぱい含ませて、棒状に伸ばした後適当な大きさに切ります。これでできあがり。

といことで、空気が大事です。
なので、いくらきちんとした沸騰石でも、一回使ってそのまま液中に浸しておいたものをもう一度使うことはできません。まあ、使っても大抵は大丈夫ですが、使ってはいけないことになっています。空気が液体と置き換わり、空気を出す能力がなくなっている可能性が大きいからです。

こんな回答でどうでしょう?

沸騰石には空気がいっぱい入っているからです。
不純物の少ない液体を沸騰させると、気化する「きっかけ」みたいなのが一気に訪れて突沸しますが、沸騰石を入れておくと、その中の空気が「きっかけ」になってくれて、少しずつ「きっかけ」を出してくれるようなイメージ。表現が間違ってるかもしれませんが。

で、普通の石とどう違うかということですが、「空気」です。
空気が入っていて、更に、その空気がが出ていける状況にあれば、沸騰石になることができます。市販の沸騰石でもいいし、レンガのかけらみ...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


人気Q&Aランキング