『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ふらった立ち寄った書店にで、タイトルに統計学を銘打った競馬の新書が
目に付きました。

帯には、「G1レース勝率7割」とありました。

競馬の勝率7割って、本の帯にするくらいすごいことなんですか?
単純に考えると、掛け金の25%をJRAが手数料として差し引くと、
勝率75%でトントン(それでも25%の負け)という計算になるよう
に思うのですが、確実に儲かる方法だと書かれていました。
(今、投資の勉強をしているので、その観点からの勝手な解釈です)

そこで、質問です。

1.一般的に、競馬で、勝率7割というのは、勝っている状態、つまり、
  収支がプラスの状態を言うのですか?

2.1がYESの場合、具体的に、どういう計算方法なんですか?

※ 本を自分で読めという回答はお断りします。
※ 競馬ファンだけど、意味が分からないが、おそらくこういうことなの
  ではないかという回答なら歓迎です。


よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.馬券が当ったか、外れたかの確率で、的中率のことです。



2.ノーなんですが一様式としたら、
  的中馬券の数÷購入馬券数×100[%]

No.1さんが言っている通りで、的中率と回収率が混合してしまっているんだと思います。的中率は上記の式ですが、回収率は以下の式です。また、控除を考えた場合は2番目の式になるかと思います。
  払い戻し金の総額÷購入金額の総額×100[%]
  払い戻し金の総額÷(購入金額の総額×0.75)×100[%]
基本的には、馬券の種類により変動する控除を考えず、初の式で考えるのが普通かと思います。(手数料を含めて回収したいのが普通だからでしょう)

そして、忠告ではないですが、的中率は考え方によっては100%といえる場合があります。それは、レースごとに言う場合です。単勝(1着を当てる)で全てを買えば必ず当ります。当然、一つ当たりの残り外れですが、レース毎に見れば的中です。稀にこの手の手法で100%に近い的中率で誘う者がいます。(GI「レース」と言っている時点で・・・)
仮に、馬券の的中率が70%としましょう。すると、最低払い戻し額は100円です。(奇跡の馬券で75円はありますが^^)つまり、1レース100円で10レース買うと、最低1000円で700円戻ってくることになります。(75%より下!?)
ただ、100円というのはあまり無く、複勝(三着以内)ですら百数十円ですから、150円以上の払い戻しで70%なら数%づつ儲かります。(最低単位が10円づつで、140円だと損失になります)
参考URLのJRAのホームページの払戻一覧を見てください。あまり、150円未満がありませんので、本当に70%であればそれなりに儲けが期待できます。しかし、前述した通りレースごとに見ている場合は怪しいです。馬券の数での的中率ならの話ということを頭に入れといてください。

式とか間違ってたらスイマセン^^

参考URL:http://www.jra.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすいご説明をありがとうございます。

お礼が遅くなり、申し訳ありません
教えて頂いた情報をもとにいろいろと調べていました。
(何しろ、馬券の買い方にあんなに種類があるとも、知りませんでした...)

なるほど、レースごとの的中率という『技』もあるのですね。(笑
そこは、素人の浅薄さ、思いもつきませんでした。

ご紹介頂いたJRAのサイトにある情報を元に、一番的中率の高いと思われる複勝で計算してみました。
平均的中率は20%程度で、その時の回収率は75%でした。
この計算から、1レース1馬券狙いで、70%の的中率ですと回収率は300%を計算上超えます。
あり得ないです。もうまさに神の領域です(^^;

やはり、おっしゃるように、この的中率はレースごとのものなのでしょうね。
複勝で計算してみたところ、1レース4馬券買っていた場合の70%の的中率ですと、
実質的には、回収率は75%程度にまで落ちていました。(これがこの買い方の平均的中率のようです)
1レース3馬券買いの70%的中率で、ようやく103%程度の回収率となっていました。

買い方により、的中率は確かに変化するのですが、どの買い方の平均的中率でも、長期的には、
75%の回収率に落ち着いてしまいそうです。(単勝と複勝ではそうなっていました)
一つ言えることは、的中率の低い買い方は配当も大きいので、一旦、大勝ちすると、75%回収率へ
の収束には時間がかかりそうですね。


本当に勉強になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2007/01/15 01:24

勝率七割、金をかける側が勝率という言葉を使うのはへんな言い方ですが、たとえば、1レースから10レースまで、一つ一つのレースで何点でも買って、当たればとにかく買った事にすれば、7つのレースを当てればいいことでしょう。



もし、一つのレースで1点だけという制限をつけるならば、多分儲かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

確かに1レース1点買いで7割なら、おそらく儲けがでますね。

少しお金を出せば統計データは手に入れられるようですので、自分で研究するのが一番ですね。

ご回答下さいました皆様、有難うございました!
また質問させて頂くと思いますので、その際は、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/01/20 22:31

>「G1レース勝率7割」


これはいわゆる的中率のことですね。
昔の競馬新聞は単純に10レース予想して7レース当たれば、勝率7割なんて言っていたのです。
そしてそういう伝統がずっと続いていたのですが、ある時期からファンの方からそういうのはおかしいという声が上がるようになりました。
例えば本命と穴を比べれば本命の方がずっと当たり易いですよね、それなの当たったときに同じ1レースとカウントするのはおかしい、それならば本命予想ばかりすれば的中率は上がるということです。
また昔の予想紙は5点予想が標準だったのですが、ある予想紙は予想の買目を増やして、それがきっかけとなって各紙が買目を増やし始めました、買目が増えればあたりが増えるのは当然で、それで的中率がアップしたというのは上げ底ではないかということです。
つまりそういう操作をすれば、的中率はいくらでも上げることが出来るということです。
そういう批判を浴びた為新たに登場したのが、回収率です。
買目を総て100円づつ買ったとして、出資額の何パーセントが回収できたかということで、これですと予想段階での操作は出来無くなったということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実際に本を買って読んでみました。
この勝率は、はっきりと的中率と書かれていました。
馬券を他点買いすることを勧めているようなので、やはり、みなさんおっしゃるように、1レースでの
的中率のようです。(ようですというのは、馬券を買ったことがない私には、どういう買い方なのか
想像するしかないからです)

本の内容はといいますと、特定のレースに関して、勝率、的中率、成功率、回収率などの言葉が入り乱れ、
結局、全体として、儲かるのか儲からないのか、さっぱり理解ができませんでした。

おっしゃるように、回収率以外の数字は不要なように思います。

お礼日時:2007/01/20 19:02

「G1レースの勝率7割」。

確かに「勝率」の意味がよく分りませんね。推測ですが、

・ある馬券購入法(買い目の決め方など)がある。
・過去の、ある期間のG1レースについて、その馬券購入法に基づいて馬券を購入すると、7割のレースで「プラス」が計上できることになる。

ということだろうと思います。「7割のレースで的中した」ということではありません。的中しても、払戻金が投資額より少なければ、「勝ち」になりません。

さて、上の説明が当たっているかどうかはさておき、私は、その本の馬券購入法で、今後同様の勝率を得られるかは甚だ疑問だと思います。それは、その馬券購入法は「過去」のG1レースに当てはまるように作られたものにすぎないからです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、今作った理論を過去のデータに当てはめた可能性は、確かにあるかもしれませんね。

お礼日時:2007/01/15 02:12

おそらくその本の「勝率」は「的中率」のことだと思います。



そして、ご質問者の「勝率」とは「回収率」のことです。

この二つは、似て非なるものです。

的中率は勝ち馬や買い目を予想したレースに対する的中したレースの率を表しますが、回収率は一般的に予想した買い目すべてを100円ずつ購入した場合の、払い戻し総額の比率です。
JRAの控除率から、回収率75%がひとつの目安になっていることはご質問者のご認識のとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答有難うございます。
なるほど、的中率というものがあるのですか。勉強不足でした。

お礼日時:2007/01/14 01:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬券 効率が良いのは?

以前は連複専門でした。覚え立ての頃、今のように多種多用の馬券など無く、単勝、複勝、連勝複式で、とにかく周りは連複の購入者ばかりでして、複勝など買おうものなら何を言われるかわからないといった感じでしたが、色々幅が増えたおかげで、複勝馬券が買え、飛躍的に的中率だけはアップしています。最近では、馬券云々より、こちらが気になる程ですが、やはりたまに購入し、連複で勝った場合は、爆発力が違います。このような時は決まって萎縮しており、複勝も確実なものしか手が出なくなってますので、爆発力は違って当り前ですが、とにかくガミの心配はありません。150円もつけば、考える苦労の無い分複勝が楽かとも思うのですが(連複も数を買うと、結局総計はこんなものでは?)、ワイド馬券、三連複といったものはどうでしょうか?意外に爆発力はあるのでしょうか?一発逆転、起死回生の馬券、尚且つリスクの少ない可能性に近い馬券は?

Aベストアンサー

貴方が普段どんな予想の過程をたどるのかがわかりませんので私の場合でお答えします。
先ず狙ったレースの出走馬の中から3着までに来そうな馬を選びます。
(予想の基本は単勝馬券という方もいるようですが、1着を1点で当てるのはリスクが大きいです。)
選ぶファクターは「レース条件、ローテーション、展開、近走の直順、厩舎、騎手、時系列オッズが高いかどうか」など一概には言い切れません。これでだいたい半数以下には減らせます。
スーパー未勝利戦や新馬戦やG1レースなどのグレードの高いレースでもない限り
どのレースでも出走すべての馬が明確に勝つ目的でレースに臨んで訳ではありません。
 ではなぜ「3着までに来る馬を選ぶのかは」狙いが3連複馬券だからです。
複勝馬券は大金をどんと入れない限り妙味がありません。
またリスクの割りにはリターンが少ないです。
私は穴馬券となると思った時以外はこの馬券は買いません。(穴馬券とは380円以上くらいを指します)
ワイド馬券なら多点数買いではなくせいぜい10倍以上が期待できるものを3点ぐらいです。
そんな訳で一番的中率と回収率から効率が良い馬券は3連複馬券と思っています。
例えば馬連やワイドを1点で買えるようなレースならば2頭軸の3連複総流しを買います。
人気薄の馬が来て外れることを防ぐためです。(逆に上位人気の5点くらいはあえて消します。
この理由はそうそう馬連なら堅くても3連複となるとなぜか一頭人気薄の馬が絡んで堅くは収まらないということを何度も味わったからです。狙う幅は30~300倍のゾーンです)
こんな買い方をここ8年ほど続けてますが、トータルでは負けません。
万馬券も結構中ります。

最後にどんな券種でも「馬券を買うこと自体がリスクある行為」ですのでどうせ買うなら
投資効率が高くリターンを期待できる券種で買うべきと思ってます。
考える苦労の無い分複勝が楽かとも思うようですが、それ故リターンが少ないのでしょう。
あれこれ考えに考えて「これでよし!!」と決断して買って的中することこそが、馬券の面白みと思えますが、どうでしょうか?

貴方が普段どんな予想の過程をたどるのかがわかりませんので私の場合でお答えします。
先ず狙ったレースの出走馬の中から3着までに来そうな馬を選びます。
(予想の基本は単勝馬券という方もいるようですが、1着を1点で当てるのはリスクが大きいです。)
選ぶファクターは「レース条件、ローテーション、展開、近走の直順、厩舎、騎手、時系列オッズが高いかどうか」など一概には言い切れません。これでだいたい半数以下には減らせます。
スーパー未勝利戦や新馬戦やG1レースなどのグレードの高いレースでもない限...続きを読む


人気Q&Aランキング