今、測量の会社に勤めて20年ですが、そろそろ独立しようと思っています。
同僚の人と2人で始めたいのですが会社にしようか自営業にしようか考えています。
一応、私が上司なのですが、出資金の割合なども気になります。
奥さん2人も、社員にしたいと思います。
事務所は、自宅の庭に建てたいと考えています。
経営方法について意見をお願いします。

A 回答 (2件)

私の彼が今年、株式会社を設立しました。


tokomaさんがおしゃっているように、自営業、有限会社、株式会社の順で社会的な信用はかなり違います。
彼の場合は信用を得ているクライアントが何件かある状態で独立を決心したのですが、仕事の規模が多きかったり、上場会社の仕事を受ける際に有限会社では話がうまくすすまないこともあるようです。
将来的な仕事の規模や、金銭の問題によると思うのですが・・・・・。

私の知り合いで独立をし、会社に社員として奥さんが働いている方を何人か知っていますが、会社が大きくなってくるにつれ、何かと問題がしょうじている方が多いです。まして奥さんが経理なんかをしていると・・・・・・。
自営業や有限会社の範囲であれば、まだ問題も少ないかもしれないですけどね・・・。
私が以前はたらいていた会社にも奥さんがいました。株式公開を前に社員も増えたころ、社員からの不満がでて、奥さんは退職しました。
社員からすると社長が二人いるようなもんですからね。

といいつつ私も、彼の会社をお手伝いしていますが、やはり何かと周りの社員は気をつかうようです(笑)

話がずれてしまったので、アドバイスになってないかもしれません。
ごめんなさい。
がんばってくださいね。
    • good
    • 0

はじめまして。

私は去年会社を作りました。理由はやはり節税だと思います。
たくさん本を読み研究したのですが、売上げが1000万を越えると、自営業
と会社の場合だと、支払う税金が約70万ほど差がでます。
有限か株式かは、出資金の額も当然違いますが、社会的な信用がやはり違うようです。私は出資金の制限で有限にしましたが、3年後には株式にしようと思います。
従って、会社の規模を大きくする目的があり、出資金が1000万あれば株式に
するべきだと思います。
出資金の割合ですが、経営権をどちらが持つのか株式数に左右されますので、
同僚のかたと、経営責任のリスクをどの程度持つのかで割合を決めればよいと
思います。それから独立後の給与を同僚と十分に話し、出来れば両者の間で、
文書を取り交わしておいた方が良いと思います。人間儲かれば欲が必ずでます。
この位のアドバイスしか出来ませんが参考になりますか。
ご検討を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/15 23:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q測量費用について

測量費用について

土地63坪の測量費用はどのくらいですか。

Aベストアンサー

一言で測量と言っても色々な種類があります。
・実測(現況の土地の形等を測量する)
・境界確定(土地の境界を確定する。隣接地・官地等の立会押印)
などなど。

あと 測量費用は形状によっても違います。(宅地・農地・山林)
地域によっても違いますね。

最寄の土地家屋調査士に見積もりを取ったほうがいいです。
調査士でも費用に違いがありますので、1箇所だけじゃなく何箇所か見積もりを取ることをお勧めします。 

Q独立するにあたり、出資のお話を受けるか悩んでいます

こんばんは。

私は、フリーランスでやっていこうと考えているデザイナーです。

経験は10年に満たないですが、何年目からから独立したいと思うようになりぼちぼち準備を始めています。30代女性と、あまり独立には向いていない年代ではありますが……。

本題に入りますが、つい先日、知り合いの社長さんに独立の話を打ち明けたところ、出資の話しを頂きました。

細々とやって行くつもりだったので、いきなり会社設立と言われても、というところではありますが、一人で名も知れずやるよりは、信頼を得れるし、社長さんとの繋がりで頂ける仕事もありそうで、魅力的な気もします。

何より、何年もお付き合いのある、信頼していた方だったので、このまま頼ってしまっても良いものかとも思いますが、独立した周りの人に聞くと
「ダメダメ、やめときな」
と言われます。

やはり、人が株主になるのは、あまり良くないのでしょうか。

それから、設立したら、結婚はするなと言われました。
そこもひっかかっています。

Aベストアンサー

#1です。

>それから、初期投資が必要な事業ではないのでたしかに投資はいらないんですが、「信用が得られるよ」という言葉にまだ迷っています。

資本金と初期投資を混同してはいけません。
資本金は初期投資など必要な分を創業費として取り崩しますが、
その後は、売上が回収できるまでの経費を賄います。

また、このお金は当然資産になりますので、これを元手に資産を増やす活動が
企業としての役目になります。

で、なぜ、信用に関わるのかですが、仕事を依頼されてからそのお金を回収するまで
数ヶ月の時間が掛かります。

大きな仕事であればあるほど、その期間も増えますし、場合によってはあなたが
外注に一部を依頼する事も考えられます。
要はお金を回収するまでの間に掛かる経費を賄えてちゃんと仕事をしてくれかどうかの
基準(あくまで)として資本金が見られていると言う事です。

なので、仕事(お金の回収)のやり方を工夫すれば良い事になりますというか
ここが起業するうえでの大きなポイントとなります(←キャッシュフローを勉強してみてください)

Q測量費用について教えて下さい。

測量費用について教えて下さい。

新しく1から測量しなおすのと、昔の境界を復元させるのとでは だいぶ手数料は変わりますか?

Aベストアンサー

同じです。
昔の境界を復元させるにも、どこかの基準点からの測量が必要です。
測量費用は、境界確定、境界杭設置の数と敷地面積によって変わります。
場合によっては、境界杭が移動していないかを確認することも必要です。

Q独立、自営業に向く人って?

私が思うに、一番の要素は、友達が多い、なぜか憎めない、そして先輩からかわいがられるキャラの人だと思うのですがどうなんでしょう?実際独立すれば自分の魅力が一番の武器だと思うのですが。
他にどのような要素がありますか?

Aベストアンサー

簡単に自営業といいますが、業種業界によっても、求められる要素が異なるでしょうし、経営学的に考えれば、考える人によってもそのような要素は異なると思います。

最低限の法律・最低限の税務や会計などのノウハウがなく、税理士などの専門家を有効に活用できない人は、散財する可能性も多いですね。以前税理士事務所で勤務経験がありますが、ど素人ほど、税金は平等で、誰が計算しても同じ、0か1のように正しいことは一つという意識があります。また、事前に計画的に行っても、行き当たりばったりでも、これらに影響がないと勘違いしている方もいますね。
顧客や労使間のトラブルも最低限の法律知識や法律関係職(弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士)などを活用できず、経営者自身が疎い場合には、トラブルも多くなりますし、リスクも高く高額にもなりますね。

あなたの質問では、人脈を指摘していますが、人脈で必要なのは、ご自身と同列や下の立場の人だけでなく、先輩などではないもっと上の立場の人との人脈も重要だと思います。

どんなに人間的な魅力があっても、技術力・知識力・ノウハウ・経験などから得る信用がなければ、いい人で終わることでしょう。事業を起こせば、人間同士だけでなく、ビジネスパートナーなどとして事業者同士の立場で付き合う必要がありますからね。

簡単に自営業といいますが、業種業界によっても、求められる要素が異なるでしょうし、経営学的に考えれば、考える人によってもそのような要素は異なると思います。

最低限の法律・最低限の税務や会計などのノウハウがなく、税理士などの専門家を有効に活用できない人は、散財する可能性も多いですね。以前税理士事務所で勤務経験がありますが、ど素人ほど、税金は平等で、誰が計算しても同じ、0か1のように正しいことは一つという意識があります。また、事前に計画的に行っても、行き当たりばったりでも、これ...続きを読む

Q譲渡費用としてなぜ認められない測量費

土地売却の税の確定申告についてです。確定申告で売るときに(正確には売るために)行った測量の費用は譲渡費として認められるが、売る意志のないときや将来売るときのために行った測量の費用は認められない(取得費、譲渡費いずれにも)と聞きましたが本当ですか。またなぜでしょうか。

Aベストアンサー

>測量は15年前だけです。登記の変更も行っています。

地積測量図も15年前の測量結果のものになっているんでしょうね。
15年前の測量結果が昨年の売買の際の原資料になっているんですから、15年前の測量費を譲渡収入から控除してもいいと考えます。
特に問題なさそうに思うのですが・・・。


>しかし私が理不尽と思うのは売り買いしたときは認められて、直接関与しない場合が認められない(というか当局に説明能力がない)ことです。

売買に直接関与しない測量費用については、#2でお答えさせて頂いた通り、相続税の際に控除したり、減価償却資産の取得価額に含めたり・・・。

また、家事上の経費となる測量費の場合は税制上の控除等はないですよね。
(家の周りに塀を設けるために測量をした場合などですね。)

Q一人親方の自営業者です 独立して一年にも満たないですが ある得意先より

一人親方の自営業者です 独立して一年にも満たないですが ある得意先より受注がほとんどで月に平均80万程度収入があります 仕事自体少し特殊なもので ある意味隙間産業てきなものです 今後も一人親方で行くつもりなのですが、その得意先ばかりでいいものだろうかと思案中です 

Aベストアンサー

今の得意先も大事にした上
営業して範囲は広げた方がいいと思います。
まぁー束縛する得意先の場合もありますが
所詮ビジネスって金の切れ目が縁の切れ目になってしまうので
そういう得意先はよく考えた方がいいでしょう。
だってよく不景気になれば下請けが困っていますが
これって営業や企業価値向上さぼった(楽した)結果ですしね
もし、得意先が傾いたときのことも考えてダメージを
抑える努力は常にした方がいいと思います。

私も経験あるよ。
起業時にワシに任せろって言っていた一番最初に取引した
会社の社長、代金なかなか払わず結局逃げましたからね
だから信用はするけど頼るなって思ってます。

Q測量費用の会計処理

食品製造会社の経理です。工場の敷地を測量してもらい、その費用が
58万円(税抜き)かかりました。
この場合の会計処理は費用でいいのでしょうか。その場合の科目は何が適当でしょうか。修繕費?雑費?

Aベストアンサー

こんにちは。

>工場の敷地を測量してもらい、・・・

ご記載の内容だけでは支出の目的などが記されておりませんので、確信をもってのアドバイスを記す事が出来ません。
と申しますのは、

・新規に工場を建設するための土地取得にかかる測量でしたら、土地の取得原価を構成します。

・既存工場の土地に対して行った測量であるのなら、その支出の目的や効果にも拠ります。
 この場合、当該支出が単に地積確認等の一時的な支出であって、特に将来にわたってその支出の効果が及ぶとは認めにくいのであれば一時の費用とすることが認められます。 なお、この時の科目自体は貴社にとって相応しい科目で構いませんよ。 決算上、金額的にも内容的にも特段の重要性が無いのなら雑費で宜しいですし、工場の維持管理費用に準ずると考えるのなら修繕費で宜しいです。
 対して、何らかの理由による賃借物件にかかる支出である場合は、税法上の繰延資産となる可能性もあります。この場合は残存契約年数で償却する事が妥当でしょう。

ご参考にしていただけましたら、幸いです。

Q勤め人を定年後の自営業とは

 サラリーマン生活をた終えた定年後に年金をもらいつつ、自営業も始められた方の生活って実際どんな感じなのでしょうか?

 それまでの貯蓄や退職金、暮らしぶりにも大きく左右されるかと思います。ただ純粋に現時点での収入による生活の動向や、更にはライフスタイルそのものについて知りたいです。

Aベストアンサー

私も54才でリストラに近い形で退職しました、現在62才です。
(その前に関連会社へ転属という形で某電機メーカーを退職&退職金を貰っています)
     
退職後ハローワークで斡旋するパソコン教室へ3ヶ月(週5日、1日6時間)通いOffice関連はMOUSを取得
その後高齢者向けパソコン教室をNPO法人が立ち上げると新聞で読み、インストラクターに応募して採用され、ここでインストラクターになるべく講習を受けました。
その後少しそこでインストラクターをやりましたが、国の雇用対策で小中学校教員向けヘルプデスクの募集がありこちらに応募して半年勤めました。(契約期間が半年です)
   
この時点で56才、ここが終了し、なんの当てもなかった事から故郷へUターンしパソコン教室を始めました。
この時点で自営業開始です。
個人指導だから大した設備はいりません、故郷の家の一間をフローリングにしたのと、会議用テーブルの中古を1卓(1万円)、教習用ノートパソコン(7万円×2台)を買っただけ・・・・
   
退職後ここに来るまでに、会社にいたら永久に知らないような本当に色々な事を覚えました。
それが役に立ち単純にパソコン教室だけではなく、Webサイト構築(ドメイン取得、レンタルサーバー契約)、チラシの版下作成&ネット印刷への入稿(町の印刷屋さんより遙かに安い)等々を手がけるようになりました。
      
現状年間売り上げは公称150万・・・・・色々ありますから「公称」です。
昨年車を買い換えましたが半分は事業用で按分して経費扱い。
    
退職時は何の当てもありませんでしたが運がよかったというか、余り考えずにこんな暮らしになりました。
お陰で年金は余り手を付けずに暮らす事ができます。
    
お金より何より、「この仕事は定年はない」 という事です。
村へ出掛ければそこら中顔見知りばかりです(悪い事は出来ませんが・・・・)
これもやはり楽しいです。
サラリーマンを退職して何もしていない人は、お付き合いも同級生だけという感じです、これでは寂しい。
     
そして判った事、自営業者とサラリーマンでは考え方が全く違うという事です。
退職した同期の人と話をしても「今はどこに勤めている」という話ばかり。
自分で何とかしようという気持ちは更々見えません、あれでは人生つまらないだろうと同情します。
    
色々書きましたが、余り経費を掛けずに自営業を始める事が出来ればそれは生きがいにつながります。
これはお金では逆立ちしても買う事は出来ません、事業収支がとんとんであればやるべきです。
頑張って下さい。

私も54才でリストラに近い形で退職しました、現在62才です。
(その前に関連会社へ転属という形で某電機メーカーを退職&退職金を貰っています)
     
退職後ハローワークで斡旋するパソコン教室へ3ヶ月(週5日、1日6時間)通いOffice関連はMOUSを取得
その後高齢者向けパソコン教室をNPO法人が立ち上げると新聞で読み、インストラクターに応募して採用され、ここでインストラクターになるべく講習を受けました。
その後少しそこでインストラクターをやりましたが、国の雇用対策で小中学校教員向けヘルプデ...続きを読む

Q測量と、地盤調査の費用

 家を建てることを考えています。

 ハウスメーカーの営業さんが、その土地を見に行って測量してくれました。(レーザー光線(?)を飛ばして測量するやり方らしいです。)その辺は、地盤がゆるいそうなので、地盤調査もしてくれるそうです。

 地盤調査については有料の所、無料でしてくれるそうです。(東京から業者を呼んで機械を入れて調査してくれるそうです。測量の費用については何も言っていなかったので、知らなかったのですが、本当は費用がかかるそうですね。(それも、タダでやってくれました。)

 普通、このような調査にはいくらかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

設計事務所を主宰する者です。
たぶん両方とも5万ぐらいでしょう。あわせて10万ぐらい。この金額は私たちのような業界の者が発注する金額だと思いますので、素人の方が発注される場合、倍ぐらいの金額になることもあると思います。
ハウスメーカーに勤める友人に聞いた所、数社のハウスメーカーが競合している場合、無料で行うそうです。
私たちのような設計事務所に依頼されるお客さまで、このように無料で調査をしてもらっていて、その資料を持って相談に来られる方も結構いらっしゃいます。ハウスメーカーの方にとっては気の毒ですが、お客さんにとっては、お得かもしれませんね。ハウスメーカーさんもこの程度の経費は、見込んでいるのでしょう。その分が建物の金額に上乗せされているとも考えられますが。
家を建てられるのでしたら、過去の回答で参考になるものは
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=171800
です。

QA社に12年、B社に3年勤めています。B社はA社からの独立起業です。

A社に12年、B社に3年勤めています。B社はA社からの独立起業です。
私は今後カイロプラクティックを習い独立開業を目指したいと思っております。
これから退社する場合は自己都合になると思います。
これを会社都合にできるような都合の良いことはできるものでしょうか?
都合が良すぎるので無理と思いますが、
わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
専門学校の入学までの期間を失業保険をもらいながら勉強したいと思っております。

Aベストアンサー

会社が認めたらね

でもまず認めません。
会社にとってマイナスの方が大きいからです。

尚、不正受給です。
悪い事は進められませんね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報