たまに明治のお金を現在の価値に換算すると何円とかテレビでやっていたりしますが、各時代ごとの換算の目安にやるようなものをまとめたサイトってないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まとまったサイトはなかなか無いようですね。


実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人々の作品)で、田山花袋の「田舎教師」には明治35年頃の商品の価格が以下のように記載されています。(1円=100銭、1銭=10厘です。)

煙草:10銭 車(人力車)代:30銭 弁当:4銭5厘 ラムネ:3銭5厘 梨:1銭5厘 
認印:25銭 名詞:22銭 歯磨きと爪楊枝:3銭5厘 筆2本:8銭5厘
硯:14銭 帽子:1円15銭 羽織:1円75銭 へこ帯:30銭 下駄:14銭5厘
遊郭での遊び:2円

この物語の主人公(埼玉県羽生近くの小学校の新任教師)の初任給:7円60銭
    • good
    • 1

・いまならいくら?


http://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml
・コインの散歩道(日本~近世(江戸時代)、日本~幕末・明治維新)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/index.html
↑の中の特に
一文と一両の価値
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/J029.htm
明治人の俸給
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/J022.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「一銭」はいくらですか。

「其の入院料の如きも、二十銭にして足れりと云ふ」

それは『支那漫遊記』からの文章ですが、一銭っていくらですか。
大正時代の一銭の購買力は今の何円に相当しますか。

Aベストアンサー

それは『支那漫遊記』からの文章ですが、一銭っていくらですか。

1円の百分の1です。
     10厘(りん)=1銭(せん)
     100銭=1圓=1円
    下記をご覧下さい。語源は1ドルの100分の1の1セントです。音がセント(cent)に似ていて、鋤を意味する「銭(銭)」を流用したものです。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%AD

     大正時代の購買力は、#1さんのおっしゃる通りです。

Q明治5年の1円の価値はどのくらい

明治5年の文章に、泥棒が旅籠で二人の商人からお金2千百円を盗んだという話が載っていました。
当時の1円はどれくらいの価値があったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://q.hatena.ne.jp/1156484521
http://okwave.jp/qa/q5360541.html

色々と参考に成ると思いますが。

>明治7年(1874年)の「巡査の初任給は4円」

で考えれば。
★この頃の「1円」は、現在の「4~5万円」くらい。

ですから「二千百円」と成れば、現在の『8千万~1億円』くらいの価値が有ったかも知れませんね。

Q明治20年代の100円の価値は 現代ではいくら?

昨夜、NHK で宮崎あおいちゃん主演の オペラ蝶々夫人の「蝶々さん」を

みてたのですが、100円で 娼妓に売られる、、という内容でしたが、

明治20年代の100円って 現在でのいくらくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば『長崎県統計書 明治20・21年/長崎県』によれば、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807980/164
「精米(1石)…(明治19年)6円47銭1厘(明治20年)5円98銭3厘(明治21年)5円73銭1厘」、
一方『東京府統計書 明治21年/東京府』では、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/806568/116
「精米(1石)…(明治19年)6円39銭(明治20年)5円37銭(明治21年)4円98銭」と
若干地域差があります…

1石=10斗=100升=1000合=約180.39リットル、1合=約0.15kg、
0.15kg×1000合=150kgに基づいて一応単純換算してみますと、
「明治20年・長崎精米価格」…5.983円÷150=0.03988≒約0.04円/1kg、
当時長崎では100円で購入出来る精米が、100円÷0.04=約2500kg、
これを現在の精米価格400~500円/1kgに当て嵌めてみますと、
400~500円×2500=1,000,000~1,250,000円相当。

同様に「明治20年・東京精米価格」…5.37円÷150=0.0358≒約0.036円/1kg、
当時東京では100円で購入出来る精米が、100円÷0.036=約2777kg、
これを現在の精米価格400~500円/1kgに当て嵌めてみますと、
400~500円×2777=1,110,800~1,388,500円相当となって

精米換算では既回答者の皆様と同じく、概ね百万円余りの勘定にはなりますが、
現在の百万円と同等の価値と捉えるには無理があるようにも思います。

別な観点で捉えると、たとえば明治23年の長崎市での賃銭(賃銀)では、
『長崎県統計書 明治22・23年/長崎県』<163~165/322>
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807981/163
「農作年雇・女・一ヶ月給料/<明治23年>(上)2円50銭(中)2円00銭(下)1円75銭」
「農作日雇・女・一日賃銭/<明治23年>(上)8銭(中)7銭(下)5銭」
「機織年雇・女・一ヶ月給料<明治23年>(上)5円00銭(中)4円00銭(下)3円50銭」
「下女・一ヶ月給料/<明治23年>(上)1円50銭(中)1円00銭(下)70銭」などから、
明治23年当時の100円は、長崎市での場合、
農作年雇女性(中)の50ヵ月分給料相当、機織年雇女性(中)の25ヵ月分給料相当、
下女(中)の100ヵ月分給料相当の価値があったとも言えます。

上記を単純に現在に当て嵌めてみますと、
農作業1ヵ月2万円、機織1ヵ月4万円、三食部屋付下女1ヵ月1万円、
果たして現在このギャラで働く女性はいるでしょうか?
現在なら日当でもおかしくない金額ですよね^^

以上のとおり 社会・経済構造や価値観に相当ひらきのある時代同士の比較は
結構難しいようです。

たとえば『長崎県統計書 明治20・21年/長崎県』によれば、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807980/164
「精米(1石)…(明治19年)6円47銭1厘(明治20年)5円98銭3厘(明治21年)5円73銭1厘」、
一方『東京府統計書 明治21年/東京府』では、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/806568/116
「精米(1石)…(明治19年)6円39銭(明治20年)5円37銭(明治21年)4円98銭」と
若干地域差があります…

1石=10斗=100升=1000合=約180.39リットル、1合=約0.15kg、
0.15kg×1000合=150kgに基づいて一応単...続きを読む

Q明治40年代の一銭の価値は?

今、明治40年代のことを調べているのですが、
明治40年代の一銭とはどのくらいの価値があったのでしょうか?
例えば当時、**が一銭とか、カレーライスが*銭とかありますよね?
あれです。
また、現代のいくらに値するのでしょうか??

本でもかまいません。こういったことが載っている本はありますか??
時代を限定しているだけに、どういった本から調べていいかわからなくて…

ご存知の方、どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前、物価に関する質問に回答したことがあります。
(回答の中には明治期からの物価推移がわかる本がありますので)
お高い本は図書館でどうぞ。


質問:終戦直後からの物価の推移を調べたいのですが。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=182686


人気Q&Aランキング

おすすめ情報