大好きな「小川美潮」のCDに「4to3」というタイトルの曲がありますが、どう訳せば良いか判りません。一般的な訳で構いません。お判りの方教えてください。

A 回答 (2件)

おそらく歌の中のFour to three の歌詞をよめばヒントがあるかと思いますが、この方ので Four to three pictures というのがありますね。

この場合、「4対3の絵」で、テレビ画面とか、写真で、横対縦の長さが4:3の比率になっていることをいいます。
    • good
    • 0

4 (minutes) to 3 (o’clock) →3時4分前 では?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTo be continued(つづく)って?

ドラマの最後などで見る「つづく」という意味の「To be continued」というのは、文法的にはどういう文の省略なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

This story is to be continued.

直訳すると、「このお話は続く予定です」となります。

be to do で予定を表します。(この場合、do にあたるのが 受身のbe continued )

これから、「To be continued.」で、「次回へ続く」「以下、次回で」という意味の成句になったと思われます。

Qa youth to fortune and to fame unknown の訳

初めまして、初歩的で申し訳ないのですが質問させて下さい。

イギリスの詩人トーマス・グレイ(1716-1771)の代表作「田舎教会の墓地にて詠める哀歌」の
a youth to fortune and to fame unknown
の部分の訳がどうもうまくできません。

unknownが最後に来てるのはどういうわけでしょうか…
分かる方、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

初歩的な回答で、こちらも恐縮しております。

unknown が最後に来ているのは、倒置 (inversion) による語順の変化です。
この連 (stanza) の2行目の unknown と4行目の her own が、韻を踏んでいます。
倒置は、その韻を整えるためのものです (さらに弱強歩格も揃えています ― URL をご参照ください)。

語順をもどすと、 a youth unknown to fortune and to fame となります。

さらに、1行目と2行目にも倒置があります。
1行目の rests his head の主語は、2行目の A youth です。
この倒置は、 Here [There] ~ の日常的な構文に通じるものです。

2行目は、「富や名声とは無縁だった若者が」のように訳すことができます。

解釈の一例として参考になりそうな、 The Epitaph の意訳をみつけました (以下 URL から引用)。

Here lies a man of humble birth who did not know fortune or fame but who did become a scholar.
Although he was depressed at times, he had a good life, was sensitive to the needs of others, and followed God's laws.
Don't try to find out more about his good points or bad points, which are now with him in heaven.

参考URL:http://www.cummingsstudyguides.net/ThoGray.html

初歩的な回答で、こちらも恐縮しております。

unknown が最後に来ているのは、倒置 (inversion) による語順の変化です。
この連 (stanza) の2行目の unknown と4行目の her own が、韻を踏んでいます。
倒置は、その韻を整えるためのものです (さらに弱強歩格も揃えています ― URL をご参照ください)。

語順をもどすと、 a youth unknown to fortune and to fame となります。

さらに、1行目と2行目にも倒置があります。
1行目の rests his head の主語は、2行目の A youth です。
この...続きを読む

Qonとto / continuingとcontinued

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White House is calling on all sides to refrain from violence and to work together to put Pakistan back on the path to democracy.

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?
「四方八方に呼びかけている」という意味だと思うのですがtoではないのでしょうか?onでもわかりますが、どちらでもいいのでしょうか?
(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?
to return(restore?) Pakistan to the path of democracy.のようだとニュアンスが変わってくるのでしょうか?

お願いします。

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠くから声をかけるという感覚になるはず。また、to を使うと、all sides がどこか遠くのほうにあるような感覚になり、すでに存在している「各方面」を意味するには不適切。

(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?

put AA back on BB 「AAをBBに戻して置く」と言う意味。put があるので、on しか使えないでしょう。また、path to democracy は、「民主主義へ続く道」と言う意味で、現状は民主主義が実現されていないことを意味しています。path of democracy だと、「民主主義の道」となり、すでにある民主主義社会がどう進んでいくか、または、どう進んできたか、のような意味になります。

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠く...続きを読む

Qwant to have toの日本語訳について

こんにちは。

Harry Potter and the Goblet of Fire [UK,adult版] p.751真ん中あたりの文についてです。

Harry nodded. A kind of numbness and a sense of complete unreality were upon him, but he did not care; he was even glad of it. He didn't want to have to think about anything that had happened since he had first touched the Triwizard Cup.

ここで
"He didn't want to have to think about anything that had happened since he had first touched the Triwizard Cup."
の日本語訳は
"優勝杯に触れてから起こったことについて何も考えたくなかった。"

となっているのですが、なぜ「didn't want to have to think about 」が「について何も考えたくなかった」となるのでしょうか?
「didn't want to think about 」との違いを教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは。

Harry Potter and the Goblet of Fire [UK,adult版] p.751真ん中あたりの文についてです。

Harry nodded. A kind of numbness and a sense of complete unreality were upon him, but he did not care; he was even glad of it. He didn't want to have to think about anything that had happened since he had first touched the Triwizard Cup.

ここで
"He didn't want to have to think about anything that had happened since he had first touched the Triwizard Cup."
の日本語訳は
"優勝...続きを読む

Aベストアンサー

普通に don't want to think about だと、
「自らすすんで考えたくはない」

have to が入ると、
状況的に考えざるを得ない、じゃあ考えようか、
ということにはなりたくない。

状況にもよりますが、日本語としては「考えたくない」としても変わらない。

QContinued convergenceの訳し方

いつも御世話になります。
今回は下記文中に使用されている"continued convergence"の意味が
よくわかりません。直訳すれば「継続した集中(力)」というような
訳になるかとは思いますが、これでは日本語として違和感があり、いったい
何が言いたいのかイマイチよくわかりません。

英語、および日本語表現に自信のある方、お助けください…

【英文】Investment reflects continued convergence of musical
hardware and personal computer.

【訳】この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの継続した
集中?を反映したものである。

Aベストアンサー

convergenceは収束→近づく

The Himalayan mountain range has formed by collision and continued convergence of the Indian plate with the Eurasian plate
2つのプレートの継続した接近そして衝突

訳→この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの一体化が絶え間なく進展していることを反映したものである。

Qu to go to と u to come to

「I receive you to go to UK.」はどういう意味ですか?
自分なりの訳「ULに行くことを歓迎する」(これを言っている人はUK外の人?)

また「I receive you to come to UK.」は誤った文法ですか。

Aベストアンサー

意味を固定としないなら文法的な間違いはないです。
ただ主観の問題で、仰る通り
言っている本人がUKの外にいるか内にいるかの差です。

goは話し手(I)からみてもyouからみてもUKが第三者の場所にある場合で
comeは話し手(I)とyouと場所に関係性が必要で、今回の文章では話し手(I)がUKにいないと成り立ちません。

Q[to be]のイメージがつかみたいのですが?

NHKラジオ英会話講座より(英作文の問題)
彼はとても健康なので100歳以上生きると思う。
He's so healthy that I think he'll live to be a hundred or more.
(質問)
(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。
He's so healthy that I think he'll live more than 100years old.
(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?
「あること」「存在すること」という名詞的用法でしょうか?
この文章には、必ず[to be]は必要ですか?
(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?
(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです。 以上

Aベストアンサー

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを前置詞untilを用いると間違いになるので、ご注意下さい。
例:
he'll live until more than 100years old(X)


ご質問2:
<(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?>

1.副詞的用法になります。目的・程度・結果、などの解釈が可能です。

(1)目的の用法:
(直訳)「100歳になるように、生きる」

(2)結果の用法:
(直訳)「生きて、100歳になる」

(3)程度の用法:
(直訳)「100歳になるほど、生きる」

これらの直訳が、抄訳のような「100歳まで生きる」という、分かり易い意訳にまとめられているのです。


ご質問3:
<この文章には、必ず[to be]は必要ですか?>

必要です。to beを使わないのであれば、上記で回答したような接続詞が必要になります。


ご質問4:
<(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、>

1.to be continuedのto不定詞は副詞的用法で、「~しましょう」という独立文を導く用法なのです。
例:
To return.=Let us return.
「本題に入るとしよう」

2.これをcontinueに当てはめると
To be continued=Let it be continues.
「それを続かせるとしよう」→「次回に続く、、、、」
となるのです。


ご質問5:
<continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?>

1.まず受身にする必要があります。例えばドラマで使われた場合、主体となるのは「ドラマ」で「ドラマが続く」となるからです。Continueと能動のままだと、ドラマでなく、ドラマ製作者にスポットライトが置かれ「我々が、続ける」となってしまいます。「続く」という自動詞にはならないからです。

2.continueには「続く」という自動詞もありますが、「中途のものが引き続き継続する」の意味で使われる場合は、他動詞を使います。
例:
continued from(on) page 20
「20ページから続く」

自動詞のcontinueはある動作・状態が引き続き行われる場合に使われ、補語Cを伴います。
例:
He continued obstinate.
「どこまでも強情をはった」

3.また、continuedだけだと、完了のニュアンスは表せますが、未来への指向性「これから~する」といった予定のニュアンスが表せないのです。To不定詞を用いることによって、それを出すことができるのです。

もしto不定詞を使わないなら、時制を表す文にする必要があります。
例:
It will be continued.
「それは、続くだろう」


ご質問6:
<(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです>

1.副詞的用法:

To be honest「正直に言うと~」
To be frank「率直なところ~」
To be serious「真面目なはなし~」
といった副詞的な用法として、文頭に使われることがあります。これらは独立副詞句と呼ばれます。

2.名詞的用法:

To Be, Not To Be
「生きるか死ぬか、(それが問題だ)」
有名なハムレットの言葉ですが、このto不定詞は「~こと」という名詞的用法で、beは「ある」「存在する」という完全自動詞が→「生きる」という意味に転じたものです。

以上ご参考までに。
PS:今週末からまたバカンスでブルターニュ地方に一週間ほど出かけてきます。今回はクラシックスポーツカー愛好家の集まりに出席するのが目的で、ついでのバカンスです(仏人はバカンスとってばかりですね(笑))今回はPCを持っていかないので、回答はできませんが予めご了承下さい。

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを...続きを読む

Q教えて:S would have p.p ....., if S' were to have p.p. の構造って?

It seems I was right in removing the moon's effect...
I shudder to think what would have happened if those saiyan soldiers were to have transformed to that monster...

(Dragon Ball Z, vol2. 14: Deeds Done by the Full Moon, Translation by Lilian Olsen)

上記はピッコロのセリフです。現代英語としては構造が間違いではないか…間違い、いや正しい、のどちらかのご意見と論拠を教えてください。また古い英語としては正しいなどの論も歓迎します。現代英語として間違いと私が考えた論拠を一応下に示します。

論拠。構造が変。仮定法過去完了の帰結節 + if節 were to have p.p.。
(論拠1)英文法解説改訂三版(江川)等によれば「(仮定法で)were toは未来についての仮定を表す」。if-節のwere to have p.p. の構造を未来の完了の意味として許す(その記載の出典も教えて欲しいですが…)としても、帰結節の仮定法過去完了の構造(過去の意味)と呼応しない。帰結節はif節より時間が遡っていて論理的に矛盾。
(論拠2)cobuild collinsコーパスで、if…were to have p.p という構文は1件も出てこなかった。(ifとwerrの間は10語以内という緩い条件にしても)

対応するコマ割の原文は「月を吹っとばしたのは正解だったようだな・・・サイヤ人のやつらがあんな化物になったとおもうとゾッとするぜ・・・」。文脈に照らして英文は(この本には極めて珍しい)誤訳のようにも見られるが("サイヤ人のやつら"の個所)今回はそのことはあえて問いません。

It seems I was right in removing the moon's effect...
I shudder to think what would have happened if those saiyan soldiers were to have transformed to that monster...

(Dragon Ball Z, vol2. 14: Deeds Done by the Full Moon, Translation by Lilian Olsen)

上記はピッコロのセリフです。現代英語としては構造が間違いではないか…間違い、いや正しい、のどちらかのご意見と論拠を教えてください。また古い英語としては正しいなどの論も歓迎します。現代英語として間違いと私が考えた論拠を一応...続きを読む

Aベストアンサー

先に be to V は未来的、be to have p.p. は過去的という内容の
投稿をしましたが、結局のところ were to の were がなぜ have been にならないか
が問題として残ります。

これについては、be to を一つの助動詞的に活用させているのではないかと思います。
もしそうであれば、
were to transform で仮定法過去
were to have transformed で仮定法過去完了
ということになります。

ただ、検証はちょっとお手上げ状態です。

Qafraid not to beの意味

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈していました。確かにこの場合は、2つのafraidしているものをandで繋ぐことで表現されますが、わざわざafraidを2つかくことで強調しているのかと思ってしまいました

この解釈がありえないとすれば、afraid not to be~「~でないことを恐れる」という用法は使わず、全てnot afraid to be~という用法を用いるということになるのでしょうか
それならば「afraid not to be」という用法はないからnot A,Bという構造だということが分かる というだけで納得できますが、後のカンマやbutを見るまでは解釈が確定しないということになると、はっきりとした理解が必要になると思いましたので質問しました

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈...続きを読む

Aベストアンサー

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文がありましたので私はそれを参照しましたが、、、。

>Teachers can end up afraid not to be in control of the answer

これを書き換えると
「Teachers can end up afraid that they (should) not be in control of the answer」
となりますが、いいですか。
「that they (should) not be 」は所謂「仮定法現在」です。
意味は、「教師達は自分たちが問題の答えを掌握していないのではないかと心配する羽目になることだろう」となります。

>「,afraid of losing their authority over the class」

これは分詞構文として解釈できますので次のように書き換えられます。
「because they are afraid of losing their authority over the clss」(教師達は生徒たちに対する自分達の権限が無くなるのを恐れているので)

以上をまとめると
「教師達は、生徒に対する権限を失うのを恐れるあまり、答えを掌握していないのではないかという不安に陥ることがある。」という訳になるかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文があ...続きを読む

Qlet it get toを判り易く説明してください?

NHKラジオ英会話講座より
Well, as a nurse, I'm under a lot of pressure on the job. I'd be in bad shape if I let it get to me. Sometimes I watch TV drams to take my mind off work.
・・・省略・・・。もしそれで精神的に参ってたら、体調を崩しちゃうから。・・・省略・・・。

(質問)[let it get to me]についてお尋ねします。
1)慣用句でしょうが、意味がよくつかめません。本文では「精神的に参ったら」となっています。直訳するとどうなるのでしょうか?また使い方を易しい例文を使って教えて頂ければ助かります。
2)この句には2つの動詞が含まれています。getは原形不定詞でしょうか?文型も併せて教えて頂ければ助かります。 以上

Aベストアンサー

1)慣用句でしょうが、意味がよくつかめません。本文では「精神的に参ったら」となっています。直訳するとどうなるのでしょうか?また使い方を易しい例文を使って教えて頂ければ助かります。

get には、「得る」と言うもともとの意味から、様々な意味の広がりが出来ています。基本的に、英語の本来語と言われる、go,come,takeなどの日常語は、もともと意味していた身体の動作から、それが、身体でない、他のものの動きとしてイメージされたり、抽象的なモノの動きとして応用されたりして、様々な意味の広がりをもつようになっているわけです。そして、そう言った意味の広がりを表現する一つの方法が、前置詞との組み合わせです。
You got me. と言えば、「一本とられた・まいったよ。」と言う意味になります。具体的につかまると言うよりも、抽象的につかまったと言う意味合いであるわけです。つまり、一定の縄張りと言うか、線の中に取り入れられると言うイメージです。you と言うサークルがあり、そのサークルの輪が伸びてきて、または、そのサークルそのものが移動してきて、meを中に飲み込んでしまうと言うイメージでしょう。
get to A は、get A よりも、to が入っているだけもともとの「得る」と言う意味から変わっているわけです。to A は、Aに直接結びついていると言う意味と、Aから距離があると言う意味があり、それを合わせて、「離れたところから直接そこまで結びつく」のようなイメージがあります。よって、get to A は、「離れたところ、つまり、離れた別の状態から移って、Aを得る」のような意味になります。このイメージが現実世界に適用されて、Let's get to it. で「さあ、それ(仕事)に取り掛かろう。」とか、He really got to me. で「彼は本当に参るよ。」になります。「参る」内容が、いい意味で感心するのか、悪い意味でお手上げだと言うのかは、文脈での判断です。
ご質問の let it get to me は、it つまり、看護婦と言う仕事のプレッシャーが、自分のところへ来て影響を与えることを、let つまり「許す」と言う意味です。プレッシャーに押しつぶされると言う意味になるわけです。

2)この句には2つの動詞が含まれています。getは原形不定詞でしょうか?文型も併せて教えて頂ければ助かります。 

仰るとおり、原形不定詞です。
第5文型の主語+動詞+目的語+補語で、動詞がいわゆる使役動詞の場合です。
以前書いたもので使役動詞の説明をしたものがありますので、まず、それをコピーします。
使役動詞は、「誰々に、何々をさせる」のような意味合いで使います。
例えば、He made me clean the room.「彼は僕に部屋の掃除をさせた。」です。
使役動詞で問題になるのは、主語+使役動詞+目的語+補語の形のときの、補語の部分に来る動詞の形です。to clean のように、to が付く形が来るのか、ただの clean だけでいいのか、をよく間違えます。

以下、その説明です。

makeは、完成状態を目的語に取ります。例えば、
I made a chair. なら、「完成した椅子」を作ったことになるわけです。この完成と言う感覚が、即時と言う感覚を生み出し、
make+目的語+原形不定詞 と言う語順を選ばせているわけです。
他にも、I helped him to clean the room.とtoがないI helped him clean the room. は、多少違い、toがある場合は、直接的に助けるのではなく、彼以外の誰かに私が掃除を手伝えと言ったと言うような間接性を暗示させます。それに対し、to なしの場合は、直接的に手伝う、つまり、自分も雑巾を持って、と言うことです。これと同じで、to がない形は、それだけ、直接的なニュアンスを持ちます。そう言えば、感覚動詞の場合も、補語に原形をとりますよね。I saw him kick the ball. これも、感覚は、心の中での、それだけ生き生きした再現を暗示するからです。

それに対し、force の方は、単に強制するだけですから、目的語は、強制される方向へ動くわけで、その動きをtoが表していると思えばいいと思います。つまり、to は、目的語が、何か、迷うと言うか、どうしようかなと、逡巡する間の時間差を表すと、見ればいいと思います。

He made me clean the room. 有無を言わせず、または、非常な権力と言うか権威を持って、または、自分の方で、相手に抵抗すると言う試みもなく、「私は部屋の掃除をした。」結果に重点があり、過程については述べていない。

He forced me to clean the room. 彼は、私が嫌がっているのに、脅したり、何かの権力のようなものを使って、私が抵抗しているのにもかかわらず、「私に部屋の掃除をさせた。」結果と言うよりも、過程に重点がある。

この他にも、to が必要かどうかを迷うものにhave,get があります。

The teacher had the students clean the room.「先生は生徒に部屋の掃除をさせた。」haveが使われているのは、もうすでにそこにあるものを持つという感覚があるからです。つまり、教員にとって、生徒が掃除をするのは当然のことであって、特に生徒の気持ちを変化させる必要性がないからです。つまり、主語+have+目的語+動詞の原型 という形で、toをとりません。

The man got his wife to take care of the children.「男は妻に子供たちの世話をさせた。」
この文では、getが使われていますが、getは、変化を意味します。つまり、It got dark. 「暗くなった。」のような文のgetの使い方と同じです。明るい状態から暗くなったという意味ですね。「男は、妻に、いろいろ言葉を尽くして、(たとえば、今度の休みには皿洗いをやるからとか、次の出張でお土産を必ず買ってくるとか)妻の心を動かし、子供の面倒を見てもらった。」という意味です。目的語の心の変化を表すのがtoです。

もっと心が変化すると、intoが使われます。

He deceived her into thinking he was rich. 「彼は彼女をだまして彼が金持ちだと思い込ませた。」

などですね。

以上、コピー終わり

それで、let の意味は、「だれだれが望んでいることを許可してやらせる」ですから、force とか、get のように、「だれだれ」の気持ちを変化させる必要がありません。また、すぐに動作が行われるイメージもあります。そのため、to を必要とせず、原形が来るわけです。

I let him go home. は、「僕は彼が家に帰りたがっているので、帰らせた。」と言う意味になります。

1)慣用句でしょうが、意味がよくつかめません。本文では「精神的に参ったら」となっています。直訳するとどうなるのでしょうか?また使い方を易しい例文を使って教えて頂ければ助かります。

get には、「得る」と言うもともとの意味から、様々な意味の広がりが出来ています。基本的に、英語の本来語と言われる、go,come,takeなどの日常語は、もともと意味していた身体の動作から、それが、身体でない、他のものの動きとしてイメージされたり、抽象的なモノの動きとして応用されたりして、様々な意味の広がりを...続きを読む


人気Q&Aランキング