大腸に潰瘍が出来て、小腸と胃に合併症のでる特定疾患?ってどんなものでしょうか。治癒困難とは聞いていますが、経緯はどうなるのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃったら、教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちわ、(一応)医学生です。

書き込まれていた返答に「特定疾患」についての書き込みがなかったので、一応補足しておきます。
 「特定疾患」と言うのは厚生省が治療推進を目指して、特別に研究グループをつくって研究をしている病気の事です。正確な数字は分からないのですが、かなりの数があります。これの一覧表はお近くの保健所に行けば入手することが出来ますので、どうぞ行ってみて下さい。
 それと、今保健所の話をしましたが、特定疾患だと分かっているならば、どうぞまず保健所の方に行って相談してみてはいかがでしょうか?すべての特定疾患ではなかったような気がするのですが、医療費の補助を受けることが出来ます。もしも、補助を受けることができる場合は、外来診察の場合は1月一回千円、これが1月に2回まで。3回目以降は無料になります。つまり、最高で1月2千円で済む、ということです。入院治療の場合は1月確か自己負担は1万2千円くらいしかかからなかったような気がします。ただし、これは認定されるまで、多少の時間がかかりますので、そのあいだ受診した病院の領収書は保管しておいて下さい。そうすれば、後から請求することができます。
 前の方で「負担が大きいのでがんばってください」と書いてらっしゃった方がいましたが、以上のような方法もありますので、参考にして下さい。
 あと、すいません。病名の方は担当の医師に聞けば、教えて下さるでしょうから、正確な名前を覚えておいた方がいいです。
 最後に、特定疾患ならば少し大きめの病院にかかった方がいいかもしれません。その方がやはり設備とか専門の医師とかが多いからです。
    • good
    • 0

下のサイトが参考になるかと思います。


恐らくクローン病で間違い無いでしょう。
潰瘍性大腸炎もよく比較して論じられます。昔は同じような病気だと思われていたようですが、相違点がたくさん見つかってきています。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/
    • good
    • 0

クローン病じゃないかと思います。



この病気は、全消化管(口から肛門まで全てですが、特に回腸に
一番多発します)に慢性の炎症が発生することにより、消化管
からの吸収が悪化するものです。
そしてその結果、体重減少や腹痛、下痢などの症状が現れます。

特効的な治療はまだなく、基本的にはサラゾピリンやステロイド、
場合によっては免疫抑制剤などの薬物による保存的療法で病気の
進行を遅らせる程度です。

また、病気が進行して消化管穿孔や狭窄、腸閉塞などが起きて
しまった場合は、手術によってこれらを解除します。
ただし、これらの手術で病変部を切除しても、また他の部位に
再発が見られるのが普通です。

病気の経過は非常に長期に渡るので、患者さんにもご家族にも
かなり負担がかかって大変だと思いますが、がんばってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小腸潰瘍症は治る?

父親が小腸潰瘍症という原因不明の難病で入院しております。治療法がなく、いつまでも退院できず、困っています。ホームページも片っ端から調べたのですが、やはり同じ病気で悩んでいる方々ばかりで…。
あとは皆さまのアドバイスだけが頼りです。どんなことでも結構です、何か良きアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

小腸の疾患は検査が難しい事もあってなかなか診断にたどり着かず、その結果残念ながらこの方面の研究も日進月歩といかないのが現状です。

小腸潰瘍の中でも非特異性小腸潰瘍は原因が不明なので非特異性と名がつけられていますが、多分その中にはいろいろな原因が混ざっているものと想定されます。その結果一つのある治療ですぐうまくいく方法はなかなか見つかりません。私が記憶している範囲では、以前内科学会の発表で大量の乳酸菌投与(ヨーグルトのような物でも可)によって経過が良かった方が多かったとの報告がありました。もし主治医の先生の許可が出たならば、ご家族でも投与可能と思います。

原因不明といっても少しずつ原因が判ってきたものもあります。その一つが虚血性小腸炎で、いろいろな原因によって小腸の血流が悪くなって小腸潰瘍が出現するものです。原因がわかれば根本療法の道も開ける可能性があり、希望をもって現在の治療をされる事が大切と思います。がんばってください。

Q大腸 小腸 外科手術

大腸 小腸 外科手術について 小腸を部分切除する手術は危険な手術なのでしょうか? ネットでみたら腸閉塞を起こす人もいて敗血症で死亡する事もあるとありました。

小腸を部分切除した場合はリスク大で難しい手術と言う事なのでしょうか?

また大腸の部分切除と小腸の部分切除ではどちらが合併症を起こしやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、簡単ではない。
小腸

Q潰瘍性大腸炎の治癒

現在、大学1年(18歳)の男です。2ヶ月前から血便が出ていたため病院に行き診察してもらった結果、潰瘍性大腸炎ということがわかりました。2年半後までに絶対に治さなければならない理由があります(そこは聞かないでください)。病院でもらった「潰瘍性大腸炎とは」という冊子を読んだら、難治病で、一度治っても再発する可能性があると書いてありました。僕は文系ですが、書店に行き医学書も読みました。読めば読むほど絶望的です。といっても、まだ内視鏡検査は来週です。どういう風に言われるかはわかりませんがかなりブルーです。現在、痛みは無く、腹痛や、発熱といった重症ランクに該当する症状はありません。
2年半で完治は無理でしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「潰瘍性大腸炎」は国によって「特定疾患」(いわゆる難病ですね)に指定されている疾患ですから、原因不明で、治療法を研究中の疾患の一つです。
 ですから、確実な治療法はないです。

 ちなみに、私の部下が同じ病気なんですが、至極元気に仕事してますし、元気にスポーツジムにも通ってますよ。

 特定疾患に指定されているということは、治療方法が研究されているという事ですから、治療法が確立する事をお祈りするしか、私には出来ないんですが……

 お大事にしてください。

Q食後に下っ腹出る・・・小腸?胃?

最近食べると、おへそのちょっと下辺りがポコッと触れるくらい出るんです。
やや左からグルーっとまるい感じです。

これって小腸なんでしょうか?それとも胃なんでしょうか?

ちなみに下痢ぎみで体重減少して、食べても増えてくれません・・・。
一度病院に行くべきでしょうか?

Aベストアンサー

胃下垂・・・?

Q特定疾患『潰瘍性大腸炎』について

去年、付き合っている彼のお父さんがこの特定疾患とされている『潰瘍性大腸炎』を発症しました。
一時はひどく体調を壊されたようで入院していたのですが、
今は自宅に戻り、無理をしているのかどうかはわかりませんが会社にも行っているようです。
彼のお母さんが「大丈夫だよ」と言っていたので、少し安心していました。
ところがつい先日彼と彼の実家へ行ったところ、
お父さんがもう人が変わったように痩せてしまっていたのです。
「大丈夫だ」とお父さんは言っていましたが、
彼は「俺より大きかった親父が俺より小さくなってる」と、すごくショックを受けていて私も涙が出そうでした。

今お父さんは薬で治療を続けているようなのですが、
この病気に関するサイトでたまに見かける「手術」とは、どんな手術のコトを指すのでしょうか?
原因不明の難病だとはわかっていますが、何か他に方法はあるのでしょうか?
又、これは彼からの要望なのですが、
この病気とお父さんが今後付き合っていかなければいけない状態の中、
どこかイイ病院または有名な病院はありませんか?
静岡県に住んでいますが、どこかイイ病院があればぜひ彼からお父さんに話したいとのコトです。
答えるコトが可能な質問だけでも結構なので、
回答を下さればうれしいです。
よろしくお願いします。

去年、付き合っている彼のお父さんがこの特定疾患とされている『潰瘍性大腸炎』を発症しました。
一時はひどく体調を壊されたようで入院していたのですが、
今は自宅に戻り、無理をしているのかどうかはわかりませんが会社にも行っているようです。
彼のお母さんが「大丈夫だよ」と言っていたので、少し安心していました。
ところがつい先日彼と彼の実家へ行ったところ、
お父さんがもう人が変わったように痩せてしまっていたのです。
「大丈夫だ」とお父さんは言っていましたが、
彼は「俺より大きかった...続きを読む

Aベストアンサー

このサイトは、手術済みの方が運営なされており、とてもわかり易く相談にも乗ってくれますのでぜひ一度見てみてください。
 
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/4096/

手術についてですが、手術をするとなると潰瘍性大腸炎の場合は、大腸をすべて摘出します。(クローン病という潰瘍性大腸炎の兄弟のような病気の場合は患部のみの摘出ですが潰瘍性大腸炎の場合は病変が大腸に限局するため再発を防ぐために大腸を全部摘出します)大腸を取った後は小腸で一時便をためられるポーチを作って大腸の代用とします。
手術したあとは人より一日の便回数が増えることと、大腸がないので夏場などに脱水にかかりやすいこと以外は、大腸があるときよりははるかに人並みの生活が送れます。(個人差はありますが)
ただ、手術を決意するまで色々と内科的な治療を試してみて、それでもだめなら手術をすると言うパターンが多いようです。やはり、だれでも大腸はとりたくないですからね。でも、症状が強く強い薬を使っても抑えられないくらいであれば少しでも状態がよいときに手術をしてしまうのも選択肢として入れておくことも必要だと思います。(少しでも状態がよいときに手術したほうが手術後の経過がよいようです)
でも最近hじゃ新しい治療法などもでてきており数年後には認可されるようですから、内科的に押さえられているようであれば無理に手術を考えなくてもいいかもしれません。
 

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/4096/

このサイトは、手術済みの方が運営なされており、とてもわかり易く相談にも乗ってくれますのでぜひ一度見てみてください。
 
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/4096/

手術についてですが、手術をするとなると潰瘍性大腸炎の場合は、大腸をすべて摘出します。(クローン病という潰瘍性大腸炎の兄弟のような病気の場合は患部のみの摘出ですが潰瘍性大腸炎の場合は病変が大腸に限局するため再発を防ぐために大腸を全部摘出します)大腸を取った後は小腸で一時便をためられるポーチを作って大腸の代用...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報