こんにちわ。
1938年(昭和13年)の海軍による厦門(アモイ)占領について教えてください。
昭和13年というとまだ真珠湾攻撃前のせいか、年表には記述があるものの詳しい資料が見つかりません。(パールハーバー前後からならそれこそ腐るほどあるのですが…)
大戦通じて結構重要な海軍基地だったような記述が散見されるのですが、華僑大虐殺があったという昭南島や香港、上海ほどきらびやか(?)でないせいか、当時の街の様子などもよくわかりません。
そもそも昭和13年なんて早い時点でなぜ海軍が占領する必要があったのかという前後の事情がよくわかりません。
よろしくおねがいいたします。

A 回答 (1件)

 1937年(昭12)12月、日本軍は国民政府の首都南京を攻略しますが、中国軍は首都を奥地の重慶に移し、徹底抗戦を貫く構えを示しました。

そして翌38年春頃からに中支の武漢方面に大軍を集中し、陸と海から軍需物資を輸送を始めたました。日本海軍の支那方面艦隊は、それまでも海上の封鎖を実施していましたが、援助物資は網の目をくぐりぬけて港へ届いていました。そこで大本営は武漢攻略作戦を策定する一方、海上援助ルートを絶つために5月3日第5艦隊に重要港の攻略を命じました。
 
 これによって海軍はアモイを占領し、また陸軍も同年10月に広東攻略を実施することになります。

 ただし、この時の作戦は、永続的なものでなかったため、日本軍が退くと再び中国軍が舞い戻ってくるという状態で、中国援助ルートを本格的に潰す目的で41年に華南作戦を開始、これがやがてさらに仏印進駐へと繋がって行きました。

 資料=戦史叢書『中国方面海軍作戦 〈2〉』防衛庁防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 昭和50 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました( ^ ^ )

インパール作戦やビルマ工作始めとして、日本は本当に援蒋ルートの遮断に苦慮していたんだなということがわかりました。

お礼日時:2007/01/20 09:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマッカーサーが昭和天皇を占領政策に利用した、という客観的な裏付けは存在しますか?

昭和天皇が東京裁判で戦犯として裁かれなかった理由としては、戦争を引き起こしたのが東条ら軍部の独走によるものであるから責任はない、という説と、マッカーサーが昭和天皇を戦後の混乱を避け戦後日本を植民地化する占領政策の一環として利用した、という2つの説が存在するようですが、私は前者には無理があるような気がします。

例えば企業が不祥事を起こせば、それが企業にとって大きなダメージを与えるものであればあるほどトップは引責辞任するのが当たり前です。三菱自動車しかり、西武グループしかり。日中戦争や太平洋戦争は日本にとって測り知れないダメージを与えたわけですし、旧憲法下では天皇に統帥権があったのですから、いくら軍部が独走したとはいえ責任がないとは言えないと思われるからです。

そこで消去法的に後者の方が説得力があるような気がしました。しかし、戦後の混乱がどうして昭和天皇を生かして利用することで防げるのかが分かりませんでした。天皇は現人神でなく人間だと宣言してみたところでどれほどの効果があるのか。そこで、このような仮説を立ててみました。マッカーサーは昭和天皇を溥儀のように利用しようとしたのではないか、と。つまり、満州国→占領下の日本、関東軍→占領軍、溥儀→昭和天皇と置き換えてみれば、植民地である日本に傀儡政権を樹立し、GHQや占領軍自らは昭和天皇をワンクッションとすることによって反乱や暴動の被害を直接受けずに済む。

しかし、これはあくまでも私の思考の産物に過ぎません。客観的な裏付けは存在するのでしょうか?

なお、この質問は回答者さんのご意見をきいているものではなく、あくまでも私の思考の産物を裏付けるか、否定し別の真実を発見することを目的としていますので、意見表明は断固お断り致します。

昭和天皇が東京裁判で戦犯として裁かれなかった理由としては、戦争を引き起こしたのが東条ら軍部の独走によるものであるから責任はない、という説と、マッカーサーが昭和天皇を戦後の混乱を避け戦後日本を植民地化する占領政策の一環として利用した、という2つの説が存在するようですが、私は前者には無理があるような気がします。

例えば企業が不祥事を起こせば、それが企業にとって大きなダメージを与えるものであればあるほどトップは引責辞任するのが当たり前です。三菱自動車しかり、西武グループしかり...続きを読む

Aベストアンサー

日暮吉延『東京裁判の国際関係』木鐸社、は、東京裁判の政治過程について実証的な研究を行なっている本ですが、この中で、連合国側がどのように天皇不起訴を決めたかが若干触れられています。

ちなみに、日本降伏後も、合衆国政府内では天皇起訴をめぐる議論が続いていたことが確認できます。また、連合国内でもオーストラリアは、天皇起訴について強硬なスタンスをとっていました。

また、占領政策全般については、五百旗頭真『米国の日本占領政策』中央公論社があります。こちらは東京裁判までフォローしていませんが、米政府がなぜ天皇の存続を認めるに至ったのかの経緯がわかります。

いずれも、米国の公文書などに基づいた研究ですので、信頼性は高いと思います。図書館などで御一読ください。

Q帝国陸軍・海軍(明治、大正、昭和時代)の英語力は如何程なりや?

明治維新以降、陸軍・海軍は海外から武器・戦艦等のハードウエアーと戦略・戦術などのソフトウエアーを海外(特に英・独)から輸入したでしょうし、その後も、陸軍士官学校、海軍兵学校等の教育機関である程度高度な「英語」「独語」教育がなされていたと思われます。

但し、私達が直接目にすることの出来る当時の海外よりの軍事資料等は総て日本語に翻訳されており、当時の「陸軍」「海軍」または「教育機関」内部でどのような外国語教育がなされていたのか、その程度はと言うところでは全く想像もつきません。

具体的には、辞書無しで「英文資料」を「読み書き」出来たのはそれこそ参謀クラスの超エリートだけだったとか、東条英機・山本五十六の英語力はこうだった、ってな逸話でも結構ですので、分かる範囲で教えて頂けませんか?

明治生まれの祖父も確か陸軍の学校に行っていたとか聞いていますが、果たしてどんな英語教育だったのか今となっては聞くすべも当然ありません。

Aベストアンサー

 私は昭和35年生まれの若僧です。えらそうにこんなことを書く不躾をお許しください。ただ、太平洋戦争関係の文献は、小学校六年のときの担任の先生や中三のときの担任の先生が、従軍された方々であり、その体験談をさんざん聞かされて育ったこともあり、また父も昭和6年生まれで空襲の体験談もさんざん聞かされて育ちました関係で、かなり読んでおります。

 さてお尋ねのことに関しまして、江田島の海軍兵学校についてのみの知識ですが、米国のアナポリス、英国のダートマスと並んで世界三大兵学校の一つとされ名実ともに世界でも認められた兵学校で、その教育内容は、「外国語、漢文、歴史、数学から航海術まで多岐にわたり、そのほとんどが英語で行われていた、まさに国際人になるための教育が徹底して施された」と
PHP社刊「歴史街道」平成12年9月号 特集太平洋戦争 という雑誌に出ておりました。

 こうした関係で、海軍は米国の恐ろしさを十二分に理解していたということですよね。

 ちなみに私の伯父は、陸軍士官学校卒ですが昭和20年卒で、きわどく、前線送りを免れたようです。しかし、私がものごころついて、学校の話とかを聞けるようになる前に他界しました。

 私は昭和35年生まれの若僧です。えらそうにこんなことを書く不躾をお許しください。ただ、太平洋戦争関係の文献は、小学校六年のときの担任の先生や中三のときの担任の先生が、従軍された方々であり、その体験談をさんざん聞かされて育ったこともあり、また父も昭和6年生まれで空襲の体験談もさんざん聞かされて育ちました関係で、かなり読んでおります。

 さてお尋ねのことに関しまして、江田島の海軍兵学校についてのみの知識ですが、米国のアナポリス、英国のダートマスと並んで世界三大兵学校の一つと...続きを読む

Q旧日本海軍の海軍工廠の職位について調べております

戦前、戦中を時代にした小説を書くために調べております。
質問(1):旧日本海軍の海軍工廠で技術士官と技師は同じでしょうか?
質問(2):技師(技術士官?)という職位は通常、高等教育を受けた人でないとなれないと思いますが、職工などからなった人はいるのでしょうか? もしいたとして具体的なお名前がわかれば幸いです。そういう方について紹介された書籍、HP(URL)をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私の父は 海軍工廠ではなく、海軍火薬廠に勤務しておりましたが、軍人ではなく技師でした。学歴は旧制高等工業卒です。
海軍に入った時は、恐らく雇員から始めたと思います。それから、判任官の技手(海軍ではギテと読みます)、その後、そう任官の技師になったおります。住まいは、海軍高等官官舎で一番の屋敷は、廠長官舎(少将か中将)、その次は、大佐、、、と位によって屋敷の広さが異なっていました。私の家は、同じ官舎の中で移動しております。 終戦の時は大佐級の次の階級の官舎(と思われる)に住んでいました。 父は仕事上は軍属でしたが、所謂兵隊の位に直すと少佐に相当する待遇だったようです。終戦後、米軍が接収に来たとき、父より上位の人がでてこなくなり、父が折衝の任にあったと聴いており、当時の写真を見ると、任官したのかどうかは確実でには知りませんが、海軍大尉のr肩章を付けております。(何でも東條に2等兵で引っ張られるのを避けて、任官し即時退役なんて手段もあったと聞いております。) 父の高等工業の後輩が結構少尉に任官され着任されておりましたね。 陸軍へ徴兵されるのを避けるため、軍籍をとる技師の方が多かったと聞いております。父の部下で、職工(工員)から試験をうけ少尉に任官された方がおられました。数学や物理など相当、父が面倒を見て試験を受けられたようです。

私の父は 海軍工廠ではなく、海軍火薬廠に勤務しておりましたが、軍人ではなく技師でした。学歴は旧制高等工業卒です。
海軍に入った時は、恐らく雇員から始めたと思います。それから、判任官の技手(海軍ではギテと読みます)、その後、そう任官の技師になったおります。住まいは、海軍高等官官舎で一番の屋敷は、廠長官舎(少将か中将)、その次は、大佐、、、と位によって屋敷の広さが異なっていました。私の家は、同じ官舎の中で移動しております。 終戦の時は大佐級の次の階級の官舎(と思われる)に住んで...続きを読む

Q昭和10年前後の日本と満州国

歴史に無知なので教えてください。
昭和10年頃の日本と満州国の関係はどのようなものだったのでしょうか?亡くなった祖父が満州で生まれたのを知ったのですが、この時代は中国へ行き来することが多かったのですか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昭和15年に小学校へ入学したものですが、その当時の小学校の運動場の正面には満州国建国を祝う看板がかかげられていました。小学校で満州国の国歌を習った記憶があります。小学校の教科書には当時満鉄で走っていた「アジア号に乗りて」といふ教材があり、小学校では意識的に
満州国に関する話題ずくりがはかられていたようです。伯父も昭和10年頃から大連へ運送会社関係で終戦までいっていたようです。その当時の日本人で意欲的な人々の多くは満州へ乗り込んで行ったようです。
戦後活躍したひとの中には満州からの引揚者がいかに多いか、それらの事実から有能な人々が満州へ出かけていたかがわかります。今の新幹線
の進めた人は満鉄からの引揚者だそうです。日本国として多くの国民と資金をつぎ込んで育て上げた国が僅か13年で崩壊させたのは日本人、中国人、朝鮮人いずれの民族にも損失だと思います。さて中国人は日本人から満州をとりもどしたことにほんとに喜んでいるのだろうか、満州族の人々は昔の満州時代を懐かしんでいるようだが、彼らと日本人が接触しないよう当局は監視しているようだ。

Q高橋是清の年表

高橋是清の1年、1年の行動が載っているHPを教えてください。
本じゃなくてHPでお願いします。
お願いします。

Aベストアンサー

国立公文書館のHPに簡単な年表は載っていますね。
これ以上詳細なものは、どうでしょう?
トップページから検索すると、もっと詳しい資料も出てくるようですね。

参考URL:http://www.jacar.go.jp/cloud_takahashi.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報