あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

お世話になります。

三面等価の原則についてなのですが
分配面から見たGDPは

GDP≡雇用者所得+営業余剰+固定資本減耗+間接税-補助金

その一方で
テキストを見ると

生産面からみたGDPをY
民間消費をC,民間貯蓄S,租税をTとすると
Y≡C+S+T(分配面から見たGDP)

と記述されています。

つまり「分配面から見たGDP」を二通りの違う表現の仕方で
表していると思ったのですが

以下,質問です。

・雇用者所得+営業余剰+固定資本減耗+間接税-補助金
・C+S+T

この二つがともに分配面から見たGDPであることがいまいち理解できません。
特に,Y≡C+S+Tについては
分配面というよりは,分配された所得をどのように支出しているかという支出面を表しているのではないか?

と考え込んでしまっています。

似た質問を検索していろいろ拝見したのですがいまいち腑に落ちず…
経済に詳しい方,お力を貸していただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大雑把に言えば、民間の所得=C+S、税収=Tです。

分配というのは所得が誰のものになっているかということなので、民間の所得+政府の所得なら分配面と呼ぶのに異論はないでしょう。
一方、支出面という場合、最終的に、何らかの財サービスの形になるので、C+I+G+X-Mのようになります。

大元の式から民間の所得への変形には個人可処分所得から、C+個人貯蓄の形にして、家計の貯蓄と企業の貯蓄が民間の貯蓄になって、最終的にC+Sという感じです。付加価値概念なので、消費の主体は<家計>です。

なぜ、C+S+Tの形を見るかと言うと、
Y=C+S+T
Y=C+I+G+X-M
なので、C+S+T=C+I+G+X-Mより、[S-I]+[T-G]=X-Mを導きたいがためであります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>付加価値概念なので、消費の主体は<家計>です。
>C+S+T=C+I+G+X-Mより、[S-I]+[T-G]=X-Mを導きたいがためであります。

かなりスッキリしました。
お礼が遅くなってしまい,申し訳ありません。
親切に教えてくださり,ありがとうございました!
お薦めしていただいた本も探してみようと思います。

お礼日時:2007/01/23 00:49

分配面の定義から変形できるということなのです。


雇用者所得+営業余剰+固定資本減耗+間接税-補助金
=C+S+T
のように。
ヒント:T=直接税 + (間接税-補助金)-R(社会保障負担金など直接控
除した正味の移転所得)

国民経済計算やSNA関係の専門書籍に説明があると思います。三面等価なら、新SNAに対応していない教科書でも大丈夫なので、
斎藤光雄「国民経済計算」創文社
あたりをご覧下さい。手元にないので、どこまで詳しいかチェックできませんが、上記の斉藤光雄の本は一番詳しい部類です。
他にも数種類ありますが、↓どの程度の詳しさか忘却しました。
中村洋一「SNA統計入門」日本経済新聞社
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おかげさまでかなり頭の中が整理できたような気がします。

------------------------------
まず第1段階として,生産された付加価値が
雇用者報酬として家計へ
営業余剰として企業へ
純間接税は政府へ分配される

次に,雇用者報酬から所得税,営業余剰から法人税など直接税が支払われ,それが政府の所得となる。またその一部は,社会保障・社会福祉費などの形で家計に還元される。
家計,企業は直接税控除後の所得(可処分所得?)を消費に回し
残余が貯蓄となる。

雇用者所得+営業余剰+固定資本減耗+間接税-補助金=C+S+T

上記等式は
生産要素に分配された要素所得が,税制または社会保障などのしくみによって家計・企業・政府間で再分配され,再分配後の所得は最終的に消費されるか,貯蓄されるかして処分される ことを表している。
------------------------------

以上のような理解でおかしい点はないでしょうか?
また,厚かましいとは思いますがもう一つだけ…

Y=C+S+T

この式のC(消費)についてなのですが,
消費の主体は
<家計>
<家計+企業>
<家計+企業+政府>
<家計+政府>
のうちどれなのでしょうか?

もしよろしければ,併せてご教示ください。 

お礼日時:2007/01/19 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGDPの計算方法

 GDPを求める際に出てくる数値ってたくさんありますよね。民間では最終消費支出や住宅投資、企業設備投資、在庫品増加などとありますし。他にも、政府最終消費支出や、公的固定資本形成、公的在庫品増加。さらに、財・サービスの輸出入。GDPを計算する際に、これらの数値のどれをどうすれば良いのか混乱してしまい、わからなくなってしまいました。
 それから、例えば企業が在庫から商品を売ったり、海外に工場を拡張することや、道路公団が道路を補修することはGDPのどの項目に影響を与えるのでしょうか?
 加えて、GNPや国民純生産(NNP)の求め方も教えていただけると助かります。
 よろしくお願いします。  

Aベストアンサー

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、最終消費支出になります。一般家庭が普通に買う分は民間最終消費支出、互助会のようなものを考えて、働けない人にパンを与える、などを考えれば、政府最終消費支出になるでしょう。この場合、政府か民間かは問題ではありません。この事情は投資(住宅投資、設備投資、公的固定資本形成)にも言えることです。
 さらにパンの一部が輸出されていたとしましょう。すると(パン=民間最終消費支出+政府最終消費支出+輸出)になることが分かります。また、小麦は輸入していたとしましょう。すると「作り出された価値」は(パン-小麦)でしたので、輸入分は引かなければなりません。
 次に生産設備を作る機械屋がいると考えましょう。話を簡単にするために、この生産設備は壊れないものとします。すると、パン屋や製粉所がこの生産設備を買うとその分新たな価値が増えます。これが設備投資です。生産設備が壊れないので、パンから引く必要もありません。
 最後に、製粉所で手違いがあり、小麦粉を作りすぎてパン屋に売り切れなかったとしましょう。そうすると在庫として計上されます。つまり、在庫品が増えた分も「作り出された価値」になります。
 以上をまとめると、次のようになります。
GDP=最終消費支出+投資+在庫増加+輸出-輸入

> 企業が在庫から商品を売った
上の例でいえば作りすぎた小麦粉が売れたので、在庫が減って消費が増えます。
> 海外に工場を拡張する
設備を日本から輸出する場合、輸出が増える、などありますが、基本的に影響ないです。
> 道路公団が道路を補修する
道路公団が政府かどうかが微妙ですね。今はどっちになっているんだか知りませんが、政府だとして、小さなものを別にすれば、補修費も設備投資に入ります。したがって公的固定資本形成になります。

GNPとGDPは、上の例では全く同じものです。なにが違うかといえば、外国人の扱いです。GNPは例えば日本人なら日本人が作り出した価値なのですが、GDPは日本内部で作り出された価値です。ですので、例えば国内にアメリカ人が働いていたとすれば、GDPから彼らの給料を引いた分がGNPになります。一般には、GDPから海外からの要素所得を加え海外への要素所得を引いたものがGNPになります。

NNPは、上の例では生産設備は壊れませんでしたが、年に5%が壊れるとしましょう。するとその分だけパンの製造に使われたのだと考えれば、パンから引かなければなりません。この考え方にたったのがNNPです。したがって、GNPから固定資産減耗を引いたものになります。

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、...続きを読む

Q間接税はGDPに含まれる?

前にした質問に瑕疵があったため訂正して再度質問します。

間接税はGDPとしてカウントされますか?
例えばある国でその年に生産された物が
1万500円の商品のみだとして消費税が5%の場合、
GDPは1万500円となりますか?

Aベストアンサー

> 間接税はGDPとしてカウントされますか?

はい。されます。

因みに、GDPから間接税を引いて補助金を足したものが国民所得(NI)です。

QISバランス?の計算式について…

なぜ式がなりたつかがよくわかりません。

民間貯蓄=民間投資+政府財政赤字+海外での赤字……民間供給資金の使われ方

とあるのですが、なにに使われるのですか??
どうして赤字ばかりを足すと貯金になるのですか?

民間貯蓄超過=政府財政赤字+海外での赤字……民間過剰資金の使われ方

これも同じく、なににつかわれるのかわかりません。
式の成り立つ意味もわかりません…

経常収支黒字=民間貯蓄超過-政府財政赤字

がなりたつ理由も教えてください。

Aベストアンサー

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にしてください。
国内総固定資本形成=民間住宅投資+民間企業設備投資+公的固定資本形成
在庫品増加=民間在庫品増加+公的在庫品増加
投資(I)=民間住宅投資+民間企業設備投資+民間在庫品増加
政府支出(G)=政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品増加

次に分配面からみたGDPですが、所得というのは最終的に消費にまわされるか、貯蓄にまわされるか、税金として徴収されるかのいずれかですので
GDP=C+S+T・・・(2)となります。(C:消費 S:貯蓄 T:租税)

そして三面等価の原則により(1)と(2)を連立させると
C+I+G+NX=C+S+T
NX=S-I+T-G・・・(3)となります。
S-Iは貯蓄超過でT-Gは財政収支の黒字を表しています。

(3)式はNX=S-I-(G-T)とも書き換えることができます。
G-Tとは財政収支の赤字のことなので経常収支黒字=貯蓄超過-財政赤字も成り立ちます。

分かりにくかったらごめんなさい。

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にし...続きを読む

QどうしてGDPの固定資本減耗を含めるのでしょう?

 仕事柄、経済原論を大学生に教えることが多いのですが、どういうわけか今年になって、固定資本減耗に関する質問を受けることが多くなりました。 そこで教えてください。どうしてGDPに固定資本減耗を含めるのでしょう?

 これまでは「それは統計計算上のルールだから」と言えば納得してくれていたのですが、今年はそう回答すると「でも1年間に新たに生み出された価値であるGDPにどうして固定資本減耗を含めるのでしょう?」というような質問が返ってきます。もちろん、固定資本減耗を含めない概念が国内純生産なわけですが、そう回答しても、「どうしてわざわざ固定資本減耗を含めたような概念が存在するのか、その意味を知りたい」というような質問が返ってきます。それも質問してくるのは一人や二人ではありません。

 この質問に対して「統計計算上のルールである」という回答以外に、大学生に納得してもらえるような回答の仕方はあるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

GDPはGross(合計) Domestic(国内) Product(生産)の略です。
つまり、国内総生産、一年間で国内で生産された財の合計です。
ですから、当然国内で生産された財の中には古くなった設備の入れ替えに使われるものもあります。
したがって、当然GDPには固定資本減耗が含まれます。

国内純生産があまり使われないのは、総生産の方が国内の経済規模を図るのにふさわしいと判断しているからでしょう。
統計はあまり恣意的に加工するより、素のままの数字で大まかな感じをつかんだ方がいいということは良くあると思います。
例えば、GDPは算出するのは簡単ですが、国内純生産は算出するのは難しかったりします。どこからどこまでが固定資本減耗なのか区分けするのが難しい事があるからです。また国内純生産は豊かさの指標としてはGDPより優れている可能性はありますが、生産力の指標としてはGDPの方が優れていると思います。
ですからメインで総合的なGDPを使い、目的に応じて他の指標を使う方が妥当なのだと思います。

Q均衡GDPの求め方について

均衡GDPの求め方がわかりません
マクロ経済学の参考書を読んだのですがわかりません
問題文は
政府活動のない閉鎖経済を考える、この経済の消費関数は次式のようにあらわされている
C=0.6Y+40(C:民間消費、Y:GDP)
民間投資は独立投資のみからなり、I=200とする。
です。
もしよろしければ教えてください

Aベストアンサー

民間消費をC、投資をI(I:外生)とすると、

Y=C+I ・・・(1) (この場合、厳密にはYはGDEです)

ここで、消費関数を、

C=0.6Y+40   ・・・(2)  とします。

あとは、(1)にI=200と、(2)をそれぞれ代入して、Yについて解くと
均衡GDP(GDE=GDP)が求められると思います。

QGDPの三面等価について!

三面等価の原則についての説明がいまいちうまくできません。以下が自分なりに頑張って考えた説明なのですが、いらない箇所や間違った箇所などあったら教えてほしいです!
「GDPは生産額から原材料の投入額を引いた付加価値の総額である。企業は生産活動により原材料を加工し製品にするが、それにより原料費より高い価格をつけることが可能。その差こそ付加価値である。一方企業は生産に当たり、労働、資本、土地といった生産要素にその対価(賃金、利子、地代など)を付加価値から支払う。これらは家計や企業から見ると所得となり付加価値からこれらを差し引いて余りがでれば利潤、すまり企業の所得となる。このように付加価値は最終的には必ず誰かの所得となるのでGDPは所得の総額となり、国民総生産=国内所得となる。一方、家計が購入する財は消費支出、企業が工場の機械設備として需要する場合は投資支出、政府が公共事業やその他の公務のために購入するのは政府支出である。これら消費・投資・政府支出の合計は国内総支出とよばれる。生産された財は結局誰かによって購入されるので(売れ残りは在庫投資として投資の中に含む)国内総支出=GDPとなる。よって国民総生産、国内所得、国内総支出の値は必ず等しくなり、これをGDPの三面等価という。」

三面等価の原則についての説明がいまいちうまくできません。以下が自分なりに頑張って考えた説明なのですが、いらない箇所や間違った箇所などあったら教えてほしいです!
「GDPは生産額から原材料の投入額を引いた付加価値の総額である。企業は生産活動により原材料を加工し製品にするが、それにより原料費より高い価格をつけることが可能。その差こそ付加価値である。一方企業は生産に当たり、労働、資本、土地といった生産要素にその対価(賃金、利子、地代など)を付加価値から支払う。これらは家計や企業から...続きを読む

Aベストアンサー

>三面等価の原則についての説明がいまいちうまくできません。

よく説明されていると思います.
がんばりましたね.

すこし注意点を

1)GDPは,国内で計ったものですから,
「国内総生産」です.国民総生産(GNP)ではないので注意を.

2)説明が生産物だけという印象ですが,
  せっかくですから,サービスもあるということを  改めて覚えておきましょう.

ちなみに,GDP(生産面)は,付加価値の合計で計ることもできますが,もう一つ,最終生産物の市場価値の合計でも計られます.今期新たに生産された財およびサービスの合計です.要は,付加価値でも,最終生産物で計っても,「中間財」の二重計算が避けられればいいからです.

Q民間最終消費支出って何ですか?

民間最終消費支出って何ですか?教えてください。また、97年度の民間最終消費支出は前年度比1.2%減でしたが、98年度は1.3%増、99年度は1.5%増と景気は低迷しているのにプラスに転じたのは何故ですか?教えてください。

Aベストアンサー

民間最終消費支出はGDPの消費項目の一つで、一般的に「個人消費」とも呼ばれます。GDP全体の6割を占める重要な項目です。

なぜ98年と99年はプラスなのかは良く分かりませんが、民間最終消費支出の中には食料品代など、人が生きていくためには必要な支出が含まれているため、民間住宅投資などの他の需要項目と比べて変動が激しくないのが特徴です。
私は98年99年度は「プラスに転じた」というより、「1%ちょっとしか伸びなかった」と見るべきだと思います。年度のGDPは毎年6月10日頃に発表されていますので、その時の日経新聞を読んでみることをお勧めします。
 私も読んでみましたが、感想としては「不況とはいえ、今ほど悪くはなかったんだな」という感じでした。そう言えば経済企画庁(今の内閣府)が「景気は悪化している」と言いはじめたのは最近のことで、当時は「緩やかに回復している」とかいう言葉を使っていたかと思います。

Q三面等価について

マクロ経済学に出てくる三面等価についての質問です。
三面等価の原則とは、[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP] のことですが、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
となるのは分かります。
生産によって得られた所得は必ず誰かの所得になっているということですね。

また、

[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
になるのも分かります。誰かの所得は誰かの支出になっているということですよね。在庫投資を投資に入れているので成り立つはずです。

じゃあ、何が分からないのかと思われるかもしれませんが、

[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]

が成り立つことが直接的に理解できないのです。
もちろん、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
かつ
[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
なのですから、式を見れば
[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
が成り立つことは明らかです。
しかし、分配された所得が必ず何かに支出されていなければならないというのが良く理解できないのです。
すなわち、貯蓄というのはどういう扱いになっているのでしょうか?
この辺が疑問なのですが、うまく説明していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

マクロ経済学に出てくる三面等価についての質問です。
三面等価の原則とは、[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP] のことですが、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
となるのは分かります。
生産によって得られた所得は必ず誰かの所得になっているということですね。

また、

[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
になるのも分かります。誰かの所得は誰かの支出になっているということですよね。在庫投資を投資に入れているので成り立つはずです。

じゃ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です

そんなに、分かり辛いかな…

財市場において、
消費者が支払う金額のことを
支出面での消費といい、

消費者が
財市場に対して支払う金額のことを
分配面での消費という

ってことです。

経済における
市場は4つ定義されていますよね。
財、金融、貨幣、労働。

消費者は、労働以外の
三つの市場に対して、
対価を支払うのが常識です。
これをどのように割り振るかが、
分配です。

また、財市場において、
政府、企業、消費者が、
どのくらいの割合で需要があるのか
見比べるのが、支出面です。

財市場の供給側であるのが、
生産となります。

ですから、
3面等価とはあくまでも、
財市場についての分析です。
だからこそ、
IS曲線が書けるのです。

って教科書には載っていませんでしたか?

Q実質GDPの求め方

次の表から2000年度を基準としたとき2001年と2002年の実質GDPを計算し2001年度と2002年度間の名目GDPの成長率を求めなさい。

年度     名目GDP        GDPデフレーター
2000   520            100
2001   580            140
2002   590            155

という問題なのですが、まずGDPデフレーターの求め方が
 名目GDP/実質GDP
というのはわかるのですが、このとき実質を求めるので
 名目GDP*GDPデフレーター
になるのでしょうか?これを2001年を自分でやってみると
 520*140=720
となりましたが合っているでしょうか?
 また成長率ですが上の問題がわからないので解き方がわかりません。お願いします。
    

Aベストアンサー

名目GDP/実質GDP=GDPデフレータ
∴実質GDP=名目GDP/GDPデフレータ

Q均衡GDPの求めかたについて、、、

Y=C+I+G
C=0.8Yd+100
Yd=Y-T
T=0.3Y-10
YはGDPを、Cは消費を、Iは投資を、Gは政府支出を、Ydは可処分所得を、Tは政府税収を表しています。IとGは外生変数です。
I=G=100であるとき、均衡GDPは700なのですが、なぜ700になるのか
解りません。式に、値を代入するのがが下手なのかもしれませんが、、
ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

方程式に代入すれば良いだけの話です。

Yd = Y-T = Y - (0.3Y-10) = 0.7 Y + 10
C = 0.8Yd+100 = 0.8 (0.7 Y + 10) + 100 = 0.56 Y + 108 
Y = C+I+G = 0.56 Y + 108 + 100 + 100 = 0.56 Y + 308
0.44 Y = 308
Y = 700

となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング