高齢者の社会的自立と安定のために高齢者支援のための社会的対応や対策がいかにあるべきか教えてください。
介護保険だけに限らず幅広い意見をお願いします。

A 回答 (3件)

高齢者になると病気が多くなるので、物理的、経済的に病院にかかりやすい環境を整える必要があります。

また、治療効果も出にくくなるので長期入院も問題なくできなければなりません。今みたいに、数ヶ月で病院から追い出さないと病院にペナルティ(実質的な治療代のもちだし)がくるようなシステムでは困ります。

また、元気な高齢者では就労要求も高く、若い頃のような労働は無理でも、ある程度、なにがしかの仕事ができる条件整備が必要です。これは、要求だけでなく、生活を充実したものにして、生き生きとした生活を送る為にも不可欠です。また、これはボランティアではなく、例えば食費や家賃ぐらいは出せる程度の収入も得られる必要があるでしょう。

また、病気などで働けない高齢者が、肩身狭い思いをするようでもいけません。
今まで社会のためにはたらいて来たのだからそのくらいしてもらって当然という意識が、行政でも、社会的にも認識される必要があります。

あと、現在結構困っている人の多いのが、民間アパートなどは高齢者の入居を拒む事が多い事です。行政が作る住宅を充実するとか、入居しやすいように制度をつくる必要があるでしょう。

また、現在の建物や、各種施設など、効率優先、普通の若い人向けの仕様で作られており、高齢者に限らず、体の不自由な人には、非常に使いにくいものが多いです。歩道の段差などは有名ですが、通路の幅などもお年寄りが一人真ん中を歩くと、後ろがつっかえて・・・なんて具合のものはしょっちゅう見かけます。こういう物理的な構造物も全て改める必要があるでしょう。

まだまだ書き足りないのですが、他にもレスがつくと思いますので、そちらに期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
長期入院、就労問題、住宅問題(バリアフリーなど)などいろいろな観点からの回答参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/01/12 23:19

高齢者の社会的自立についてですが、高齢者の働く場所を設ける事です。

その点については日本は遅れています。医療に関してばかり取り上げられていますが、実は自立が一番難しいと思います。
どこかの国で、高齢者だけの町が出来ていましたよね。
病院と直通の電話、買い物も配達される、そればかりか余暇を楽しむように、映画館や公民館のような建物、公園などなど・・・。そんな町が日本でもできたらどうでしょうか?
質問の内容の答えになっているかどうか分かりませんが、高齢者の自立には、健康・仕事・お金・趣味・友達が必要だと思います。その環境作りが確立されれば、もっと生活し易い世の中になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

驚く程の急激な高齢化で、社会的について行けない人が沢山います。

(高齢者も、その周りの者も)かく言う私も、高齢な母を抱えておたおたしております。母は、現在85才一人暮らしです。娘の私がスープの冷めないところにおります。自立どころか、今でも自立できない娘のために、スープを作る毎日です。家事の援助をしてくれています。私は、彼女の苦手な経理、渉外、遠隔地への外出の補助などを手伝っております。最近風邪をひき、調子を崩した時は、高齢という事を身にしみて思い、色々、社会的援助を調べました。調べてノートしておくだけでも、安心できます。最近は、電化製品も、高齢者を意識して、様々なものが出ています。電話も、ボタンの大きいもの。電磁調理器等々。また、ホンの少し傾斜板。手すり。生活を楽に出来る品が沢山出ています。高齢者の人は、『他人に入り込まれる』のを嫌い、ヘルパーさんの手助けをきらいますが、これの説得が、大変だとおもいます。又、ヘルパーさんは手助けという事をよく認識させなければならないと思っております。特に男性の方は、家事は人にやって貰うものだと思っておられるらしく、トラブルも多いと聞いております。夫を再教育しなければなりません。私自身は、高齢になっての自立にむけて、趣味の多様化を目指しております。最近は、生涯学習の講座の多様化がすすんでおります。少子化による学校教育者の目が高齢者に向いているように感じます。田舎では、まだ、社会教育講座も、習い事という認識しかありませんが、大学がある町では、社会人に開かれた本当に沢山の講座があります。高齢者の目を病院ばかりに向かせず、色々な選択肢を増やす事が大切なのではないかとおもいます。カラオケとゲートボールが悪いわけではありませんが、それだけというのは、参加者を狭めるとおもいます。
回答にはなりませんが、日頃からの思いを書きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

身近な話題でとても参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/17 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者は、賃貸マンションを借りることが出来ないの?

70才以上の高齢者が、単身で賃貸マンション(マンションに限らず、アパートやハイツなどのいわゆる賃貸物件のことを指しています)を借りることは、不可能ですか。
不可能だとしたら、その理由は何ですか。
高齢者だから、何か面倒なことをされたら困るからですか。
それとも、経済的な要因でしょうか。

内の母が、一人で住むことを考えているので(まだ迷っている段階ですが)。
母は、経済的には全然困っていません。
また、いまのところ病気もなく元気です。

それでも、高齢者が単身でということ自体が嫌がられるのですか。
私(長男)が、保証人になってもダメですか。

ご存知の方がおられたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの賃貸物件でも高齢者に貸し出すというわけにはいかないようです。
理由の一つとしては今は元気かもしれないけど、数年後には何があるかわからないというのがあります。実際に高齢者による自宅での事故は多く、単身者だと発見されることなく死亡というケースもあります。
お風呂での転倒やガス火からの火事など、さまざまな事故があります。

その代わりに高齢者向けの賃貸マンションがあります。そういうところは大体が居住階が1階で、調理は電気式、室内はバリアフリーになっています。また病院とすぐに連絡が取れるシステムが備えてあるマンションもあり、内容が充実しています。
ただし一般の賃貸マンションに比べると賃貸料が割高で狭いことが多いです。老夫婦2人暮らしを想定しているので、広い間取りは少ないようです。
そういうマンションでさえも『高齢の単身者は不可』となっている場合があるので、条件をよく読まれたほうがいいです。

もし経済的に困っていなければ、マンションを借りるのではなく、買うことをおすすめします。買うならば年齢制限がなく、好きな条件で選べますから。
最近は高齢者を視野に置いた分譲マンションが売られております。親戚が買った新築マンションだと全室バリアフリーでトイレには車椅子で入れます。すぐ近所に大きな病院があり、何かあればすぐに連絡が取れるシステムになっています。
わざわざ買った理由を聞いてみると、20年経てば賃貸でも同じぐらいの金額が必要だし、いざとなればマンションを子供の名義にしてしまって自分達は施設に入ればいいからということでした。
ただし年齢が高いので、ローンが組めません。現金で一括払いをなさるか、子供の名義でローンを組むかです。

どの賃貸物件でも高齢者に貸し出すというわけにはいかないようです。
理由の一つとしては今は元気かもしれないけど、数年後には何があるかわからないというのがあります。実際に高齢者による自宅での事故は多く、単身者だと発見されることなく死亡というケースもあります。
お風呂での転倒やガス火からの火事など、さまざまな事故があります。

その代わりに高齢者向けの賃貸マンションがあります。そういうところは大体が居住階が1階で、調理は電気式、室内はバリアフリーになっています。また病院とすぐに連...続きを読む

Q高齢者の社会的孤立

こんにちは。
私は介護の仕事に就く者です。現場で、独居老人を多く目にします。孤立化する高齢者を見て、社会の現状に対する問題意識が芽生えました。
高齢者の社会的孤立を防ぐにはどのような方法が考えられるでしょうか。
よろしくお願いいたします。

また、インターネット検索したところ、以下のようなページに当たったので、これをざっと読んで見ました。

参考URL:http://r-cube.ritsumei.ac.jp/bitstream/10367/2398/1/ce7_10kh.pdf

Aベストアンサー

私の福祉哲学は、視覚障害を負った方のマラソンの伴走を完遂できなかったという、苦い経験からスタートしています。

ところで、哲学と述べてしまいましたが、少し考えてみると、もっと根源的な、論理的な手続きを経ないアプリオリな認識であろうと思います。直観(直感ではない)といっても良いかも知れませんし、身体感覚、超合理の信念といっても良いかも知れません。
「~故に価値がある」
というのは、なるほど合理的かもしれませんが、例えば価値相対主義などの批判を呼び込まずにはいられないかもしれません。偽薬効果の心理学的解析では、根拠を必要としないアプリオリな「効く」という信念が最も効果的だと云います。また、こうした超合理の信念はヒュームが明らかにしたように、人類の脳に刻み込まれた機能です。
この、超合理の信念を以て
「尊い(=あるがままを自然に受け入れる=受容)」と感じられれば、
そこから「共に働く」「共に苦しむ」「共に生きる」という理念が生まれてくるのではないでしょうか。

この理念は、実はもうだいぶ前から提唱されているのです。障害支援者の最も根源的なスタンスは「コン・パティエンス(共に苦しむ者)」だと云うのですから。そして、その立場は従来の「与える福祉(保護主義)」に手厳しい批判を加えています。
強者が弱者を保護するのではない。掛け替えのない共同体の一員同士として、同じ目標に向かって「共に進む」のだという、新しい福祉の理念です。
北欧でノーマライゼイションが生まれたのは、その時の彼らの強固な共同体主義ゆえでしょう。
時を経て、価値相対主義が蔓延り共同体が崩壊した日本に輸入されても、その理念が抜け落ちてしまうのは必然です。

初めに戻ると、マラソンの伴走に失敗するまで、私の中の福祉は「与える福祉」でした。
けれど私は役に立てなかった。走り方も、走る喜びも知らない私が、「共に走る」などと言うことが、できるはずもなかったのです。

「共に働く」
「共に暮らす」
「共に苦しむ」
「共に生きる」
この理念が、生半可な覚悟で身につくはずがありません。
施設経営者、行政、福祉系大学の「産官学の利権トライアングル」にとって、そんな理念は効率化の邪魔でしかないのです。末端の支援者がそれにおもねるのは、止む得ないといって差し支えないでしょう。

だいぶ
まとまりませんが。

私の福祉哲学は、視覚障害を負った方のマラソンの伴走を完遂できなかったという、苦い経験からスタートしています。

ところで、哲学と述べてしまいましたが、少し考えてみると、もっと根源的な、論理的な手続きを経ないアプリオリな認識であろうと思います。直観(直感ではない)といっても良いかも知れませんし、身体感覚、超合理の信念といっても良いかも知れません。
「~故に価値がある」
というのは、なるほど合理的かもしれませんが、例えば価値相対主義などの批判を呼び込まずにはいられないかもしれ...続きを読む

Q高齢者はマンションの方が楽!?

両親が、今住んでいる一軒家を売って、マンションを買いたいと言っています

父:70歳、母:67歳です

戸建ては何かと管理が大変だから。とのこと

両親は、マンションで暮らした経験はありません

どちらかが要介護状態になったら、別途考えますが、やはり高齢者はマンションの方が、何かと楽なものなのでしょうか?

Aベストアンサー

理事会などがあって、その当番が回ってきます。
それに参加してくれない年寄りが増えて小さいマンションでは困っています。
楽だけどひとさまに迷惑をかけていることを心に入れておけばいいでしょう。

Q小子化社会・高齢化社会

よく小子化社会・高齢化社会と言いますが、この間もNHKで特番を組んでいましたが、こういう所で出てくる数字は何を根拠にしてるのでしょう。
国勢調査は5年に1回だと記憶しています。最近、そんな調査を受けた記憶がありません。
どなたか、知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

専門家でも何でもありませんが

人口動態統計が元になっているのでは?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/index.html

Q高齢者向けマンションの設置請負業者を紹介してもらえませんか

現在、高齢者関係の法人に勤めているのですが、今後、「高齢者用マンション」を手がけたいと考えております。それで、業者を探しているのですが、どなたか、良い業者をご存知の方がいらっしゃいましたらお教え願えませんか?ただし営業所が静岡県にある所を希望します。今のところ、「ダイワハウス」、「パナホーム」とは話をしようと思っているのですが。その他、これらマンション事業を開始するに当り、アドバイス等ありましたらお教え頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 建設事業に際しては、工事請負業者から入る方法と設計事務所から入る方法とがありますが、後者をおすすめします。従って、建築士事務所の登録をしている設計事務所で極力福祉住宅の経験のあるところに(とくに今は福祉住宅に関して何とかコーディネーターという資格がありますね)プランから設計、確認申請を、または必要に応じて工事監理も依頼し、図面ができ次第施工業者に合い見積をとり価格を洗っていきます。ただし、設計事務所に請負業者が紹介料を払ったりする場合もあるので、設計事務所や請負業者の選定に際しては相手方の資質に留意してください。
 設計事務所に支払う金額もさることながら、請負業者に設計段階からお世話になると、気がねをするようになり、他業者に見積も出すことは馴染まず、設計士も業者サイドの人間となり悪くいえば専門家の味方はゼロということになります。設計料に割安感があるかも知れませんが、その数字はご自身でコントロールして妥当な金額にもっていくべきでしょう。
 ちなみに、当方は設計事務所をしていない工事請負業者です。利益相反なことをいっているので間違いはありません。

 建設事業に際しては、工事請負業者から入る方法と設計事務所から入る方法とがありますが、後者をおすすめします。従って、建築士事務所の登録をしている設計事務所で極力福祉住宅の経験のあるところに(とくに今は福祉住宅に関して何とかコーディネーターという資格がありますね)プランから設計、確認申請を、または必要に応じて工事監理も依頼し、図面ができ次第施工業者に合い見積をとり価格を洗っていきます。ただし、設計事務所に請負業者が紹介料を払ったりする場合もあるので、設計事務所や請負業者の選定...続きを読む

Q高齢化社会と情報化社会の関係を教えてください。

高齢化社会となり情報化社会がどんな役割を果たし、あるいはどんな問題点が起きるのか教えてください。高校生です。

Aベストアンサー

まずは高齢社会のデメリット(とメリット)を考えて見ましょう。
次に、情報社会のメリット(とデメリット)を考えて見ましょう。

それぞれを箇条書きにしていき、対比させればメリットとデメリットは相殺されたり残ったり相乗したりして、効果と問題になりますよ。

例えば、情報社会となりインフラが整備される事によって、遠隔地の医療などは恩恵を受け得る可能性は高くなりました。また、情報インフラ=電話なども含めて=遠隔地の身内や血縁者などとのコミュニケーションが取りやすくなったという可能性もあるでしょう。

Q高齢者専用賃貸マンションのビジネスについて.

.
業界関係者の方、もしくは将来的なビジネス展開に視野のある
方にお尋ねします。

現在就職活動している者ですが、高齢者専用賃貸マンションの
営業マンとして、法人営業(主に医療関係者)または地主営業
という職務の企業に応募しようかと思っております。

この5年ほどで国と市町村における介護施設に対する総量規制
などが厳しくなる中で、新型の介護施設として現在取り上げられ
ている高齢者専用賃貸マンションであり、現在一部の建築業者
などが参入てきたり、他の業界からの参入も今後多くなると思わ
れます。
また、今後2015年を期に800万もの団塊の世代が高齢者と
なる中で、今後の業界のニーズは不可欠となると思います。

ここで質問なのですが、果たして営業マンとして頑張れば年収が
大いに見込める業界なのでしょうか?


今後のビジネスチャンスとして独立も視野に入れながら、就職に
付けられればと思っておりますので、業界をよくご存じの方や将来
的なビジネス・ビジョンに精通された方がみえましたら、どうぞ良き
情報や展望などをお聞かせ願います。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

需要がありますが・・・

年金制度が崩壊寸前なので、あおりを受けてお金を貰えない状況もありえます。

年金額も予算がなければ、あてにしていた金額より少なくなります。

すなわち、リスクが大きい仕事だと思われます。

それと、仕事とはあまり関係ない?かも知れませんが宅建やビル管理の資格を取得して
おくと、転職に有利だと思います。

ご参考まで。

Q国籍法改正を利用した自立支援

国籍法3条1項改正に反対する人と議論して、
日本のルンペンを自立させるための妙案が浮かびました。

外国人女が日本での在留資格を取る目的で、偽装認知を使う。
その時に日本人ルンペン男を利用する。

女は小さな子供をどこかから連れてくる。
日本人ルンペン男に、自分の子供として生後認知してもらう。(偽装認知)
届出をしただけではインチキがばれるので、ルンペンと同居生活をする。
二人は以前から内縁関係にあるというアリバイ工作をするためだ。
ルンペンには家もお金もないから、その費用を外国の「組織」が調達してあげる。
ルンペンには子供の扶養義務が発生するが、お金がないから
養育費用を外国の「組織」が負担してあげる。

もし偽装認知がばれてしまうと、外国人女と子供は強制退去となるため、
偽装がばれないようルンペンと外国人女には衣食住の費用を
外国の「組織」が負担し続ける。

日本国の税金を浪費することなく、一人のルンペンが家とお金を得て、
社会復帰の道へと向かうことが出来るようになる。

外国の「組織」とは、偽装認知を使って日本侵略をたくらむ国である。
代わりに日本のルンペン問題解決のためにお金を出してくれる。
外国人女は反日活動をするかも知れないが、持ちつ持たれつ、
WIN WINの関係が築ける。

この作戦は成功するでしょうか。
問題点があれば指摘をお願いします。

国籍法3条1項改正に反対する人と議論して、
日本のルンペンを自立させるための妙案が浮かびました。

外国人女が日本での在留資格を取る目的で、偽装認知を使う。
その時に日本人ルンペン男を利用する。

女は小さな子供をどこかから連れてくる。
日本人ルンペン男に、自分の子供として生後認知してもらう。(偽装認知)
届出をしただけではインチキがばれるので、ルンペンと同居生活をする。
二人は以前から内縁関係にあるというアリバイ工作をするためだ。
ルンペンには家もお金もないから、その費...続きを読む

Aベストアンサー

>問題点があれば指摘をお願いします。

違法行為です。

Q高齢者専用賃貸マンションの営業に関して.

 業界関係者の方、もしくは将来的なビジネス展開に視野のある
方にお尋ねします。

現在就職活動している者ですが、高齢者専用賃貸マンションの
営業マンとして、法人営業(主に医療関係者)または地主営業
という職務の企業に応募しようかと思っております。

この5年ほどで国と市町村における介護施設に対する総量規制
などが厳しくなる中で、新型の介護施設として現在取り上げられ
ている高齢者専用賃貸マンションであり、現在一部の建築業者
などが参入てきたり、他の業界からの参入も今後多くなると思わ
れます。
また、今後2015年を期に800万もの団塊の世代が高齢者と
なる中で、今後の業界のニーズは不可欠となると思います。

ここで質問なのですが、果たして営業マンとして頑張れば年収が
大いに見込める業界なのでしょうか?

今後のビジネスチャンスとして独立も視野に入れながら、就職に
付けられればと思っておりますので、業界をよくご存じの方や将来
的なビジネス・ビジョンに精通された方がみえましたら、どうぞ良き
情報や展望などをお聞かせ願います。

(↑広く意見をお尋ねしたく再申し込みです。)

 業界関係者の方、もしくは将来的なビジネス展開に視野のある
方にお尋ねします。

現在就職活動している者ですが、高齢者専用賃貸マンションの
営業マンとして、法人営業(主に医療関係者)または地主営業
という職務の企業に応募しようかと思っております。

この5年ほどで国と市町村における介護施設に対する総量規制
などが厳しくなる中で、新型の介護施設として現在取り上げられ
ている高齢者専用賃貸マンションであり、現在一部の建築業者
などが参入てきたり、他の業界からの参入も今後多くなると思わ
れ...続きを読む

Aベストアンサー

年収では大きな期待はできないでしょう。

何故なら、入居者の介護費用を収益とするのが目的で、その費用には限界があるからです。ま、管理職でいくつかの事案掛け持ちなら、マージンが多くてリッチかも知れませんが、所詮は一人当たりの収益には限界があるから・・・

(単純に比較はできませんが、銀行員と流通系の給料はドッチが多いと思います?流通系は、経費削減、成果主義でかなり厳しいですよね。介護事業も流通系と同様に、需要予測はあるものの、従業員あたりの収益には限界があるんじゃないでしょうか。)

Q少子高齢化社会

「少子高齢化社会」への対策は具体的にどのようなものがありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フィリピン人の看護士の話ですが、正確には介護士ですね。介護業界では慢性的な人材不足となっています。理由は、待遇が非常に悪いからです。介護業界を志す若者は多いですが、5年勤めても夜勤しているのに手取りで15万円以下、しかも昇給の見込みがないのでみな生活が成り立たない(多くの若者が「これでは結婚もできない」といいます)ので辞めていきます。
ところが、その劣悪な待遇でもフィリピン人から見ると好待遇なので、フィリピン人介護士を受け入れようというものです。
一部の方が指摘されているように、外国人労働者を受け入れるとそのお金が海外に流失してしまうというのはまぎれもない事実ですし、治安の問題や、待遇が悪いままになることで日本人の介護業界の労働者が報われないなどの問題点を指摘する人も少なくありません。しかし、現状では増え続ける要介護者をさばき切れないというのも紛れもない現実でありまして、「外国人労働者を受け入れて介護をしてもらう」か「受け入れずに介護をしてもらえない」かどちらかの選択になってしまいます。

で、少子高齢化社会の目下最大の問題は「年寄りばかりだと年金と医療費の負担が大きいのでなんとかならないか」です。実はこれには画期的な対策方法があります。
近年、毎年のように冬になるとインフルエンザが流行しますが、これに対し「65歳以上は一切面倒見ません」とすればいいのです・笑。冬になる度にお年寄りがバタバタと旅立っていかれます。かくして、老人の数は段階的に減少し、年金及び医療費問題は解決するという寸法です。さらに、お年寄りがお金を残して旅立たれることでその遺産は子供達が相続し「富の分配」もなされるというメリットつきです。もちろん、こんなことは当事者じゃないからいえる荒唐無稽な話ですが、逆にいえばそのくらい深刻な話でもあるということです。

フィリピン人の看護士の話ですが、正確には介護士ですね。介護業界では慢性的な人材不足となっています。理由は、待遇が非常に悪いからです。介護業界を志す若者は多いですが、5年勤めても夜勤しているのに手取りで15万円以下、しかも昇給の見込みがないのでみな生活が成り立たない(多くの若者が「これでは結婚もできない」といいます)ので辞めていきます。
ところが、その劣悪な待遇でもフィリピン人から見ると好待遇なので、フィリピン人介護士を受け入れようというものです。
一部の方が指摘されているよう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報