「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今まで元気なグッピーを飼っていた60cm水槽でテトラを飼おうと思い、1ペアのグッピーを残し、(他のグッピーは他の水槽へ引越し)カージナルテトラ20匹、ブラックネオンテトラ10匹を慎重に水合わせをした後、水槽に入れました。1週間が経過した頃、カージナルテトラは8匹死に、グッピーのつがいも死にました。(涙)2週間経過後はカージナルテトラは更に4匹死にました。(涙)ブラックネオンテトラはすこぶる元気です。これは、カージナルテトラが持ち込んだ病原菌が原因で死んだと考えるべきでしょうか?それ以外に何が考えられますか?なぜブラックネオンテトラは落ちないのでしょう。どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そういうこと、起こってしまうのですよね...


それが起こってしまうゆえに、検疫水槽を用意して2週間ほど様子を見るわけです。
本水槽で病気に猛威を奮われることを考えれば、面倒でも検疫した方がマシというものだからです。

昨年秋、私もやりました。(泣)
ヤバそうな水槽から抜いてきたのですが、10日ほどの検疫で問題なかったので入れたところ、
販売水槽と同じ症状が出て、結局2/3ほどやられました。
病気が出ると一旦押さえ込んだと思っても、暫くすると再発することがあり、非常にやっかいです。
# ちなみに このパターンは、デフレスパイラル(笑)となり、濾過を強化した水槽ほど、完全終息し難くなるようです。
油断大敵、手抜きはいかん...という教訓でした。

さて、原因は...
・病気を持ち込んだ。
・逆にグッピーの方が保菌魚→新たらしい魚に感染→猛威を奮い出す→古参の魚も☆。
・濾過を担当するバクテリアの増加ペースが追いつかなかった。
・水質が大幅に異なっていて、1匹死亡したことが発端となって、環境が悪化→病気。(水替えしていない水槽にありがち)
・イジメや過密などにより、魚の抵抗力が落ちた→病気。
...などが考えられます。

病気を持ち込んでしまったか、何らかの要素が引き金となって病気が発生したと考えた方が確率的には高いです。

あと、古い水←→新しい水や硬度が異なる場合は、頓死する場合もありますね。
これは、数週間掛けて対処しなければならないこともあるほどの要注意ケースです。
どこかのサイトに浸透圧の急変によるエラからの出血などが原因ではないか...と書かれていました。
一理あると思います。
ただし、飼育難魚の話で、カージナルやグッピーならよっぽどの水質差がないとこのようなことは少ないと思います。

> なぜブラックネオンテトラは落ちないのでしょう。

正確には知りません。
が、私と熱帯魚屋の人間は、種類や個体毎の粘膜の差がではないか、と想像しています。

魚を別の水槽に移動する,新たに魚を追加する,底床をかき混ぜてしまうようなミスをした,
などの場合、重金属保護剤を ケチらずに多めに使用されてみて下さい。
数扱うと実感できるのですが、輸送ストレスで病気になり、落ちてしまう数が減るようです。
水道水に金気が混じっていないならば、水替え時に常用することはありませんが、
こういった時は、何故か効果があります。

セラのアクタンやスドーのストレスコートなどで、私はアクタン派なので、他メーカーについてはよく知りません。
(なぜアクタンに落ち着いたのか忘れた)
効果に差がある...という人もそれなりに存在しますので、保証はできかねます。

といっても、全て私達の経験則でしかありませんので、ご自身のご判断でお願いします。
ヒントくらいにはなるでしょうか...

この回答への補足

水質の変化を最小限にするため、買ってきた魚の水は絶対に水槽に入れないようにしています。網ですくって魚のみを水槽に入れています。

補足日時:2007/01/16 15:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなりました。ありがとうございました。なるほどと思えることばかりです。色々考えれば考えるほど不思議です。

お礼日時:2007/02/01 15:14

薬というのは、塩素中和剤とか保護膜を作る薬とか、重金属中和剤とかそういうものを言っているのでしょうか?



ご質問者さまの問い通りです、
水質悪化に対する対処は適切な水換えが、なによりと考えます。
魚によって、軟水や硬水の安価なつくり方お教えしまが、
魚が体調悪そうなとき適切な水換えが一番です!!
またろかもいろいろ試しましたので、
水換へと、ろか、魚の数は、セットです。
(ただしグロスによりますが!)
魚の数少なく、ろざいはその規模より多く、水換えは少ない方がベスト
塩素飽和(コントラ類)や硬度を下げる時(モレナ類)、またPH-+は、できれば使わない緊急時は別ですが、できる限りと言う意味なのですが。
    • good
    • 0

私も、もう記憶に残らないくらい、天国に送ってしまった経験があります。

もうほんとにがっかりしました。

さて、ご質問者さまは、慎重に水合せするなどまったくの初心者のかたではなさそうなのですので、

経験からですから参考程度に、

*病原菌の件は、輸出元で薬ずけ塩ずけで飼育され、日本で薬ぎれ塩ぎれであの世に行かれてしまうケース、、、
対処法 信頼できるお店から、、
仕入れたばかりの魚は少し様子を見てから購入、、
ぐらいで、グリーンゴールドFは気休め
すごい菌は、ホルマリン浴でも利かない
プロでも仕入れ分全滅した店知ってます。

*いじりずぎ
死に始めたころ、水が臭くなかったですか、えさのあげすぎでは?
淡水でばたばたいかれるケーストップは、いじりずき!
水換えも緊急時以外、薬は使わない方がベストです。
グピーやテトラでは、水道水をエアーポンプ回して置いた、置き水で十分(一晩以上)、塩素が気になるのでしたら、備長炭でも入れおけば心配ないですよ
水換え時に、捨てた分だけドバーと足さずに、エアーホースで点滴するような流速でするとうまく行きますよ。

この回答への補足

薬というのは、塩素中和剤とか保護膜を作る薬とか、重金属中和剤とかそういうものを言っているのでしょうか?

補足日時:2007/01/16 16:47
    • good
    • 0

コリ2匹・サイアミーズ2匹の45cm水槽にテトラ30匹、エンゼル1匹を投入


したところ、1週間以内にコリ1匹、テトラ20匹が落ちたことがあります。
病気を疑い、生体を買ったのとは別のショップに聞いてみると、
「一気にたくさんの生体を追加すると、水槽内のバランスが崩れ、新旧を
問わず、次々に死んでいくことがある」
とのことでした。

ブラックネオンは・・・・・・・「その水が体に合った」とか、そういう
ことかも。

ちなみに、生体を新たに投入するときは、1回にテトラ5匹まで(エンゼル
なら1匹、グッピーなら2匹くらい)、1週間のインターバル、と決めたら、
落ちにくくなりました。

回答にはなっていないとは思いますが、こんなこともありますよと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。似たようなご経験をお持ちなんですね。なるほど・・。バランスが崩れるということは、水質の変化ですね。phではなさそうですね。となるとアンモニア濃度でしょうか。

お礼日時:2007/01/16 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネオンテトラが次々に・・・☆

こんにちわ
ネオンテトラのキレイさに見せられて
1週間前にネオンテトラを購入した者です。
熱帯魚を飼育するのは初めてで
飼育セットと呼ばれるのを購入し(60センチ水槽、上部フィルター、蛍光灯、ヒーター、水温計、人工水草、上部フィルターに入れるろ材、がセットになってました)底砂を入れてネオンテトラを入れた所、毎日のようにパタパタと死んでゆきます。。。水槽に入れる前はビニール袋をそのまま水槽に浮かべ、水温を合わせてから水槽に入れたのですが、水温が合っていないのでしょーか?気のせいかもしれませんが弱っているネオンテトラは元気なネオンテトラに比べて体の色が黒い気がします。。。どなたか救助法を知ってらっしゃる方がいらしたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

 魚を入れてから最初の2~3日も、死んでしまう魚が多かったですか?もしそれが多かったとしたら、水温合わせ、水質合わせ、カルキ抜きなども考えられます。
 ただ、水質合わせは、ネオンテトラで、日本の水道の水を利用する限りにおいて、ほぼ不要です。体表粘膜保護も、人間でいうとビタミン剤みたいなものですので、使った方がベターですが、使わないからって死ぬようなことはありません。

 もし、3日以上経ってから(特に1週間前後から)魚が死に始めたとすると、ほぼ濾過不良が原因でしょう。「毎日のようにパタパタと」という表現から、こちらのような気がします。
 濾過システム(上部フィルター)はセットしたようですね。でも、その中に濾過バクテリアが繁殖して実質的に濾過を始めるまでには、2~3週間くらいかかります。その間は、濾過システムがあっても、濾過はされていないのです。
 もし、亜硝酸を測るものをお持ち(または安く購入可能)でしたら、測定してみて下さい。かなり「危険」との値が出るはずです。プロはアンモニアも測りますが、アンモニアの方が先に濾過が効き始めますので、亜硝酸を測るべきです。

 濾過不足への対策としては、まずは水替え、次に活性炭の投入です。60cm水槽でネオンテトラ20~30匹程度なら、2~3日に一度、1/3くらい替えれば十分です。濾過が働き始めたら、もちろん、こんなに頻繁に替える必要はありません。活性炭を入れると、水替えの間隔を伸ばすことが(例えば2日に一度のところを3日に一度に)できますが、水替え不要にはなりません。

 死んでしまった魚は、必ず取り出して下さい。亜硝酸が急増してしまいます。魚を腐らせてバクテリアを早く繁殖させるテクニックもありますが、これは大型水槽用であり、60cm水槽には合いません。
 バクテリアを早く繁殖させるためには、ショップから種砂(魚を長期間飼っている水槽の底砂や濾材少々)をもらって投入することをお勧めします。本当は、魚を買う時だと、頼みやすいのですが、ここで魚を買ったと言えば、たぶんくれると思います。

 どんな原因にせよ、エサは、しばらく止めるか、あげるにしてもほんのちょっとだけにして下さい。エサ不足で死ぬことはありません。逆にあげすぎると、すぐに水質が劣化し、魚がどんどん死にます。
 つい「体調が悪いから栄養を」と考えがちですが、水質が原因で体調が悪いなら、栄養をつけるよりも、水質を改善することの方が、ずっと重要です。
 もし、ここ数日、たくさんエサをあげていたのでしたら、直ちに水を半分以上替えて下さい。その際、底にエサの残りが沈んでいるはずですので、なるべく吸い出して下さい。

 魚が黒っぽく見えるのは、体調が悪いときによくある症状です。ただ、体調が悪いとたいてい黒くなりますので、これで原因をつきとめることは難しいです。
 あと、ショップでの状態が悪かった場合も、原因をつきとめることは難しいです。もっとも、ネオンテトラのように飼育の容易な小型種では、そういうことは滅多にありません。
 

 魚を入れてから最初の2~3日も、死んでしまう魚が多かったですか?もしそれが多かったとしたら、水温合わせ、水質合わせ、カルキ抜きなども考えられます。
 ただ、水質合わせは、ネオンテトラで、日本の水道の水を利用する限りにおいて、ほぼ不要です。体表粘膜保護も、人間でいうとビタミン剤みたいなものですので、使った方がベターですが、使わないからって死ぬようなことはありません。

 もし、3日以上経ってから(特に1週間前後から)魚が死に始めたとすると、ほぼ濾過不良が原因でしょう。「毎...続きを読む

Qカージナルテトラ等が次々に死んでしまう状況です。

カージナルテトラ等が次々に死んでしまい原因が分かりません。

4日前の金曜日カージナル3匹の☆を確認し、翌土曜に2匹が☆に。
毎週土曜の水替えを1/3した後も、日曜に1匹☆、月曜に3匹☆(ここまで全てカージナル)、本日火曜にはカージナル4匹、グリーンネオン2匹、ブラックネオン1匹、オトシンクロス・ネグロ1匹と大量死が発生してしまいました。

テトラ系を飼育して1年が経ちますが、これまで1匹も☆になっておりません。
水替えは毎週土曜日に1/3を1週間汲み置きした水で入れ替え(水温調整済)し、外部フィルターも定期的に取り換えております。
また、時々Test 6in1で水質もチェックしてきており、これまでに水質も保ってきました。
今日の水質検査も各項目問題なしでしたが、唯一気になる点はphが1年前よりずっと6.6~6.8で少々酸性に偏っている事でしょうか。


環境は60cm水槽にエックスエアーXP-60、GEXメガパワー6090、ゼンスイZC-100をセット

生体
カージナルテトラ20匹
グリーンネオンテトラ10匹
グローライトテトラ10匹
ブラックネオン10匹
ロージーテトラ2匹
ブラックファントムテトラ2匹
ファイヤーテトラ4匹
レモンテトラ6匹
オトシンクロス・ネグロ3匹
コリドラス・アエネウスアルビノ1匹
ミナミヌマエビ30匹

水草
マツモ
アナカリス
ミクロソリウム・セミナロー
ウィローモス

その他
竹炭

以上が水槽構成です。

生体が多すぎるとは思っておりましたが、この個体数で10ヶ月以上飼育してきました。
現在残っている魚たちは昨日まで普通に泳いでおりましたが、今日は殆どの魚が底の方にじっとしていてる状態です。

原因と解決法を探しております。
皆様のお知恵をお貸しください。

宜しくお願い致します。

カージナルテトラ等が次々に死んでしまい原因が分かりません。

4日前の金曜日カージナル3匹の☆を確認し、翌土曜に2匹が☆に。
毎週土曜の水替えを1/3した後も、日曜に1匹☆、月曜に3匹☆(ここまで全てカージナル)、本日火曜にはカージナル4匹、グリーンネオン2匹、ブラックネオン1匹、オトシンクロス・ネグロ1匹と大量死が発生してしまいました。

テトラ系を飼育して1年が経ちますが、これまで1匹も☆になっておりません。
水替えは毎週土曜日に1/3を1週間汲み置きした水で入れ替え(水温調整済)し、外部フィルタ...続きを読む

Aベストアンサー

お礼に書かれていた8割近くの個体が死んでましたのでその対策について回答をします。


 清掃に関しては十分に行い、水を転用するリカバリーをせずに水を最初から造るリセットをしないと同じ事を何度も繰り返す事になります。アルジー(水草)、モスはどの様な状態ですか?腐敗が進んでいる場合は放棄しないと硫酸塩が生じ、硫黄泉の温泉に個体を晒す事になりますので確認を忘れずに行わないと駄目です。竹林も逝かれている可能性もありますし、その場合には炭酸塩が生じる可能性もあります。ソイルに関してはゼリー状のねばねばが出ていなければ問題がありませんが、出ていたら珪酸塩が生じていますので確認をしてください。

 現在のミナミは何匹か生存していますか?生存をしていたらリセットをして立ち上げた時に必ずミナミを入れ、この時にはウィンドーズを最初にインストールする考えで投与してください。50時間以内に死ぬ様な事がある場合はyoutube等が見れない状態と同じで再度のリセットが必要になり、直ぐに対応しないと駄目です。

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qカージナルテトラの様子がおかしい

こんにちは

近所にある熱帯魚屋さんがしまってるのでここで質問させていただきます。

先週の日曜日に60cm水槽を買ってきて下準備をして稼働させ、その1週間後の昨日の日曜日の夕方にカージナルテトラを10尾買ってきてちょっとずつ慣らしながら水槽に入れました。
水槽は、ヒーターと上につける濾過機、ライト2本が最初からついてまして、底には砂利(大磯砂?)を敷いてます。水草も数本植えてます。

昨日の夜に、おなかが減ってたようなので、うちに来たばかりでしたがエサ(フレーク)を少しあげましたら、普通に食べてました。今朝、エサをあげたのですが、緊張のためかあまり食べませんでした。
今日の夕方も少しエサをあげたのですが、そんなに食べてません。

それと、水槽が流木のアクで茶色く濁ってたので、今日の夜、活性炭を買ってきてそれを使いました。

で、肝心の魚の様子なのですが、なんだか魚全部が、水槽のすみっこの一か所に集まって泳いでて、全部が上のほうに向かって必死に泳いでます。
日中は普通に水槽の中の真ん中より下のほうをスイスイ泳いでたのですが・・・。

あと、尾ひれの付近の体表に白い点がある魚が2尾いるのですが、
(1匹は点が1つ、もう1匹は2つ、2匹とも尾ひれの近くにあります)
これは白点病というものでしょうか?

もし、白点病だとしたら、今しがた白点病についてインターネットで調べたのですが、水温を30℃にまで上げて、「ニューグリーンFクリア」という薬品を投入すれば治ると書いてあったのですが、その通りにすればいいでしょうか?

また、魚が一か所に集まって上に向かって泳いでるのはなぜでしょうか?上記の白点病によるものでしょうか?

すみませんが、熱帯魚を買うのは今回が初めてなので、色々抜けてるかもしれませんし、ちょっと混乱してるので、うまく文章がかけてないと思いますが、どなたか分かる方、ご教授下さい。

魚が死んでしまうのではないかととても不安です。
宜しくおねがいしますm(_ _)m

こんにちは

近所にある熱帯魚屋さんがしまってるのでここで質問させていただきます。

先週の日曜日に60cm水槽を買ってきて下準備をして稼働させ、その1週間後の昨日の日曜日の夕方にカージナルテトラを10尾買ってきてちょっとずつ慣らしながら水槽に入れました。
水槽は、ヒーターと上につける濾過機、ライト2本が最初からついてまして、底には砂利(大磯砂?)を敷いてます。水草も数本植えてます。

昨日の夜に、おなかが減ってたようなので、うちに来たばかりでしたがエサ(フレーク)を少しあげまし...続きを読む

Aベストアンサー

No1.4です。

混泳させるなら、食べ残して沈んでしまったエサを食べてくれる種類はどうですか?

コリドラスなんて良いと思います。
カラシンとも相性は問題ありませんから、、。

経験上ブラックテトラとブルーテトラは混泳水槽には向きません。
気性が激しいです。

>エサの好き嫌いってあるんでしょうか?

ショップでは何を与えていたのか聞いてみたら良いと思います。
好き嫌いは判りませんが、食い付きの良いエサと、悪いエサはあります。

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Q熱帯魚を水槽に入れるまでの日数

熱帯魚を飼おうと思って飼育セットを購入しました。
ペットショップで、その日のうちに熱帯魚買おうとしたら
今日、水を張って準備して、1週間後に来て下さいと
店員に言われました。友人に言ったら、友人は1日でも
大丈夫だよと言ってました。
やはり店員のいうとおり1週間後に熱帯魚を
水槽にいれるのが最適なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します。
☆水はあらかじめカルキを中和する薬を適量いれたものを使います。

☆ウォーターコンディショナーや水をアンモニアを分解する
バクテリアなどあります。

☆麦飯石溶液を入れるのも手です。
http://www.flex-web.com/
Flex社のWebサイトです。

○さて、3~4日水を回して水がなじんだ頃、水草を入れると
良いかもしれませんね。
この時に照明を点けると良いと思います。

さあ、7日経ってお魚を。
熱帯魚を入れる段階で注意しなくてはいけない事があります。
☆袋ごと水槽の水に浮かべて30分~1時間待ちます。
(温度を合わせます。)

☆袋を開けて、数回に分けて水槽の水を少しずつ入れます。
(時間をかけて、水質を合わせます。)

☆袋ごと、水槽の水に沈めて(浸けて)、
お魚が自分から出て行くのを待ちます。

(金魚もメダカもお魚全部にあてはまります。)
本当に管理するとなると、トリートメント水槽を準備するのが、
良いのでしょう。

☆☆☆水槽をセットして、お魚を入れてから1ヶ月間が肝心です。
水が白濁したりします。
それから、排泄物やエサの残飯が、水質悪化につながります。
硝化バクテリアも、あまり機能しないでしょうから、
1ヶ月過ぎるまでは、細心の注意をして見守ってください。

さて、友人さんの1日でもと言うのは、
やはりカルキ抜きの薬や水質のコンディショナー使い
水質の安定をはかりされているのでしょう。

でも、お魚さんにはキツイ環境になりますね。

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します...続きを読む

Qカージナルテトラのえさのやり方

カージナルテトラを先日10匹購入してきました。ですが、水面のえさを食べません。(えさは、ひかりフレークの熱帯魚用と赤虫をあげてます)沈んだえさしか食べませんので少量のえさしか食べず、水面にはえさが浮いて残ってしまいます。これでは、カージナルテトラも弱ってしまいそうですし水質も悪くなりそうで心配です。カージナルテトラは水面のえさは食べないのでしょうか?水槽の下層~中層のあたりしか泳いでいません。何かえさを食べてもらう方法はありませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は41cm・20Lの水槽で、カージナル15匹、白コリドラス3匹、ラミーノーズ4匹、マーブルグラミー1匹、その他、総勢で30匹近く飼っています。餌はテトラミンを細かく砕いたものを中心に、3種類を混ぜて使っています。
我が家でも、カージナルは水中を降下中の餌しか食べません。小型カラシンは大体そんなものです。食べる量もほんのわずかですが、それでも数ヶ月で飼ってきたときの倍くらい(あくまで感触ですが)に育ちました。
浮いている餌はグラミーが食べるので、最初は全部グラミーに食べられてしまうのではないかと思いましたが、グラミーが食べてる間に沈む分で小型カラシンには十分なようです。下に沈みきった餌はテトラは食べません。かわりにコリドラスが食べてくれます。
カージナルテトラだけを飼うのなら、餌はほんの少しで十分です。むしろ食べないからといって大量に入れることのほうが心配です。熱帯魚の餌は、少ないかな、と思うくらいがちょうどいいといわれたことがあります。3分で食べきる量が目安とはよく言われることです。
残った餌で水質が悪くなることを気にするのなら、コリドラスやオトシンクルス、ヤマトヌマエビなどの掃除屋を入れたらよいと思います。
カージナルテトラに限らず、熱帯魚水槽は立ち上げてから数ヶ月は水質も魚の状態も安定しません。というか、数ヶ月かかって安定します。すでに安定した水槽に入れたのなら、1~2週間もすれば元気に水槽全体を泳ぎだします。ただ、カージナルテトラはあくまで中層域の魚であって、金魚のように水面に餌を食べに行く姿はほとんど見たことがありません。そんなものだと思って、気にしないほうがよろしいと思います。

私も大好きなカージナルのことだったので、ついつい長くなってしまいましたが、どうか大事に育ててください。

参考URL:http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU20040413A/index.htm?FM=cukj&GS=aquarium

私は41cm・20Lの水槽で、カージナル15匹、白コリドラス3匹、ラミーノーズ4匹、マーブルグラミー1匹、その他、総勢で30匹近く飼っています。餌はテトラミンを細かく砕いたものを中心に、3種類を混ぜて使っています。
我が家でも、カージナルは水中を降下中の餌しか食べません。小型カラシンは大体そんなものです。食べる量もほんのわずかですが、それでも数ヶ月で飼ってきたときの倍くらい(あくまで感触ですが)に育ちました。
浮いている餌はグラミーが食べるので、最初は全部グラミーに食べられてしまうの...続きを読む

Q『緊急』でコリドラスの薬浴について教えて下さい。

1年以上飼育している赤コリドラスを昨日より薬浴しています。
理由は、60cm水槽に引越し予定なのですが、赤コリが
見た目に少しだけ(うすーく)体に赤っぽい部分がある。
(でも元気で食欲旺盛)
飼育し始めたころに背びれに白い米粒のようなものがあった。
(この米粒は知らぬ間に無くなった)
の為、60cm水槽に病原菌持込の予防もかねての薬浴です。

グリーンFゴールドリキッド を規定量の1/2~1/3程度で薬浴中です。

病原菌持込の予防の薬浴の場合、期間はどの程度行えばいいでしょうか?
あまり薬浸けも良くないと思いますが、感染予防は必要かと思います。
薬浴期間を教えて下さい。

Aベストアンサー

エロモナス症(アエロモナス菌)の場合、内出血が見られ、体に赤い斑点ができる場合があります。

グリーンFゴールドリキッドならば治るのですが、重度になると薬浴では治りませんので、今回の処置は適切だと思います。
No1さんも言っているように、常在菌なので完全に0になるのは不可能ですが、数を減らすことはできます。
また、食べ残しや糞などを餌にする菌ですので、まめに取り除いてやり物理フィルタの洗浄を定期的にやるのがいいと思います。

No1さんの言う1週間というのにも意味があり、グリーンFゴールドリキッドに含まれているオキソリン酸がアエロモナス菌(カラムナリス菌にも)効くのですが、中途半端な薬浴の場合、オキソリン酸に抵抗のあるアエロモナス菌が発生する場合があります。
当然、その菌はグリーンFゴールドリキッドは効かなくなります。
ですので、1週間は使用して、次にエロモナス症になったときにグリーンFゴールドリキッドが効かないようであれば(稀でもなく結構ありえます)別の薬に変える必要があります。
その場合はグリーンFゴールド顆粒のものです。
高いですし顆粒なので計量もしにくいのですが、効果は抜群で、あらゆる菌を多角的に攻撃する優れた薬です。

少し脱線しましたが、少なくとも1週間は続けるべきで、3日などと中途半端に終わるのはやめたほうがいいと思います。
1週間続けたら耐性菌が出ないのかというと、必ずしもそうではないですが、3日と比べると確率は低くなります。
しかし、次にエロモナス症に感染したと思われる場合は今回とは違う薬を使うことを考えておいてください。


以上、ご参考になればと思います。

エロモナス症(アエロモナス菌)の場合、内出血が見られ、体に赤い斑点ができる場合があります。

グリーンFゴールドリキッドならば治るのですが、重度になると薬浴では治りませんので、今回の処置は適切だと思います。
No1さんも言っているように、常在菌なので完全に0になるのは不可能ですが、数を減らすことはできます。
また、食べ残しや糞などを餌にする菌ですので、まめに取り除いてやり物理フィルタの洗浄を定期的にやるのがいいと思います。

No1さんの言う1週間というのにも意味があり、グリーン...続きを読む

Q水合わせをしただけで13匹が…

タイトルどうり、水合わせをしていたら13匹死んでいました…(泣)
みんな傷はなく、特に異常なところは見当たりません。餓死でもなさそうです。
ただ…昨日新しく買ったフィルターを使ってみてるのですが、ろ過があんまり出来ていないように見えます(水にうっすら濁りが見える)。
ちょっとデカイ、レモンテトラ等の魚が全滅。残りは買ってきたグリーンファイアテトラ5匹とグローライトテトラ3匹とネオンテトラ3匹、計11匹になってしまいました…。

今からバイトなのでかえって来たら水槽を洗ったり、水を変えてみます。

どうか皆様の知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

詳しい状況が書かれていませんが、水作りは十分にやっているのでしょうか。昨日フィルターを買ったばかりで魚を入れるというのは、ひょっとしたら立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてたということでは?この後の記述はその前提ですが、もし違うなら、水槽の立ち上げやこれまでの飼育実績の状況、水質の状態などを詳しく書いてもらわないと、判断できません。

水槽の立ち上げについて
水槽は買ってきて最初に水を入れる、すなわち立ち上げてから最低2週間から1か月くらいはフィルターを回して水作りをしなければならず、その間、目的の熱帯魚は入れてはいけません。なぜなら魚の住める環境が出来上がっていないので、すぐ死ぬからです。水合わせをするのは十分出来上がった水の場合に限られます。
魚の住める環境というのは、水質を浄化するバクテリアが十分に繁殖した環境ということです。浄化バクテリアはペットショップなどでも売っていますが、空気中にふつうにいるものなのであえてわざわざ買って入れなくても大丈夫ですが、市販品を入れたほうが確実で安心かもしれません。この浄化バクテリアがフィルターや底砂などに十分に定着しなければ、魚を入れると糞尿などでたちまち水質が悪化して窒息死します。この糞尿などを害のない成分に分解するのが浄化バクテリアの仕事です。
浄化バクテリアのエサは糞尿などの有機物ですから、早く水が仕上がるようにするためには、アカヒレなどの汚れた水に強い種類の魚を水が出来上がる前に、死ぬかもしれないことを覚悟の上で入れるのが一般に行われるテクニックです。端的に言えば、魚の死骸もバクテリアのエサになって一気に水質が改善することもあります。あなたの水槽でも、その死んだ魚が水質改善のきっかけになることも考えられます。
http://www.aqua-lovers.com/breeding_water.html

もしも水が出来上がっていないのが原因なら、水槽を洗ったり水を替えたりするのは対策としては正反対であり、全くの愚策です。性能の高いフィルターを使ってその水をそのまま数週間循環させることで、魚を買うことのできる水が出来上がります。
ただ、小さい水槽で13匹全部の死骸を放置するのではバクテリアの分解が追い付かず、水質が悪化(腐敗)する危険があるので、状況に応じて、何匹化を残して他は引き上げたほうがいいでしょう。

なお、質問に書かれている匹数を飼うのなら、よほど水質管理がしっかりしていない限り、60~90センチクラスの水槽は必要でしょう。単純に狭い水槽に大量の魚を入れたことが原因であることも考えられます。種類の違う魚は一種類ずつ順番に水槽の環境に慣れさせることも必要ですから、一気にいろいろな種類の魚を投入したりすれば、攻撃したりされたりして、そのストレスで死ぬこともあります。

どうも質問を読むと熱帯魚飼育の基本知識が欠けているのではないかという印象を受けます。一貫性のない一部の聞きかじった程度のやり方で飼育しようというのはペットにとって残酷な結果になります。専門の本やネットのサイトなどで十分知識をつけてから飼育すべきです。ちなみに、私は基本的にはネットの知識は断片的で玉石混交なのであまりお勧めしませんが、熱帯魚に関しては、市販の専門書がペットショップや資材メーカーのための広告的な記事も少なからずあるため、正確な情報を見極める必要があり、その見極めのためには、商売抜きのマニアによるインターネット情報もかなり有効だと考えます。


http://homepage2.nifty.com/solecism/

詳しい状況が書かれていませんが、水作りは十分にやっているのでしょうか。昨日フィルターを買ったばかりで魚を入れるというのは、ひょっとしたら立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてたということでは?この後の記述はその前提ですが、もし違うなら、水槽の立ち上げやこれまでの飼育実績の状況、水質の状態などを詳しく書いてもらわないと、判断できません。

水槽の立ち上げについて
水槽は買ってきて最初に水を入れる、すなわち立ち上げてから最低2週間から1か月くらいはフィルターを回して水作りをしなければ...続きを読む

Qカージナルテトラに白いカビのようなもの?が広がってきました。

カージナルテトラに白いカビのようなもの?が広がってきました。今のところは、背びれ、尾びれが中心ですが、ポツポツと広がっているように思います。これは何でしょうか?また広がらなくするには、どうすればよいのでしょうか?

60センチ水槽、底面連結での上部フィルター、アマゾンソード、ナナ、ウォータスプライト、ウイローモス、水温26℃、エンゼルⅹ3、カージナルⅹ12、オトシンⅹ3、コリドラスⅹ2、ヌマエビⅹ5、飼育を始めて6ヶ月目です。

Aベストアンサー

背びれ・尾びれのポツポツはふわふわした感じはないですか?
もし1つずつがはっきりと丸く見えるものがついているなら白点病ですね。(重症なら全身に広がり粉を拭いた感じになります。)
ふわふわしているなら水カビ病などだと思います。
ただできている部位が背びれ・尾びれなら白点病の可能性が高いと思います。
白点病として治療法をいうと、温度設定を1~2どあげてみてください。ほとんどこれで治ります。
薬を使うこともできますが、水草や他の飼育魚に影響が出るので隔離しないといけなくなります。
最近は冷え込みが激しくなっているので、朝・晩の温度変化に対応できないものが白点病になりやすいのだと思います。
サーモを使って水温管理をしていても温度には変化が出るのでこまめに水温を確認してください。水銀の水温計が正確ですが、つけている場所が水流からから外れていると正確な温度は見れません。デジタル水温計なら誤差を考えて温度設定が必要です。サーモの水温感知部分も設置場所によっては正確に働きません。これも水流によって場所を考えるのがいいです。
ヒーターが自動設定(サーモ内蔵型)のものなら病気のときを考えると買い替えたほうがいいかと思います。
比較的ポピュラーな病気の白点病・水カビ病・口ぐされ尾ぐされ病などは早目の治療でよく治ります。
対処法URLを残しておきます。

参考URL:http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU20020730A/index3.htm

背びれ・尾びれのポツポツはふわふわした感じはないですか?
もし1つずつがはっきりと丸く見えるものがついているなら白点病ですね。(重症なら全身に広がり粉を拭いた感じになります。)
ふわふわしているなら水カビ病などだと思います。
ただできている部位が背びれ・尾びれなら白点病の可能性が高いと思います。
白点病として治療法をいうと、温度設定を1~2どあげてみてください。ほとんどこれで治ります。
薬を使うこともできますが、水草や他の飼育魚に影響が出るので隔離しないといけなくなります...続きを読む


人気Q&Aランキング