【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

毎度お世話になります。

高杉晋作は長州藩士の子として生まれました。
将軍家とはおそらく所縁(ゆかり)は有りません。
それなのにどのようにして、将軍家の御留流である、新陰流を
習得出来たのでしょうか?

これは新陰流のみならず、小野派一刀流にも言えます。
小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。
ですが、幕末には山南敬助や大石鍬次郎が小野派を習得出来ております。

これは何故でしょうか?ご存知の方何卒ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 将軍家の御留流である、新陰流を



> 小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。

「柳生新陰流宗家」「小野派一刀流宗家」のどちらも将軍家に指南
したとは言っていますが、御留流というような主張は一切していま
せん。自らの格式を上げるような主張をしない場合、そのような事
実はないからだと考えてよいと思います。それどころか「将軍の外
多数の門人を有し」といった表現をするし、柳生では江戸で将軍家
に教えていたのは傍流の扱いだし、小野派は津軽の藩主に一子相伝
を持ってかれて断絶しかかってたと認めています。

デマでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

「御留流ではなく、将軍家の指南役だった」という事ですね。
なるほど!辻褄が合いますね。スッキリしました。

深謝!【'07 1/17 14:55】

お礼日時:2007/01/17 14:53

あやふやな知識で申し訳ないが、


新陰流は全国各地の大名家にも門人を送り、藩の流派になっていたと思います。
先日の番組「そのとき歴史が動いた」でやっていましたが、毛利家も新陰流だったはずです。
その関係で新陰流を習うことができたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

>新陰流は全国各地の大名家にも門人を送り・・
この辺りが「将軍家の流儀」と言える所以なのでしょうね。
ですが、これでは御留流とは名ばかりですね。
大変参考になりました。

深謝!【'07 1/17 14:33】

お礼日時:2007/01/17 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング