わたしの友人で、電気溶接をやっている者(日曜大工程度)はいっぱいいるのですが、誰に相談しても「アルミ溶接は出来ないよ」と、言われ続けてきました。

先日の質問で、「TIG溶接ならアルミができる」という感触を受けたのですが、これは設備が膨大になるのでしょうか?

なお、わたしの希望は2mm厚のアルミ板で、30cm□ていどの箱が作られればよいので、スポットでも可能なのではないかと考えています。

アドバイスをいただければ幸せです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

むかし、自転車のフレームがアルミに変わり始めたときは溶接でした。

確かTIG溶接。その後、接着の信頼性があがったので接着のフレームが増えた。

スポット溶接は自動車のフレームや部品に使われている。鉄に比べ電気を食うのと溶接時に軟らかくなって電極が食い込む(強度が落ちる)ので難しい。電極相当部分を高速で回転させて摩擦熱で溶接する方法もある。

なにぶん溶接不良の判断は難しいので、実用例の少ないアルミの溶接は工業用にはあまり導入できていない。

>わたしの希望は2mm厚のアルミ板で、30cm□ていどの箱が作られればよい
それなら、アルミ用のロウ材があるんでロウ付けは? ホームセンタで探せば置いてある。普通のガストーチで可能だけど、うっかりすると本体まで溶けるし、大きなものは熱が逃げるのでコンロで熱しながら作業しないと熱量が足りない・・・ No.4さんの補足です。

リベットで固定する方法もあるけど、それができるならネジ止めしてるかな?

この回答への補足

ロウ付けは試みました。
アルミロウには、低温ロウと高温ロウがありますね?

何度やっても母材が溶けてしまい、みっともない仕上がりになりました。(仕上がりとはお世辞にもいえない)

>リベットで固定する方法もあるけど、それができるならネジ止めしてるかな?

ハイ おっしゃる通りです。

補足日時:2007/01/17 23:57
    • good
    • 4

アルミの溶接は一般的には交流TIG溶接機かMIG溶接機を使用しますが、アルミ用被覆アーク溶接棒も存在はします。

入手性はよくないと思いますし現物を見たこともありません。
アルミのガス溶接(蝋付け)ならカセットボンベ式バーナ、蝋棒、フラックスなどを買えば簡単に低価格で設備はそろいます。

ちなみに私は交流TIGしか使ったことがありませんので、上記の溶接方法については詳しくはわかりません。

設備が膨大になるかというとなりません。導入コストはかかりますが・・・
スペース的にはアルゴンガスボンベ一本と溶接機だけです。溶接機自体はこんな感じです。
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?s …
    • good
    • 2

アルミをスポット溶接は無理だと思います。

裏から当て物を当てて、ボンドかボンドテープでつけたほうが強度が出そうな気がしますが。
    • good
    • 12

アルミは交流に切り替えないと駄目なんで、


これでは無理なんです。
(TIG、切断機、アークも出来る)
http://www.rakuten.co.jp/tool-oukoku/1783567/178 …

http://directory.ocn.rakuten.co.jp/rms/sd/direct …

鉄、ステン程度なら安い買い物。

交流に切り替えられるハンディTIGを探して下さい。

この回答への補足

なぜ交流でないと駄目なのですか?

補足日時:2007/01/17 22:18
    • good
    • 5

酸化防止のためにアルゴンガスで覆う必要があります


詳しくはgoogleで検索してください
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclien …

この回答への補足

そうですか。
やはり酸化防止のためにガスで覆う必要がありますか。

シロウトには無理ですね。

なお、「アルミのスポット溶接は無理」とのご見解がありますが、昔の真空管式のアルミシャーシーは全部スポット付けでした。

補足日時:2007/01/17 19:56
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTIG溶接でできる最薄板厚は?

厚さ1mmの鋼板に3mmの丸棒を水平にTIGで溶接するのは可能でしょうか?1.6パイの電極で試しましたが初心者なせいか穴があいたり丸棒が熔けたりできれいに付きません。半自動とかガス溶接でないとだめなのでしょうか?TIGでできる場合のこつや設定ありましたらご教授お願いいたします。機械はシンダイワのSTW201Aです。

Aベストアンサー

1ミリの鋼板の上に、直径3ミリの丸棒を寝かせて置いた状態での溶接でいいんですよね。
まず、鋼板と丸棒の黒皮はサンダーなどで綺麗に取ってください。(銀色になるまで、これをやらないと絶対綺麗に付きません)
溶接機の設定は直流パルス溶接、ミドルパルス100~300ヘルツ溶接電流は80~120A(技量によるのでお好みで)パルス電流は溶接電流の半分くらいで設定してください。(これもお好みで)
鉄は結構熱伝導がいいので、ビビッて低い電流でやるときちんと付きません。
ちょっと強いかな?位がやりやすいです。
高めの電流でパッと溶かしてやる感じですか。
弱い電流でやると入熱に時間がかかり、溶かしたいところ以外にまで熱が入って母材が溶けて孔が開きます。
連続で溶接する場合はかなり早くトーチを動かさないと溶け落ちますので難しいかもしれませんね。
後はパルス無しの強めの電流で一回ずつチマチマ付けていく方法があります。
タングステンの研ぎ方はこの場合ですと、削った鉛筆の芯くらいの角度で先は触れたら切れるくらい尖らせて下さい。
狙い位置は、丸棒から板に溶け落とすために少し丸棒側に先を向け、距離は1ミリ以下になる位近づけて下さい。
電流と電極の位置がナイスであれば0,2~0,5秒位で付くはずです。
後はこれを繰り返せばいいと思います。
私は0,9ミリのステンレスの丸棒同士を溶接して釣り道具を作りますけど、慣れればそんなに難しくないです。(慣れればアルゴン溶接は他の溶接より簡単です)
電流に関してもう一つ、人それぞれやりやすい電流が違いますから、自分の電流を見つければ必ず上手くなります。
では頑張って下さい。

1ミリの鋼板の上に、直径3ミリの丸棒を寝かせて置いた状態での溶接でいいんですよね。
まず、鋼板と丸棒の黒皮はサンダーなどで綺麗に取ってください。(銀色になるまで、これをやらないと絶対綺麗に付きません)
溶接機の設定は直流パルス溶接、ミドルパルス100~300ヘルツ溶接電流は80~120A(技量によるのでお好みで)パルス電流は溶接電流の半分くらいで設定してください。(これもお好みで)
鉄は結構熱伝導がいいので、ビビッて低い電流でやるときちんと付きません。
ちょっと強いかな?...続きを読む

QTIG溶接機の使い方

はじめまして。TIG溶接機の使い方についてお聞きします。溶接機はARGO200です。通常の使い方はわかるのですが、パルス溶接とクレーター溶接の働きと使い方がわかりません。板厚溶接箇所によっての周波数や電流値の関係など詳しく知りたいのですがご存知の方は教えてください。また、そのような説明がされているサイトなどでも構いませんので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

パルス溶接は肉厚が薄い箇所など、通常では穴があいてしまうような箇所の溶接時に、
電気を自動でON,OFFすることで溶接しやすくなります。

クレーター溶接というのは聞いたことは有りません。クレーター制御ではないでしょうか。
クレーター制御とは溶接の終点の肉のへこみを自動修正する機能だったと思います。
通常は制御ありで問題ないと思います。

板厚の違いによる溶接電流ですが、通常は開先加工をすると思いますから変化はないと思います。
もし開先加工なしで溶接するので有れば、肉厚が厚くなるに従って電流は上がります。
ただ肉厚が薄いものを低い電流で溶接すると、ひずみが生じやすくなりますから、
強い電流で一気に溶接した方がいいかもしれません。

溶接箇所による溶接電流は、下向き溶接を基本として、
上向き、横向き、立ち上げ(縦方向)は少し落とします。
ただトーチの動かし方になれてくれば、すべて同じ電流でも溶接可能です。

TIG溶接の免許を取ってからかなり時間がたっていますし、
普段は電流以外のスイッチはセットしたまま溶接をしていますので、
クレーター制御等はあやふやですが間違いないと思います。
もし詳しいことを知りたいのでしたら、各地区の溶接協会にて「ステンレス溶接」の教本を購入して調べてみてください。

パルス溶接は肉厚が薄い箇所など、通常では穴があいてしまうような箇所の溶接時に、
電気を自動でON,OFFすることで溶接しやすくなります。

クレーター溶接というのは聞いたことは有りません。クレーター制御ではないでしょうか。
クレーター制御とは溶接の終点の肉のへこみを自動修正する機能だったと思います。
通常は制御ありで問題ないと思います。

板厚の違いによる溶接電流ですが、通常は開先加工をすると思いますから変化はないと思います。
もし開先加工なしで溶接するので有れば、肉厚が厚くな...続きを読む

QTIG溶接機について

念願のTIG溶接機を中古で購入し、接続しました。作動確認も済み、残る問題は接地(アース)のみです、アドバイスをお願いいたします。
機種 日立スーパーペア AD-RP 300A形(サイリスタ制御)
製造年月日 1979年
電源 単相AC200V
直流出力電流範囲 5~300A
交流出力電流範囲 20~300A
接地線 14sq以上 第3種接地
現在 ホームセンターで購入した、長さ30cm10パイのアース棒3本に22spの電線(3本とも個別接続)に接続して、それぞれのアース棒3本を50cmの間隔を離し、地中40cmのところにそれぞれ埋め込みました。地盤が岩盤地でアースには条件があまり良さそうではないみたいでしたので、3本埋めてみましたが、トーチが水冷と言う事もあり、詳しい方のアドバイスを頂ければ助かります。アースはこの程度で良いのでしょうか?(ちなみに溶接機本体のアース取り付け端子部より埋没させたアース棒までは約5m有ります。)

Aベストアンサー

素人電気工事士です。
第三種(今はD種といいます)とのことなので「多分」それで十分です。
接地抵抗100オーム以下であればよいという一番緩い基準ですから。

ちなみに家に備わっているキッチンや洗濯機などを接続するアースもD種です。

QDIY(日曜大工) で最高どれだけのものを造れるのか。

DIY(日曜大工)
せいぜい私は、植木鉢、いす程のものしか造れないのですが皆さんはどういうもの造るのでしょうか。
すげー物を作(造)った人がいたらそれについて教えてください。

Aベストアンサー

家。
有名なHPです。↓
http://tezukuri-uchi.hp.infoseek.co.jp/index.html

Q突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は

突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は「部材厚が同じ材料をほぼ同じ面内で溶接する方法」隅肉溶接は「直行する二面の隅部を溶接する方法」という認識で良いと思うのですが

それぞれの溶接方法の使用箇所の制限やメリット、デメリットがいまいちわかりません。
調べた感じだと、突き合わせ溶接は部材が一体化するもののせん断力に弱そうですし、隅肉はその逆で引っ張りには弱いものの、せん断力には強そうですが、これらも自信がありません。

これらの溶接方法にはどのような長所、短所及び使用箇所の制限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(社)日本溶接協会より引用

溶接継手の強度を求める基本式は,突合せとすみ肉の別なく,次式で与えられる。すなわち,溶接継手の強度は,のど断面あたりの強度として求める。
のど断面は,のど厚と有効溶接長さを掛け合わせたものである。
Pmax=σw・a・ef
ここで,σw:溶接継手の強度(N/mm2)
Pmax:最高荷重(N)
a:のど厚(mm)
ef:有効溶接長さ(mm)

http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0010020040
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0040020020

参考URL:http://www-it.jwes.or.jp/qa/sitemap.jsp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報