忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

この記事読んで驚きました。
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/01/17/00002 …

「投手として異例のフリーバッティング」と書かれています。
ショックです。

ピッチャーってそんなバッティング練習してないんですか?
自分は野球選手になった事ないので分かりません。
いくらピッチャーといえ、9番バッターですよ。プロ野球選手ですよ。
三振して悔しくないんでしょうか。

そんなにピッチャーってバッティング練習しないんですか??

A 回答 (3件)

ほとんどしませんね。

公式戦の遠征中はバッティング時間に限りが
あります。ホームゲームの時に野手がバッティングする前などに
投手陣だけ集まってやったりします。しかしながら内容はホームラン
競争だったり、いい当たりしたら喜んでる程度のものです。巨人に
いた桑田はかなり真剣に取り組んでいたようですが・・・。

個人的な意見になってしまいますが、投手が打席に立ちベースから
離れてわざと三振するシーンをよく見かけます。ファンを馬鹿にして
いるように感じてしまいます。だって全力プレーでは無いですから。
投球に影響が懸念されるなら、やめるか、パリーグに行ったほうが
いい。
口では「子供のファンを増やしたい」なんて言っていますが、何か
はきちがえています。愛想よくサインをするのはいいことですが、
野球の選手なのですから、野球をしっかりやってもらいたいですね。
    • good
    • 0

どうもこんにちは。



確かにしてないですね、
誰の目にも明らかなしてないと言えるスイングですよね。

ずーーーーっとパリーグのファンでした(南海)
昔はセのファンに良く言われました
「野球は9人でやるものだ!DHって???」
その頃から私も同様に思ってました。
それならと言うか打席に立つ以上もっと練習すべきだと。
特に高校時代はクリーンナップを打っている投手が半分以上でしょうから苦手ではないはずだし、
ランナー無しで必死に打てとは思わないですが、ヒットを打って欲しいシーンは山とありますし どう考えても投手自信の為ですしね。

投手だからしょうがないと言うならこそプロなんだからセもDHで良いと思うんですよね。
だけどアメリカもいつまでも両リーグDHにならないのが本当に不思議です。
    • good
    • 0

それだけプロの投手は負担が大きいんですよ。



普通は投手としての練習で精一杯で打撃練習までやっている余裕がないんです。

でも全く打撃練習をやっていない訳ではないですけれど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q高校野球にDH制度が無い理由

日本のパリーグやメジャーのアリーグで導入されている指名打者制度ですが、高校野球においては春大会も夏大会も導入されていません。
DH制を高校野球にも導入すれば、投手の負担が減り、出場できる人数も1人増えますので、導入してもよいと思うのですが、なぜ導入しないのでしょうか?

Aベストアンサー

理由的にはほぼセ・リーグが使わないのと一緒かと思います。下記URLをご覧ください。
http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4
とは言え微妙だな・・・と思うところはありますが^^;

上記をご覧になった前提で他に考えられることとして、高校野球では投手も主軸を打つ場合が多いからでしょうか。
投手は身体能力の高い選手がなりやすいポジションで、打撃も良い場合が多いです。大阪桐蔭の中田なんか良い例です。
そんな選手が居るのにDHにしてしまうと打席に立てなくなりますからね。
その打撃能力も相まって、ピッチャーが降板し外野にいったりします。そうするとDHのところに投手が入るわけですから
結局試合後半になるとどっちもDHが無くなる・・・と言うことになりDHも意味が無いと思います。
また、高野連は「打って守ってが野球の醍醐味」みたいな考えがあるでしょうから(あくまで推測ですが・・・)DHには反対だと思います。
投手の負担に関しても、打撃力のある選手がDHに居ると、気を抜けずピッチングで更に負担がかかりそうです。
やはり投手が完投しようと思えばペース配分は必要なわけですから。

DHの利点は・・・打席での怪我を防げることでしょうか。
でもそこも相手投手との戦術、かけひきですからね・・・

私自身高校野球してたとき、投手でしたが打撃も好きで、DHが無くて良かったと思います。打席での負担はあまり感じませんし。
そうやって思ってる投手はたくさん居ると思います。やっぱり打撃は誰でも好きですからね。
無しでしてきた伝統もありますし、このままで良いと思います。

参考URL:http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4

理由的にはほぼセ・リーグが使わないのと一緒かと思います。下記URLをご覧ください。
http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4
とは言え微妙だな・・・と思うところはありますが^^;

上記をご覧になった前提で他に考えられることとして、高校野球では投手も主軸を打つ場合が多いからでしょうか。
投手は身体能力の高い選手がなりやすいポジションで、打撃も良い場合が多いです。大阪桐蔭の中田なんか良い例です。
そんな選手が居るのにDHにしてしまうと打席に立てなくなりますからね...続きを読む

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む


人気Q&Aランキング