AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

はじめて業者さんに商品を製造してもらいました。
サンプルも製作してもらい確認後、量産に入りました。
後日納品されたものを確認してみると、なんと商品の寸法が違っているのです。
後日話し合い、「作り直しはしない」ということにしました。また、こうなった原因はお互いの認識違いというか思いこみの部分があり、6:4(当方)で費用を負担することとしました。

しかし、納品されたもの自体は商品としては使えず、ただ箱に入れて置いてあるだけなのですが、もうすぐ決算で、このものの扱いをどうしたらいいか考えています。そこで質問は、、
・この不良品は、棚卸減耗の対象になるのでしょうか?それとも普通に資産となってしまうのでしょうか?

ということです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

費用負担額が4割ということは、一旦、仕入が40たちます。

問題は期末在庫です。今後、全く使い物にならず、捨てるしかない-という前提でお答えしますと、評価額は0となります。仕入40-期末棚卸0=売上原価40。結局、支払った40がそのまま費用となります。ただし、この場合はその不良在庫を現実に廃棄処分しなければなりません。処分に多額の費用がかるため廃棄処分が難しいというような場合は、その商品を少なくともカナヅチで叩き割るなど、物理的に使用不能な状態にする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2007/01/24 17:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良品処分の会計処理について

衣料品小売店において、不良品(自己)や売れ残り品を廃棄処理した際の仕訳を教えてください。初歩的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

商品の廃棄に関しては、本来棚卸資産の費用化なので、期末棚卸高から控除されていれば、売上原価として費用化できます。
しかし、売却したわけではないので、売上原価から除き、営業外費用や特別損失として別建てする必要があります。
会計では、このようなケースを「他勘定振替」といい、PL表示上はグロス計上された当期商品仕入高から間接的にマイナスし、別勘定で改めて計上することになります。
帳簿上の仕訳としては、商品廃棄損とか雑損失として、仕入勘定から振り替えます。
いずれにしても、本質は、「本来、売上原価計算の対象となる仕入物が、本来の売上原価計算からはずれて、他勘定へ振り返られる」ということです。
そこが明示できれば、ある意味、勘定科目は「雑損失」でも「廃棄損」でもかまいません。

Q経理上での不良在庫処分方法を教えてください。

不良在庫を処分するのですが、
経理上しなくてはいけないことはありますか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

下記サイトなどで棚卸資産についての説明を読むと、
http://www5d.biglobe.ne.jp/~search/ac/

>商品有高帳の数量と、棚卸で得られた数量との差が生じることを棚卸減耗といいます。棚卸減耗数量に、商品有高帳から得られた単価を掛けた金額を、棚卸減耗費・棚卸減耗損といいます。また商品の劣化や陳腐化による価値の減少を棚卸評価損といいます。
商品有高帳での数量より実際の数量の方が多い場合や、商品の劣化や陳腐化による価値の減少の場合の処理方法は日商簿記2級で扱っています。<

とされています。
この場合、「評価損」を用いるほうが適切なのかと思うのですが。

Q不良品の仕訳

先日、外注の加工業者さんに製作を依頼していた製品が納品されました。ところが、一部が不良で商品として使い物になりませんでした。
話し合った結果、双方に至らなかった部分があり、痛み分けとして価格を値引いてもらい変わりに納品物を受け取りました。
そこで、不良となった製品については経理上どのような扱いすればよいのでしょうか?
そのまま完成品としてしまいますと、不良在庫となってしまいます。
できれば処分したいのですが、この場合は仕訳上どのような方法になるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「多分」で申し訳ないです.

期首、期末棚卸勘定を使用していない場合、
 納入時(とりあえず、在庫計上)
  商品 / 買掛金
 月末(棚卸時に計上)
  棚卸商品廃棄損(営業外費用) / 商品

期首・期末棚卸勘定を使用している場合
 納入時
  商品仕入高 /買掛金
 月末
  期末商品 / 商品仕入高
  棚卸商品廃棄損(営業外費用) / 商品
  

どちらにしろ、金額が非常に大きいときには「特別損失」として
計上する場合があります.

Q不良品の処理について

工場で製造したお菓子が製品として出庫した後に不良品であ
ることが判明しました。
この不良品に使用した原料は製造原価の原料費にはならずに、
営業外費用の雑損失に振替えないとだめでしょうか?
また製品として出庫される前の段階で不良品と判明した場合は、原料費ではなくどのような科目に計上したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

 具体的な処理に合わせた、経理処理をする必要が有ります。
>出庫した後に不良品であることが判明しました。

 返品処理ならそのように(売上げ減、→製品(在庫)廃却処理)
 製品の交換ならそのように(製品(在庫)廃却処理)
 これらは、御社で損失処理の方法が決まっていませんか?

>この不良品に使用した原料は製造原価の原料費にはならずに、

 これは、変りません。製品が不良になっただけで、製造原価は変りません。

>製品として出庫される前の段階で不良品と判明した場合は、原料費ではなくどのような科目に計上したらよいでしょうか?

 製造段階であれば、製造段階の損失として管理されます。(製造原価の一部になります)
 製品在庫勘定で出荷前に不良とわかって廃棄する場合は、製品在庫廃却処理

 上記それぞれの具体的処理の仕方は、会社の規模などにより異なると思いますので、御社のルールに沿ってやる必要が有ります。
 
 

Q在庫品を廃棄する際

ネットショップをやっています。
一昨年に仕入れた雑貨がいまだに残っています。
商品は、たとえば、ゲーム機やスマートフォンのように、次々に後から新しいものが出てしまい、
今となっては買う人がまったくいないようなものです。
このまましまっておいても邪魔なだけで、今後も売れる見込みがないので思いきって廃棄しようかと思います

こういう場合は、廃棄した際に「棚卸廃棄損」のような科目で計上すべきなのでしょうか?
それとも期末で棚卸しを行い、廃棄した分、在庫がなくなっていればそれでいいのでしょうか?

あとよく、廃棄したことを証明する廃棄業者の領収書を保管しておくという話がありますが、わたしたちのお店の場合は、廃棄するってただ単にゴミ箱に捨てるだけなので、業者には依頼しません。
そういう場合は、領収書もないのでどうしたらいいのでしょうか? 内部的に廃棄した日付は製品名、数量などを記載しておけばいいのでしょうか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

商品(雑貨)の仕入れの時に帳簿に記載したと思います。これらが不要になったので廃棄する場合は帳簿から除却して廃棄処分します。つまり帳簿があればよいです。
(借)雑損失xxxx / (貸)商品xxxx


人気Q&Aランキング