出産前後の痔にはご注意!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方の訪問リハビリで、呼吸リハビリをすることになりました。
訪問リハビリで、呼吸機能を評価するための簡易な機材や方法について情報集めています。
現在ALSの方の訪問リハビリもしくは訪問看護などに携わっていらっしゃる方で、どんな風に定期的に呼吸機能をチェックしているかアドバイスお願いします。
適当な文献などの紹介もありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんわ。

はじめまして。
このような質問をこのサイトでなさるというと、訪看さんでしょうか?

さてご質問の件ですが、
単に「ASL患者様への呼吸リハ」といっても、
初期は機能強化(呼吸筋群の強化&リブケージの可動域拡大)がメインになるでしょうし、
その後はコンディショニングが主になってきます。
(中期は、錐体路障害による呼吸筋々緊張異常の抑制・筋力低下予防・可動域低下予防・痰の喀出訓練・食物や唾液の嚥下訓練など。
気切orマスクによってレスピレーターを用いるようになり、それが持続的になってくると、他動的排痰・良肢位確保がメインになりますよね。)

呼吸機能のチェックですが――
いろいろ調べられればそれに越したことはないのかも知れませんが、私的にはALS患者様の臨床ではスパイロメーターを用いてあれこれ情報収集しても、それほど意義がないように思います。

それより訪問でのReha.やナーシングでは、
パルスオキシメータでSpO2計測や、肺音聴診は勿論ですし、
もし機材があれば、閉鎖管内への努力呼吸して貰い「口腔内圧測定(≒呼吸筋力測定)」を測ったりしたほうが良いです。

たまに血液検査や、X線透過度をチェックしていれば、まぁ大方の状態は把握できるでしょう。

『呼吸リハビリテーションマニュアル』日本呼吸管理学会リハビリテーションガイドライン作成委員会ほか編 照林社
『動画でわかる 呼吸リハビリテーション』高橋仁美ほか編 中山書店
『動画でわかる スクイージング 安全で効果的に行う排痰のテクニック」宮川哲夫 中山書店
『エキスパートナースMooK 呼吸のしくみとその管理』赤柴恒人 照林社
『呼吸理学療法の第一歩 集中治療室における呼吸管理』並木昭義 南江堂

とりあえず、動画でわかるシリーズや南江堂のものは取っつきやすいと思います。
患者様の呼吸機能を少しでも長い期間良い状況維持できますようお祈り致します。頑張ってご活躍くださいね。応援しています。
    • good
    • 0

ALS家族です。

ALS協会と言う患者会があり、そこのメーリングリストに、家族、患者、業者、ヘルパーなど、さまざまな方が参加しています。無料ですので、そこに入会して、聞くのはどうでしょう?
    • good
    • 0

PTかOTですかね?


当方はOTですが、今までALSの方を持ったことないのでいいアドバイスができないと思うので、下記のURLで情報収集してみてくださいw

参考URL:http://www.pt-ot.net/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q球麻痺とは何ですか?

球麻痺ってどこの麻痺のことを言うのですか?また、仮性球麻痺って何ですか?

Aベストアンサー

球(bulb)とは延髄のことで、これは昔の解剖学者が延髄を脊髄の球状延長とみていたために残っている呼び方です。
従って、球麻痺とは延髄の障害により起こる麻痺で、主に下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害など)を指すことが多いようです。
仮性球麻痺とは、症状的には延髄機能障害を示唆するけれども、皮質球路(corticobulbar tract)とくに両側内包部の障害により下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害、顔面筋麻痺など)を来した状態を言います。(すなわち、延髄がやられていないのに延髄がやられたのと同様の症状を呈するため、「仮性」球麻痺と言う)
以上、脳神経外科専門医より

QALSと筋ジストロフィーはどう違うのですか?

筋萎縮症候群のALSと筋ジストロフィがありますが、どう違うのでしょうか。

確か筋ジスは先天的なもので、生まれたときからその情報がDNAか何かに組み込まれていたと思うのですが、ALSも同じく先天的な病気なのでしょうか。それとも後天的なものなのでしょうか。
またALS(筋萎縮性側索硬化症)の、 側索と、硬化とはどういうことを意味するのでしょうか。
分かる方、教えて頂けますか。

出来ればそれぞれの比較があれば、分かりやすいです。

Aベストアンサー

 筋ジスは先天的に遺伝子に異常があり、筋肉自体が変化して機能しなくなり運動障害が現れます。
 一方、ALS等は運動ニューロン病ともよばれ、筋肉に動くように指令(刺激)を送る神経細胞に変化が起こりその機能を失い結果として筋肉が動かなくなります。よって、筋肉自体に変化はありません。ASLの原因として遺伝説ウイルス説など様々説が出ていますが、今のところ不明です。
 側索とは脊髄の文字通り側面を指し脳から末梢へと続く運動神経の通り道です。硬化とは神経細胞を覆っているミエリン(髄鞘)という神経細胞を覆う鞘のような物質がなんらか原因で失われて(脱髄)写真上あたかも硬くなったように映っている状態です。

Q人工関節置換後(股関節・膝関節)の禁忌体位について

人工股関節置換後の禁忌体位として、過度の屈曲・外転・外旋があると専門書で見ましたが、術式によっては過度の屈曲・内転・内旋と書いてある本もありました。
術後、側臥位になる時や仰臥位の時は脱臼予防の為に外転枕を使用すると教えてもらいましたが、外転が禁忌なら、???になってしましました。
また、膝関節の術後の禁忌体位についても教えて欲しいです。

Aベストアンサー

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。いわゆる前方脱臼となります。ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。

・後外側アプローチ
これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。いわゆる後方脱臼となります。しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。

どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。

あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。

以上、ご参考になれば。

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い...続きを読む

QALSの患者は、なぜ、病院に嫌われる?

ALS(筋萎縮性側索硬化症)が家族におります。主治医が、先日、ALSというと、なかなか病院で、受けてくれるところがないと、おしゃるのです。ウワサには、聞いていましたが、20箇所も病院を探しまくった家族が、いるとか・・・?なぜ、病気なのに、病院や医師に嫌われるのでしょう?できれば、医療関係者の方、お願いします。

Aベストアンサー

ALSではないのですが、
昔の職場(急性期・総合病院)で、
脳梗塞でしょっちゅう痙攣を起こし医療必要度が高い患者さんが6年以上入院していました。
・・・病院としては必死で転院をお願いしていましたね。
その方は、他院から転院で受けてその後の転院先がなく・・・。
(正確には1度だけ3ヶ月限定で他院に転院され、きっちり3ヶ月後に帰ってきてました。)

・・看護するのはよいのですが、長期入院だったので赤字。

脳梗塞(50代)の人工呼吸装着した方も入院5年以上でした。
主治医の先生は『人工呼吸器装着の転院受けてくれるとこないかなぁ』と悩んでました。
・・事務方と医院長に言われてたんだろうなぁ
ディスポの人工呼吸器1セット5千円(2週間交換)など・・1ヶ月40万円は赤字でしたからねぇ。
さらに、監視室料(ガラス張りナースステーション隣)の減額希望されてたからなぁ

 シーツ交換も6人がかりで、4人ナース(内1人は呼吸器管理)で持ち上げ、助手2人で急いでシーツしてた。
(この時点で人件費が通常の3倍・・こういうのは赤字計算に含まず)

 夜間シーツ汚れても物理的に交換できない(申し訳ない)
 シフト自体、夜間患者40人を看護師2人でみる状態だったので

 ・・・全介助かつ医療度が高い患者さまが多いと病棟はまわらない。
    長期入院だと医療費請求が通らず赤字。
    でも目の前にいるとできるだけ医療はするから病院持ち出し。
   
   病院も倒産する時代ですから長期入院の受け入れが益々
   難しきています。
   国の医療・福祉に対する方針が変わらない限り長期入院するかたの転院先を見つけることは難しいと思います。
 (No.1さまNo.2さまNo.3さまの言われるとおり)
  

 また医療崩壊が進んできているので医師不足(勤務医)が
 今年の春の人事で悪化する思われ、
 医師不足で閉鎖される病院がでてきてます・・
 脱線してますが、 ALSの患者さまだけに関わらず
 現在の医療レベルを享受し続けることが難しくなってきています。



参考
ある産婦人科医のひとりごと さま
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/
 産婦人科は絶滅しそうです。東京でも転院先ないです。
新小児科医のつぶやき さま
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/
東京日和@元勤務医の日々 Doctors Blog 医師が発信するブログサイト
http://blog.m3.com/TL/
三重県医師会 日本の医療制度が崩壊する?!
http://www.mie.med.or.jp/hp/iryou/flash.html
医療制度研究会 - このままでいいの?日本の医療
http://www.iryoseido.com/
最近の医療情勢に対する解析
http://members3.jcom.home.ne.jp/3729975002/Article.html

ALSではないのですが、
昔の職場(急性期・総合病院)で、
脳梗塞でしょっちゅう痙攣を起こし医療必要度が高い患者さんが6年以上入院していました。
・・・病院としては必死で転院をお願いしていましたね。
その方は、他院から転院で受けてその後の転院先がなく・・・。
(正確には1度だけ3ヶ月限定で他院に転院され、きっちり3ヶ月後に帰ってきてました。)

・・看護するのはよいのですが、長期入院だったので赤字。

脳梗塞(50代)の人工呼吸装着した方も入院5年以上でした。
主治医の先生は...続きを読む

QALS患者も使用可能な、ナースコールを探しています。

ALS患者でも使用可能な、ナースコールを探しています。ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、全身の筋力が落ちると言う病気です。その為、指の筋力も落ち、ナースコールを押すのが困難になってきました。意思伝達装置(パソコンなど)と、一体型の呼び出しコールのようなものは、複数のメーカーで、販売されていますが、家が狭いので、できれば、ナースコール単体が望ましいです。ブレス(息)式もあるそうですが、いざ、体調が悪いときになると、ナースコールを押せないと言う、状況の陥ります。ALS患者向けでなくても、使えそうなナースコールの紹介や体験(家族が介護用品として作成してしまった、など)があれば、ぜひ、紹介していただきたいと思います。

Aベストアンサー

日本ALS協会近畿ブロックの関係者です。

在宅患者さんですね?

ナースコールとおっしゃいますが、音が鳴る部分はそのままで、スイッチだけをその患者さんが使えるものに変えればいいわけです(線を切ってつなぐだけですから)。

肝心のどんなスイッチが良いのかですが、それは、その患者さんの体のどの部分がどれだけ動くのか、という個人ごとの、さらにそのときの状態を見ないと決められません。
市販のフットスイッチ・タッチスイッチを使う、光スイッチを自作する……。
スイッチを取る場所も、足や指先の動きや顔もあります。

一度、日本ALS協会近畿ブロックにご相談になっては?
http://www011.upp.so-net.ne.jp/alsosaka/


人気Q&Aランキング