マンガでよめる痔のこと・薬のこと

1年前ここで私のガジュマルが水をやっているにもかかわらず、葉が黄色くなって枯れそうになっているのを「葉水」が必要と教えて頂き、無事にグングン回復して大きくなり、今では購入時の3倍くらいになりました。がしかし!また寒くなってからやつれ出し葉水もやっているのですが、日に日に弱っています。どすしたらいいのですか?皆さん冬場はどうしていますか?教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うちのガジュマルは、ハイドロカルチャーですが5年目突入で1mを超えました。



冬は、日中窓際に置いて十分に日光を当てています。
夜は窓際だと冷えすぎるので、部屋の真ん中らへんに置いてます。
寒暖が激しいと簡単に葉落ちします。
冬の葉水は、暖かい日中で軽く霧吹きで吹く程度にしています。
頻度は高くないです、週一くらい。

それと、購入時の3倍ともなると鉢が窮屈になっていませんか?
土かハイドロコーンの上に根がはみ出てきたら、もう限界なので大きい鉢に移してあげないといけませんよ。
小さい鉢は保水性も保温性も良く無いので、ガジュマルの大きさに合ったものに植え替えた方が良いと思います。
うちの場合、途中で植え替えを2回しました。

根っこが元気なら、無茶苦茶丈夫なのできっと大丈夫です。
元が暖かい地方の植物だと言う事さえ気をつけていれば、元気になると思いますよ。
    • good
    • 3

うちの子(3鉢)は、去年は毎日葉水してました。


今年は、ビニール袋を軽くかぶせているので、週一くらいです。
(ビニールと葉が触れないように支柱を立てます)

昼間は暖かい窓際で光をあてて、寝る前は窓の冷えが伝わらないように厚手のカーテンを引いて窓から離します。

確かに、#2さんのおっしゃるように、鉢がきついかもしれませんね。
うちのは15cmくらいですが、春から夏に1~2回植え替えます。

仮に葉が全部落ちても、葉水で春には復活しますので、頑張ってくださいね。

あと、私は去年水をやらなすぎで枯れかけました。冬は控えめ・・・って聞いて、控えすぎてしまったのです。やりすぎならともかく、その逆なんてないとは思いますが、一応、申し添えます。。。

春には可愛い丸い葉っぱが出ることを楽しみにして、お互い頑張りましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ポイントも付けたかったのですが先の方を優先させていただきました。鉢変えは去年の夏にやって今は縦横ともに40CM位あり添え木をしています。ビニールは私も考えていましたのでやってみようかと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/01/24 00:44

ガジュマルとか初耳でちょっと調べてみた程度ですがご参考あれ


ガジュマル君お大事に☆

参考URL:http://protozoa.blogzine.jp/diary/2005/06/post_1 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがじゅまるの木の育て方

沖縄からテーブルに置ける小さなサイズのがじゅまるの木を買ってきました
日の当たらない部屋の中の明るいところに置いて水をあげすぎないように、とだけ
書いてあったのでその通りにしてるのですが、一枚だけ葉が黄色になってしまいました。
その他の葉は青々しています。
枯れてしまう前兆でしょうか?
鉢がとても小さく土というより小豆大の土代わりのものが鉢に詰められてるのですが
しっかりした土を買うべきでしょうか?
土を買うとしても沖縄の環境に合わせた専用の土がありますか?
知ってる方いたら教えてください。
よろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

がじゅまるは丈夫なので、
葉が一枚黄色くなったぐらいではいきなり枯れたりはしません。

育て方は好みや管理法によるんですが、
その辺で売ってる普通の園芸用の土で問題ありません。
ハイドロと言って、底穴のない鉢に土代わりのモノを入れて
一定の深さまで水を入れて置き、水が減ったら足すという方法もあります。

普通の土で鉢植えにした場合、直射日光の当たる場所に置いても問題ありません
室内で育てていたものをいきなり日に当てると葉や芽が焼けて変色するこてがありますが
すぐに新しい芽が出てきますので、外見上以外は問題ありません。
水やりは、カラッカラに乾いたり常に沼状態でなければ別段気を遣う必要はありません。
背の高い鉢に入れて、鉢受け皿の上に置いて、皿に少し水を溜めておき、
それが完全に無くなったらあげるようにすれば、水やり時期が一目でわかるので簡単です

ハイドロなら、長時間直射日光に当てると中の水がお湯になってしまうの、で日陰でしかできません。

いずれにしても、寒さには弱いです。気温が10℃を下回らないように管理します
また、肥料はあげなくてもよく育ちますが、大きくしたいならあげてもよいです
多少あげすぎてもがじゅまる自体は問題ありませんが、鉢に虫がわくことがあります

要するに、丈夫だから寒さ以外はなんでもいいんです。

葉が黄色くなった原因は、水が足りなかったか多すぎたか、単に古くなった葉を落としてるだけですので、
いずれにしても一枚ぐらいなら気にしなくていいです。

がじゅまるは丈夫なので、
葉が一枚黄色くなったぐらいではいきなり枯れたりはしません。

育て方は好みや管理法によるんですが、
その辺で売ってる普通の園芸用の土で問題ありません。
ハイドロと言って、底穴のない鉢に土代わりのモノを入れて
一定の深さまで水を入れて置き、水が減ったら足すという方法もあります。

普通の土で鉢植えにした場合、直射日光の当たる場所に置いても問題ありません
室内で育てていたものをいきなり日に当てると葉や芽が焼けて変色するこてがありますが
すぐに新しい芽...続きを読む

Q葉が…黄色くなって落ちます

エバーフレッシュの葉が、黄色くなって落ちてしまいます。
日に日に落ち葉が増え、歯が抜けたような部分も多くなってきました。

冬の間は、こんなことも無く元気だったのですが…暖かくなって、これから新しい芽も芽吹く時に葉が落ちるのは、何のSOSでしょうか?

他の観葉植物・同じ場所にガジョマルパンダとカランコエが置いてありますが、ガジョマルは、新しい葉がどんどん芽吹き、カランコエは、春を感じると共に花が咲きました。
エバーフレッシュの新芽は、茶色で小さいまま(冬場から出てました)大きさも変わっていません。

お詳しい方、対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

僕もなんとなくですが  ちょうど葉の寿命がきた? 
黄ばんで落ちているのが 古い順に枯れている  去年でたような新しい葉はなんともないというのなら 生理現象で心配ない

根詰まりとか 肥料不足でも 葉の寿命を短くします

所で水やりは少し大目 乾かし過ぎないようにと
http://plantsguide.e-28.jp/pb-info-sim.asp?kensakumoji=969
ありましたが

カランコエは 比較的低温 乾燥気味が好みですし
ガジュマルも 耐寒性があり 乾燥にもある程度たえます
同じような管理では エバーフレッシュは 温度 水不足になりかねません
個別の細やかな管理が必要かも


鉢底から根が多く出ているようなら もう少し暖かくなってから 植え替え 鉢増し  根痛みしやすいようですので 根鉢は崩さずに 鉢底にとぐろを巻いている長ーーい根のみ切り詰めて 同じような用土で植え替えて見て下さい

Q葉が落ちたガジュマルの手入れは?

新築祝いでいただいたガジュマルの鉢があるのですが(けっこう大きい)、葉がぽろぽろ落ちてきました。ここで検索して葉水を与えることは分かったのですが、また葉は出てくるのでしょうか?大きいので玄関にしかおけないのですが、日が差し込む方向の葉はまだいいのですが少し陰になってる部分はすべて落ちてしまいました・・・。
室内、玄関もすべて24時間暖房で乾燥気味です。これがいけないのでしょうか?あまり水を与えてますます弱らせるのも怖いし、どのような世話をしたらよいのか分からないのです。
ぜひアドバイスをお願いします。ちなみに雪国で、外はかなりの積雪。外には出せません。

Aベストアンサー

>葉がぽろぽろ落ちてきました
葉が落ちたガジュマルの回復方法は葉水で湿度を保つことです。
ガジュマルは強い光を好む一方で耐陰性もあり冬期は室内でも冬越ししますが株は確実に弱っていますので春からはいきなり直射日光下に出さずに徐々に陽の光に慣らしながら葉水をよく与えることが必要です。
水遣りは生育期には用土が乾いたら底から流れ出るくらいたっぷりと与えると同時に必ず葉水をかけて湿度を保ちます。
葉が枯れ落ちる原因の多くは水不足でしかも原産地が多湿地帯で湿度を好むガジュマルには葉水は絶対不可欠です。
冬は水遣りを控え葉水を時々与えて湿度を保ちます。
肥料は夏の生育中のみ緩効性の置き肥か液肥をときどき与えます。
もし2、3年植え返していないとすると根詰まりで葉が落ちた可能性も有りますので梅雨時が適期でから1回り大きな鉢に植え替えることで復活させられるかもしれません。
また取り木か挿し木で増やすことができますのでチャレンジしてみては如何ですか。
下記サイトもご参照下さい。

参考URL:http://community.bloom-s.co.jp/blog/blog.cgi?Tk=55&Key=%83K%83W%83%85%83%7D%83%8B

>葉がぽろぽろ落ちてきました
葉が落ちたガジュマルの回復方法は葉水で湿度を保つことです。
ガジュマルは強い光を好む一方で耐陰性もあり冬期は室内でも冬越ししますが株は確実に弱っていますので春からはいきなり直射日光下に出さずに徐々に陽の光に慣らしながら葉水をよく与えることが必要です。
水遣りは生育期には用土が乾いたら底から流れ出るくらいたっぷりと与えると同時に必ず葉水をかけて湿度を保ちます。
葉が枯れ落ちる原因の多くは水不足でしかも原産地が多湿地帯で湿度を好むガジュマルには葉...続きを読む

Qガジュマルの木が・・・

盆栽サイズのガジュマルの木が枯れてきました。
水もちゃんとあげてるし。
日光にも当ててます。
何故でしょう?
葉っぱがポロポロと落ちてきました。
葉っぱが全部茶色になってしまいました。
誰か対処法を教えてください。
大切な人から貰った木なんです。
すみません、お願いします。

Aベストアンサー

>葉っぱがポロポロと落ちてきました
葉が落ちたガジュマルの回復方法は葉水で湿度を保つことです。
ガジュマルは強い光を好む一方で耐陰性もあり冬期は室内でも冬越ししますが株は確実に弱っていますので春からはいきなり直射日光下に出さずに徐々に陽の光に慣らしながら葉水をよく与えることが必要です。
水遣りは生育期には用土が乾いたら底から流れ出るくらいたっぷりと与えると同時に必ず葉水をかけて湿度を保ちます。
葉が枯れ落ちる原因の多くは水不足でしかも原産地が多湿地帯で湿度を好むガジュマルには葉水は絶対不可欠です。
冬は水遣りを控え葉水を時々与えて湿度を保ちます。
肥料は夏の生育中のみ緩効性の置き肥か液肥をときどき与えます。
もし2、3年植え返していないとすると根詰まりで葉が落ちた可能性も有りますので梅雨時の今が適期でから1回り大きな鉢に植え替えることで復活させられるかもしれません。
また取り木か挿し木で増やすことができますのでチャレンジしてみては如何ですか。

Qパキラの葉が黄色くなりました

ここ2年くらい職場においているパキラの葉が急に(ここ1週間以内)黄色くなり、落ち始めました。
特に場所の移動や、水を切らしたということはありません。

また、新芽も出ています。
全体の大きさは高さが30センチくらいです。
黄色くなっているのは割りと下のほうの葉です。

考えられる病気はありますか?
また、何かやってはいけないことなどありますか?

Aベストアンサー

葉が黄色くなったり落ちたりする原因としては、光線不足、肥料不足、
根詰まり、根腐れ、ハダニなどが考えられますね。

職場に置かれているようですが、何処に置かれているのでしょうか。
その場所の日当たりは、どの程度でしょうか。

肥料は時期内に与えられていますか。パキラも生きていますから、生き
ている限りは養分も必要です。生長期(活動を活発にして生育する時期
を言う)の5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下
さい。量は袋の裏側に書いてある量を施します。

鉢土は永久的に使用が出来ないので、植物の種類によっては1~3年に
1回は植替えが必要です。パキラの場合は2年毎の植替えが必要です。
時期的にはギリギリですから、根の状態を調べる意味でも植替えをされ
た方がいいかと思います。根を調べれば根腐れか根詰まりが分かります
から、職場の同僚の方と一緒に植替えをされて下さい。上司の方に事情
を説明されれば、必要な土や材料を購入するための資金を調達して貰え
るはずです。職場なら必要経費で落とせるはずです。

ハダニの場合は、葉裏を虫眼鏡で良く観察して下さい。もしハダニでな
ければ先ほどに書いた事が原因です。

水は切らした事が無いと言われますが、水は与えれば元気に生育すると
言う事はありません。基本的には9~10月と3~6月は、鉢土(鉢に
入っている土の事)が白っぽく乾いたら与えます。11~2月は鉢土が
乾いたら与えます。7~8月は水切れを防ぐため毎日与える事が基本で
すが、置き場所や環境や気候の変化で鉢土の乾き具合も変化するので、
この時期は天候に注意して水遣りを行います。
年間を通して同じ方法で水遣りをすると、決まって根腐れを起こし枯れ
てしまいます。

置き場所はエアコンを使用していませんか。エアコンの風が直接当たる
事は絶対に避けるべきで、どうしても避けれない時にはエアコンが効い
ていない部屋に移動させます。冷風に当たるだけで葉が黄色くなります
し、落葉だって起こします。
水遣りの他に霧吹きで葉水をしていますか。湿度が低めで乾燥している
部屋では、どうしても湿度不足になり葉が乾燥してしまいます。そのよ
うな時には、定期的に葉水をして湿度を高める工夫が必要です。これは
夏場と冬場に行います。

葉が黄色くなったり落ちたりする原因としては、光線不足、肥料不足、
根詰まり、根腐れ、ハダニなどが考えられますね。

職場に置かれているようですが、何処に置かれているのでしょうか。
その場所の日当たりは、どの程度でしょうか。

肥料は時期内に与えられていますか。パキラも生きていますから、生き
ている限りは養分も必要です。生長期(活動を活発にして生育する時期
を言う)の5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下
さい。量は袋の裏側に書いてある量を施します。

鉢土...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q風邪をひいたかな? ガジュマル

ガジュマルを鉢植えで育てています。これまで日のよく当たる外に置いていたのですが、この所の寒さのせいか最近元気が無くなり、葉が枯れた感じになりました。

そこで昼間は外に、夜は家の中(玄関)に移動させています。

ところで、春になると元気が戻ってくるのでしょうか?
葉っぱは、以前の様な濃い緑色になるのでしょうか?
何か、手当をした方がよいのでしょうか?

済みませんが、アドバイスをくれませんか?

Aベストアンサー

一見寒さに強そうなガジュマルですが、アイビー類やフィロデンドロン属やユッカ属ほどには寒さに強くはないです。
4℃以下にするのはよろしくないようで、半耐寒性植物というところでしょうか。
5℃以上を保てるならば暖房までは必要ありませんが、雪や霜の影響がありそうな日や寒波が襲ってくるような日は、早めに室内へ取り込まねばいけません。
本来は日当たりを好む性質ですが、耐陰性はありますから、玄関が曇りガラスやスリガラス越しぐらいの日照があるようでしたら、冬期はそのまま玄関置きでも構いません。この場合は4℃以下にならない所が条件になります。

それでも寒さにからきし弱いという訳ではなく、2、3日ぐらいならば耐える力は持ってはいますが、画像からは大分長く厳しい寒さに合わせたようですね、限界まで来たようです。
しかし画像からは完全にダメになった事もないようです。芽吹きは良い方ですから、枝が枯れなければまた芽吹くでしょう。枝が簡単に折れず弾力性があれば、まだその枝は生きています。
鉢土は乾かし気味で結構です。根もやられていないでしょう。

しかしダメージを受けていますから、今は静養が肝心です。春までは直射日光にも当てず明るい日陰ぐらいです。急激に暖かい所に置くのも変調をきたしますから避けた方が良いでしょう。
鉢土も乾かし気味で水遣りも控え気味にします。肥料や栄養アンプルも与えません。
つまり今までとの違いは、最低温度を5℃ぐらいまで上げてやる、直射日光には当てないという事です。3月いっぱいまで静かに安静させましょう。

平均気温が20℃ぐらいになれば生長期に入りますから、徐々に水遣り回数を増やして行きます。4月に入ってからですね。
日光にも2週間ぐらいかけて慣らして行きます。明るい日陰に5日、大変明るい日陰に5日、午前中だけの直射日光に4日という具合です。
春から初夏、秋は十分に直射日光に当てます。盛夏は大変明るい日陰ぐらいの方が良いでしょう。盛夏にガンガンに日光に当てると葉の色が少し薄くなるような気がします。
春から秋にかけて緩効性の肥料を置き肥します。薄い液肥と併用しても構いません。あまり施肥量が多過ぎると枝が伸びすぎたり、葉が茂りすぎたりしますが、生長期において十分な日照量と肥料を与える事によって丈夫になり、冬の耐寒性が増します。
なお剪定は生長期(4月~10月)においていつでも可能です。

補足。
ガジュマルの大きさに比べて鉢がひと回りは大きいようです。
鉢が通気性の良い素焼き鉢(テラコッタ)ならば特に問題はないかとは思いますが、通気性の悪い鉢だと鉢土が多すぎて過湿になり易いです。
過湿にすると葉に小さな斑点状のものが複数生じる場合があります。多分「べと病」ではないかと思われます。致命傷にはなりませんが、ガジュマルは鉢土の過湿は嫌います。
小さな鉢に植え替えられるならば、時期的には4月下旬から5月上旬あたりがよろしいでしょう。寒冷地ならば5月中旬から下旬です。

一見寒さに強そうなガジュマルですが、アイビー類やフィロデンドロン属やユッカ属ほどには寒さに強くはないです。
4℃以下にするのはよろしくないようで、半耐寒性植物というところでしょうか。
5℃以上を保てるならば暖房までは必要ありませんが、雪や霜の影響がありそうな日や寒波が襲ってくるような日は、早めに室内へ取り込まねばいけません。
本来は日当たりを好む性質ですが、耐陰性はありますから、玄関が曇りガラスやスリガラス越しぐらいの日照があるようでしたら、冬期はそのまま玄関置きでも構いませ...続きを読む

Q<妊娠もあり得る?>体温低下で生理が来ると思ったら翌日上昇

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝、36.46度迄上がっていました。
これ迄生理前の体温は、必ず徐々に、又は急激に下がる一方で、決して直前に一旦又上がってから生理がくる事はありませんでした。

■生理かと思う位体温が下がったのに妊娠していた、という事がある方、聞いた事がある方のお話をお聞かせ下さい。
これで生理が来ても参考にさせて頂いて、今後、ドンと構えていられるようにしたいなと思っています。

生活が不規則のため、計る時間がマチマチです。
(10/16迄の周期平均…低温期36.18度、高温期が36.63度)
10/13 周期24日 高温 11日目 36.77 (毛のう炎(湿疹みたいの)が腹/太股/二の腕に沢山)
10/14 周期25日 高温 12日目 36.81 ↓
10/15 周期26日 高温 13日目 36.55 ↓
10/16 周期27日 高温 14日目 36.65 ↓ (断続的に胃~喉がムカムカ)
10/17 周期28日 高温 15日目 36.24 (右耳に膜が張ったような感じで聞えにくくなる事も)
10/18 周期29日 高温 16日目 36.46 (ダメ元の検査薬…陰性)
-------------------------------
9/15 周期23日 高温9日目 36.68
9/16 周期24日 高温10日目 36.87
9/17 周期25日 高温11日目 36.48
9/18 周期26日 高温12日目 36.45 (体温調節困難/手足のしびれ)
9/19 周期27日 高温13日目 36.37 (膣?周辺が縦にチクチク痛)
9/20 周期1日 低温1日目 36.25 (生理)

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
このグラフ妊娠した時に病院へ持参しました。
その後数回持参しましたが、
先生何も言わなかったですよ。
しいていえば、「このあたりが排卵かな?」と
34日~35日あたりを指差しておっしゃったくらいです。

のんびり構えていると案外妊娠したりするので(私は2回の妊娠がそうでしたから)のんびり赤ちゃんが来るのを待っていてくださいね。

Q挿し木からガジュマルを育てる

挿し木からガジュマルを育てようと思っています。
もう挿し木は春のうちにしてあるのですが、この写真のようにまっすぐ大きく育てるにはどうしたらいいのでしょうか?
また、穂木は若い芽の先端を使用しているのですが、頭は切ったほうがいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

画像のものは、そのサイズの原木を根出しや芽出ししたものです。
ドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の樹)やユッカ・エレファンテペス(青年の樹)と同じ要領です。
多分、冬でも暖かい亜熱帯の東シナ海流域の島で生産されたものかも知れません。
日本本土では冬がありますから、この期間は休眠期(11~3月)で、これらの地域で育てられたものよりは幾分成長スピードはゆっくり目ですが、ガジュマルは元々成長は早い方です。

ガジュマルは日光を好みますから生長期(4~10月)において、屋外で十分に日光に当てて育てるようにしましょう。
盛夏は少し遮光、あるいは大変明るい日陰に置いた方が良いかもしれません。葉焼けするほどではないですが、葉の緑が少し薄くなる傾向があります。
併せて生育期は緩効性の置き肥を与え、週に一度薄い液肥を水遣り代わりに与えます。
日光と肥料を十分に与える事によって、1年で幹はひと回り太り、株も一段と大きくなります。気根も沢山出しますね、元気の良い証拠です。
向光性(光に向かって幹が傾く)も多少ありますから、時々は鉢を回してやりましょう。
幹を早く太らせたいならば、整枝剪定はあまり行わず、ボサボサ状態の方が太りは早いです。徒長枝だけ少し切り詰めます。

画像のものは、そのサイズの原木を根出しや芽出ししたものです。
ドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の樹)やユッカ・エレファンテペス(青年の樹)と同じ要領です。
多分、冬でも暖かい亜熱帯の東シナ海流域の島で生産されたものかも知れません。
日本本土では冬がありますから、この期間は休眠期(11~3月)で、これらの地域で育てられたものよりは幾分成長スピードはゆっくり目ですが、ガジュマルは元々成長は早い方です。

ガジュマルは日光を好みますから生長期(4~10月)において、屋外で十分に日光に当...続きを読む

Qガジュマルが大丈夫か心配です

今月の半ばに、友人からガジュマルを頂いたのですが
ここ数日で、少し根が白っぽくなってきたんです。

土も全然乾く気配がなく、湿ったままで、鉢植えの状態で貰ったのですが
鉢の底には、穴が開いてませんでした。
このままでは根腐りしてしまうんじゃないかと心配で
色々ネットで調べてみて、とりあえず今日植え替えをしてみました。

写真の左にあるのが、もともと入っていた鉢です。
「教えてGoo」にアップしてみたら、写真は何でかちょっと横に伸びてます。。
ガジュマルの葉っぱは青々としてます。


鉢から取り出したガジュマルは、水の中で根の周りの土を取り
新しい鉢には、観葉植物用の土と、ゼオライトを使用しました。
ガジュマルを入れて、水をたっぷりあげて、しばらく待ってお皿に出たお水は全部捨てました。
これで大丈夫でしょうか?

調べていたら、メネデールとゆう物を皆さん使っているみたいなのですが
私が土や鉢を買いに行ったのは100均でして、メネデールも探したのですが
見つからなくて、買ってこなかったのです。。
メネデールとは書いてなかったけど、活力剤って書いてあった液体で良かったのかな?
植物を育てるのは初心者でして。。。(><;)
あった方がいい物なら、ネット通販とかもあるみたいですし、買ってこようと思うのですが
植え替えの直後を過ぎてしまった後でも大丈夫ですかね?

あと、私も旦那さんも暑がりで夜はずっとエアコンつけちゃってるんですけど
これもガジュマルにはよくないですよね・・?一応設定温度は28度にしてるんですけど
この事もちょっと心配です。

すいませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

今月の半ばに、友人からガジュマルを頂いたのですが
ここ数日で、少し根が白っぽくなってきたんです。

土も全然乾く気配がなく、湿ったままで、鉢植えの状態で貰ったのですが
鉢の底には、穴が開いてませんでした。
このままでは根腐りしてしまうんじゃないかと心配で
色々ネットで調べてみて、とりあえず今日植え替えをしてみました。

写真の左にあるのが、もともと入っていた鉢です。
「教えてGoo」にアップしてみたら、写真は何でかちょっと横に伸びてます。。
ガジュマルの葉っぱは青々としてます。


鉢か...続きを読む

Aベストアンサー

植替え前の鉢底に穴があいていなかったので根腐れの原因には
なりやすいと思います。

メネデールは確かに植替え時にやってもいいようです。

植え付け前に100倍液に浸すか、植え込み直前に100倍液でかん注します。
その後の水やりに続けてお使いください。

となっていました。

参考URL:http://www.menedael.co.jp/product/product01/home/index.html


人気Q&Aランキング