ある学会に講師を呼び、講師に対して講演料を10万円支払う場合、これは報酬にあたり報酬支払い調書を税務署に提出しなければいけませんよね?この際、源泉徴収もしなければならないのでしょうか?定期的ではなくこのような単発のような場合にも源泉徴収義務者にあたるのでしょうか?源泉徴収義務者はあらかじめ登録のようなものが必要なのだと勝手に思っていたのですが、ある一定額の報酬を支払った者は源泉徴収義務者になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再び#3の者です。



>まず、支払い調書を講師に渡し、もう1枚を税務署に提出し、翌月10日までに源泉した所得税を税務署に納付するのですよね。それだけでいいのかと思っていたのですが、手引きを読むとこの調書の他に法定調書合計表なるものも提出しなければいけないみたいなのですが、これは1年に1回報酬を払ったうちのような場合にも合計表の中の報酬の欄だけ記載して翌年の1月までに1年分として税務書に提出するということなのでしょうか?

そうですね、ただ、支払調書について、税務署に提出しなければならないのは、1年間の支払金額の合計額が5万円を超える場合ですから、それより少なければ、必ずしも税務署には提出しなくて良い事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7431.htm

それと、講師の方へ渡す分ですが、給与所得の源泉徴収票の場合には、支払った相手へ必ず発行すべき事となっていますが、報酬等の支払調書については、支払った相手へ発行すべき旨は定められていませんので、必ずしも発行しなくても問題にはなりませんし、確定申告の際にも、支払調書の添付は要件とはなっていません。
ただ、発行してあげた方が親切とは思いますが。

法定調書合計表ですが、これは基本的に所得税法上で定めているものではなく、支払調書に添付して提出するようになっていますので、給与の支払いがなくて、単発の報酬のみであれば、必ずしも提出しなくても良さそうな気はしますが、税務署にご確認されるべきものとは思います。
(おそらく提出するように言われるとは思いますが)
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/an …

>相手はそれと勤務先の行なう給与の源泉徴収表を持って確定申告するということですか?

その通りです。
但し、その方が給料について年末調整されていて、かつ給与以外の所得が20万円以下であれば、必ずしも確定申告しなくても良い事となります。
ただ、確定申告されれば、還付が見込まれる場合もあるとは思いますので、その場合は確定申告された方がお得という事になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、これで何となく流れを理解できたと思います。丁寧なご説明ありがとうございました。すごく参考になりました。

お礼日時:2007/01/26 10:15

そもそも、ご質問の趣旨は、源泉徴収の対象になるか、ではなく、源泉徴収義務者に当たるか、という事ですよね。



源泉徴収義務者に該当しなければ、たとえ源泉徴収の対象となる報酬であっても、源泉徴収の必要はない事となります。

要は、講師に対して講演料を支払う者が、誰なのか、どういう形なのか、によって変わってくるものと思います。
(もちろん、講演料を支払う相手先は個人に限って源泉徴収の対象となることとなりますが)

もしも、講演料を支払う者が個人であれば、次のサイトにあるように、誰も従業員を雇っていなくて、給料の支払がない方であれば、源泉徴収義務者とはなりませんので、源泉徴収の必要はない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm

それ以外の法人等については、基本的に源泉徴収義務者に該当する事となります。
その支払うのが学会との事ですが、法人格を持っているのかどうかはわかりませんが、任意の団体のようなものであったとしても、いずれにしても個人には該当しませんので、源泉徴収義務者に該当するものと思いますので、たとえ単発のものであっても、源泉徴収すべきものと思います。

給料でなく、報酬のみの源泉徴収であれば、特に届出等も必要ないものと思います。
ただ、納付書の用紙をもらってきて、支払った日の翌月10日までに源泉所得税を納付し、翌年1月末までに支払調書や合計票を提出すれば良いだけと思います。

この回答への補足

 みなさん回答ありがとうございます。代表してkamehenさんに補足を書かせて頂きます。当学会は任意の団体なのですが、やはり源泉徴収義務者になるということですね。まず、支払い調書を講師に渡し、もう1枚を税務署に提出し、翌月10日までに源泉した所得税を税務署に納付するのですよね。それだけでいいのかと思っていたのですが、手引きを読むとこの調書の他に法定調書合計表なるものも提出しなければいけないみたいなのですが、これは1年に1回報酬を払ったうちのような場合にも合計表の中の報酬の欄だけ記載して翌年の1月までに1年分として税務書に提出するということなのでしょうか?相手はそれと勤務先の行なう給与の源泉徴収表を持って確定申告するということですか?

補足日時:2007/01/25 10:47
    • good
    • 0

『報酬、料金、契約金、及び賞金の支払調書』についての質問ですね。


講演報酬ということになると料金の10%が源泉徴収税額になるようです。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5151/ …
ちなみに書き方例はこちら↓
http://www.nta.go.jp/category/pamph/houtei/h18/0 …
手引きの10ページのところを見てください。
税務署提出用と支払った人用と作成し、講師の方にも支払調書をお渡しください。確定申告時に必要になります。
    • good
    • 0

10万円の10%を源泉徴収するようです。


詳しくは、下記のサイトをご参照ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2795.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収税について。セミナー講師への一般報酬。

お世話になっております。
源泉徴収について、わからない点があるので教えてください。

いつも、利用している、セミナー講師(個人)に、報酬を払う際は、

講師料と、セミナー会場までの交通費を源泉徴収して支払っております。

報酬5555交通費2222源泉▲777 支払額7000円といった感じです。

今回、セミナー講師が、逆に当社の講習を受けたいといってきたので、
講習料は無償で、かつ当社までの交通費を支払うことにしました。

一応、毎月お世話になっているセミナー講師への支払なので、交通費
分を源泉徴収しなければいけませんでしょうか?
ご回答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>職種で判断するという事ですと、税理士という職種に当たる個人への支払は、全て源泉の必要があるという事では…

職種には「職業」と「職務の種類」の 2つの意味があります。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BF%A6%BC%EF&kind=jn&SH=1&from=gootop

この場合は、「職務の種類」です。
紛らわしい言葉を使って申し訳ありません。

もし、あなたがその税理士の事務所に出向いたとして、そこでコピー機を借りたらコピー代から源泉徴収して支払うのですか。
そんな馬鹿なことはありません。
【文書の複写】という「職務の種類」が先の URL に載っていないからです。

同じように、【講演の聴講】が先の URL に載っているかどうかお調べくださいと申しました。

>無償で提供したセミナーへの交通費…

100円の電車賃がかかるところ、本当に 100円しか払わないのではなさそうですから、名目は交通費であっても実態は【講演の聴講】に対する報酬です。
税理士本来の職務に対する報酬ではありません。

>職種で判断するという事ですと、税理士という職種に当たる個人への支払は、全て源泉の必要があるという事では…

職種には「職業」と「職務の種類」の 2つの意味があります。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BF%A6%BC%EF&kind=jn&SH=1&from=gootop

この場合は、「職務の種類」です。
紛らわしい言葉を使って申し訳ありません。

もし、あなたがその税理士の事務所に出向いたとして、そこでコピー機を借りたらコピー代から源泉徴収して支払うのですか。
そんな馬鹿なことはありません。
【文書の複...続きを読む

Q社外講師による研修報酬の源泉徴収

社外の講師(個人)を招いて、電話応対やそのマナーの研修を行いました。その際の報酬の源泉徴収について教えてください。
請求の内容は、
研修費  150,000円
消費税    7,500円
諸経費   20,000円(交通費などの実費)
合計 1,775,000円
でした。
この場合、研修費150,000円に対してのみの源泉徴収を行えばいいのでしょうか。
源泉徴収の問答集などを見ると、講演会の報酬は対象となっていますが、研修会の報酬という言葉が出てきませんでした。研修の報酬は源泉徴収の対象外という事はないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

講師の報酬の他に、交通費を支払った場合、実費支給であっても本人に支払った場合は、源泉徴収の対象となりますから、17万円に対して源泉徴収を行ないます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~zeirishi-405/syotokuzeikaitoy-4.html#93

Q報酬の源泉徴収義務について・・・近年変化がありましたか?

こんばんわ。
報酬に関する源泉徴収義務について・・・近年なにか変更がありましたでしょうか?

ちらっと聞いた話では【通訳】は【翻訳等】と違って源泉徴収義務が無かったのが、10%源泉徴収しなければならなくなった・・・とか。

法人本部の実務家から「給与に該当しない報酬は全て10%の源泉徴収が必要」と聞かされて、目がテンになってしまいました。
講師謝礼金はともかく、委員会出席謝礼(交通費程度)やカウンセラーへの報酬、産業医への契約報酬に源泉徴収が必要だったのでしょうか?

税法が変わったのに私がボーっとしていて知らないままなのか?本部の実務家の知識が偏っているのか?どちらでしょうか?
・・・両方かも?
(尚、「全て10%」と表現しましたが年間報酬が100万円以下の場合です)

Aベストアンサー

1.平成19年度の改正により、源泉徴収の対象になる報酬・料金の範囲に通訳料が追加されました。平成19年7月1日以後に支払うべき通訳にかかる報酬・料金について適用されます。

2.「給与に該当しない報酬は全て10%の源泉徴収が必要」は間違いです。源泉徴収すべき報酬・料金は限定列挙ですから「全て」ではありません。個別には税務署にご確認ください。

3.10%の税率が適用されるのは、年間ではなく、1回に支払う金額が100万円以下の場合です。

Q報酬支払時の源泉徴収について

重複内容の質問もあるようですが、明確な答えを把握することができなかったのであらためて質問させて頂きます。

私の勤める会社では社外のクライアントに対してコンサルティング業務を行うような社員(?)がおります。実際には雇用契約ではなく「業務委託契約」となっておりますので、社員というよりはあくまでも外注先となるかもしれません。
実際の業務は、一般の社員と同様に社内で行っておりますが、毎日出社する訳ではなく、1週間のうちの何日間かという勤務(業務)形態です。
このような者の場合、会社が報酬を支払う際の源泉徴収の額はどのように判断すればよろしいでしょうか?

所得税法の204条には、細かく内容の区分が明記されているのですが、前述のような内容は書かれておらず、判断に迷っております。

どうぞ、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>会社が報酬を支払う際の源泉徴収の額はどのように判断すれば…

「社外のクライアントに対してコンサルティング業務」が、具体的にどんな職種なのかよく呑み込めませんが、参考URLの中に該当するものがあれば、それにしたがってください。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4135/05/01.htm

>細かく内容の区分が明記されているのですが、前述のような内容は書かれておらず…

該当する職種が載っていなければ、源泉徴収する必要はありません。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。http://www.taxanswer.nta.go.jp/2792.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q外交員などに報酬・料金を支払う場合の源泉徴収のしかた

外交員などに報酬・料金を支払う場合の源泉徴収のしかたは基本的に以下のようになると思います。

(報酬・料金の金額-控除金額)×10%

この計算により円未満に端数が発生した場合、端数はどのように処理したらいいのでしょうか?賞与などと同様に1円未満切捨てでいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 計算後の円未満の端数については、切捨てで処理をすることになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報