JRAでは、8ケ間を1開催とするというルールがあったと思うのですが、今年の正月開催は、7日間で終わり、関東では中山から東京に移るようですね。ルールが変わったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2006年に競馬法施行規則が改正されて柔軟な日程が組みやすくなりました。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%9D%AF
http://d.hatena.ne.jp/wao_o/20061002/p1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今年から、ルールが改正で今回のようなことができるようになったのですね。この回答をお待ちしていました。年間で開催日数の帳尻があえば問題ないでしょうから。むりに平日開催にしなくても。
でも来年の金杯はいつになるのか気になるところ。今年は6日が土曜なので無理に5日金曜にしなかったのが正解のようで----また以前のように15日成人式や、ある週の月曜に無理に開催することは無いですから。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/25 18:18

府中在住、家族にJRA関係者がいます。


今までは5日はかならず金杯で、しかも平日にもかかわらずやっていました。
それが暗黙の了解でした。
5日が平日ならば、もう1日平日に開催して、第1回中山開催は8日開催していました。

しかし、近年は平日開催をしても売り上げが見込めないので、平日分を休日(月曜が休日となる日)のどこかに振り返ることをしていました。
それが1月の成人式の日だったり、9月だったり10月だったりということです。

今年の開催スケジュールで、トピックが2つあります。
一つは伝統の5日の金杯をやめたこと、もう一つは、5/6にに東京で競馬を行うことです。
5/5夜~6日にかけて、東京競馬場のある府中市で、夜通し行う大きなお祭りが開催されます。競馬場の周りの道路で太鼓等々が夜通し練り歩きます。
その神社は東京競馬場のすぐそばにあり、双方の来場者で混乱するため、府中市・府中警察・JRAの取り決めで、6日が競馬開催日になる場合は、月曜への振り替えをしていました。(過去のスケジュールをご覧いただけると分かります)
しかしながら、今年は6日に強行することになりまして、太鼓通っている間は馬運車は通れないし、現場ではどうするの?という声が上がっています。

現在JRAは売り上げの確保に必死ということでしょう。

長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地元の○○神社の大きなお祭りがありますね。確かに振り替えがありました。

お礼日時:2007/01/25 18:14

足りない1日を、10月6~8日の3日連続開催に振り替えています。


4回東京と4回京都は9日間あります。
http://www.jra.go.jp/keiba/calender/oct.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年間トータル開催日数は同じでも、開催毎の日数を、7日間がある分、9日開催のときもあると----ルールが変わったのか、元々柔軟に施行できるルールだったのか。
早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/24 11:50

今年はたまたま金杯が重なったからでは


ないでしょうか。
(素人なのであてにしないでください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

従来は、金杯は1月5日(曜日に関わらず)で、その1日よけいな分を、以前15日成人式の日に開催したり、まれに1月の月曜日開催にして土日月3連続開催日にしたりと、無理して8日間開催に調整していたようです。ファンとしては、無理することは無いと思いますよね。重要な重賞がるような開催で無いので、カットして違う時期にその1日を回すのはファンの立場としては全く問題ないでしょうね。
回答多謝。

お礼日時:2007/01/24 11:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング