gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

長年の疑問ですが、

ビートたけし師匠が、当時の愛人:細川フーミン宅へ、
スクーター(飲酒運転)で向かい、
事故って『顔面崩壊』した事件での疑問です!
その後、
一時退院して、記者会見で見た、たけし師匠の顔面は物凄い状態でした・・・。が、
その後、リハビリして、
TV復帰した時は『見れる顔』まで復帰してました。
あそこまで復帰させるとは、
現代の整形医学は、進んでると関心したものです・・・。

長年の疑問ですが、
ビートたけし師匠は、ズラ(植毛)なのでしょうか?
復帰当初は『オールバック』で、
座頭市の役作りで『単発の金髪』にして、
その後、
何時見ても、同じ長さの髪型なので、いつも疑問に思ってます。
現代の整形医学で、毛根まで復活させる事は可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>一時退院して、記者会見で見た、たけし師匠の顔面は物凄い状態でした・・・。

が、
その後、リハビリして、
TV復帰した時は『見れる顔』まで復帰してました。
あそこまで復帰させるとは、
現代の整形医学は、進んでると関心したものです・・・。

まず申し訳ないが、基本認識から違うと思います。

確かに記者会見でのたけしさんの顔は右半分が麻痺していました、ですがご存知だと思うのですが、たけしさんが顔面修復の整形手術をしたのは「あの会見の前」までで終わってるはずです。
あの会見の(質問者さんの言われる)「物凄い状態」は『術後』であり、(たけしさんや他の関係者の方からすれば)あの状態で(それまでの想像を絶する状態に比べれば)既に『信じられないくらい』に顔は治っています。

ではなぜ、(質問者さんの言われる)「物凄い状態」に見えたのか、(これも充分にご存知だと思うのですが)「それでも、まだ」顔面の右半分が『神経麻痺』していたからに他なりません(整形手術と神経回復は別の問題です)。
質問者さんも質問文中で書いている通りに、その後『神経麻痺の回復のため』の「リハビリ」をしたのです(現在を見ても完全には回復していませんよね。そんな事はたけしさんの才能には何の関係も無いけど)。

また実際には担当医の意向としては、もう一つ少し大掛かりな神経修復手術をたけしさんに薦めていたようですが、(それによってより確実に神経回復できる可能性が無くは無かったのだが)たけしさん自身が熟慮し判断し、「あえて」それを断ったようです。
理由は(少しうる覚えだが)「(実際にミリ単位で回復できるといわれる)神経を自身で治す」や「治療法の全てを医者に頼らない、自分で判断する」といったようなことだったと思います(あと少しどこかで完全回復を望んでいない」傷を負った自分を覚えておくため?といったようなこともあったような・・・)。

まさに(いろんな意味で)「ビートたけし」らしい決断です。

あと「長年の疑問」の方ですが
ご承知のように、たけしさんは(映画のための金髪とは別に)それ以前からも、現在も髪は染めています(と言うか、染めないと40代の時から白いのが目立つようです)。
初めの頃は黒に染めてましたけど、40代後半から歳相応に・・くなっていき茶系になったのだと思います(当然現在も目立ちにくいが歳相応に・・いです)。

少なくとも30年以上たけしさんを見てきたものからすれば、『極普通の歳相応』であって、いっしょに行動ともにしてるワケじゃないので、(1日の大半のTV撮影時以外の時間に)髪が伸びたら掛かり付けの人が切ってるんだろうし、もともと髪型どうこうの人じゃないし(それこそオールバックにしてたときは、毎回のように寝癖状態でTV出てたし)、髪の長さがいつも同じ(ですか??)でも不思議にも感じません(そんな事言ったら、さんまさんも紳助さんも10年以上同じだし、キリが無い)。

また、歳相応に薄くなろうがどうなろうが、「ビートたけし」のタレント性に何も関係ないし、魅力にも影響も無いので、まずそういったこと(カOラ)はしないでしょう。

また、あの人を少しでも知ってる人なら誰でも解ることなのですが、そういった類のこととは『全く違う』モノで、(芸能界をも含む)日本史に残る『ビートたけしという稀代の芸人』になった人ですから。
もう一ついえば「そういったこと」は、たけしさんの好まない「品のない」行為ではないでしょうか。

この回答への補足

突然に昔の事を、想い出したのですが、
バイク事故を起す前から、たけし師匠の『頭頂部』は、少し薄かった と言う記憶を想い出しました。
バイク事故以後 髪の量が増えた気もします。
ひょうきん族・元気が出るテレビ・スーパージョッキーは、毎週欠かさず見てました。
長年の疑問ですので、晴らして下さい・・・。

補足日時:2007/01/26 04:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも、有難う御座いました。
自分の質問が、ややこしくてスミマセン。

簡潔に言うと、
フルフェイスを被って事故に逢い、ヘルメットが滅茶苦茶 と、記憶してます。
その時点(回復手術)で、
頭髪には問題は無かった と言う事を、質問したかったのです。
自分の質問が、ややこしくてスミマセン。

お礼日時:2007/01/25 01:20

#1です。



他の情報が無いようなので、(私もほとんど変わりませんが)また失礼します。

>突然に昔の事を、想い出したのですが、
バイク事故を起す前から、たけし師匠の『頭頂部』は、少し薄かった と言う記憶を想い出しました。
バイク事故以後 髪の量が増えた気もします。
ひょうきん族・元気が出るテレビ・スーパージョッキーは、毎週欠かさず見てました。

私も毎週欠かさず見てました^^

ですが・・、前回も書いたのですが
<正直、こういったことを細かく記述するのは本意ではないのですが>
たけしさんは40歳代(半ば?)くらいから『歳相応に』薄くなってきました(「歳相応」で、意識してそこを真上からよく見たら地肌が少し見えるかな?程度です)。
それから申し訳ないが、「バイク事故以後 髪の量が増えた気・・」は、私は『一切、感じません』。
現在も相変わらず 『歳相応』です(こんなことを贔屓目に言ってもしょうがないですから。彼はルックスが全ての子供の一時のアイドルではありませんので)。
もちろん、同時期くらいから「茶系」に染めて変化はしてましたが、(これも前回書いたのですが)そもそも、そのずーッと前から髪は(黒に)染めてますし(ラジオや「北野ファンクラブ」でも時間が無い?とかの理由で番組中に染めてたりもしました)、染めなければかなりの部分が真っ白なようです(これはお父上の髪を見ても納得できますし、正直どうでもいいことです)。

ようするに、今現在も『歳相応』に薄いですし、そんなことは彼のファンはどうでもいいことですし、、たけしさん自身も隠れてそんなことするくらいなら、再手術(担当医や事務所スタッフが強く薦めてた「より確実で確率の高い回復可能な神経障害の修復手術」)をされた方が、よりルックス的には昔に戻れるでしょう(それに意味を見出せるかどうかを、判断するのは彼自身ですし、彼の魅力はそういう思考をも含めたものですし)。

また今回のご質問を機に、御本人及びスタッフの闘病記とも言える『顔面麻痺』を再読したのですが、やはり頭髪部のケガについての記述は(スタッフ日記を見ても)どこにも全く見受けられません。また、それを隠す必要も理由も考えられません。
というか、事故では右まゆ辺りから下の顔面に障害を負ったと(他、会見やメディア発表でも)のであり、脳機能的には全く障害が見られなかったようですから(だから軽い事故だったと言う事では全くありません、一歩間違えば植物状態か、向こうの世界だったようです)。

よって、事故により頭髪部の一部を痛め、そこを手術やカOラでうんぬんなど、状態から言っても考えられないし、仮に(100万歩ゆずって)ごく一部を事故の裂傷か何かで失って、何らかの修復処置をしていたとしても、彼が日本史に残る人物となり得た、これまでの生き様や功績を考えても、『それを隠す理由』が全く見つかりません。

と、あえて質問者さんの疑問に私がお答えさせていただくなら、こういったことになりました。
これは、30年ほど彼を見てきた私の、公表されているメディア等を通じた私の見解であり、
私は、私の持つ見解に疑問も持ちませんし、疑問を持つ理由も見当たりませんし、それを探求しようとも思いません。

理由は、それまで彼に魅せられた者にとって、それが彼の魅力や残してきた事の大きさに何の関係も無いからです。

あと、たけしさんが被っていたヘルメットは、ハーフタイプだったはずですよ。
フルフェイス被って、メットが滅茶苦茶になるような単独事故を起こしてたら、まず生還は有り得ないのではないでしょうか。

参考にしていただけたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は10数年間、たけし師匠はズラだと思って来ましたが、
やっと、疑問を晴らす事が出来ました。
誤解をしないで下されば、
私はズラを被ってる方を『否定』してる訳では有りません!ので、
毎朝、小倉サンのTVを見てますし・・・。

お礼日時:2007/02/07 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【北朝鮮】何故、内乱が起きないのか?

ご覧いただきありごとうこざいます。

最近テレビで「脱北者が増えている」という特集番組を目にしました。
そこで疑問に思ったのが、

●何故、政府に対抗し反乱しようとする人が出ないのか?

ということです。
皆様はどのようにお考えですか?


※歴史・社会的に常識なことかも知れませんが、何せ知識が浅いので、それも踏まえてお答えいただきたいです。

Aベストアンサー

内乱を起こすには、それなりの準備と武器・そして通信手段などが必要です。

北朝鮮は先軍政治と呼ばれる特殊な形態で、軍を政治の重要部局に当てるようにしています。つまりへ移民である文官よりも権力が強く、軍は直接的に「将軍様」と呼ばれる金書記長に忠誠を誓っています。
逆をいえば、これが代々の金王朝の権力の源であって、金日成・金正日・金正恩と3代に渡って権力と国家を維持できている理由です。

つまり金将軍は、各地を統括する軍上層部に、それなりの権力をあたえ、軍部がうまい汁を吸えるようにすることで、軍によるクーデターを抑えているのです。

内乱はクーデターの形を取ることが多いのですが、うまくそれを押さえ、また逆に金王朝が何らかの原因によって倒れることがあれば、いままでうまい汁を吸っていた軍上層部も共倒れになる構造にすることで、軍部が必死になって、内部(たとえば理想に燃える青年将校とか)クーデターや庶民による内乱を抑えることになるわけです。

ちなみに、この形は戦前の日本の統帥権を参考にし、さらに2.26事件とか5.15事件なども参考にしている、と言われています。北朝鮮が核実験を強行したりミサイルを飛ばしたりするのは、軍部のガス抜きが時々必要になるからだとも言われています。


また、内乱というか革命は市民から起きることも多くあります。北朝鮮についていえば、隅々まで軍部の目が光っていること、庶民が連帯するところまで資金や武器などがそろえられないことが大きいでしょう。また、他の方が書くように優秀な人はピョンヤンに集められていますので、地方に住む住人は家畜同然に監視されているので、革命を起こすのはむずかしいでしょう。

またピョンヤンに住むエリートは軍上部と同様、不自由のない生活をしていますので、革命を起こしてわざわざ自分たちの身分を不安定にすることは望まないのです。

さらに、大きな枠組みを見てみると北朝鮮をとりまく周辺国はどこも「北朝鮮が革命やクーデターで不安手になることを望まない」という事情があります。これにより、北朝鮮国内にあるであろう政治の不満分子に援助や協力が行なわれないことになります。

韓国では、統一はしたいもののクーデターが起きたり革命が起きたりするのは困ります。それが朝鮮半島全体に広がるような内戦に発展する可能性も高いですし、鎮圧に中国が乗り出してきたら韓国の命運も危うくなるからです。

また中国やロシアも困ります。韓国というアメリカと同盟を結んでいる国と「北朝鮮」という緩衝地帯を挟んでつながることで、ここに軍事力などを集中しないですんでいるのに、内乱が起きて統一朝鮮が生まれそれがアメリカと同盟を結べば、国境警備に力を入れざるを得なくなるからです。

またアメリカや日本もまったく同じで、北朝鮮があるから中国やロシアと一定の距離を保って監視ができるのです。統一朝鮮ができれば、中露と国境を接して、韓米日の集団自衛権が発動されることになりかねませんし、逆に統一朝鮮が中国またはロシアが後ろ盾になる国家となれば、日本海は一気に緊張することになるからです。
そうなると、竹島も尖閣もライター並に火がつきやすくなってしまいます。

ですから6カ国協議に参加している国々は、それぞれの思惑が違っても「今のままの状態で問題を起こさずに北朝鮮がしばらく存続する」ほうがいいのです。
そのため、北朝鮮国内に革命グループがあっても援助がないので革命実行まで至らないのです。

もっとも、庶民が不満を爆発されて行なわれる暴動などはニュースにならないだけで、結構起きている、と言われています。

内乱を起こすには、それなりの準備と武器・そして通信手段などが必要です。

北朝鮮は先軍政治と呼ばれる特殊な形態で、軍を政治の重要部局に当てるようにしています。つまりへ移民である文官よりも権力が強く、軍は直接的に「将軍様」と呼ばれる金書記長に忠誠を誓っています。
逆をいえば、これが代々の金王朝の権力の源であって、金日成・金正日・金正恩と3代に渡って権力と国家を維持できている理由です。

つまり金将軍は、各地を統括する軍上層部に、それなりの権力をあたえ、軍部がうまい汁を吸えるように...続きを読む


人気Q&Aランキング