オゾン層破壊を抑止するためにオゾンを人工的に作って、オゾン層に撒布することはできないのでしょうか。
私の知る限り、そういうことは為されていないので、きっとできないのだと思いますが、それではなぜできないのでしょうか。

仮に工業的に大量生産するのに費用がかかりすぎるとしても、人類の未来と天秤に掛けたら、小さな問題のような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

オゾンを作るには酸素とエネルギー。

酸素はあるものを使うとして、エネルギー源が問題ですねえ。電池じゃすぐ駄目だし、核燃料は怖いですから、太陽光で光電池発電をやる。光電池で覆われたガス気球ということかな。
もともとオゾンは太陽光線中の紫外線が酸素にぶち当たって作られるから、それより効率よく作らないと単に邪魔してるだけになります。空が暗くなるほどガス気球を打ち上げて、太陽光を使ってオゾン発生。少々寒くなるのは我慢。
でもオゾンがなくて困るのは紫外線シールドがなくなるからでしょう?いっそのこと、紫外線をシールドする別の物質を検討するってのはいかがなものでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの回答を頂きありがとうございます。
まとめさせてもらうと、可能か不可能かというと可能だけど、高い効果を得ることは難しいということのようですね。
納得です。

お礼日時:2001/01/12 23:03

「オゾンを人工的に作って撒布すること」は可能です。


皆さんのご指摘のとうり、オゾンは不安定なので合成してオゾン層まで運んで撒布するの難しいのですが、オゾン層にオゾン発生機を運んでそこで酸素から合成してもらう方法を考えることができます。
今、私の手元にもオゾン発生機(有機合成用)があるので
これと似たようなものを持っていくんでしょうが、やっぱり、大量合成は無理でしょうね。
    • good
    • 3

技術的に困難というのもあるのですが、ちょっと、補足させていただきます。


フロンは非常に安定な化合物なので、皆さんが使用したフロンは
数10年もかけて成層圏に到達します。ここで、紫外線で分解されて、
塩素イオンができるわけですが、この塩素イオンは1分子で連鎖的に
多量のオゾンを破壊します。つまり元から非常に大量にあるオゾンが
極少量のフロンに破壊されますので、少々オゾンをまいたところで
焼け石に水というわけです。
これまでに出してしまった分はまだしも、今後はフロンを出さないことは
当然で、社会に蓄積しているものを早急に回収することが重要です。今は、
ようやくフロン回収に関する法律ができるということですので、日本の取り
組みはまだまだですね。欧米ではすでに故意にフロンを放出することは犯罪です。
    • good
    • 1

かなり難しいそうです。


オゾンはちょっとしたことで変化してしまうものなので、オゾンを生産
することより上空まで大量のオゾンをもっていくことが難しいそうです。

私文系なんで、アバウトな答えですみません。
私も以前疑問に思って工学博士(予定)に聞いてみたらそういうことでした。
    • good
    • 0

 されてます(^_^;


 気球を打ち上げてばら撒くとかやってますよ、たしか(笑)

 実際には、オゾン層の破壊状況が甚大すぎて効果が薄いだけです。
    • good
    • 1

多分技術的問題だと思います。



オゾン層ってどこにあるかご存じですよね?
飛行機やロケットじゃないとちょっと厳しいところにあります。地上20Km位が極大だそうです。
その場所に飛行機で飛んでいったら、飛行機やロケットの排気でオゾンを破壊してしまいます。地上から拡散するごくわずかのフロンで派手に破壊されるのですから、飛行機やロケットで蒔いたのではどういうことになるか・・・??
ということではないでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Qオゾン層破壊の原因物質はどれ?

先日ある試験で、
「オゾン層の破壊の原因となっている物質名
として最も適当なものを選びなさい」
という問題がでました。
で、選択肢は

(1)一酸化炭素
(2)二酸化炭素
(3)メタン
(4)トリクロロエチレン
(5)窒素

となっていました。

私は(4)トリクロロエチレンを選んだのですが、
ネットで調べると
「トリクロロエチレンは、オゾン層破壊物質である
トリクロロエタンの代替物質」
というような記事がありました。

また、メタンもオゾン層破壊の原因になる、という
のもありました。
でも、メタンが直接オゾン層を破壊するのではなく、
メタンの酸化物や水酸化物が原因になる、というような記述でした。

また、窒素酸化物も原因物質だ、という記事もありました。

果たして上の選択肢の中で、オゾン層破壊物質として
最も適当なものはどれなのでしょう??

Aベストアンサー

トリクロロエチレンだと思います。
フロンがオゾン層破壊の元凶と言われているはご存じだと思いますが、問題になっているのは、フロンに含まれる塩素原子なのです。つまり、フロン類であっても、塩素原子を含まないものはオゾン層を破壊しません。
逆に言えば塩素を含む化合物は、程度の差こそあれ、オゾン層を破壊する可能性があるということになります。
そういう観点からするの、選択肢の中で塩素を含むのはトリクロロエチレンだけですのでこれが解答になります。
トリクロロエチレンは、トリクロロエタンよりはましというだけでしょう。
なお、小生の不勉強かもしれませんが、窒素酸化物が原因物質となるというのは聞いたことがありません。

Qオゾン層 紫外線吸収のメカニズム

オゾン層が紫外線を吸収するメカニズムについて調べております。
お詳しい方がおられましたら、ぜひご教授いただければ幸いです。


オゾンが酸素分子と酸素原子から生成されるとき、紫外線の作用で酸素分子が酸素原子が解離することは知っています。
オゾンの生成熱はおよそ-145kJ程度ですから、上記の反応でオゾンが生成されるときにエネルギーが必要になります。このエネルギーを紫外線が与えているとすれば納得できます。

としますと、オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギーが系の外に放出されること、オゾン層が紫外線を吸収する事実、この3つがつながらないのです。


ウィキペディアでオゾン層の項目を見ますと、反応の過程におけるエネルギーの授受が示されていますが、一般式なのでその規模がわかりません。
検索していくつかのサイトも参考にしましたが、「オゾン層は紫外線を吸収する」という一般的なレベルにとどまっているところが多く、疑問が解決できませんでした。



詳細な説明がある文献やサイトの情報でもありがたいです。
よろしくお願いいたします。

オゾン層が紫外線を吸収するメカニズムについて調べております。
お詳しい方がおられましたら、ぜひご教授いただければ幸いです。


オゾンが酸素分子と酸素原子から生成されるとき、紫外線の作用で酸素分子が酸素原子が解離することは知っています。
オゾンの生成熱はおよそ-145kJ程度ですから、上記の反応でオゾンが生成されるときにエネルギーが必要になります。このエネルギーを紫外線が与えているとすれば納得できます。

としますと、オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギー...続きを読む

Aベストアンサー

> オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギーが系の外に放出されること、
> オゾン層が紫外線を吸収する事実、この3つがつながらないのです。

同じWikipediaの「成層圏」(オゾン層のページからもリンクあり)に、多少説明が出ています:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4%E5%9C%8F

『成層圏の特徴』の段に、「成層圏で高度とともに温度が上昇するのは、成層圏の中に存在する
オゾン層が太陽からの紫外線を吸収するから」という説明があります。
つまり、O2からO3が生じるときには紫外線が吸収される一方で、O3が分解するときには紫外線
ではなく熱(赤外線)として放出されるため、全体としては「紫外線の吸収(+熱の放出)」になると
いうことでしょう。

なお、O3の分解時の紫外線は、分解反応を起こすために必要な励起エネルギーとして使用される
ものと思います。
(励起分も含めた余剰エネルギーは、分解反応後は熱として放出されることになります)

Q新型インフルエンザを人工的に作ることは可能?

人類に抵抗力のない新型インフルエンザなどは
知識のある専門家が実験を繰り返せばできるものなのでしょうか?
バイオテロはあまり聞きませんが、ちょっと心配です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人でも可能です。

まず、人間の細胞と鳥の細胞の両方へのキック(取り付く足)があるインフルエンザウイルスを養殖屋さんから買います。(自分で培養してもいいです。)

1 これを鳥さんに飲んでもらいましょう!(^_^)

2 良くぞ生き残った我がペット!!
  ここからウイルスを回収。培養開始(すーぱーういるすA!!)

3 免疫全開の鳥さんにすーぱーういるすAを投与!

これを繰り返すのですぅ。(^_^)


免疫全開の鳥さんがグロッキーになれば新型に進化しています!
今度はこれに人のキックが備われば完成です。



鳥インフルエンザはまだ人のキックが無かったので暫く安全でしたが時間の問題でした。
それだけインフルエンザウイルスの進化は早いのです。

インフルエンザウイルスはRNAウイルスです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/RNA%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

Q空気より重い二酸化炭素がなぜ温室効果に?

地球温暖化はCO2が地球の周りを覆い温室効果が強くなるため、と聞いていますが、そもそもなぜ空気より重いCO2が上空を覆うことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214418222
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=17966

温室効果といっても、上空に二酸化炭素がたまっているのではなくて、空気全体に分布しています。

Qなぜオゾン層は地上25km上空にあるの?

O3はO2やN2より質量が大きいのになぜ、地表に下がってこないのでしょうか。

Aベストアンサー

バクテリアが酸素を発生し始めた頃は、大きなエネルギーをもった強い紫外線が地表に届いていたと思います。この紫外線によって酸素はオゾンに変化したと思います。酸素がたくさん作られるようになりと、オゾンもたくさん作られるようになります。オゾンができたところから下の方へは強い紫外線が届きにくくなりますから、そこでは酸素はオゾンに変化しないことになります。そのため、オゾンができる高度が高くなっていったと考えられるのではないでしょうか。

Qオゾン層、オゾンホールについて

オゾン層がフロン等に破壊されて、オゾンホールが出来た、と言われています。
これを聞くと、フロン等の影響を受ける以前は、オゾン層は曇り空の雲の様に地球全体を隈なく(厚さ3ミリ程度でも)覆っていた、と言うイメージが有るのですが、実際のところ昔から、晴れ間のような隙間が有ったりするものなのでしょうか?
また、オゾン層はこれから減っていく一方なのでしょうか?

Aベストアンサー

オゾン層は数百mの厚さで地球を覆っています。
それによって、太陽からの紫外線を遮っているわけです。
また、フロン類は非常に安定で30年近くかけて、オゾン層に
到達して、そこで紫外線で分解されて、塩素や臭素となって
オゾンを連鎖的に壊します。1つの塩素が多量のオゾンを破壊します。
ですから、今排出されたフロンがオゾン層まで到達するのに数十年
かかりますので、まだまだ、オゾン層破壊は続きます。というか、
ですが、今、排出量を減らせば、将来の被害を少しでも減らすことが
出来るので、早急に取り組まなければいけないというわけです。

環境庁に関連の情報が出てますので見てみて下さい。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ozone/panf/index.html

QO3「オゾン」ガスを作る方法はないでしょうか。?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

どのような方法でもよろしいんですが。

「オゾン」ガスを作る方法はないでしょうか。

誘導コイルで「高圧放電」のときにオゾンが発生する

のは知っていますが。誘導コイルがないのと

もう少し「まし」な作成法はないでしょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

紫外線のランプで作れます。
放電とちがって窒素酸化物が生成しないのが売りですね。

http://www.seisanzai.net/catarog/keihanna/201m.html
http://www.rgl.co.jp/ozn1/nice.htm

など。

Qオゾン層の破壊について

レポートのためにオゾン層の破壊について調べています。
そこでフロンのことがでてきたのですが、調べでいるとフロンの規制で全廃したとあったんです。
これは本当ですか?
オゾン層の破壊は現在どのようになっているのでしょうか?オゾン層について知っていることがあれば教えてください(><)お願いします!

Aベストアンサー

昔、仕事上、精密洗浄で一日一途缶一本を蒸発させていた極悪人です(笑)

冷蔵庫やカーエアコン、ホームエアコンなど古い機種にはまだ使われていると思います。

「代替フロン」に移行して数年経ってますが、完全に移行出来ているのかどうかははなはだ疑問。

親戚の家には数台のフロンを使うエアコンが未だに稼動中だし。

製造は終わっても需要はあるので、どこからか流れてるんでしょうか

回答になってませんね
参考まで

Q人工筋肉と人工知能の研究機関

ずいぶんと前にTVで(たけしの万物創世記だったかな?)人工筋肉(伝導性のプラスチック)と人工知能(ニューロン形成の思考型ICチップ)を研究している機関及び大学をご存知の方がいらっしゃったらご教授お願いいたします。(日米共々)

Aベストアンサー

>>人工筋肉
例えば日経サイエンス(Scientific Americanの日本語訳)の:
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0402/muscle.html
とか、昨年5月にあった「人工筋肉コンファレンス」のHPにあるpdfファイルやリンク集。
http://www.bmc.riken.go.jp/sice-tcsm/2nd_conference.html
>>人工知能
人工知能学会のホームページにどっさり。(--;
添付URL

参考URL:http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/


人気Q&Aランキング