忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

以下の英文を見ながら、最後のI'm comingで始まる文に注目してください。
Dear Tomoko,
I'm writing this letter at a hotel in Sapporo. I'm happy because the weather is very nice. Today I climbed a hill. Sapporo is a beautiful city. Lilacs are blooming in Odori park. I got a fine view of the city from the hill. I'm sending you a wooden bear. It is a special product in Hokkaido. I'm coming home next Sunday.

Sincerely,
                                   Anne

Q ※印の所は、なぜ、goingではダメなのですか?教えてください。(comeが  どちらかといえば、approachという語に感覚が近いのに対して、goは、    disappearに近い感覚があるということは理解しているつもりです。)
 ところが、comeやgoにhomeがつくと、区別がつかなくなってしまうのです。come homeとgo homeの区別を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

おたずねのフレーズは、ホームステイの間違い例文によく登場します。



道で話しながら、すぐに家に帰りたい時は
I wa'na go home now といいます。

ホームステイ先で、ホストファミリーから
「食事よ」と呼ばれ I'm going と返答したら食事が片付けられていた
何処が間違っていたのでしょう、という例文がありました。
正解は I'm coming なのですが、日本語の感覚ではつい
行く=go 来る=come のように考えがちです。
I'm going =出かけると言ってしまったために食事は片付けられてしまった、
というおちですが、感覚としてはわかりやすいのではないかと思います。
    • good
    • 0

#2さんのおっしゃる通りだと思います。


Longmanの"Dictionary of Common Errors"には
>Come is used for movement towards the speaker/listener.
>Go is used for movement in other directions.
とあります。
話し相手のところに行く場合も"come"を使う、という点が日本語との差ですね。
    • good
    • 0

こんにちは。



going home も coming homeも日本語に直すと、『帰宅する』、『家にかえる』ということになりますが、英語では区別されます。

>comeが  どちらかといえば、approachという語に感覚が近いのに対して、go>>は、    disappearに近い感覚があるということは理解しているつもりで>
>す。)
という認識はあっていますよ。問題は、何を基準に近づくか、遠ざかるかということです。
No2の方がおっしゃっているように、英語で、coming,goingというのは
自分が話している相手にとって、自分が近づくのか遠ざかるのかということ
によって使い分けます。

たとえば、貴方とANNE さんが会って話しをしていて、
ANNEさんが自宅に帰る場合、I am going home となるわけです。
貴方から遠くなるからです。
また、貴方とANNEさんが電話で話をしていて、今から貴方のところにいくわという時だと、I am coming to your placeとなります。
    • good
    • 0

日本語の「行く」「来る」の使い方とはちょっとちがって英語の場合「話し手に近づく」="come"、「話し手から遠のく」="go" という意味合いだからじゃないでしょうか?



例えば誰かに呼ばれたとしたら「今行くよ」というのを"I'm coming."といいますよね。この手紙でも手紙を受け取る人(Tomoko)が手紙を書いている人(Anne)の近くに住んでいるのではないですか?それで come が使われているのではないかとおもうのですが。
    • good
    • 0

come homeは帰宅するって訳したと思います

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qcome homeとcome back homeの違いについて

come homeとcome back homeの違いについて

backをつけるつけないの違いで意味合いは異なるのでしょうか?
ネットで調べるとそこまで違いがないとも書かれているのですが気にしなくていいでしょうか。

Aベストアンサー

そうですね。「back」があってもなくても、自分の家には必然的に「戻る」「帰る」ものだから、意味的には同じと言ってもいいでしょう。違いは「back」という言葉があるかないかの違い、としか言えないですね。説明になってないですが。

「back」と「home」というそれぞれの副詞は、もちろん別々の事柄を示すものですが、"come back home"というフレーズにおいては、意味的に重なる部分が大きい(あるいは"home"に"back"が内包される)ので、結果として、意味上の違いがうまれない、ということになります。


人気Q&Aランキング