手の爪がすべてひどくでこぼこになりぼろぼろです。白鮮菌の可能性があるという回答を拝見しましたが、足の水虫は感染しますが、これは感染しないようです。かゆみもありません。爪の周りが赤黒く腫れぼったいような感じもします。考えられる原因を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 爪がでこぼこになるというのは、その爪自体の感染(かびや細菌)が原因である場合と、爪のまわりの炎症による場合、それから全身的な疾患がもとで起こる場合(例えば肺や血液の病気)や薬剤性のものがあります。


  MariAkiさんの爪は、白く(もしくは黒く)厚くなってなおかつでこぼこでしょうか?それとも全体に溝ができている形の「でこぼこ」でしょうか?
爪の白癬の他に、カンジダというかびでも白くでこぼこになりますし、爪のまわりが赤黒いということでしたら爪のまわりの炎症によるでこぼこかもしれません。
 いずれにしても、爪はなおるのに時間がかかりますし、何より他の病気が
かくれていると恐いので、なるべく早く皮膚科にかかって検査を受けることを
おすすめ致します。
    • good
    • 0

私は、皮膚科の調剤を受けている薬局の薬剤師です。


文章だけでは、解りかねますが、爪白癬ではないでしょうか?もし爪白癬だとしたら足の水虫よりやっかいです。
爪に白癬菌が入り込むと,塗り薬だけでは効果が期待できないので内服薬を飲むようになります。一日一回のイトリゾールかラミシールと言う薬をうちの先生はよく出されます。その薬を最低でも6ヶ月は飲みつづけるようにしてもらいます。費用のほうは14日分で2000~3000円ぐらいです。でも、処置が早ければ早くよくなるみたいですから,出来るだけ早く皮膚科の受診をお勧めします。
    • good
    • 0

それが水虫であるかは解りませんが、手から他に感染しないから


といってそれが水虫でないという事も言えません。皮膚科に行っ
てみてもらった方が良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 爪白癬(爪の水虫)<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    爪白癬(爪の水虫)とはどんな病気か  白癬菌(はくせんきん)が爪のなかに感染して、爪の肥厚(ひこう)、変色、変形が起こる病気です。頻度は全白癬患者の20%程度です。  爪白癬は多くの場合、足や手白癬に続いて起こります。これらを放置することが最も大きな原因です。 症状の現れ方  爪白癬は足に多いのですが、手指の爪に生じることもあります。複数の病型がありますが、最も多いのが爪甲(そうこう)(爪)の先端部が白色から黄色に濁って、爪甲の下の角質部分が厚くもろくなり、全体として爪が厚くなる病型(遠位爪下型(えんいそうかがた))です。爪甲の先端部が楔(くさび)状に濁るのもよくみられますが、遠位爪下型に含めています。そ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌の英訳

専門用語ではなくて普通に「大腸菌」は英語で何といったらいいですか?

大腸菌を例えば英辞郎で見ると13の英訳が出ていて、どれが普通に使われているのか分かりません。

Aベストアンサー

E.coli が最も普通に使われています。読み方はカタカナでかけば「イー・コーライ」です。
これは Escherichia coli を省略したものです。

Q爪のでこぼこ

一年ほど前から手の爪がでこぼこしてるんです。
白いとか黒いとかいうのではなく単純にでこぼこ、小さいへこみが爪全体に現れてるんです。
膿んでたり、痛かったりということはありません。
これはいったいなんなのでしょう?とても気にしてます。
原因や対処法を教えて下さい。病院とか行った方がいいのでしょうか?そのさいどんな病院にいくんでしょう?外科とか皮膚科とか・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私もアトピーです。
物心ついたときにはアトピーで、20歳になった今でも指はなかなか治りません。
「心臓から遠いので、治りにくい」と私のかかりつけの先生はいいますよ・・・。

爪の根元にアトピーができると、確実に爪がぼこぼこしますね。
爪は肌の一部ですから、やはり何らかの影響を受けているのでしょうか?
私の場合も、痛みはありません。
小さい頃からずっとぼこぼこしているんで、まったく気になったことはありません。

指のケアが1番ですよきっと。
爪のでこぼこは、爪を切るまで消えません(要するに、ぼこぼこした爪は、切るまでずっとぼこぼこしたままです)。
だから、指がきれいになっても、爪はそのまま・・・なんてことになりますが、気長に治してください。

どうしても気になるなら、皮膚科なんじゃないでしょうか?
大雑把なことを言って申し訳ないですけど、あまり気にしないほうがよいですよ。

Qイヌイットのキビヤックは何の菌が入っている?

キビヤックって発酵食品ですよね?いろんなサイトを巡っても、キビヤックに入っている菌については書いてません。ヤフー知恵袋の質問を見たのですが、サイト内のURLは開いても中身は見つかりませんでした。
菌の名前も検索しましたが、英語の記事ばかりで難しく、日本語のみに切り替えても
キビヤックについては特にありませんでした。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364041653
こちらです。


・・・どなたか詳細を教えてください。

Aベストアンサー

発酵食品・臭い食物といえばこの人。
小泉武夫 http://koizumipress.com/

著書 『発酵食品礼賛』(文春新書) キビヤック pp.124-128
著書 『発酵』(中公新書) キビヤック pp.186-187

どちらも「乳酸菌、酪酸菌、酵母などの発酵菌によって」と書かれています。
「発酵微生物群」とあるだけで、具体的な菌種や学名までは触れていません…。

Q爪水虫について

今までどんな事をしても水虫なんてなった事がないのに、一ヶ月前から足の小指の爪が少し白っぽくなり段々分厚くなってきてる気がします。
痒みとかはなく、日常生活もとくに変えた事などないのに、これはもしかして水虫ですか?
市販薬で爪水虫に効く薬があれば教えてください。
ひどくなるなら病院に行こうと考えてます。

Aベストアンサー

水虫の市販薬は全て塗り薬です。爪水虫は塗り薬では治りません。
皮膚科病院に行って飲み薬を入手しましょう。

Q虫歯の感染に関する英語サイト

歯科医院や乳児検診でよく聞くことに、
・生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいない
・虫歯菌は外から感染する
という話があります。ところが、この話をオーストラリア人の看護婦である友人に話しても、信じてもらえません。自身が看護婦であるためか、私が間違っているように思われているのが、悔しいです。
そこで、このことを英語で説明したサイトがあれば教えていただけないでしょうか。私自身も探してみましたが、英語でしかも専門用語を知らないためか、見つかりません。相手は看護師なので、歯科医かそれなりの説得力のあるサイトが望ましいです。できれば、ページのどのあたりに該当の記述があるのかも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によってリスクを減らすことはできます。

さて、小児の口腔内の細菌叢についてですが、もちろん母体の中にいるときは無菌です。ですが成長するに伴い、口腔内の細菌叢は常に変化していきます。

腸内細菌が変化していくのと同じです。しかし口腔内では歯牙が萌出するといった環境ががらっと変わることにより、それまで存在しなかった歯牙周囲に定着することのできる細菌が出現し、その後定着したりします。

質問の趣旨とは少しずれているのかもしれませんが、もしかすると外から虫歯菌に感染することによって虫歯はうつる、母親が注意しないと虫歯だらけの子になってしまうという考え方がご友人のナースにはわからなかったのではないかと推察されます。

もちろん、お子さんに対してあらゆるリスクを排除しようとするお母さんの愛情と努力はすばらしいとは思いますが、前述したように、口腔内の細菌叢の成熟はお子さんの成長に伴って獲得する免疫機能の成熟とも関連しているとも考えられますのでどうか過度にはご心配をしないように。

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によ...続きを読む

Q爪水虫になって約3週間になっています。病院には行っていなくて、家族が使

爪水虫になって約3週間になっています。病院には行っていなくて、家族が使っているラミシール液を貰って塗っています(家族と共用はしていません)塗り続けて今日白い部分が脆くなり、剥がれそうだったので爪切りで切ってしまいました。親指が4分の1以上切れた状態なのですが、剥がれると言う事は塗り薬が効いているという事でしょうか?又、剥がれた部分は塗り薬は塗っても大丈夫なのでしょうか?このような事は初めてなので解りません。どうか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで皮膚科のパンフレットの受け売りと認識して下さい。

爪水虫は塗り薬だけでの完治は困難です。
爪が剥がれ落ちた原因は分かりませんが、もし仮に水虫薬の成分で爪の材料の
ケラチンが崩れているとすると、継続使用した場合生爪露出状態になりかねません。
(そもそもその水虫薬自体、爪そのものに塗布することを前提とした製品ですか?)
ヒトは足の爪をどれかでも失うと歩行困難になります。

爪水虫は爪の奥深くまで真菌が入り込んでしまっていますので、外用薬で見た目が
そこそこになっても、大抵再発します(私の母がそうなのですが)。
これには内服薬と、爪に塗ることを前提にした抗真菌薬を併用することで対処可能です。

母が内服薬を飲まない理由は過去副作用が凄かったから、らしいですが、難病用以外の
最近の薬で危険な副作用があるものは殆どありません。


以上から、早めの皮膚科受診をお勧めします。

Q化粧品の成分表を英語に翻訳したいんですけど~

精製水、BG,濃グリセリン、アボガド油、植物性スクワラン、カルボマー、水酸化K,バラベン、グリチルリチン酸2K、天然ビタミンE、食塩、加水分解シルク、ビフィズス菌発酵エキス、カワラヨモギエキス、アロエべラエキスー1、ヒアルロン酸Na、シソエキス、カッコンエキス、ダイズエキス、ビタミンB2、オウゴンエキス、クロレラエキス

→これを英語で直してくれますか?
お願いします。

Aベストアンサー

日本化粧品工業連合会という団体のHPがあります。
そこの「化粧品表示名称リスト」には、日本で登録されているすべての化粧品成分がリストアップされており、正式な英語名、簡単な説明もついています。

リストはパート1とパート2に分かれており、簡単に言うとよく使われている成分はパート1に、やや新しい成分はパート2に載っています。

実際に見ていただくと分かると思いますが、パート1リストの場合は、
リストを開く→「表示名称」ボタンをクリック→調べたい成分名を入れる。
すると成分の説明に混じって英語名称が出てきます!

なかなかヒットしない場合は名称の一部分だけを入れて再度検索してみてください。

以上、調べて差し上げられなくて申し訳ありませんが是非参考にしてください。

参考URL:http://www.jcia.org/

Q院内感染?MRSA・大腸菌

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出てきたり、大腸菌もでてきたりで何が起因になったのか実はいまだに不明というか病院からわかりませんといわれました。意識障害も進み、そのまま急性脳症へと移行し、重度の障害を残しました。別の病気で入院していて突然の予期せぬ出来事に理解も納得もできません。
娘に何がおこったのでしょうか・・カテーテル感染でもなくMRSAも保菌、大腸菌も採血でまじっただけかも・・と言われ他にウイルス等はいろいろな培養でも見つからず、結局原因は不明ですといわれました。1年の入院を経てもうすぐ退院のメドがついていたときのことで毎日何故?なんで?といった気持ちでとても苦しいです。抗生剤の投与はあったらしいですが
CRPが7日目位には0,8くらいまで戻ったせいか
カテーテルはそのまま留置し抜去はなしでした。
咽頭培養からMRSAはよくでますが(特に娘は長期入院IVH長期施行なので)咽頭が真っ赤に炎症をおこし
急激な高熱、意識障害などがでていても、この値だと
MRSAや大腸菌による敗血症やショック状態とは言わないのですか?混乱しています。何でもいいので情報をください。お願いします。

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろなことを考えました。IVHとは不適切な表現で、通常はCVカテーテルで、高カロリー輸液をIVHといってますので、区別しましょうね。
1歳だと全身麻酔で鎖骨下穿刺、またはカットダウンでいれたのでしょうか。定期的な入れ替えを考えると、その手技と将来的な困難さから極力そのままに、という気持ちも分からないではありません。たしかに8ヶ月は長いでしょうが、問題が起こる前に入れ替えていたら、そのことで問題が起きそうな気もします。
いずれにしても、このような人工的な管理をせざるを得ないとなると、さまざまな合併症を覚悟しないといけないのでしょう。それを問題視するなら、医療行為を中止して自然経過にゆだねるか、という極論までいきかねません。
むずかしい問題ですね。

Q放線菌と糸状菌

こんな文章が載っていました。↓

『有害な微生物の増殖を抑制』
 キトサンを土壌に散布すると、キトサンを餌とする菌類(放線菌や糸状菌)が増殖する可能性があります。しかし、放線菌はキトサンに出会うとキトサン分解酵素を出す為、キトサンを細胞壁に持つ糸状菌は増殖できなくなります。その結果として有用菌である放線菌は増殖し、有害菌である糸状菌の増殖はおさえられる事になります。

放線菌と糸状菌の違いなんて、胞子をつくるとか
節があるとか、菌糸の太さが違うくらいしか思いつきません。

ならば何故、糸状菌が悪者で、放線菌は増殖してもいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、放線菌の全てがイイモノで糸状菌の全てがワルモノだと言っているわけでは無いと思います。

糸状菌の中には、植物に感染する、植物病原菌としての性質を持ったものがいます。(イネいもち病菌などが代表的な例です)

このようなものが増えるのを防ぎたいということでしょう。もちろん、ワルモノの糸状菌だけを選択的に退治することは、この技術では不可能でしょうから、ワルモノもそうでないのも、一緒に退治してしまうという考え方だと思います。

Q子供の爪が根元からめくれていて、下に新しい爪?が見えています。

子供の爪が根元からめくれていて、下に新しい爪?が見えています。
手の指の9本の爪が根元からめくれてきており、めくれた下には
新しい爪?(硬くなっています)があります。

これって何かの病気?でしょうか。

親として心配なので、同じ症状や、医学知識のある方みえたら
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二枚爪ですね。

私もそのような事があり、総合病院に行きました。
「そのまま放置してください。」
ということで、診察料もとられませんでした。

下の爪が普通に伸びて、今は何も問題ありません。

でも、沢山できるのであれば、問題があるのだと思いますけど。
http://tom.as76.net/health/2maitume.php


人気Q&Aランキング