今長い休暇に入ったので、読む本そ探しています。こんな本が好きな方、おすすめはありませんか?日常の中で起こるコメディと人情ものが結構好きです。無理やりっぽいのは苦手です。
夏目漱石「吾輩は猫である」
重松清「いとしのヒナゴン」
乙一「手を握る泥棒」←タイトル違うかもしれません。
特に「いとしのヒナゴン」が好きです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

奥田英朗はいかがでしょう。


トンデモ精神科医・伊良部一郎の活躍するシリーズ「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」(直木賞受賞作)「町長選挙」など、抱腹絶倒ものです。文章は非常に読みやすいですし、面白いばかりでなく、リアルで説得力があります。しかも読後感が非常にいいです。
同じ作者の「ララピポ」は少々お下劣系ですが、これも非常に面白いです。文句なしにお薦めですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「イン・ザ・プール」は映画で見ました。面白すぎです!この作者を忘れてました。「イン・ザ・プール」以降を読んでみたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 23:09

♯3の方も書かれていますが、コメディで人情なら


荻原浩さんがおすすめです。
「神様からひとこと」「オロロ畑でつかまえて」
おもしろかったですよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

荻原浩さんの「神様からひとこと」はBSのドラマでも見たことあります。結構好きな作風なので「オロロ畑でつかまえて」の方を読んでみたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 23:07

乙一が好きなら「失踪HOLIDY」や「A MASKED BALL」などはいかがでしょうか。


また、本多孝好の「MISSING」もおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「MISSING」は学生の頃友達と全巻集めようと頑張った思い出があります。乙一の「失踪HOLIDAY」はかなり面白そうですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 23:04

あなたがどんな人なのかよく分かりませんが・・・・・。


僕は有川浩のシリーズがお勧めですよ。
図書館戦争や図書館内乱。
空の中、海の底など・・・少しSFじみたところもありますが。
少々値段が。。高いので揃えたりするのはある程度経済力がないと。
失礼でしたか??
また読んだ本があれば紹介してください。

中学校の国語の先生に言われたんですが、本を読む事は人生を読む事です・・・・本を読んで悪い事なんで微塵も無いんですね~~本が好きな人は僕も好きです!!お互いよろしく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今読むと少し説明不足だったと思いました。失礼しました。図書館戦争は読んだことはありませんが、設定と発想はかなり好きで、今まで
読むのを躊躇していました。これを機会に読んでみます!ちなみに最近読んだのは「笑う招き猫」です。漫才の世界のノウハウがちょっと分かります。それと長いですけど、最後の先生の言葉。とても共感できました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 22:59

浅田次郎さんの「プリズンホテル」なんてどうでしょう?


それとも萩原浩さんの「メリーゴーランド」「誘拐ラブソディー」では?

難しいですね。人と話しているとどんどん出てくるんですが…。

椎名誠さんの「哀愁の町に霧が降るのだ」「新橋烏森口青春篇」「銀座のカラス」では?
椎名誠さん、弁護士の木村晋介さん、イラストレーターの沢野ひとしさん、本の雑誌の目黒孝二さんなどが出てきます。
椎名誠さんの青春小説で「うらやましい。楽しそう。」って感じて読んだ思い出があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どの人も著名人ですね。期待大です。お話からして椎名誠さんにとても興味がわきました。教えていただいてありがとうございます!

お礼日時:2007/01/29 22:50

東京バンドワゴン 小路幸也


これなんかどうでしょうか?
東京下町の古本屋を舞台に起こるいろいろな出来事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前に買おうか買わまいか迷った本です。やっぱり面白そうですね!ぜひ見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 22:46

ねじめ正一さんの本なんかが良いかなと思います。



直木賞をとった「高円寺純情商店街」から読まれると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてみるととても良い作品を書かれている方ですね!早速見てみます。ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/29 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重松清好きの母におススメの小説

母に何気なく重松清の本を貸したらはまったらしく、彼の本を総て読破してしまいました。で、他の本も読みたいといっていますが、注文が多くて読書数の浅い私では探しきれません…。
なので、読書家の方におススメの本を教えて欲しいです。

条件などは
・重松清の家族や子供のいじめなどが書かれているのが好き(「ブルーベリー」みたいな80年代のことを書いているものはあまり好きではないそうです)。
・家族、子供について書かれている本が好き(小学校関連に勤めているので)。
・エッセイ(でも乙武洋匡さんの本などの障害者の自伝系は好きらしい)、海外作者、もしくは海外の小説(カタカナの名前が駄目らしい)は駄目。
・渡辺淳一の初期(病院もの?)が好きだった。今は苦手。
・山崎豊子の「沈まぬ太陽」は好きだった。
・通勤中に読むので文庫で出版されているもの。
・アンハッピーは大嫌い。

条件が多いですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。私も重松さんの本が大好きなので、良かったら参考にして下さい。
 重松さんはすっごく多作で、今年に入ってからだけでも10冊近くは出版されているのに、全部読破されたっていうのはすごいですね。必ずピッタリ当てはまるかどうか分かりませんが、同じ重松好きとして選んでみました。
●椎名誠さん「白い手」「犬の系譜」「岳物語」
 椎名さんは冒険モノやルポ関係が多いのですが、小説は割と子どもの頃の生き生きしたような少年時代を書いています。それも小学生の目線というか、小学生らしい感じでキラキラしている感じです。「犬の系譜」は家族の問題にも少し触れています。岳物語は私小説なんですが、息子の岳とお父さんとの触れあいが微笑ましく、岳君が段々大人になっていくさまが分かります。続編などがありますので、定本が良いのですが(まとまっているので)、文庫版がないので、正続2冊になります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18692458
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09366642
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06328393
●渡辺一枝さん「時計のない保育園」
 最近はチベットへ何度も行き、チベット問題に力を注がれていますが、元々無認可保育園から出発して子どものための保育を長年されてこられた方です(そのためかチベットでも子どもの問題を色々活動されているようです)。優しい視点と美しい文章が楽しめます。「自転車いっぱい花かごにして」も花がメインですが、家族や子どもの事にも触れられています。ちなみに椎名誠さんの奥様です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18836115
●石田衣良さん「4TEEN」
 東京の月島で暮す少年達の物語です。難病、貧困、いじめ、性、友情、不登校、過食症など、クラスで起こる様々な出来事を少年達の力で解決していく連作短篇集です。ちなみに直木賞受賞作です。
 「5年3組リョウタ組」という新米先生が頑張る小説もなかなか面白いのですが、まだ文庫化されていませんので、文庫化の際には読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31609402
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32008159
●大平光代さん「だから、あなたも生きぬいて」
 もう既にお読みになっているかもしれませんが、いじめから非行に走っていた少女がある人に出会った事をきっかけに立ち直り弁護士を目指したノンフィクションです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31116174
●朱川湊人さん「花まんま」 
 朱川さんの直木賞受賞作品です。生まれ変わりを主張する妹を守る小さなお兄さんの一途な姿にホロリときます。ノスタルジックホラーというジャンルが多いんですが、これは怖くありません。また「いっぺんさん」もお勧めですがまだ文庫化されていませんので、文庫化の際には是非どうぞ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32037824
●三浦綾子さん「銃口」
 戦前の話なんですが、無実の罪で思想犯に仕立て上げられた新米教師の話です。ですがちゃんとハッピーエンドで終わりますので大丈夫です。三浦さんは小学校の先生をされていた経験があり、「ちいろば先生」などの著作もあります(私は未読ですが)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19325721
●灰谷健次郎さん「兎の眼」
 教育問題といえば灰谷さんなんですが、私は兎の眼しか読んだ事がありません。それもどんな話だったか忘れてしまったのですが(^_^;)、教育問題を扱った話だったと思います。沢山著作を出されていて殆ど文庫化されていますので、良かったら他のも読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28381384

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私も重松さんの本が大好きなので、良かったら参考にして下さい。
 重松さんはすっごく多作で、今年に入ってからだけでも10冊近くは出版されているのに、全部読破されたっていうのはすごいですね。必ずピッタリ当てはまるかどうか分かりませんが、同じ重松好きとして選んでみました。
●椎名誠さん「白い手」「犬の系譜」「岳物語」
 椎名さんは冒険モノやルポ関係が多いのですが、小説は割と子どもの頃の生き生きしたような少年時代を書いています。それも小学生の目線というか、小学生らしい感...続きを読む

Q重松清さんの小説で、緘黙の女の子が出てくる本の題名

題名の通り、
重松清さんの小説で、場面緘黙の女の子が出てくる本の題名が知りたいです。
記憶がもう曖昧になっているのですが、確か中学卒業間際の女の子と
吃音を持った先生の2人がメインとなって 話が展開していたように思います。
また、その内容だけで1冊が構成されているのではなく、いくつかの短編の1つにその話が載せられていました。

重松さんの小説が大好きでよく購入して読むのですが、今回の本は図書館かどこかで立ち読みしただけで…
しばらく経ってから急に読み返したくなったけれど肝心の題名を忘れてしまい、最初に購入しておけば良かったと後悔しているところです。


どなたかご存知の方いましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「青い鳥」ではありませんか?

  http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%92%E3%81%84%E9%B3%A5-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/4104075078

Q歴史物・恋愛もの・老夫婦の愛・夏目漱石などが好きな私におすすめの本

こんにちわ^^
タイトル長くてすみません。。。
若い頃はあまり本を読まなかったのですが(後悔してます・・・)、大学に入った頃からよく本を読むようになりました。育ってきた環境もあってか、感動しやすく涙腺がゆるすぎる20代半ばの♀です☆

宮沢賢治・夏目漱石は大好きです。森鴎外は「雁」にひどく感動しました。司馬遼太郎さんの本はどれも好きです。笑える話も好きです。バカの壁はおもしろかったけど「そんなに売れる本か?」と思いました。村上春樹だとノルウェイの森には深く感動し胸を痛めました。太宰治もよかったです。小学校のころ唯一呼んでいた本は星新一です(笑)老人と海など、古典的な?名作はどれも感動しますね(といってもそんなに沢山読んでるわけじゃないです)山崎豊子もおもしろいです。

映画でも家族愛には弱いですね。おばかな笑える映画も好きです。

いっぽう・・・・
去年?の芥川受賞作品の綿矢リサやら、蛇にピアスなんかは全然おもしろいと思いませんでした。柳美里も苦手です。闇をもったものが嫌いというわけではありません。吉本ばななも嫌いじゃないですが、特別おもしろいとも思えません。また、左より的な思想は好きじゃないです(笑)

あまり共通点はない・・・かもしれませんが(笑)、恋人や家族への深い愛情や、作られた残酷さではないもの、胸がはりさけそうな喜びと紙一重にある苦しみ・・・など(伝えるのがへたですみません^^;)が伝わる作品が好きかもしれません。

いろんなジャンルに挑戦したいとは思いつつ、推理小説は読まないですね(笑)


読みやすいけれども綺麗な日本語を使っていて、私がすきそうな本はないでしょうか???まだまだ読書初心者ですのでいろいろ読みたいと思います。

よろしくおねがいします^^
日本でも海外でもどっちでもOKです☆

こんにちわ^^
タイトル長くてすみません。。。
若い頃はあまり本を読まなかったのですが(後悔してます・・・)、大学に入った頃からよく本を読むようになりました。育ってきた環境もあってか、感動しやすく涙腺がゆるすぎる20代半ばの♀です☆

宮沢賢治・夏目漱石は大好きです。森鴎外は「雁」にひどく感動しました。司馬遼太郎さんの本はどれも好きです。笑える話も好きです。バカの壁はおもしろかったけど「そんなに売れる本か?」と思いました。村上春樹だとノルウェイの森には深く感動し胸を痛めまし...続きを読む

Aベストアンサー

わたしがお勧めしたい作品です。
ご参考までに。

・「愛と死をみつめて」(著者:大島みち子&河野実)
・「若きいのちの日記」(著者:大島みち子)
 

Q夏目漱石のこころ

夏目漱石のこころについて書かなければならないのですが、
『先生と私』に登場する『私』(先生の遺書をうけとる役割)の、この作品における位置づけ を書け
というテーマを出されました。
しかし、位置づけとはどういうことなのでしょうか…?どのように書けばよいのか皆目検討がつきません…

Aベストアンサー

私も昔に似たような課題を出されて困ったことがありました
もし、友人等があれば 御願いして 作文を代筆してもらうしかないでしょう
それができない時は、出題した方に 締め切り前、あるいは締め切り時にでも
自分には出来ない課題でしたと報告するのも良いでしょう

一例ですが、マラソン等の運動競技で金メダルを取る課題を出されてクリアする人もいますし
出来ない人もいます

Q夏目漱石の作品で。。。

夏目漱石の作品で。。。

内容の一部しか覚えていないのですが、それがなんというタイトルだったか、以下のうろ覚えの箇所の正確な文面はなんだったのか知りたく、あいまいな記憶で申し訳ないのですがもしお分かりになる方がいれば教えてください。
草枕だったかと思ったのですがその箇所が見つかりません。。。

友人と一人の女性を取り合うようなことになる話で、しかし主人公が「男同士が争うようになるような、その結果でどちらに転んでも良いような女ならば、こんなに切ない争いをするに値しない。ならば潔く身を引こう。」というような心中吐露するような文面だったと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『こころ』でしょうか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報