『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

小学校の少年野球のコーチを始めて1年です。
以前から、チームの練習時間は長かったのですが、
ここ1年で、さらに練習時間が増えてきました。
というのも、公式試合で勝てないため、練習量が足りないと、
代表と監督が考えているためです。
1年から6年まで、いつも暗くなってから、
ランニングか素振りを長い時間やるので、
12月でも終わりはPM6時以降、夏場はPM7時半以降です。

練習は量より質ではないでしょうか?と、
以前思い切って、代表に意見しましたが、
聞く耳を持ってくれず、逆に指導方法に逆らうなと叱られました。
けが人も少し出ており、どうすれば、
子供たちが暗い中で練習しないようにさせることができるか?
何かよいアイデアを教えてください。
ちなみに代表は、この道40年の指導者です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も少年野球のコーチをしています。


少年野球の練習日は平日は無理ですので、土日になると思いますが
中学や高校の部活のように毎日練習できるわけではありません。

したがって、週に一日ないし2日の練習になるわけで
その中でいかに効率よく練習をするかということに全神経を集中するのが指導者と思います。
もう一つは、練習日以外にも個人的に素振りやランニングなど積極的に取り組むような「やる気」をださせるのも指導者の技能だと思います。

練習日に完結させようとしないで、子どもの積極的な意志によって
毎日少しでも良いから野球に関わるようなトレーニングをするようになったら、おそらく強いチームになると思われます。
強いチームは多くの子どもたちが楽しんで野球をしています。
勝つ喜びもありますが、楽しいからヒマを惜しんで練習するのです。

そういうやる気を引き出すことに成功すれば、苦しい練習も楽しんでできますし、教本やDVDなども積極的に見て覚えるようになります。

こういうことが一番大切なんだ!ってことを工藤公康選手以下、多くのプロ選手が仰っています。

この監督は、勝てないから責任を感じて練習時間を増やしているのです。


「勝ったらご飯おごってやる!」というふうに何かのご褒美を用意してみるのもやる気を出させる即効薬です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おっしゃる通り、いかに効率よく練習をするかということに全神経を集中するということは我がチームでは疎かにされています。
というのも練習メニューは監督が全て決めて、他のコーチが軽く意見しても聞き入れてくれません。

また、練習の終わり時間が決まっていないのと、雨でも高速道路の下で練習しているため、他のチームよりも十分練習できるとの思いが、効率よい練習をする意識の欠如につながってしまっています。

試合で負ける→長時間練習(非効率な練習)→やるきが出ない→試合で負ける→長時間練習

この負の連鎖を何とか断ち切りたいと思っています。

お礼日時:2007/01/28 09:52

以前、少年野球に関わったことがあります。


ありがちな話だと思います。
問題は、疑問に思っているのが貴方だけなのか、たくさんの父兄が疑問に感じているのかだと思います。

多分、この道40年の指導者が他の意見を受け入れることは今後もないと思います。貴方の考えが多数派であれば、代表や監督のポストを取って代わるくらいの意気込みがないと難しいでしょう。

ただ、なかなかチームの面倒を見るのは大変です。
こういうことが元で、チームが分裂してしまった例もあります。
チームの面倒を見られる人材がいるのであれば、新チーム結成でもいいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
この道40年の指導者が他の意見を受け入れることは今後もないということ、代表や監督のポストを取って代わるくらいの意気込みがないと難しいというのは、おっしゃる通りです。
私も、自分の子供が卒業すれば、おそらく辞めることになりますから、いくら正しいと思っても押し通すことは難しいですね。
親子共々辞めて、リトル(小学校の少年野球とは全く別組織)に入るか?隣接する市町村に、引越しすることも検討したいと考えます。逃げるのでなく、これが前向きな選択かもしれないと思いました。

お礼日時:2007/03/22 23:11

少年野球のコーチをやっています。



小学生特に低学年は集中力が続かないので、だらだらと長時間やっても効果がないようです。それよりも短く時間を切って(30分1セット位の練習メニュー)いろいろな内容のトレーニングを組んだほうが、気持ちの切り替えができて、楽しく出来ますし、集中します。その結果伸びるのも早いと思います。

また「君はこういう点を気をつけて普段家で練習してこいよ」といい、次の週してきたかを必ず聞いてやり、やってきた子についてはほめてやることです。それが続くようであれば(実力はどうであれ)試合にも使ってあげるようにし、暗に努力が認められるということを、他のメンバーにも示してやることもチームが成長していくために必要ではないかと考えます。

チームの方針が合わないというのはよくあることで、われわれのチームにも少なからずあります。しかし、原則ボランティアで皆さん少ない自由時間を削ってやっていることですし、私自身はそのような意識があるので、代表だろうと監督だろうと自分の意見は言うようにしています。それでやめろと言われればそれまで、と言う開き直りもありますね。しかし、幸いなことにわれわれのチームは代表や監督の方針も一致しており、さらに各コーチに対してのリスペクトの部分も大きいので、風通しはかなりよいのではないかと思います。

また、参考にしていただければ幸いなのですが、各コーチのみアクセス可能な作戦会議室なるBBSがありまして、普段(主に平日)集まるのがむずかしい各コーチが実にさまざまな意見の交換をしています。やはりチームのことが気になるのか、各コーチとも毎日とは言わないまでも週数回は必ずアクセスしているようです。面と向かってはなかなか言えない事も、文字にすると言い易いというのもあります。

いずれにしても、なかなか難しい問題も多いですが、主役は子供、がんばって子供達に良かれと思うことを実践してあげてください。いつの日か、試合できるといいですね。(お互い分からないとは思いますが)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。非常に参考になりました。

「君はこういう点を気をつけて普段家で練習してこいよ」と言ってあげれるような環境に早く持っていきたいです。
今は、夜のランニングでバテベテの下級生に野球が嫌いにならんでくれよと願うだけで、平日に家で練習してこいよとは言えない様な、そんなチームなんです。

各コーチのみアクセス可能な作戦会議室なるBBSもよいですね。代表と監督とは意見交換できないけど、他のコーチ陣とは有意義な意見交換できそうな気がします! 参考になりました。

お礼日時:2007/02/03 21:52

良い指導者か否かは、キャリアの長短は関係ありません。

子供が小さい頃のスポーツの指導者は、親がしっかり選択してあげないと、いろいろな問題の生じる可能性もあるので、注意が必要です。なぜなら、子供にとって、監督やコーチは絶対君主であり、彼らの言う事なら、黒いものだって白と思い込まされてしまうからです。監督やコーチのあさはかな一言で、深く傷つき、大人になっても、そのトラウマから逃れられない人だっているのです。スポーツだって、芸術だって、上手くなるには、ある水準の練習量は必要です。練習量がその水準に達して、上手くなれないとすれば、それは素質の問題になります。いたずらに練習量をふやせば良いというものではありません。子供の頃のスポーツでは、勝つ喜び以上にスポーツの楽しさを体験させるほうが、ずっと大事です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
仰るとおり、スポーツの楽しさは、勝つことだけではないですよね。
私も、これから、もっと子供達の表情も見たいと思います。

お礼日時:2007/01/28 09:39

父兄からはなにか意見はないんですか?


その野球チームの練習時間が長いというのが伝統でそれを期待してチームに入れてるなら練習時間を短くするのは反感を買うかもしれませんがどうでしょう。
ただ、暗くなってからの練習の内容が素振りにランニングではやる意味がないですけど。。。
チームとしてみんなが集まってるのに一人でもできる練習は効率的ではなくただの時間潰しでしかないと思います。それにおもしろくないですしね。高校のように毎日練習があるなら全体練習の中に取り入れる必要はあるかもしれませんが今の高校でさえただのランニングのみをする高校は減ってきています。

No.1の方も言ってますが他の走るスポーツを入れるのはいいと思います。前代未聞とおっしゃってましたがそんなことはなく得にアップの時なんかには色んなスポーツを取り入れてるとこもありますし多いのは鬼ごっこです。強制で走らせるよりも楽しみながら走ることができるので大変効果的です。
また、アメリカなどでは幼いときに色んなスポーツをさせるのは当たり前でその方が運動の能力の向上に繋がってます。

なので練習時間を変更できないのならただのランニングでも鬼ごっこやリレー、遊び感覚でできるサーキットトレーニングなどを取り入れてみてはいかがでしょう?

ただ素振りに関しては出来れば家でやってもらいたいですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

父兄からは言い出す勇気のある人がいないのが現状です。
代表に意見した際に、ご父兄にアンケート取ればよくわかりますよと言ったら、そんな必要は全くないと叱られました。
残念ながらそのようなチームなのです。

なお、鬼ごっこは一度だけ監督がやらせたことあります。どうして一度だけで終わったのかは不明ですが、再度、鬼ごっこを提案させていただきます。

お礼日時:2007/01/28 10:03

確かに夏場で有ってもPM7時半以降は遅すぎると思いますが、選手はどの様に思っているのでしょうか?



家の近所の少年野球チームのコーチの方から聞いた話ですが、夏場の終了予定は5時前後にしているそうですが
選手が「もう少しやりたい」と言う事が有り、その様な時は6時頃まで続く事が有るそうです。

さすがに暗くなり、それ以上はやらない(出来ない)のですが、照明でも有れば
「あと1時間くらいはやりそうだ」と言っていました。(コーチの方が疲れるらしいです)

この様に選手が楽しければ7時半でも良いのかもしれませんが、練習内容が「ランニングか素振り」だと
あまり楽しくい練習では無い気がしますので、選手も嫌なのではないでしょうか?

もし嫌々やっている様なら、ご父兄から「もう少し早く終わってほしい等の要望が有った」などと
代表者に言うのも一つの方法ですが、選手,ご父兄共に納得してるとすれば仕方がないのもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ご指摘どおり、「ランニングか素振り」なので、選手は嫌々やっています。

ご父兄も早く終わって欲しいと思っている方が半分以上です。

お礼日時:2007/01/28 10:07

確かに間違ってますね、


大前提として、楽しまなければいけないと思います。
まず、きちんとしたフォームに矯正します、
あるていど、素振りで固まったら、実践しながら、
楽しく、さらにフォームを固めてみてはどうでしょうか?
ランニングはやらないほうがいいです、他の誘惑(サッカー等)もありますし、野球をやめてしまいます、
中学、高校になると、野球の楽しさ(実践等)が知っているので、
耐えられますが、小学生には酷です。
考え方をかえて、ランニングではなく、他の走るスポーツ、サッカーやバスケなどをしてみてはどうでしょう?
(前代未聞ですが、、思い付きです、参考程度に)
とにかく、小学生のうちは、楽しむことが先だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通り、小学生ですよね。楽しむことが先ですよね。

お礼日時:2007/01/28 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q母としての私は最低なのかな・・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・という事もしばしばで練習をみてあげてほしい・・等いろいろ他のお母さんから引き止められた事もありました。
試合やお茶当番は出きるだけ行くのですが普段はほとんど行くことがないのです・・。
小さな娘もいるし、いくら主人が休みでも主人にゆっくりしてほしいとも思います。
他のお父さんだって頑張ってでてきてるのよ!!と言われるとそれは本当に感謝ですし頭の下がる思いです。

私は子供の為に時間を作れないなんて最低だね!!なんて言われるたびに自己嫌悪に陥り、野球辞めないかなぁ・・って思ってしまいます。

自分でも協力してあげたい気持ちとせっかく日曜が休みだったり夜勤明けだったりすると『ゆっくりしたり家の事したり自分の時間がほしい』と思ってしまいます。
やっぱり最低ですよね↓母親が働いていても土曜日*日曜日*祝日はどのお母さんも子供に時間を費やしている人が多いと思うので・・。

私はべったり子供とできず・・どうしても働いてる事を理由にして逃げてしまうんです・・。

どんな意見でもいいのでカツ入れてください・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・とい...続きを読む

Aベストアンサー

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでしたが嫌気がさしたんだと思いますが自分から辞めると言い出しました。正直言って小躍りしたいくらい嬉しかったです。
今、そのチームは苛めで転校生まで出してしまい存続の危機に陥っています。(まるで相撲部屋のかわいがりみたいなことをやったみたいです)在籍していたころ散々親達の間で嫌な事を言われたり強要されていたので今はおとなげないですがザマーミロと思っています。
私の息子のチームは特別ですが、少年野球チームというのはどこも同じ気質があると思います。
お子さんが野球を続けるなら最低限の義務だけ果たしてればいいんじゃないですか?

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでした...続きを読む

Q少年野球、続けるべきか辞めるべきか(母親はSLEです)

少年野球、続けるべきか辞めるべきか(母親はSLEです)

迷っています。
小5の息子ですが、去年の5月自分で「やりたい。最後まで続ける」と言って
自分の通う小学校を拠点としている少年野球チームに入団しました。

全く未経験、それまで野球にも興味なしでしたが
もともと運動能力は高く、4年生だったので下部チームの最上級生ということもあり
数か月でレギュラーになりました。

しかし秋には5・6年生チームへと移行し練習が厳しくなり、
「かかとがすごく痛い」と言うので病院へ行ったところ
成長期のかかとの軟骨が炎症を起こしていて、痛む間は休ませた方がいいとのことでした。

そしてかかとの痛みと、下部チームと比べて厳しい練習に嫌になってしまったのか
「もう辞めたい」と言うようになってしまったんです。

「最後まで続けると言って入ったんだから、卒団まで頑張ろうよ」と言って
足が痛む時や疲れがたまっていそうな時にはお休みして、だましだまし続けているような状態です。

けれど、嫌々やっているのかと言えばそうでもなく、
「辞めたい~」と言うのをなだめれば自発的に着替えて支度するし、
グランドに行けば元気よく挨拶し、一生懸命練習・プレイして
試合も半分くらいは出場できています(5・6年生15人しかいないので・・・)。

それでも毎週のように、練習日が近付けば「辞めたい」とこぼすんです。
本人が言う理由は「足が痛い」と「休みの日は休みたい」です。

野球を始める前は、保育園の頃から2年生まで少年サッカー。
私も父親もサッカー好きで、本人の意思というより親の勧めで入団させました。
しかし早生まれで体の線の細い息子は体力的について行けず、
泣いて「辞めたい」と言うので退団しました。

2年生からはスイミングスクール。
こちらも本人の意思というより私の強い勧めで入会しました。
まあまあ楽しく通い、上達してきていましたが
小学校に上がった頃完治したと思っていた中耳炎が再発し、
耳鼻科医師に「この子はスイミング駄目だよ」と言われてしまい、
4年生の5月で辞めたのでした。


そして母親側としては。
SLE(全身性エリテマトーデス)を患っていて、紫外線・疲労・ストレスを避けなければ
悪化、入院となる可能性があります。
子供が本当に野球が好きで、続けたいと思っているのなら
できるかぎりの対策をして協力してあげたいのですが、
「辞めたい」と言っているのをだましだまし続けている状態で、
自分自身病気が悪化する可能性のある事を続けていていいのだろうかと
迷ってしまうんです。


「嫌な事を途中で投げ出す」ようなことはして欲しくない。
でも向き不向きもあるのではないか。
足を故障させる可能性は?
本人が辞めたいのに無理強いして、親もいらぬ苦労をする必要が?
でもグランドに行けば一見楽しそうに、一生懸命プレイしている。

等々考えると、どうしたらいいのか分からなくて・・・。

色々なアドバイスをいただけると有難いです。
よろしくお願いいたします。

少年野球、続けるべきか辞めるべきか(母親はSLEです)

迷っています。
小5の息子ですが、去年の5月自分で「やりたい。最後まで続ける」と言って
自分の通う小学校を拠点としている少年野球チームに入団しました。

全く未経験、それまで野球にも興味なしでしたが
もともと運動能力は高く、4年生だったので下部チームの最上級生ということもあり
数か月でレギュラーになりました。

しかし秋には5・6年生チームへと移行し練習が厳しくなり、
「かかとがすごく痛い」と言うので病院へ行ったところ
成長期のか...続きを読む

Aベストアンサー

うちも、息子が5年生のとき地元の少年野球チームに入団しました。(足の速さをかわれてスカウトされました。)
少年野球はどこのチームでもそうなのかわかりませんが、6年生の親が主体になってやっています。
5年生のうちはまだいいですが、6年生になると大変です。
お母さん方はお茶当番や配車だけでなく、スコア付けなどもやらされたり、お父さん方は審判講習会に参加させられ、持ち回りで審判をやらされます。
これは親として相当な負担ですが、子供もそうです。
うちも6年生になったとたん副キャプテンになり、ピッチャーをやらされ、その分監督やコーチから怒鳴られることが多くなってきて、嫌気が差してきた時期がありました。
「怒鳴られっぱなしで面白くない」「練習はやりたいけど怒鳴られるのは嫌だ」とか言って、一時行きたがらなくなりましたが、何とか最後までやり通しました。

私は自営業なので、休みの日も丸一日休むわけにいかなくて審判を断ったりしていましたが、人数も少なくそうも言ってられない状況になってきたので、やれるときだけ嫌々ながらやりました。(面倒だから嫌なのではなく、自信がなかったのです。)

子供は大人より適応力がありますので、休みがつぶれて嫌だと思いつつ、練習に行けば行ったで面白味もあり頑張れるようです。
かかとが痛いのは確かだと思いますが、痛くてプレイができないほどではないと思うんです。
おそらく、心の片隅に「やめたい」というのがあって、痛いのを口実にしているのではないでしょうか。

経験上のアドバイスとしては、「あまり頑張らせすぎないこと」です。
野球をやっていると、土曜日も日曜日もありません。
うちのチームなど、ゴールデンウィークやお盆も休みなしでした。
5年生の子供に休みなしはきついです。
時々は休ませてあげて、家族で旅行に行ったり、テーマパークに連れて行ってあげてください。
それが気分転換になれば、野球にも頑張れると思います。

うちも、息子が5年生のとき地元の少年野球チームに入団しました。(足の速さをかわれてスカウトされました。)
少年野球はどこのチームでもそうなのかわかりませんが、6年生の親が主体になってやっています。
5年生のうちはまだいいですが、6年生になると大変です。
お母さん方はお茶当番や配車だけでなく、スコア付けなどもやらされたり、お父さん方は審判講習会に参加させられ、持ち回りで審判をやらされます。
これは親として相当な負担ですが、子供もそうです。
うちも6年生になったとたん副キャプテンに...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q息子達の少年野球の母親達とうまくやる自信がありません。

長男(小4)次男(小2)が去年10月より少年野球を始めました。
初めはあまり父兄たちのなかに、無理して入らず距離を保って付き合おうと思っていました。
しかし、次男に手がかかり(すぐすねたり、真面目にやらない)親友から、「子供に手がかかるのに、あまり顔を出さないのは良くない。子供のことを気にかけてます、手がかかるけどお願いします、という気持ちを見せるには、ちょくちょく顔をだすべきだ」と言ってくれました。
なので、あまり気はすすみませんが顔を出すようになりました。
適当に周囲の人たちと話はするのですが、いまひとつ楽しく感じません。義務のようになっていて、気がのらないのです。

アドバイスをくれた親友は、少年野球の父兄歴が長く、姉御肌で他の父兄から(特に母親)よく相談をもちかけられていました。
彼女は先日引っ越してしまいましたが、彼女から相談内容を聞かされましたが、他人の悪口ばっかりのようです。
みんな表面では中良さそうに振る舞ってるけど、腹の中では何考えてんだか・・・などと思ってしまうのです。
仲のよい母親友達を作る気もあまりなくなりました。
こんな事ではだめですよね・・・
何が言いたいかわからなくなってしまいましたが、このままの状態でいいのでしょうか。
少年野球に携わっていた(いる)おとうさん、お母さんにアドバイスいただきたいです。

長男(小4)次男(小2)が去年10月より少年野球を始めました。
初めはあまり父兄たちのなかに、無理して入らず距離を保って付き合おうと思っていました。
しかし、次男に手がかかり(すぐすねたり、真面目にやらない)親友から、「子供に手がかかるのに、あまり顔を出さないのは良くない。子供のことを気にかけてます、手がかかるけどお願いします、という気持ちを見せるには、ちょくちょく顔をだすべきだ」と言ってくれました。
なので、あまり気はすすみませんが顔を出すようになりました。
適当に周囲...続きを読む

Aベストアンサー

うちの子は野球ではなく他のスポーツをやってましたが、あまり顔を出さない親はコーチ陣からもうけがよくなかったし、他の保護者からもよく思われてなかったですね。塾などとは違ってコーチや監督はボランティアだったりするので、あまり他人任せというわけにもいかないんです。

高学年になれば役員があたったりどうしても出番が多くなると思うので、今のうちに表面上でも親しくなっておいたほうがあとあとやりやすいと思います。人付き合いの出来ない人、変わった人というレッテルを貼られると余計入っていきにくくなります。

親同士のつきあいは確かに大変な部分もあります。私もつきあいが得意な方ではなかったですけど、子供がクラブにいる間は仕方ないと思って役員にも協力してきました。その辺は他の保護者も同じだったと思いますよ。みんな自分の子供のためにやってるんです。
毎回じゃなくても時々顔だして挨拶したり話したりするのは必要ですよ。

Q少年野球の大人に不満、どうしたら?

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、野球をするにはあきらかに劣っている事が多いです。
しかし、野球をやりたい!という気持ちは強いので、私も主人のなんとかしてあげたいと、自主練の手伝いをしています。
朝は学校は行く前にランニングと反復、夕方はダッシュとバッティング
(主人が早く帰ってきた時は、部屋の中でシャトル打ちをしています。)
お風呂から出てきたら、柔軟と懸垂。
時間があるときは外で壁当てしたり、シャドーをしたりします。
努力していてもなかなか上達しないのでやきもきしたりもしますが、
それでも続ける事が大事だと言い聞かせ、その言葉に答えてくれます。

先日試合の時に、たまたま場所の関係でベンチの真後ろに立って応援をしていました。
そこでの大人の言葉、態度に驚愕しました。

息子はサードをさせていただいているのですが、ファールボールが飛ぶたびに、「遅い」「格好が悪い」
確かに反応が鈍いので言われても仕方がないのかもしれません。
しかし、アウトにした時でも「(送球の)球が遅い」「投げ方が悪い」
と褒める言葉は一つもありません。
以前ダイビングキャッチしてアウトにしたときなどは、
「あんなの飛びついてとらないと取れないのか!」
「普通に取れる球をナイスプレーに見せているだけ」と、
やはり褒めるどころか、けなしていました。
一番驚いたのは、セカンドに投げてアウトにしようとした所、
セカンドの子がボールをグラブから落としてしまい、セーフになった時
その子の親がベンチ内にいたせいか、それまでいいたい放題言っていたのに急に黙って、尚且つ息子に「もっと思いっきり投げろ」と言ったのです。
送球は悪くなかったのに!です。

それ以外にも言い出したらきりがありません。
明らかに大人の集団いじめにあっているとしか思えません。
退団した1学年上のお父さんが飲み会の時に主人に、
「OO君(息子)はまじめだから、大人のねたみとかで色々言われて
かわいそうだな」と言ったそうです。
その時、親だからそう感じていたわけじゃないんだ。
周りにも同じように感じてくれる人がいるんだ。
と、すこしだけ気持ちが軽くなりました。

今まで、あえて文句も言わず色々団の為に尽くす事で息子を守ろうと
してきましたが、もう限界です。
私や主人はこれからどのように接したらよいのでしょうか?
いいアドバイスがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、子どもさんが野球が好きなことが何よりです。
子どもさんと話し合ってみましょう。それから監督、コーチにはっきり言われると良いでしょう。
監督、コーチの中には子どもたちの為でなく、チームは自分のものと考える人も居ますから。
私の子どもが小学時代野球をやっていて、質問者さんとほぼ同じ経験をしました。その時監督、コーチに私の意見を話しました。
以来がらりと態度が変わりました。
良い方向に行けますように。

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Q少年野球の指導について (少し長いです)

少し長いですゴメンなさい。小学4年生の息子についてです。

3年生の春ごろから地元の軟式野球チームで野球をやらせています。
半年くらい前に、より良い練習環境を求め、同じ地元の別のチームに移りました。

そろそろ新チームにも慣れて来た頃なのですが、先日の練習後から肩が痛いと言いはじめて、
ここ1~2週間大事を取って練習をお休みしていました。

始めは練習のし過ぎが原因と本人も言っていたので、息子からの話も良く聞かずに、
練習を休ませて、近くの接骨院に通わせていたのですが、
痛みが中々取れないようなので心配になり、息子に肩を痛めた経緯を再度詳しく聞き直しました。

すると本人が言うには、練習中に、あるコーチの一人から「上から投げろ!」と、
送球フォームの修正・矯正を受け、息子がいつも投げているフォームと違う投げ方を強いられ、
無理して投げ続けていたら、肩が痛くなった・・・と言うのです。

肩が痛いとコーチに言うと、さらにそのコーチからテニスラケットを上から?振れば直ると言われ、
別メニューで一人テニスラケットを振らされて居たと言うのです。
さすがに息子もおかしいと思いラケットは適当に振っていたらしいのですが、
コーチの指導に納得がいかないようで、私も事の経緯を聞き驚きました。

息子は以前所属していた野球チームでも当初「上からなげろ」と言われていたのですが、
本人曰く「上から投げると肩を壊しそうだ」と言うので、肩を壊しては元も子もないので、
無理して指導どおり投げなくて良いと本人に伝えていました。

しかし新チームでも「上から投げろ」言われたので、指導どおりに投げた所、
肩を痛めてしまったのです。

ネットで色々と調べてみた所、元巨人の桑田さんが、「上から投げろ指導は正しくない」と言う、
趣旨の発言していたのを見て、やはり「上から投げろ」指導は正しくないのではないか?と言う気持ちを強くしてます。ただ自分は野球の経験がないので、コーチの指導が正しいか正しくないか?の判断はつきかねるのです、
ですが素人考えで思うには、上から投げた方がいい場合も勿論あるだろうが、
それは個人差があるので、一概には当てはまらない指導なのではないのか?
つまりケースバイケースではないか?・・・と考えています。

息子はチーム内で1に2を争うほど球が速く、体もひじょうに柔らかく、その点については所属チームのコーチや監督からも一定の評価を受けています。
親ばかだとは思うのですが、センスがそれなりにあると感じていますし、
これから将来も野球をずっとやらせて行きたいし、本人もそのつもりでいます。
まだ先は長いので、将来を考えた時に、今、肩を痛める事などがあっても良いとは、
どうしても思えないのです。

このコーチの、上から投げろやテニスラケットの指導は正しいのでしょうか?
またコーチや監督とこの事について深く話し合うべきでしょうか?

野球を知らない自分が、コーチや監督に物申す事や、
新チームに移って日が浅いので、もしチームの指導方針と合わないからといって、
ホイそれとまた別チームに移るのも考え物なので、
どうすれば良いのか?と正直迷っています・・・・。

少し長いですゴメンなさい。小学4年生の息子についてです。

3年生の春ごろから地元の軟式野球チームで野球をやらせています。
半年くらい前に、より良い練習環境を求め、同じ地元の別のチームに移りました。

そろそろ新チームにも慣れて来た頃なのですが、先日の練習後から肩が痛いと言いはじめて、
ここ1~2週間大事を取って練習をお休みしていました。

始めは練習のし過ぎが原因と本人も言っていたので、息子からの話も良く聞かずに、
練習を休ませて、近くの接骨院に通わせていたのですが、
痛みが中々取れ...続きを読む

Aベストアンサー

日にちが結構経っているのに質問者の返答がありませんが…回答を見ているのかわかりませんが…

野球肩で調べると要因がわかります。

>無理して投げ続けていたら、肩が痛くなった・・・と言うのです。

これが原因ではないでしょうか?

無理は禁物!

学童野球で4年生くらいまでなら指導はシンプルが一番だと考えています。

ラケットを使っての指導は良くありますが、肩が痛いときはやめたほうが…テニスのラケットは重いので、プラスチックやバトミントンのラケット、ほうきを使うほうが良いかと思います。

小学校4年生に『肩、肘のラインを…』と指導しても、家に帰って『何を言われたかわからなかった…』となるなら『上から投げろ!』と指導するのはOKだと思いますよ!

ただ、ボールを投げての大幅なフォーム修正はやめたほうが良いと思います。

肩の痛みが無くなってからお父さんの前で毎日シャドーをやらせましょう!

お父さんは肩の怪我が治るまでにピッチングフォームの勉強をして指導してください。

毎日シャドーや素振りをやって、プロ野球JRチームを目指してくださいね!

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q少年野球の試合の集合時間

息子(小3)が少年野球を最近始めました。月の日程表を渡されて、毎週の土日が全部試合で埋められていることにもびっくりしたのですが、それ以前に試合の日の朝の集合時間が早すぎることに辟易しています。

試合の会場は同じ市内で、車で移動するので30分もあれば余裕で到着できます。集合までに荷物の積み込みなどもあるのですが、それでも集合時間から40~50分で会場入りとなります。
それなのに、毎回集合が試合の2.5~3時間前なのです。大抵は9時に試合開始で学校に6時集合、酷い時は5時30分に集合です。
もちろんお弁当持参なので、起きるのが4時半~5時くらいでないと間に合いません。子どもも5時すぎに起きて支度、となります。試合に出ない子どももレギュラーも皆同じです。

早すぎなんじゃないかなと思うのですが、誰も何もいいません。もう慣れている、といった感じです。
少年野球をされているチームの方は、皆このように朝早くから用意をして出かけているのでしょうか。

凄く早くに行っても、グラウンドがしまっていて駐車場で待っているということもあります。
少年野球ははじめてなので、周囲が普通にしているとこれが普通なのかどうなのか、だんだん分からなくなってきています。平日は仕事、土日は平日よりも疲れる引率、となってから毎日がへとへとです。子どもも週末が学校より疲れる現状にどこで回復したらいいのか分からない状態になっています。

これが、普通なのでしょうか。

息子(小3)が少年野球を最近始めました。月の日程表を渡されて、毎週の土日が全部試合で埋められていることにもびっくりしたのですが、それ以前に試合の日の朝の集合時間が早すぎることに辟易しています。

試合の会場は同じ市内で、車で移動するので30分もあれば余裕で到着できます。集合までに荷物の積み込みなどもあるのですが、それでも集合時間から40~50分で会場入りとなります。
それなのに、毎回集合が試合の2.5~3時間前なのです。大抵は9時に試合開始で学校に6時集合、酷い時は5時3...続きを読む

Aベストアンサー

私も現在コーチとしてお手伝いしていますが、多少の違いはあれどどこでも似たような状況です。
試合開始が9時ですと、試合会場到着は遅くとも8時半(30分前までに集合していないと失格のケースもあります)、移動時間を考慮すると8時出発となります。試合ですから、寝ている体を起こすことも必要ですので、アップ、ノック、シートノック、バッティング練習をするには2時間ですとかなり要領よく動かないと厳しい感じです。とすると遅くても6時集合ということになります。
本人たちは好きなことをやっているのですから、仕方ありませんが、親御さん達は大変だとは思います(私も思っています)。が、やっぱり仕方ありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング