人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

知り合いが懲役1年で服役中です。
懲役1年だと仮釈放はどれくらいでもらえますか?
また4級から3級になるまでの最短期間、また3級から2級になるまでの最短期間、2級から1級までの最短期間を教えてください。懲役1年で1級になることはできるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あらあらw コピペの,データー君が(*´∀`*)


自分が一番正しいですか・・・
向こうは信用するな,私が正しいって?
    検索だけの未経験者は全くε-(´ー`*)
刑務官に聞けばいいですよ「事故なく模範であれば対象ですかと」

まぁ,放っておいて
持ち込み=判決の刑期でなくて,刑務所に持ち込んだ刑期のことね。
              ↑この残期についての対象が仮釈放ね
在宅起訴なら未決通算(拘留日数=通常÷3)なしですので
刑期は判決の言い渡しのまま,一年ですね。

>検察庁から呼び出しがあったんでしょうか?
呼び出しがあって判決言い渡されて,即その場(裁判所)で収監です。

>初犯ではなく執行猶予中の再犯でした
ん?弁当(執行猶予)の分と足して全部で一年?
それにしては軽いな・・大麻所持ぐらいかなw
女子ですか,和歌山ですな。それか岐阜か。

累犯=コテコテ刑務所  初犯刑務所=更正目的刑務所
まぁ女子なら,関係なく和歌山ポイw

これラストにしますね~
また誰かに「弁当」を検索されたら笑ちゃいますからw
    • good
    • 4
この回答へのお礼

いろいろ情報をありがとうございました。
執行猶予中の再犯ですが、判決が出たときには執行猶予が切れていたんです。だから、刑期は前の分が加算されませんでした。それだけでもよかったと思っています。
経験者ということでたくさんのことを教えていただき感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/03 20:16

念のために書いておきますが、3分の1かそこらで仮釈放を許されることなんて皆無と言っていいです。




平成元年~平成17年の有期刑仮釈放者の統計で、刑期が懲役1年以下で刑の執行率が49%以下であった者の数は以下の通りです(括弧内は仮釈放者の総数)。

平成10年:5名(1713名)
平成7年:2名(1918名)
平成6年:2名(2083名)
平成2年:3名(2718名)
平成元年:1名(3134名)

他の年には1人もいません。

http://lucius.exblog.jp/6411698/

ですから、予想される服役期間は、4で書いたとおりです。

#ソースのない情報はあまり信用しないほうがいいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

情報をありがとうございます。
この数字をみると11年から17年は1人もいないということですよね。しかし、過去には49%以下で仮出所した方がごく少数ながらいることも分かりました。
何より、無事故で一日も早い出所を願うばかりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/01 16:16

なんだかおかしさを覚えたのは私だけでしょうか?何をして懲役刑になったかはわかりませんが、罪を犯したからこそ刑に処されたんですよね?


あなたはそのお知り合いの方が、罪を心から悔い改め、その後の人生を真っ当に生きるように支えるのが本来すべきことだと思います。

自分たちの事ばかりでなく、その人によって迷惑をこうむった人や不特定多数の人、自然環境への被害などなど、もう少し罪を反省するように促すべきでは???

この回答への補足

回答ありがとうございます。私も身近にこのような人がいなければ同じように思っていたと思います。しかし、罪を犯す人たちはそれぞれいろんな事情があり、刑務所にいく人がみんな真からの罪人でないことを知りました。むしろ、もっと悪い事をしても刑務所にいくことなく、反省をすることもなく、大きな顔で生きている人がたくさんいることも知りました。
罪を心から悔い改め、その後の人生を真っ当に生きるように支えることはもちろん私の役目だと思っています。
貴重なご意見ありがとうございました。

補足日時:2007/02/01 07:18
    • good
    • 0

#2です。


んとー・・懲役一年というのは判決が?それとも持ち込み?
何となく書き方では判決が一年ポイですよね。
通算3分の一引いたとして,残りは(持ち込み11ケ月ぐらいかな?)
まぁ細かい計算は,さておき(ゴメンね当事者には大事ですね)
初犯なら希望を思い切り持てます。
細かい審査では身元引受人や,仕事先や,更生の意欲など限りないし,
加古川や(昔は交通刑務所)膳所など初犯刑務所など3分の一なんて,
ザラですよ。

何故三分の一(残り刑期の仮釈放)が珍しく,もうちょと多めなのかは
時代じゃなく,服役者の模範態度一つです。
今の刑務所の収容率の過剰さは凄いですよ。9人部屋でも12人寝てますw
それに増して以前より保護氏(金持ちの集まり)も増えてますから,
初犯なら,ドンドン出します。(累犯より更正率が高いので)
順番からして,この初犯者から社会へ早く送らなければ,大変です。
誤解してはいけないのは,全て事故無しの模範囚の条件でね。

>1年で9ヶ月めに仮釈放になった例や3級で仮釈放になった例はありましたか?
3分の二を消化していれば,その付近で間違いなく在り得ます。
拘置所内にて分類されて累犯と初犯刑務所に分けられますね。
初犯の受刑者の帰りの早いことビックリw

まぁ満期の私が言うのも可笑しな話ですが,
真面目な方は,早々と出ていましたよ,それも同じ暴○団専用刑務所でもね。
年内は楽々です。
面会に行って法務省管轄の刑務官にでも聞けば安心なされるでしょう。
更生に頑張って事故無しの早いお帰りを願って居ります^^

この回答への補足

度々回答ありがとうございます。
判決が1年です。「持ち込み」という意味はわかりません…。
在宅起訴で判決を出された時も在宅だったので、帰宅しました。それから2週間で刑が確定し、どのように刑務所に行ったのかもわからないままです。検察庁から呼び出しがあったんでしょうか?
初犯ではなく執行猶予中の再犯でした。刑務所は初めてですか、これは累犯あつかいでしょうか…。
ちなみに女性なので拘置所内で累犯と初犯刑務所に分けられることはなかったとおもいます。
不安はつきませんがこの様に回答やご意見をくださる方がおられると落ち着きます。年内楽々の文字、本当に嬉しいです。
ありがとうございました!!

補足日時:2007/02/01 07:25
    • good
    • 2

法制上は、刑期の3分の1が経過すれば仮釈放の可能性が出てきますが、実際では、最低でも刑期の3分の2(最近では4分の3とも言われている)、平均では刑期の85%を服役しなければ仮釈放は認められないようになっているようです。


なお、懲役8ヶ月、懲役1年といった短い刑の場合、満期近く服役させられる場合がほとんどのようです。
ですから懲役1年であれば少なくとも10ヶ月半の服役は必要でしょう。
(ただ、判決の際、未決勾留日数の一部または全部が刑期に算入されていれば、その分は刑期から引かれますが。)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E5%87%BA% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。最近では3/4なんですね。いろいろとしらべましたが初めて知りました。厳しくなっているのですね。
一日も早い仮釈放を願うばかりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 15:22

No1です



私に聞かれたわけではありませんが、目に付いたのでお答えします。

仮釈最低条件は2級ではなく3級です。当然降級もありますので、3級になったからと言って安心は出来ません。2級の人なんて一つの工場に5人いれば多い方です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

hduygjkduさん、回答ありがとうございます。知り合いは1月末に刑務所へ行ったので年内に戻って来てほしいのです。こうしていろいろ教えていただくと少しばかり心が落ち着きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 14:39

>懲役1年だと仮釈放はどれくらいでもらえますか?


初犯ですか累犯ですか,それで相当に変わってきますね。
初犯だとしたら,3,4ケ月ぐらいでしょうね(勿論に所内にて無事故)
身元引受人を立派に立てて,公正の姿勢を前提にてね(つまり無事故ですね)

進級は服役刑期の長さに比例します。
5年で半年無事故で,3級とかね。

>懲役1年で1級になることはできるでしょうか?
絶対にありえません。1級とは10年近く,それ以上の服役者しか無理です。
一年の懲役では2級も考えられません。その頃では出所が先です。
質問者さんに対する理想の答えは,
3ケ月無事故→3級→6ケ月無事故→パロール(仮釈対象審査)→
服役9ケ月目に仮釈放・・
これが一番理想かな?
2級の暇もありません^^

この回答への補足

回答ありがとうございます。
再度質問してもよろしいでしょうか?
知り合いは初めての刑務所です。
9ヶ月で仮釈放は望めるのでしょうか?少し希望が見えてきました。
2級にならないと仮釈放の対象にならないときいたことがありますが、3級でも仮釈放になるのでしょうか?
経験者ということですが、懲役1年で9ヶ月めに仮釈放になった例や3級で仮釈放になった例はありましたか?
申し訳ありませんが再度回答をお願いいたします。

補足日時:2007/01/31 13:18
    • good
    • 0

懲役一年なら三級止まりがせいぜいです。

進級するには期間が短すぎます。
2級まで行くのに早くても二年~二年半は掛かります。
オヤジのヅケ(気に入られてるかどうか)次第ですけどね。
仮釈近くなってくれば、せめて二級して出してあげようって優しい親父もいますけどね。

よく法律で三分の一経過したら仮釈対象だという人がいますが、実際問題三分の一で出れる人は皆無と言ってもいいです。そこから仮釈与えることを前提で見て行きますってだけです。

今回の場合元々が短いですからね。仮釈なんてあってもなくても同じというレベルですよ。早くて八~十ヶ月目くらいで出れるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございました。1年って長いようですが、懲役では短いんですね。少しでも早く帰って来ることを祈って待っておきます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懲役4年6ヶ月、仮釈放までの最短期間を教えてください。

まったくの素人で、何もわからないので、教えてください。
弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
執行猶予はありません。
 収容されてから、更生に向け、頑張っている様子で、
中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
弟は、息子が生まれたばかりで、足を洗ってやり直そうとしていた
時に逮捕され、(罪はおかしているので当然なのですが)
本人は、心底後悔したようで、一日も早く、家族の元に帰ってこれるようにと、人一倍努力している様子です。 
 判決が出たのが昨年の8月なので、まだ、刑に服して8ヶ月くらいです。 最短で、どのくらいで仮釈放がつくものなのでしょうか。
また、平均的には、どの程度の期間、収容されているものなのでしょうか。  
 教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験上で,参考になればです。

>弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
>拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
未決通算を引いて,持込が3年10月の「服役」ね。
未決通算で,8ケ月も引かれてるってことは,実際の拘留期間は長かった
ですね。一年半ぐらいかな。

>中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
いわゆる,係りで言えば工場の雑役ね。仕事なら混成工場かな。
工場での雑役につけていれば,仮釈放には一番近道で早いエリート
コースですが,服役8ケ月にして,その職務は難しいなと思います。
8ケ月の月日の経過ですから,おそらく6ケ月無事故と進級の報告と
推測いたします。
きっと,進級(4級→3級)になったのでしょうね。
大変にいいことで,後は工場担当のおっさんに好かれることだけです。

>足を洗ってやり直そうとしていた
組織のことかな?仮釈放なら絶対に脱退届けを書かせます。

>最短で、どのくらいで仮釈放がつくものなのでしょうか。
実際には服役刑期の三分の一が仮釈放に値すると思っていいです。
以前に違う書き込みで類似した質疑がありまして,三分の一なんて,
法律上だけで実際には,そんなに貰えないって未経験者のコピペ君
が言ってましたが,現実にはアリアリです。心配しないで。
(ここじゃないですよ,過去の私の回答欄で見て下さいね)

半分強の刑期が過ぎた時点でパロール(更生審査)にはかかると思い
ます。仮釈放での身元引受人,更生意欲,保護氏の活動などの条件で
まっすぐに事故なく進級していればかなりの可能性で三分の一は,
充分に狙えます。

>平均的には、どの程度の期間、収容されているものなのでしょうか。
分類されて送られた刑務所によって,相当にケースが違います。
例えば初犯刑務所なら,更生目的での刑務所ですので,かなり事故なく
仮釈放目的が受刑者のほぼですから,見込みアリアリ。
逆に累犯刑務所では,収容目的であり事故が多すぎて困難なものです。

事故=つまり懲罰ね。累犯刑務所Gマーク(暴団ね)では喧嘩が日常
茶飯事ですから,足の引っ張りあいですからね。
近畿で言うと,大刑や京刑ね。初犯刑務所が滋賀の膳所とかね。
弟さんてことで,もしも少年刑務所なら(26才まで)奈良,加古川と
コテコテの姫路などの違いね。奈良なら3分の一だらけです。
姫路でも,いい子で大目の仮釈もらってる連中も居ましたよ。

生まれたばかりの子供の写真の差し入れを見れば,どんな状況でも
我慢と辛抱して,中での人間関係での摩擦にも耐えられるはずです。

最も肝心なことは,つまり無事故で2級にでも進級した頃にゴールは
おのずと見えて来ます。

外から出来ることは,子供や奥さんの為にも,早く戻る事を認識させる
為の,手紙の差し入れを随時に渡してやって下さい。
早い社会復帰を,私も願っております。
外からのプッシュも頑張ってあげてね。

経験上で,参考になればです。

>弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
>拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
未決通算を引いて,持込が3年10月の「服役」ね。
未決通算で,8ケ月も引かれてるってことは,実際の拘留期間は長かった
ですね。一年半ぐらいかな。

>中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
いわゆる,係りで言えば工場の雑役ね。仕事なら混成工場かな。
工場での雑役につけていれば...続きを読む

Q保護司からの連絡

受刑者身元引きが受け人になったことがある方へ、教えて下さい
(1)刑務所に行ってからどれくらいで保護司から連絡(面接)がありましたか?
(2)保護司をどのように呼んでいますか?「さん」ですか?「先生」ですか?
(3)最初の保護司面接から仮釈放までの期間はどれくらいでしたか?
(4)保護司面接は全部でどれくらいの回数でしたか?
(5)保護司にはどんな事を聞かれ、話ましたか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

身元引受人(法律上は引受人といいます)ではなく、保護司をしています

まず大まかな流れを説明します
1、刑が確定し刑務所に収監されると、仮釈放(仮出場、仮退院を含む)の希望があれば本人の帰住予定地を管轄する保護観察所の長などに対し身上関係の通知等がなされます。(身上関係事項の通知といいます)
2、保護観察所は帰住予定地、身元引受人を調査をします。
通常この調査を保護司が担当し、本人が申告した帰住予定地と引受人の意志などを確認します。(環境調整といいます)
なお、引受人とは受刑者本人が指定した者で、本人以外が指名することはできません。
したがって、本人が仮釈放を希望しない場合は、連絡がありません。

>(1)刑務所に行ってからどれくらいで保護司から連絡(面接)がありましたか?
刑期や罪状によって異なりますが、早ければ保護観察所から保護司に対し1週間程度で連絡があります。このときに環境調査書、身上関係書類が送られてくるのでその書類を受け取った後に引受人と接触します。(事前に引受人と連絡を取る場合もあります)
遅い場合は1ヶ月以上かかる場合もあります

>(2)保護司をどのように呼んでいますか?「さん」ですか?「先生」ですか?
「先生」と呼ばれることもありますが、「○○さん」で結構です。
保護司は職業ではなく、基本的にボランティアです。

>(3)最初の保護司面接から仮釈放までの期間はどれくらいでしたか?
仮釈放までの期間は面接(環境調整)開始とは関係しません。
有期刑の場合は刑期の3分の1、無期懲役の場合は10年以上経過していることが最低の条件です。
 
>(4)保護司面接は全部でどれくらいの回数でしたか?
刑期が長い場合は6ヶ月に1度、短期の場合は1回だけのこともあります。
通常3~4ヶ月に1度です。

>(5)保護司にはどんな事を聞かれ、話ましたか?
まずは 引受人になる意志があるかどうかを聞きます
ほかに調査しなければならないことは法律に定められていて
1 引受人及びその家庭の状況、 2 近隣の状況、  3 本人の犯罪又は非行に対する社会の感情、 4 被害弁償の状況及び被害者の感情、 5 矯正施設に収容前の生活状況及び交友関係 、 6 釈放後の学業又は職業及び生計の見込み、 7 犯罪又は非行の動機及び原因、 8 その他参考となる事

引受人が引き受けを断った場合はその理由
 
環境調整(調査)を受け持った保護司が保護観察を担当するのが通常なので、仮釈放後の保護観察が順調になるためには、保護司に対して本音を語ってもらえればよいと思います。
 
<注> 
法律により、身上関係書類を引受人にお見せすることはできません。
また、環境調整、保護観察が終了した時点ですべての書類を保護観察所に返還し、保護司のところには記録を残さないことになっています。

(参考までに)身上関係書類には引受人でも知らない可能性のあることも書いてあります。法律上記載しなければならないことは
氏名、年齢及び本籍、言渡しをした裁判所や確定の年月日、罪名、刑名及び刑期又は非行名及び収容すべき期間、 収容した日並びに刑期の起算日及び終了日又は収容すべき期間の終了日など 犯罪に関すること。
本人の申告による 
心身の状況、生活歴、犯罪又は非行の概要、動機及び原因、帰住予定地及び引受人の状況、共犯者の状況、被害者の状況、釈放後の生活計画、その他事項 などが記載されています。

 

身元引受人(法律上は引受人といいます)ではなく、保護司をしています

まず大まかな流れを説明します
1、刑が確定し刑務所に収監されると、仮釈放(仮出場、仮退院を含む)の希望があれば本人の帰住予定地を管轄する保護観察所の長などに対し身上関係の通知等がなされます。(身上関係事項の通知といいます)
2、保護観察所は帰住予定地、身元引受人を調査をします。
通常この調査を保護司が担当し、本人が申告した帰住予定地と引受人の意志などを確認します。(環境調整といいます)
なお、引受人とは...続きを読む

Q仮面接から仮釈放までの期間?

仮面接から本面接まで、本面接から仮釈放までのそれぞれの期間を教えてください。後、保護司から仮釈日の連絡はいつぐらいのタイミングできますか?一応、3月半ばに仮面接がありました。

Aベストアンサー

保護司をしています。
身元引受人に対して、仮釈放予定日の1ヶ月~3週間前くらいに連絡します。
このタイミングは保護司の裁量ですが、保護観察所からの連絡があれば正式な書類が届く前に、身元引受人に伝える保護司もいます。

仮釈放の情報が受刑者に伝わると、周りに隠していても本人の態度に変化がおき、他の受刑者に判ってしまいます。
喧嘩をふっかけたりして、他の受刑者が仮釈を妨害をする事も珍しくありません。 また事情によっては仮釈取り消しもあります。
仮出所の日は保護司からOKが出るまで、受刑者本人に伝えない様にしてください。

余談ですが、
犯罪の種類や刑期にもよりますが、刑期の1/3をすぎたら仮面接、仮釈放が決まる2ヶ月くらい前に本面接となります。
仮釈放の直前には釈前房に移り一般受刑者から離れます。
 

Q拘置所の服役囚について教えて下さい

こんばんは。
刑法に関する事の様な気が致しますのでこちらに質問させて頂きます。

先日知人から「実刑判決が下ったが刑務所に移送されずに拘置所で刑期を勤めることになった」という連絡がありました。

何の罪状でいつ逮捕されたかなどの詳しい経緯は解らないのですが、針の穴より狭き門である面接を通過してとの事で、拘置所の食事係になったとかではないようです。

私なりに調べてはみたのですが、拘置所でのお勤めや死刑囚であること以外に、刑務所に移送されないケースがあるのでしょうか?

情報の少ないなかでのあいまいな質問ですが、
どなたか詳しいかたがいらっしゃいましたら教えて下さると幸いです。
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

監獄法改正により、今では登録さえすれば友人でも外部交通(面会や手紙のやり取りなど)は可能です。

ちなみに、未決拘留分の算入については判決で言い渡されるので、逮捕されてからの勾留分が全て適用されるわけではありません。

基本的には、刑が確定したら分センというところに行って、どこの刑務所に移送されるか決定が出るまで待ちます。2~3ヶ月後に移送されます。
でも、刑期が短い場合や、情状酌量の余地が認められたりなどすれば、拘置所執行で、拘置所での食事係や経理など未決囚の世話係として働くことで拘置所で刑期を過ごす人もいます。そのまま仮釈放まで執行されるんです。これはいわゆるエリートコースで、仮釈放も多く期待できますよ。

>自白強要による無実の罪で長く服役した人は、人生を台無しにされてしまっても、その罪を誰に問うこともできないのでしょうか・・・。

当然、再審請求できます。人生台無しは取り返せないですが、国家が賠償してくれます。

>看守による暴行もそうですが、懲罰の為なら人を死に至らしめても罪に問われないというのはおかしいと思ってしまいます。

何か誤解されていますね。看守は、受刑者に触れるだけで犯罪です。それで懲役に行った人や、懲戒免職になった人は多くいます。名古屋刑務所の事件も当然ながら有罪判決でしたよ。

ちなみに代用監獄は中の人にとってはラッキーなこともあります。
冷暖房完備で一番自由だからです。拘置所以降は厳しいですから。

監獄法改正により、今では登録さえすれば友人でも外部交通(面会や手紙のやり取りなど)は可能です。

ちなみに、未決拘留分の算入については判決で言い渡されるので、逮捕されてからの勾留分が全て適用されるわけではありません。

基本的には、刑が確定したら分センというところに行って、どこの刑務所に移送されるか決定が出るまで待ちます。2~3ヶ月後に移送されます。
でも、刑期が短い場合や、情状酌量の余地が認められたりなどすれば、拘置所執行で、拘置所での食事係や経理など未決囚の世話係とし...続きを読む

Q仮出所は家族にいつわかりますか?

夫が在監中です。
刑期が2年、今月で10ヶ月が過ぎました。

身元引き受けは私の予定です。
仮出所はいつわかりますか?
どのような形でしょうか?

夫より先に知ることになるんでしょうか
通常、仮出所はどのぐらいの期間なんでしょうか

質問ばかりですいません
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

刑法では、刑期の3分の1を経過した後に、当局によって仮釈放が決定されるとの規定があります。
服役態度や反省の程度によっても異なりますが、通常は刑期の半分が過ぎれば仮釈放になると考えればいいかと思われます。

身元引受人には、仮釈放が行われる1ヵ月前までに連絡が入ります。
保護司の方は、仮釈放後の保護観察期間中に生活面全般のお世話をするため、身元引受人の方とも信頼関係が必要なので、電話連絡以外に事前の打ち合わせ等の目的で面談もあるはずです。
保護司は、地元の事情に通じた人徳者が担当になるので、他人の目にふれないように配慮されます。

Q拘置所で過ごした期間は刑期から引かれる?

刑事事件の被告が逮捕・告訴されて刑が確定するまでは拘置所で過ごすと思うのですが、その拘置所で過ごした期間は確定された刑期から引かれますか?
たとえば最高裁まで争って有罪で懲役10年が確定した被告がいたとして、その被告が拘置所で3年過ごしていれば実際の刑期は7年になりますか?

Aベストアンサー

一応補足です。

> また、最高裁まで争った場合は知りませんが、例えば地裁判決で3年を貰って、その後半年かけて控訴審判決で2年に減ったとします。
> その場合は控訴中の半年が全て未決算入として取り扱ってくれます。

被告人が上訴(控訴・上告)して原判決が破棄されたときや、検察官が上訴したときは、上訴審での未決勾留日数は全部通算されることになっています(刑訴法495条2項各号)。差戻しの場合は差戻し後の未決勾留日数も全部通算です(刑訴法495条4項)。

要するに、国のミスで未決勾留日数が延びた分は、全部刑期から引かせていただきますってことですね。

Q仮釈放について

義兄が傷害事件を起こして逮捕されました。初犯で示談書の提出をしていたのですが判決内容は実刑1年2ヶ月でした。(4ヶ月拘留さていたので50日間は引かれるそうです。)控訴の予定でしたが拘置所内の教官に「控訴せずに仮釈放を貰ったほうが良い」と言われたそうで控訴取り下げをしたそうです。 仮釈放とはどの程度の服役後に考慮されるのでしょうか?また、仮釈放を貰うのは難しいのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仮釈放についてですが、刑期の3ぶんの1を経過した時点から初めて「仮釈放」対象者としての、資格が得られるのです。
しかし、所内での生活に問題がある場合などは除外されます。(例外も有り)
特に大きな過ちを犯す事無く、ふつうに生活していれば、服役後概ね半年位経過したのち、各地方更正保護委員会からの「面接」を受ける事になります。
その後仮釈放を許可していいか、否かの審議が行われますが、仮釈放後に本人の身柄を引き受けてくれる場所がどこで誰なのか?、出所後の仕事の有無
などが考慮され、最終的な判断が下されます。
現在何処の刑務所も定員オーバーな状態です。従って特に問題が無ければ仮釈放が認められます。
懲役1年2月ならば「40~60日」程度の仮釈放が貰えると思います。「施設によって若干差がありますが・・」
参考にしてみて下さい。

Q保釈されたのに、実刑(執行猶予無し)の確率や判例は?

よく、保釈されれば、執行猶予が付くと聞きますし、
ネットや本で調べても
「保釈が通れば、執行猶予が付く確率が極めて高くなる」
といった事が書いてあるのが多いのですが、実際の判例では、どうなんでしょうか?

個人的には、刑法第25条(執行猶予)にあるように、
今まで禁固以上の罪に処されたことがない者が、
保釈中に社会復帰をしようと努力をし、
やっと職場などに復帰できたのに、裁判→判決→実刑○年
(執行猶予無し)になったら、保釈中に社会復帰できた職場に迷惑を
掛けると思いますし、保釈中の社会復帰の努力が全て無駄になって
しまいますよね。

だとしたら、執行猶予なしの実刑だったら、
始めから保釈を許可しないと思うのですが、
実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。何度も登場はちょと恥ずかしいですが、かなり深刻におなやみのようなので。
求刑が2年であれば執行猶予は確実とおもいます。
「裁判所」でウェブ検索すれば1番目にででくるところから最近の判例がみれます。もしかするとそっちをみたほうが安心できるかも。

Q控訴審での、減刑、執行猶予について

知り合いが、詐欺罪で2年半の実刑をうたれました。
即、控訴したのですがこの場合、控訴審での減刑または執行猶予の可能性はあるのでしょうか?
それとも一審判決のままという事もあり得るでしょうか?
割合はどのくらいなんでしょう?

あと、控訴審は大体一審判決後からどのくらい後に行なわれますか?

Aベストアンサー

#デ・タ・ラ・メだらけで泣けてくるな。統計を見もしないで適当な思い込みで数字を語るなと言いたい。

>控訴審での減刑または執行猶予の可能性はあるのでしょうか?

余り期待できませんが【一応はあります】。
ちなみに、減刑ではなく減「軽」です。減刑は確定判決の刑を恩赦で減じることを言います。この用語を正確に使っていない回答はほぼ確実にデ・タ・ラ・メです。

>それとも一審判決のままという事もあり得るでしょうか?

むしろ【それが普通】です。

>割合はどのくらいなんでしょう?

そうねぇ、最新の司法統計(平成26年)を見ると詐欺罪の場合、控訴審の手続きが終ったのが593件で内392件(全件が被告人側控訴)が控訴棄却なので、

【大体、2/3は一審判決を維持】

してますね。
http://www.courts.go.jp/app/files/toukei/061/008061.pdf
残りの1/3の内、108件は控訴取り下げなので一審判決で確定してます。
破棄差戻しは0なので、一審判決を破棄した89件は全て自判しており、検察官控訴は内1件だけ。よって、

【ほぼ15%くらいは一審判決より減軽していると見ていい】

と思います。なお、残りの4件は「公」訴棄却なんですが、理由が不明(例えば被告人の死亡などがあり得る)なので、一審判決との関係は何とも言えません。
ちなみに殺人の場合は、破棄自判は10%程度なので詐欺罪の方がよほど一審判決を変更しています。軽い罪は判決が変わらないとかデ・タ・ラ・メもいいところですね。罪の重さは、控訴での一審判決の破棄率とは関係がありません。
まあ、

【個別の事件の帰趨には、割合なんて何の意味もない】

んですけどね。減軽される率が15%だろうが99%だろうが現実に減軽にならなければ同じことです。当人にとっては減軽されなかったという事実のみが全てですから。極論を言えば、過去の実績が100%だったとしても、次も同じという保証はないんですからね。コインを10回投げて10回とも表だったとしても次の11回目が表であることにはなりません。

ところで、もしかしたら平成26年はたまたま特殊で他の年と傾向が異なるという可能性もあります。しかし、どうせ意味のない割合を手間暇かけて正確に求めるのは面倒くさいだけで時間と労力の無駄なので他の年は見ません。どうしても知りたければURIを貼り付けておくのでご自分で確認してください。
http://www.courts.go.jp/app/sihotokei_jp/search

>あと、控訴審は大体一審判決後からどのくらい後に行なわれますか?

【判決だったら平均して受理した日から3か月少々】で出ます。
http://www.courts.go.jp/app/files/toukei/009/008009.pdf
実際の分布がどうなっているか判らないので正確なことは言えませんが、特殊な事例でない限りは2ヶ月から6ヶ月の間に大体収まるんじゃないですかね。

ところで、検察官は控訴してるんですか?統計的に検察官控訴はかなり少ないようなので多分していないと推測しますが、

【検察官が控訴していないなら控訴審判決が一審より重くなることはありません】。

不利益変更禁止規定がありますから。検察官が控訴しているのであれば被告人が控訴していようがいまいが控訴審判決が重くなることはあり得ます。つまり、

【被告人のみの控訴によって刑は重くならない】

です。重くなることがあるかのように言ってるあほもいますが無根拠なデ・タ・ラ・メだから無視しましょう。なお、単純に刑期の長短で刑の重さが決まるわけではありません。実刑判決と執行猶予が付いた場合とでは刑期が長くても執行猶予付きの方が軽い場合もあります。

また、控訴理由は、量刑不当が最多です。事実誤認の2.5倍くらい、理由全体の6割以上を占めます。ですから、刑に不服があって控訴すること自体はごく当たり前です。そもそも刑訴法381条に控訴理由としてはっきり書いてありますから、それを控訴理由として何が悪いということになります。
そして、量刑不当を理由とする詐欺罪の被告人控訴の内、控訴棄却は339件です。
http://www.courts.go.jp/app/files/toukei/067/008067.pdf
一方、被告人控訴で原判決を破棄した件数は86件です。これは控訴理由別で最も多いです(まあ元々理由として最も多いのですが)。
http://www.courts.go.jp/app/files/toukei/069/008069.pdf
つまり、量刑不当を理由とする控訴の内、約20%は原判決を破棄しています。もっとも控訴理由は一つとは限りませんから単純に全てが量刑不当を理由として原判決破棄になっているわけではありませんが、原判決破棄になった被告人控訴88件の内の他の控訴理由全部を足しても58件しかないので、最低でも30件は量刑不当の主張が認められているということになります。事実誤認は21件ありますが、仮にこの全てが認められていると仮定しても、その1.5倍ほどの量刑不当が認められているということになります。つまり、量刑不当なら認められないが事実誤認なら認められるというのがデ・タ・ラ・メであることは明らかです。

まあ何にしても、被告人の控訴権は被告人のために認められているのですから控訴権の行使は被告人の自由です。事情も何も知らない無関係無責任な外野に控訴すべきでないなどとつべこべ言われる筋合いはありません。知らねぇんだからすっこんでろと言ってもいいです。

それと、詐欺罪の有罪判決は執行猶予が付く方が多いです。法定刑が10年以下だからって執行猶予が基本的に付かないなどというのは全く根拠のないデ・タ・ラ・メです(別質問の回答見たら執行猶予の可否が法定刑の上限で決まると思ってるらしい。無知にもほどがある)。
http://www.courts.go.jp/app/files/toukei/033/008033.pdf
これは第一審の判決ですが、詐欺罪の有罪全4346件中、執行猶予の付けられない3年超が430件で残りの3916件中2424件(約6割、全体では55%くらい)が執行猶予付きです。つまり、執行猶予付きの方が多いんです。殺人ですら67/274≒1/4が執行猶予付きだってのにな、ホント、デ・タ・ラ・メだ。

#デ・タ・ラ・メだらけで泣けてくるな。統計を見もしないで適当な思い込みで数字を語るなと言いたい。

>控訴審での減刑または執行猶予の可能性はあるのでしょうか?

余り期待できませんが【一応はあります】。
ちなみに、減刑ではなく減「軽」です。減刑は確定判決の刑を恩赦で減じることを言います。この用語を正確に使っていない回答はほぼ確実にデ・タ・ラ・メです。

>それとも一審判決のままという事もあり得るでしょうか?

むしろ【それが普通】です。

>割合はどのくらいなんでしょう?

そうねぇ、最新...続きを読む

Q前科のある場合の執行猶予

前科があり、一年前に刑期満了で刑務所から出てきた人が、それから一年足らずで罪を犯した場合(同じ罪名)、今回の罪が比較的軽微であり、前回の時と違い示談が済んでいる・身元引受人がいる・情状証人になってくれる人がいる等があっても、執行猶予はあり得ないのでしょうか。
どなたか、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

刑法において執行猶予は以下のように定められています。

第二十五条(執行猶予)
次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。
一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった   日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せ   られたことがない者
2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された  者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべき  ものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定に  より保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者について   は、この限りでない。

一は、初犯者に対する条件で、二は累犯者であるが、前回より5年以上経過している場合です。
2は5年以内の累犯者であるが、処断刑が1年以下でかつ情状に酌量すべき点がある場合です。

今回の場合は、
1.今回の処断刑が1年以下の懲役又は禁固であること
2.前回の執行猶予で保護観察が付されていないこと
が絶対条件であり、
3.情状酌量が適当と判断されること(示談済み、身元引受人など)
が必要条件となります。

絶対条件が満たされていない場合は、執行猶予となる可能性はありません。必要条件は裁判所(裁判官)の心証次第です。

但し、実際問題としたは、異なった犯罪(例えば、前回は暴行で今回は業務上過失致傷など)であれば、可能性はありますが、同一犯罪(前回が窃盗で今回も窃盗)であれば、裁判所の心証が悪くなることは容易に想像できます.

刑法において執行猶予は以下のように定められています。

第二十五条(執行猶予)
次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。
一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった   日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せ   られたことがない者
2  前に禁錮以...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング