こんにちは。就職活動をしている大学3年の者です<m(__)m>

今いろいろと就職活動で悩むことがありましたので質問させていただきます。

今大学3年で、就職活動をしていますが、将来日本の会社にてグローバルな仕事にかかわりたいので、「海外に出て英語又は中国語を学びたい」、「世界を見たい」という気持ちがあります。大学4年になってから海外に行くとしますと、「新卒」の扱いではなく、「既卒」扱いになってしましますよね。「既卒」の扱いでは総合的に不利な扱いとなってしまいます。海外から帰ってきた時に、「新卒」の扱いで会社に入社したいと考えているので、行くのであれば、今しかチャンスはないと考えています。

就職活動中の今は合同セミナーや会社説明会に足を運んでいるのですが、なかなか会社に入るという気持ちがもてません。今の時期にその、留学又はワーキングホリデー等、海外に出るということを強く意識し始めたことは遅いとも思われてしますが、自分の将来を考えたとき、そういった経験は必ず良いものになると考えておりますので、来年一年、大学を休学して海外に行くというのは今の私にとって一番良いことといえるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

留学 説明会」に関するQ&A: 長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

A 回答 (6件)

こんばんは。


私は理系大学3年生の女子です。
本当に同じような事で悩んでいる人がいるのだな、と実感しました。私も、つい先日まで全く同じ事で悩んでいました。とっても、とっても悩んで、ちょっと鬱になりそうでした。神経性ハゲができました。でも、今はスッキリしています。私のスッキリまでの流れを書きます。


自分が将来、何をしたいのかもわからぬまま、就職活動。就職活動中に英語の重要性を実感し、英語を話せるように学び直そう、と思う。(昨年11月末頃の話です)

『英語を話せるようになりたい=留学』と思った私は留学しようと思い始める。(あくまで私の場合の話ですが、今考えれば留学するなんて安易な考えは、就職活動からの逃げだったとも言えます。)

就職活動の傍ら、海外留学斡旋会社(5社まわりました)に足を運び、留学とはどんなものなのかを詳しく調べる。(正直、留学にも色々な種類があって驚きました。でも、やりたいことが無い自分には、どの留学プランも惹かれなかったし、行く決心もできませんでした。)

留学のことをしっかり知ってみると、自分の知らなかった留学のデメリットが見えてきた。
(留学して得たものが海外生活経験のみだと、就職からの逃げだと思われるそうです。最低でもTOEICスコア750点は取らないと、留学は就職からの逃げと見なされてもおかしくないそうですよ。)留学は、やはり、目標があるからこそ行くものだと、私は考え直した。

一番悩んだ時期で、ハゲができてしまったのも、この時期でした。自分の将来も見えず、就職活動にも身が入らず、親や兄弟そして、祖母にも将来が見えない自分の情けなさを語りました。大学のカウンセリングルームも行きましたし、就職課にも行きました。(就職課は、「何がしたいかじゃなくて、どこで働きたいかを考えろ」と言われ、もっと悩んでしまったので、行かないほうがいいかも…就職課は、学生をどこでもいいから就職させようとしてくるので。)

色々な人の話を聞いてみて、自分の将来がやっと見えてきた。(色々な人とは、留学斡旋会社の人も含めて、両親の知り合いや、大学の就職課の人など、本当に様々な人です)真剣に見据えてみたら、自分の将来は1ヶ月程半度で見えた。

でも、やっぱり英語は絶対必要と思った。留学しないで英語を話せるように学びなおすための方法を探す。

将来やりたいことが明確になったので、英語も学べてやりたい事も学べる大学への学士入学を考えた。(学士入学すると卒業は26歳。#3の方が新卒にこだわることを残念がっていますが、やはり気になってしまいますよね。実際にセミナーなんか行くと特に心配になってしまいますよね。しかも、私の場合は理系大学卒業→文系大学編入を考えたので非常に悩みました。しかし、私が一番重点をおきたいのは英語の勉強でした。)

自分がやりたい事も学べて、英語も学べる津田スクールオブビジネスに進学したいと考える。

卒業後、津田スクールオブビジネス進学のため勉強中。


とても長くなりましたが、こんな感じで今はスッキリです。私は、将来について真剣に悩めて良かったと思っています。今は、大学で就職活動に参加してエントリーなどをしていれば、やりたいことも無いまま就職できると思います。(職を選ばなければの話ですが…。)でも、自分の将来を見据えることは大事だと思います。まだ遅くありません。私だって、つい先日まで悩んでいたのですから。
留学が最善だと思えるかどうか、しっかり見据えてみてはいかがですか?それで、留学したいと真に思えるのなら留学すれば良いと思います。道は色々あります。むしろ、大学時代にそれに気づけてよかったと思いますよ。色々な話してみると社会人になってから気づく方も多い様ですから。
頑張って悩んでみてください。絶対に答えは出ます。
自分にしか出せない答えです。あたなの事に関する答えは他人は持ってませんよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私自身今非常に悩んでいます。
留学の意味という点では大変参考にさせていただきました。私と同じ大学3年の友人が、大学を休学して海外にワーキングホリデーに行くということと、大学のゼミが英語系のゼミなので、そこで英語の刺激を受けたということが私の海外に行くという動機の始まりです。私も他人に相談してみたところ、「それは、就職活動から逃げているだけではないのか?」と指摘され、そんなつもりではないと思いましたが、やはり留学の意味(そこで何を学び、どう今後どのようにいかしたいか)がまだはっきりしていないように感じました。留学するだけで、英語を話せるようには、その人のやる気や能力次第だと思いますが、その意味を明確ししなければ、いく意味さえなくなってしましますよね。もう少し、留学についてのメリット、デメリットに関して調べたいと思います。そして自分の将来を悩むことの大切さも質問者さんのおかげでわかりました!十二分に悩みたいと思います!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/01 01:52

応援の回答を致します。

お金の心配がないなら、休学して一年間留学する事をお勧めします。日本人として日本で就職する限り、新卒就職は大変重要です。既卒では、思うような会社に就職するチャンスが新卒に比べてかなり少なくなります。学生の内に世界を見る事はとても貴重な経験になるでしょう。一度きりの人生、悔いのないようにね。
    • good
    • 0

私は大学3年の理系大学に通う者です。

高校の時からの留学したい
という気持ちをずっと引きずっていて、いざ就職活動に突入しても
悶々と悩む日々が続いていました。休学するか、卒業後行くか、
もしくはあきらめるか。。。 やはり一番悩んだのは新卒として
扱われるのかという点でした。 そこで私は多くの企業説明会に
参加し、説明会終了後に人事の方に直接事情を話し、卒業後帰国して
就活を行なった場合新卒として対応してもらえるかを聞いてまわりました。現時点ではどこの人事の方も快く話を聞いて下さり、帰国時に
そのような事情を話せば選考対象にしてくれるとおっしゃっていました。その結果、卒業後留学という道を選びました。ただ、この事は業種や企業規模などにもよると思うので一概には言えません。参考になれば幸いです★
    • good
    • 0

日本の学生だけなのですがとても残念なことがあります。


それは新卒に拘ること。
表現は不適切ですが、まるで処女でなければいい相手と結婚できないようなイメージです。
語学のコミュニケーション能力を高めて、世界に通用する仕事をしたいなら、新卒だの既卒だのとつまらないことを考えず自分の能力で勝負すればいいじゃない。
「自分はどこの企業の色もついていない純白な青二才です。」はPRですか?
他の国の人はどんどんと自分をステップアップさせてゆくし、必要を感じたら就職してからでも大学にまた通ってパワーアップしますよ。
少なくともグローバルを意識するなら、まずそこから意識を変えましょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「新卒に拘ること」という見方があることには今気が付きました。
私自身それにこだわっているかもしれません。客観的に見られることでわかりました。意識改革は大事ですね!就職してステップUPするという手も考えたのですが、やはり、自分の能力しだいなのですね!

ただ、その表現は不適切だと思います。

回答ありがとうごました。

お礼日時:2007/02/01 01:25

大学4年になってから海外に行っても既卒にはなりません。

帰ってきてから卒業すれば新卒です。休学してもちゃんとした理由があれば問題ありません。もちろん、留年とは違いますから企業にとってはおちこぼれて留年した学生と同じ扱いにはならないでしょう。

なお、留学の経験が人生においてプラスになるかマイナスになるかは自分しだいで決まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね、もう少し視野を広げてみたいと、思います。

お礼日時:2007/02/01 01:19

何故海外なの?大学まで英語・中国語勉強しなかったの?日本の恥なるから、外には出ないで下さい。

<(_ _)>。貴方の将来より(当然年金等は払っているですよね?)、今の日本将来が心配です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大学では英語は勉強しました。中国語は今勉強中です。海外にでてその国の文化や人々と触れ合う、そして英語能力を上げるという点では、長期的に行くという意味では、就職してからでは難しいのではないかと思い質問させていただきました。

ただ、日本の恥になるとあなたに言われる筋合いはありません。恥になるか否かは私自身が決めることではないのでは?何故、年金等の話題にもっていかれるのですか?今の時点では、私の将来はあなたの年金への不安より大事です。

お礼日時:2007/01/31 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Qアメリカの大学の卒業時期と新卒既卒扱いについて

アメリカの大学(短大も含む)は日本とは卒業時期が違います。
さらに言えば、入学時期・専攻・履修ペースによって個人個人、卒業時期が違うわけです。
日本では基本的に1年ごとの区切りで、学校によっては秋の卒業も認めているところもありますが、殆どの生徒は3月の卒業式に出席・3月31日をもって学生を終えます。
アメリカの場合、もしかしたら州によって違うかもしれませんが、私の滞在している州では大きな卒業式は5月下旬。期末テストと称した最終授業日の次の日くらいに行われます。
ですが秋学期(12月下旬終了)や夏期講習(6月下旬から8月中旬まで)で全課程が修了した人は一体いつまで新卒扱いとなり、いつから既卒扱いになってしまうのでしょうか?
全課程を修了した時点で既卒となるのでしょうか?確かに各学期が始まるとこの学期で卒業するのかどうかメールで聞いてきますが・・・。

卒業式というのはただのセレモニーなのでしょうか?というのも5月に卒業式があると言っても、最終授業日の翌日では成績なんてまだわかりませんし、知り合いに聞いたところ、ある程度の単位をとったら「卒業式に出ていいよ」というお知らせが来たらしいです。

こちらに来た時はあまり深く考えたことも疑問に思ったこともなかったのですが・・・なんだか混乱してきました。嘗て留学していた方、そのあたりの事情を知っている方、教えてください。

アメリカの大学(短大も含む)は日本とは卒業時期が違います。
さらに言えば、入学時期・専攻・履修ペースによって個人個人、卒業時期が違うわけです。
日本では基本的に1年ごとの区切りで、学校によっては秋の卒業も認めているところもありますが、殆どの生徒は3月の卒業式に出席・3月31日をもって学生を終えます。
アメリカの場合、もしかしたら州によって違うかもしれませんが、私の滞在している州では大きな卒業式は5月下旬。期末テストと称した最終授業日の次の日くらいに行われます。
ですが秋学期(12月下...続きを読む

Aベストアンサー

    アメリカに留学した者です。

1。ですが秋学期(12月下旬終了)や夏期講習(6月下旬から8月中旬まで)で全課程が修了した人は一体いつまで新卒扱いとなり、いつから既卒扱いになってしまうのでしょうか?

    学士、修士、博士、それぞれの必修単位を履修し終わった時点で、既卒扱いです。新卒と既卒の区別は重要ではなく、学位を取ればその年次が付きます、例えば BA'06 「2006年卒業のバチェラー・オブ・アーツ」というように呼びます。

2。全課程を修了した時点で既卒となるのでしょうか?

    おっしゃる通りです。家内の姪に後一科目で BA と言うところまで行ったのがいますが、それで放棄したので、学歴は高卒です。

3。卒業式というのはただのセレモニーなのでしょうか?

    そうです。受け取る紙は、遠くから見ると卒業証書のように見えますが、実際は、必修単位数がすべて取得出来たことが確認された場合、○○の学位が授与される、と書かれたペラペラの紙切れです。

    したがってガウンを着て、学長と記念写真を撮っても、単位が足りなければ卒業したことにはなりません。

    アメリカに留学した者です。

1。ですが秋学期(12月下旬終了)や夏期講習(6月下旬から8月中旬まで)で全課程が修了した人は一体いつまで新卒扱いとなり、いつから既卒扱いになってしまうのでしょうか?

    学士、修士、博士、それぞれの必修単位を履修し終わった時点で、既卒扱いです。新卒と既卒の区別は重要ではなく、学位を取ればその年次が付きます、例えば BA'06 「2006年卒業のバチェラー・オブ・アーツ」というように呼びます。

2。全課程を修了した時点で既卒となるのでしょうか?...続きを読む

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q海外大学中退で卒業証書がある場合、新卒扱いになりますか?

海外大学中退で卒業証書がある場合、新卒扱いになりますか?

いつもお世話になっております。
現在海外大学に在籍しているのですが、大学が6年制大学で今日本国内で1社受けたい企業があります。
しかし現在通っている学部と受けたい企業の業種が180度真逆の業種のため、その企業を受ける資格があるのかでご質問をさせて頂きました。

その企業の要項には「大卒以上学部不問、2011年卒業見込み」となっており、自身の現在通っている大学ではある程度成績が良ければ3年生以上での退学時に「卒業証書を得ることができる」となっており、これが日本で言う「新卒」に該当するのでしょうか?

日本とは少し仕組みが違うためアドバイス頂けたら幸いですm(_ _;)m
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

6年制の大学という意味がわかりませんが…いったいどこの国でしょうか?

中途退学でも「卒業証書を与える」ということは、3年目修了の時点で「なんらかの教育課程」を修了したことを認める、という意味ですから、その「教育課程」が日本やアメリカでいう「4年制大学卒業(学士号)と同等」とみなされれば「大学新卒」とみなされるかもしれません。

日本の文科省が認める「4年制大学卒業と同等の教育課程を修了したかどうか?」がカギとなるはずですが、こればかりは就職したい企業の判断に任せる(問い合わせる)しかないのではないでしょうか?

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q海外大学院生の就職活動に関して

海外大学院生の就職活動に関して


2010年9月から16ヶ月間イギリス大学院でのMBA留学を行います。

卒業は2011年1月ですが、夏休みを利用して一度日本へ帰国し就職活動を行うか、
2011年1月卒業後に就職活動を行うか迷っています。

就職先はイギリスではなく日本で働きたいと思っています。
業種は大手電機メーカーを希望していますが、就職難の時期ですので、
自分の専攻分野(大学時代はIT専攻+大学院での経営)を活かせる業種であれば、とことん就職活動したいと思っています。

この場合、以下のどちらが適しているでしょうか。

1、日本に2010年7月~8月の2ヶ月間日本で就職活動を行う。
(実際に働くのは2011年1月以降)

2、2011年1月に卒業してから日本で就職活動


ご返答頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

海外の大学を卒業したものです。(大学院ではありません。)
2010年から16ヶ月間というと、2011年1月ではなくて2012年1月に卒業ということだと考えます。
その場合、一番ベストな方法だと考えられるのは、

1.今年のボストンキャリアフォーラムに参加(夏休みのインターンシップ獲得)
2.夏休みにインターンシップを経験。日本滞在中に東京キャリアフォーラムに出たり就職活動をする。
3.2011年10がつに開かれるボストンキャリアフォーラムに参加(就職活動)
4.卒業までに見つからなかったら、卒業後日本で就職活動。

だと思います。
インターンシップを経験していると、そこの会社から卒業後のオファーをもらう可能性も高くなります。
インターンシップ先からオファーをもらわなくても、夏休み中の日本での就職活動とボストンキャリアフォーラムでの就職活動があります。

ボストンキャリアフォーラムは留学生やバイリンガルの人用の就職イベントで規模はかなり大きいです。ロンドンやロサンゼルスでもやっていますが、参加企業はかなり少ないです。

大学院生の就職活動は、基本的に入学した瞬間から始まります。来年まで待たないで、(時間が少しでも取れるなら)今年の10月のボストンキャリアフォーラムにぜひ参加してみてください。

私も来年のMBA入学を目指しています。
勉強だけじゃなく、ほかの生徒との交流もぜひ楽しんでください。

参考URL:http://www.careerforum.net/event/bos/?lang=J

海外の大学を卒業したものです。(大学院ではありません。)
2010年から16ヶ月間というと、2011年1月ではなくて2012年1月に卒業ということだと考えます。
その場合、一番ベストな方法だと考えられるのは、

1.今年のボストンキャリアフォーラムに参加(夏休みのインターンシップ獲得)
2.夏休みにインターンシップを経験。日本滞在中に東京キャリアフォーラムに出たり就職活動をする。
3.2011年10がつに開かれるボストンキャリアフォーラムに参加(就職活動)
4.卒業までに見つからなかったら、卒業後日本...続きを読む

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q海外の大学に留学している人の日本での就職活動は?

姪っ子がアメリカの4年生大学に留学していて、今2年生です。
本人はあまり将来のことを考えず大学生活をエンジョイしてるのですが、
親(私の姉妹)は就職のことを心配しています。

普通日本の大学生だったら大学3年から就職活動を始めるときいて
あせっているようです。

海外の大学は卒業の時期も5月とかですし、就職活動をするにも遠距離
なので、日本の大学生とはいろいろズレてしまうと思います。
海外の大学を卒業されて日本で就職された方がいらっしゃいましたら、
どのような就職活動だったか、聞かせてもらえたら助かります。

(まぁ何事も本人が動かないと始まらないことですが・・・)

Aベストアンサー

こんにちは。
最近留学・日本の就職活動を終えたものです。

留学生向けの就職活動時期は大きく2つあります。
1.秋に開催される、ボストンキャリアフォーラム(世界中の留学生がボストンに向かいます)
2.初夏に東京ビックサイトで開催される2つの就職フェア

どちらも中規模から大企業まで多数の企業が参加しますし、
留学生の都合を考えて、短期間で内定を出してくれるところが多いです。
その日に複数回面接やって、その日のうちに内定くれるところも。

フェアの数カ月前からエントリーシートや履歴書等を提出し始め、面接の約束をします。
イベント当日には、約束していた面接を行ったり、
ブースで興味を持ったところに、履歴書を渡し、その場で面接の約束をしてもらったりします。

これらは短期決戦の留学生向け就職活動ですが、
もちろん日本で日本の大学生と同じように就職活動を行うことも可能です。
ただ日本の就職活動は履歴書提出から面接、内定とダラダラ長いので、
長い期間日本に戻らなくてはいけませんね。

いま2年生だとするとそれほど焦ることはないかと思います。
おそらく4年生の秋と初夏にイベントに参加するのが一般的かと思います。
もちろん、はやめはやめに行動する方が良いですが。

また、留学生の事情等を考慮して、企業側は4月入社か9月入社か、
自由に選ばせてくれるところが多いです。その辺は臨機応変に対応してくれます。
また先の方が回答されている通り、日本で最終面接のために
日本までの航空券を用意してくれるところも多いです。

留学生向け就職イベントを行っている大手のCFNとマイナビ国際派のウェブサイトをぜひご覧ください。
いつ頃、どんな活動をし始めるべきなのか等分かりやすく説明されてるので、確認いただけるかと思います。
CFN http://www.careerforum.net/?lang=J
マイナビ国際派 http://global.mynavi.jp/

ちなみに・・・
個人的な見解としては、姪っ子さんに多少、就職のことを言ってあげるといいと思います。
(がみがみ言う必要はありませんが)
イギリスで経験しましたが、欧米では新卒・既卒という枠が日本のようにはっきりしていないので、
別に仕事が見つからずに卒業しても、日本ほど問題はありません。
なので、まわりの学生がけっこうのんびりしていたりするんですよね。
「就職活動?あぁ、卒業したらやるよ」っていう人がいたりして、
その中で自分もついのんびりしてしまうという・・・

日本の関連で仕事を見つけるのであれば、「新卒」というものはとても大事なので、
軽ーくコメントしつつ、見守ってあげるのがいいかと思います。

こんにちは。
最近留学・日本の就職活動を終えたものです。

留学生向けの就職活動時期は大きく2つあります。
1.秋に開催される、ボストンキャリアフォーラム(世界中の留学生がボストンに向かいます)
2.初夏に東京ビックサイトで開催される2つの就職フェア

どちらも中規模から大企業まで多数の企業が参加しますし、
留学生の都合を考えて、短期間で内定を出してくれるところが多いです。
その日に複数回面接やって、その日のうちに内定くれるところも。

フェアの数カ月前からエントリーシートや履歴書等...続きを読む

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q自分は今アメリカの短大を終えて4年制の大学に転校しようと考えているので

自分は今アメリカの短大を終えて4年制の大学に転校しようと考えているのですが、現在自分が受かったとBentley universityについての質問なんですがアメリカのビジネス専攻ではトップ30(Businessweekより)ぐらいなんですが、日本での知名度はどのぐらいなのでしょう? もし日本で就職する際に大学の知名度って必要ですよね?

Aベストアンサー

多分日本人でBentleyという名前を知っている人は少ないでしょう。
トレーラールーム等もありビジネス(特にファイナンス)に特化した大学で東部地方では定評があるのではないでしょうか?
日本での就職となるとボストンフォーラムに参加している企業等は知っているかもしれませんが、その他の企業での知名度というとどうかはわかりません。
もし外資に就職を考えている場合は、学校のGPAや大学時代の職歴等も重要です。
Bentleyに行っても在学中に自分の専攻にあった企業にインターンに出て経験をつむという事をした方が良いと思います。
日本もアメリカも今の時代就職は大変です。就職は本人次第だと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報