最新閲覧日:

フォトカプラを使ったリレー駆動回路について教えてください。
リレーコイルのインピーダンスは650オームあり、24VDCで駆動されます。リレーコイルの片側を24VDCに、もう片側をフォトカプラ出力のコレクタ側に接続されています。フォトカプラのエミッタは24VDCのコモンに接続されています。この状態でフォトカプラをONさせてもリレーが動作しません。この状態でエミッタ・コレクタ間電圧(コモンとコレクタ間の電圧)を測定すると約20Vあります。
どうしてこのような状態になるのでしょうか?ちなみにフォトカプラはHC573で駆動しています。プルアップ抵抗は470オームです。

A 回答 (2件)

定格24V650Ωのリレーだと800mw程度ですよね。


定格電流は37mA。
となると、PC(フォトカプラ)内のTrだと駆動できないのでは?(IcMaxの問題でhfeが低下? よって、Vcesが20Vになってしまう)
PCの出力をIc 500mA程度のTrにダーリントン接続してみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
ご指摘の通り、PC内のTrだと駆動できません。色々調べてみると、通常PCは5Vでの使用が標準であり、24Vで駆動する場合、絶対最大定格を超えることが
多いようです。特に、Icを多くとるような場合、PCとダーリントンTrを組み合わせなければいけないそうです。

お礼日時:2001/01/12 11:34

規格表が古くてHC573の定格などをフォローして頂けないでしょうか?(爆)



フォトカプラに対して5Vからの470Ωでオープンコレクターで駆動していれば
7mA流れてるので、まぁ普通ならONに出来るはずですね。300Ωまで下げても
12mAなので、その辺りにしてもON抵抗が大きすぎるならフォトカプラを交換
するかトランジスタを追加するしかないでしょう。

ところで保護ダイオード等入れ忘れて壊れちゃったってことは無いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
フォトカプラでの駆動が出来ないことがわかりました。ちなみに保護ダイオードは入れてあるため破損はありませんでした。

お礼日時:2001/01/12 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ