フォトカプラを使ったリレー駆動回路について教えてください。
リレーコイルのインピーダンスは650オームあり、24VDCで駆動されます。リレーコイルの片側を24VDCに、もう片側をフォトカプラ出力のコレクタ側に接続されています。フォトカプラのエミッタは24VDCのコモンに接続されています。この状態でフォトカプラをONさせてもリレーが動作しません。この状態でエミッタ・コレクタ間電圧(コモンとコレクタ間の電圧)を測定すると約20Vあります。
どうしてこのような状態になるのでしょうか?ちなみにフォトカプラはHC573で駆動しています。プルアップ抵抗は470オームです。

A 回答 (2件)

定格24V650Ωのリレーだと800mw程度ですよね。


定格電流は37mA。
となると、PC(フォトカプラ)内のTrだと駆動できないのでは?(IcMaxの問題でhfeが低下? よって、Vcesが20Vになってしまう)
PCの出力をIc 500mA程度のTrにダーリントン接続してみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
ご指摘の通り、PC内のTrだと駆動できません。色々調べてみると、通常PCは5Vでの使用が標準であり、24Vで駆動する場合、絶対最大定格を超えることが
多いようです。特に、Icを多くとるような場合、PCとダーリントンTrを組み合わせなければいけないそうです。

お礼日時:2001/01/12 11:34

規格表が古くてHC573の定格などをフォローして頂けないでしょうか?(爆)



フォトカプラに対して5Vからの470Ωでオープンコレクターで駆動していれば
7mA流れてるので、まぁ普通ならONに出来るはずですね。300Ωまで下げても
12mAなので、その辺りにしてもON抵抗が大きすぎるならフォトカプラを交換
するかトランジスタを追加するしかないでしょう。

ところで保護ダイオード等入れ忘れて壊れちゃったってことは無いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
フォトカプラでの駆動が出来ないことがわかりました。ちなみに保護ダイオードは入れてあるため破損はありませんでした。

お礼日時:2001/01/12 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォトカプラの選定と使い方

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えました。ところが、フォトカプラを調べると種類も多くあり、またデータシートを見ても専門用語ばかりで、壁に当たってしまいました。
そこで質問です。こんな回路で、リレーは動作するでしょうか。また、フォトカプラは、どんなものを選んだらよいのでしょうか?
なおリレーは、最終的には、OMRONのMY2を使いますが、フォトカプラで直接はさすがに無理だと思い、OMRONのG5V-1を動作できればOKです。
また、手元に先人の残した、PC817が有るのですが、これが使えるなら使いたいです。更に、参考までに、整流器取説の接続例も載せます。

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えま...続きを読む

Aベストアンサー

回答NO.1です。回答NO.3へのお礼ありがとうございます。お礼の欄での質問について下記に回答いたします。

>ご教授いただいた回路で、一番定番なのはどれでしょうか?
>また、今後、よく似たことをする場合、一番応用が利くのはドレでしょうか?

<<回答>>定番の回路っという意味ではNO.3で示したダーリントントランジスタでリレーを直接駆動する回路じゃないでしょうか。
  また、一番応用が利くという意味でもNO.3の回路じゃないでしょうか。ダーリントントランジスタで駆動するのでかなりコイル抵抗の小さいリレー(コイル電流で300mA程度)まで駆動することができます。

QフォトMOSFETリレーについて

電気回路初心者です。
フォトMOSFETリレーについて質問です。

(1)双方向に電流を流せるフォトMOSFETリレーは、導通時には、2個あるFETの内
片方のFETは寄生ダイオードを介して電流が流れるのでしょうか?

(2)寄生ダイオードを介して電流が流れる場合、寄生ダイオード分の電圧降下が発生するのでしょうか?
(ON抵抗を無視したとして、リレー通過後の信号は電圧降下するのでしょうか?)

(3)動作時間と復帰時間がusec以下(1MHzでONOFF制御をしたい)のフォトMOSFETリレーを探しているのですが、見つかりません。高速品でも数100usec程度のものしか見つからないのですが 、
これは高速化には技術的になにか難しいことがあるのでしょうか?
FETのターンオン・オフ時間はnsecオーダー、フォトカプラも早いものがあると思うのですが、
なぜなのでしょうか。


宜しくお願いします

Aベストアンサー

> MOSFETはドレインからソースにしか電流を流さないものと思い込んでいました。
この本に載ってますが、MOSFETをフリーホイールダイオードの代わりに使った
同期整流回路は、軽負荷時電流が逆流して効率が悪化します。
http://www.amazon.co.jp/dp/4789842053
この本には初心者にはわかりにくいコイルとトランスについて易しい解説があるんで、お勧めです。
それに、高価な電流プローブの代用品の作り方も載ってます。

> トランスは直流は通さないので、FETスイッチを常時ONするような使い方をしない、
> 常にONOFFを繰り返すような場合には、トランスを介してゲートを
> ドライブするような回路構成も可能という理解でよいでしょうか?
その通りです。
トランスを介しFETスイッチを常時ONするような使い方をする場合は、
100MHz以上の搬送波(キャリア)を使用して変調・復調します。
世の中には、このような便利なICが出ています。
http://www.analog.com/jp/interface/digital-isolators/adum6132/products/product.html
キャリア周波数はAN-971によると180MHzのようです。
なお、非絶縁出力を使用しないときは、VIBはGND、VOBは解放します。
VDDBには12.5 V~17 Vを加えないと動作しません。

> MOSFETはドレインからソースにしか電流を流さないものと思い込んでいました。
この本に載ってますが、MOSFETをフリーホイールダイオードの代わりに使った
同期整流回路は、軽負荷時電流が逆流して効率が悪化します。
http://www.amazon.co.jp/dp/4789842053
この本には初心者にはわかりにくいコイルとトランスについて易しい解説があるんで、お勧めです。
それに、高価な電流プローブの代用品の作り方も載ってます。

> トランスは直流は通さないので、FETスイッチを常時ONするような使い方を...続きを読む

Qフォトカプラの使い方

フォトカプラとはどういうときに使用するものなのですか。

Aベストアンサー

電気的に絶縁しつつ、信号をやり取りする場合に
使用します。

Qコモンモードチョークコイルの選択は?

AC100Vの入力部に使うコモンモードチョークコイル(オンボード用、巻き数固定)の選び方で質問です。

1.定格電流10Aで、0.68mH 1mH 2mH と選べる場合、何を基準にして選べばよいでしょうか? 
  周波数特性でしょうか? 

2.試作した製品を評価して、伝導ノイズ?などの問題でチョークコイルを取り替えるということはあるでしょうか?

別のサイトで質問していたのですが、こちらでも聞いてみようと思いました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.コモンモードチョークコイルは、コモンモードフィルタとして使用されます。
コイルで阻止されたコモンモードノイズの流出先は当然アースなのですが、効果的なアースは、確保できそうでしょうか。
電源が電灯線であるときは、どちらかの極がアース線であると考えるのが関の山ではないですか。
従って、チョークコイルの前後では、2本の線間にコンデンサをまたがらせます。
電灯線アースでの接地インピーダンスは、数百オーム程度あるようです。
従って所要の周波数(ノイズ)に対して、このインピーダンスより十分に大きなインピーダンスになるようなインダクタンスを選べばよいと思います。
巻き数は少なくインダクタンスが大きなものほどフィルタとしての特性は良くなると思います。

2.試作した製品の仕様書にコモンモードノイズに関して規定があれば、その規定により評価を行い、適合しない場合には、変更も行われます。

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Q電気のコモンとは?

先日、電気関係の業者の人が
なんかの配線をテスターで見ていたときに、
「こもん」がどうのこうのと言っていたのですが、
この「こもん」とはどう言う意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

英語です。
common 共通の

回路や配線の中で、複数ないしは多くの箇所が共通して同じところへ接続(短絡)しているところを指します。
グラウンド(アースとか0ボルトとかのこと)を指すケースが多いです。


ちなみに、本題と関係ないですけど、
「常識」は英語で「common sense」と言います。
多くの人達に共通のセンス(感覚)=常識

Qフォトカプラの並列化

フォトカプラに入力する無接点信号を他のフォトカプラでも使いたいために図1のような横取りを考えました。しかし、信号を分岐(横取り)する場所の制約から図2のような回路になってしまうことがわかりました。これでは、矢印のような電流が流れるショート回路になってしまうので困っていましたが、フォトカプラはダイオードなので極性があるので図3のような回路を構成することができるのではないかと考えました。
2つのフォトカプラに適当に抵抗を入れて電圧を調整すればよいのではないかと思うのですが、この場合、保護ダイオードを入れることはできなくなりますが、大丈夫なものでしょうか?
まずはテスト回路を作ってみようと思いますが、気をつけることなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

今晩は、

回答へのお礼、ありがとうございました。


ダイオードが入れられないようですので、代わりの手としてはスイッチに並列に0.1uF程度のセラミックコンデンサを極力スイッチの近くに接続すればスイッチがOffの瞬間に出るスパイク電圧は吸収可能です。もし、長い配線ラインに外部からの誘導がある場合には更にフォトカップラのダイオードのアノードとカソードに並列に同じコンデンサを追加すればOKかと思います。

Qオープンコレクタ回路の電位について

電子回路初心者で文章苦手です。よろしくお願いします。

オープンコレクタのコレクタ抵抗に抵抗とLEDを付けた回路をつかっています。下の様に接続されています。

5V
 ↓
抵抗
 ↓
LED
 ↓
トランジスタのコレクタ
 ↓
トランジスタのエミッタ
 ↓
GND

トランジスタのベースがONのとき、抵抗とLEDの電位は4.8V、コレクターエミッタは0.2Vくらいになると分かります。
しかしベースがOFFのとき、抵抗とLEDがGNDに落ちないため、抵抗とLEDの電位はいくつになるか分かりません。

この回路でうまいこと、ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか

デジタルテスター(電圧計)をお持ちなら、以下のa-c間の電圧を測定してみれば、抵抗1とLEDにかかっている電圧が分かります。アナログ(針式)テスターは誤差が大きいのでダメです。トランジスタがOFFのとき、a-c 間の電圧は ほぼ0V(0.01mVくらい出ているかも)、トランジスタがONのとき、4.8~4.9V くらいになっているはずです。

            5V
            │
            ├─ a
           抵抗1
            ├─ b
            LED
            ├─ c
            │
            C(コレクタ)
  V ─ 抵抗2 - B
            E(エミッタ)
  GND ────┴─ d

a-b 間の電圧を測定すると、コレクタに流れる電流を測定することができます。抵抗1の抵抗値を R [Ω:オーム] 、a-b間の電圧を E [V:ボルト] としたとき
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = E/R [A:アンペア]
となります。抵抗1の抵抗値が R = 100 [Ω]の場合、トランジスタがOFFのとき E = 0.001 [mV] = 1×10^(-6) [V] ならば
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = 1×10^(-6)/100 [A] = 1×10^(-8) [A] = 10 [nA]
となります。トランジスタがONのとき E = 2 [V] ならば
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = 2/100 [A] = 0.02 [A] = 20 [mA]
となります。

>ベースがOFFのときの抵抗とLEDの電位はいくつになるか分かりません

トランジスタが OFFのとき、5V→抵抗1→LED→コレクタ という経路にはほとんど電流は流れませんが、厳密にいうと、トランジスタのコレクタからベースの方向に 「コレクタ遮断電流」 という非常に小さい電流が流れます。この電流は 1nA とか 10nA という非常に小さい電流なので、a-b間や b-c間の電圧は非常に小さくなります。a-b間や b-c間の電圧がほぼゼロなら、コレクタ電圧は ほぼ5Vになります。 a-c間の電圧 + c-d間の電圧 = 5V という関係がいつも成り立ちますので、一方の電圧が分かれば他方の電圧が分かります。

>ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか

デジタルテスター(電圧計)をお持ちなら、以下のa-c間の電圧を測定してみれば、抵抗1とLEDにかかっている電圧が分かります。アナログ(針式)テスターは誤差が大きいのでダメです。トランジスタがOFFのとき、a-c 間の電圧は ほぼ0V(0.01mVくらい出ているかも)、トランジスタがONのとき、4.8~4.9V くらいになっているはずです。

      ...続きを読む

Qフォトカプラについて

500ボルト直流電源とファンクションジェネレータの間にフォトカプラを仲介としてon/off回路を作りたいのですが、どのフォトカプラを使えばいいのかわからなくて、こまってます。直流電圧は実際のところ150ボルトぐらいまでしかあげません。どうか教えてください。
あと、フォトカプラについて何でもいいので教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

FGの周波数や波形(応答特性)等が分からないので比較的低い周波数(100KHz程度)までを想定し、取り付た際のピン間隔を考慮しますとシャープ製のPC512あたりは使い易いと思います。 500V程度であればDIPタイプの物でも構わないと思いますが、念の為。

ところで、FGとDC電源のグランドは共通に出来ないのですか? もし、グランドを共通に出来ればアイソレーターの必要性は無くなりますが、、、。

参考URL:http://www.sharp.co.jp/ed/device2000/jsite/selection/data/opt016.html

Qトランジスタのコレクタ電流をテスタで調べる方法

npn接合ダイオードのベースに僅かな
電流が流れると、コレクタに大電流
が流れることを、テスタで確認したい
のですが、どうにも分かりません。

ご存知の方、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

電源6v・・・e
抵抗1kΩ・・・rc
抵抗可変10kΩ~1MΩ+10kΩ・・・rb
npnトランジスタ・・・npn
を用意する。

1.npnのコレクタにrcの一端を付けeの+側にrcの他端を付ける。
2.npnのベースにrbの一端を付けeの+側にrbの他端を付ける。
3.npnのエミッタにeの-側を付ける。

コレクタ-エミッタ間電圧vceが0.5vを下回らないようにrbを変化してvceとベース-エミッタ間電圧vbeをはかる。
(vbeはほぼ一定0.7v程度である。)
すると
コレクタ電流=(V-vce)/rc
ベース電流=(V-vbe)/rb
だからこれから
倍率hfe≡コレクタ電流÷ベース電流
を求めればよい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報