先日、プレデター2を観て(テレビで)疑問をもったのですが、主人公のダニー・グローバーが最後にプレデターを倒し、別のプレデターから銃をもらいました。その銃には、1715年(だったと思う)の年号が入っていました。この銃は、だれの持ち物であって、どういう意味を持ったものなのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 年号」に関するQ&A: 年号の意味

A 回答 (3件)

誰の持ち物か:


 誰のものかと言うのは、詳しくはわからないです。
どういう意味:
 最後に、プレデターの台詞「勇者(だったと思う)」からとれるのは、
地球人は、狩りの獲物とだけ見ていたけど中には戦士もいると認めたと
言うことではないですか。勇者の証とかって事で・・・

たしか、どこかの国の昔の風習にライバルにコインを預けてライバルを
破ってコインを取り戻すと言うのがあったような無かったような・・・
そんなのを真似たのではないのかな?

個人見解です。風習も怪しいかも・・・(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そういえば、そんな風習、私もどこか聞いたことあるような気がします。そう考えてみると、深い意味があったのかもしれませんね。ただ、昔から来たというメッセージの裏に、また戻ってくることを意味してるかと思うと想像が膨らんで楽しいですよね。

お礼日時:2002/05/16 20:28

既に良回答出そろっているのですが、おじゃまさせて頂きました。



おそらくあのプレデターは、宇宙空間を旅しつつ他の生命体を狩ったり・戦ったりしてそれを「勇者の証」みたいにしているようです。とくに2ではその傾向が顕著で少々ギャグっぽい(そこがまた面白いんだけど)
そう考えると彼らは非常にご迷惑な宇宙人です。自己満足のために、よその星に来て暴れるな!と言いたい。
とはいえそれなりの感情や倫理観があって、1では妊婦は殺さなかったりしてました。(よその星なのに地球的・アメリカ的倫理観つーのがまた可笑しい)

ですからあの銃をくれたのは、「地球人もやるじゃん」と認めてくれた上、かつて殺した地球人の記念品をくれたということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。確かにアメリカでの倫理観みたいなものは、感じましたよね、力(勇気)あるものは認めるといった所も、ある意味では、アメリカ的な考えかもしれませんね。

お礼日時:2002/05/16 20:32

 1715年と言えばアメリカの独立以前、まだ植民地だった時代ですね。

そのころ、あるいはそれ以前からプレでターはたびたび地球にも(当然他の惑星にも)やってきていて人間狩りをしていたということでしょう。個人的に誰のもの、ということは特定できないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。当方も世界史の年表をくって探してみたのですが、これだというものを見つけることができませんでした。やっぱり、深い意味がなかったんですね。ただ、「昔にも来たことあるんだぞ!」というメッセージだったんですね。

お礼日時:2002/05/16 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレデター2の最後のシーンについて

プレデターのボス見たいのが主人公に旧式の銃を渡しますよね。その銃に年号見たいのが書いてあったと思うのですがこの数字の意味は何なのですか???

Aベストアンサー

はっきり憶えていないのですが、たぶんプレデターのボスが主人公に対して『以前(銃の年号の年)にも地球に来てお前らの先祖達と闘った事がある。その時は勝ってこの銃を記念に奪ったが今回は完敗だ・・・。だからお前に返す。無念・・・』という彼の思いを伝える為の演出に使う小道具だったと思います。
ですので、年号に意味があったというよりは昔の銃を渡す事に意味があったのだと感じます。
自信なし。

Q「プレデター2」の初期火打銃を手渡すシーンについて

「プレデター2」のラストで
ダニー・グローバー演じるマイク・ハリガンに
プレデターの一人が
初期火打銃【ラファエル・アドリーニ1715】を
手渡すシーンがあるのですが

 この意味は「1715年当時から地球に
生息したいた事を誇示したい」趣旨と
捉えるべきか「仲間の一人を倒したという事で
勝者の証」と捉えるべきか等 是非見解を
お聞かせください。

 なお、初期火打銃に刻印された
ラファエル・アドリーニ
ですが、モロッコ系イタリア人で
当時最も野蛮な海賊として恐れられたいた人
らしいです。
 一般の海賊は「ジョリーロジャー」という
一般の海賊旗を掲げていたそうですが、
ラファエル・アドリーニの海賊船は
(捕虜にせずに乗組員全員を血祭りにするという
趣旨の)赤旗を掲げ、それを実行していたため
一般の海賊よりも特に恐れられていたらしいです。
 そのラファエル・アドリーニが1715年
4月に別の海賊船を攻撃し略奪した略奪品の中に
かつての伝説の海賊アイヴァー・ラグナーソン
(794~872年)から受け継いだとされる伝説の銃(***火打銃の始まりが1650年代だから
あくまで風説)があってそれを大変気に入り
家宝とする趣旨で自己の名を略奪(入手)した
年代とともに刻んだそうです。
 その後ラファエル・アドリーニの船は
1718年にバミューダ海域で謎の失踪を
したらしいのですが、この失踪の裏には
プレデターが絡んでいて彼らが最強の
海賊(人間)を倒したという趣旨で
家宝としていたと捉えるべきなのでしょうか?

もしそうならば、
この彼等の家宝ともいうべき
初期火打銃【ラファエル・アドリーニ1715】を
マイク・ハリガンに
渡したということは、「勝者」として人間に
敬意を評した事になるともいえそうですが。

「征服の歴史の自慢」なのか「勝者の証としての
敬意」なのか、どうもしっくりきません。

「プレデター2」のラストで
ダニー・グローバー演じるマイク・ハリガンに
プレデターの一人が
初期火打銃【ラファエル・アドリーニ1715】を
手渡すシーンがあるのですが

 この意味は「1715年当時から地球に
生息したいた事を誇示したい」趣旨と
捉えるべきか「仲間の一人を倒したという事で
勝者の証」と捉えるべきか等 是非見解を
お聞かせください。

 なお、初期火打銃に刻印された
ラファエル・アドリーニ
ですが、モロッコ系イタリア人で
当時最も野蛮な海賊として恐れられたい...続きを読む

Aベストアンサー

そこまで詳細に調べた割に、結論がわからないなんて?
後者だと思うけど。普通に考えたら。
プレデター族が主人公を勇者と認めた証であることは確かでしょ?
だから、自分のとっておきの宝物を与えたとしか思えないな。

で、それが古い銃だったのを演出的に見せたのは、それはプレデターの意図ではなくて、監督の演出上の意図よ。
プレデターは古くから地球でつわものと決戦することを習慣としていたという歴史的背景を匂わせるためにね。

Qプレデターみたいな少人数の部隊による銃撃ちまくりな映画

「プレデター」や「エイリアン2」、「ザ・グリード」みたいな少数精鋭の部隊(スターシップでも可)が、未知の生物(人間でもいいんですが)を相手に戦う映画ありますか?
「極北のハンター」を読んで、こういう映画が見たくなったもので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

#1さんのスターシップ・トゥルーパーズ
宇宙の昆虫相手に撃ちまくりでしたね・・・

最近のものでメジャー物だと
バイオハザードは如何でしょう!
定番のゾンビ物ですけど,やはり精鋭の部隊が・・・でしたよ
自分もストーリー性が貧弱でも,この手の映画大好きです!

また思いm出したら来ます!

Q『エイリアンVSプレデター』のプレデターの宇宙船

『エイリアンVSプレデター』に出てくるプレデターの宇宙船について知りたいです。
少ししか写らないのでもっとよく見たいのですが、プロップの資料等をどこかで確認出来ないでしょうか。

Aベストアンサー

いまいち自信がないですが初回限定版DVDの特典ディスクの資料にあったかもしれません。

Q一丁の銃が主人公の社会派ストーリー

もう20年以上は前にテレビ放送(「日曜洋画劇場」か何か)で見た映画のタイトルと、出来ればビデオレンタル等が可能か、又「解説」などをネットで見れないものかと思っています。

ストーリーは一丁の拳銃(おそらく38口径のリボルバー)を巡る話で、銃社会への反発・警告と言って良いかと思います。
ある拳銃が生産された時に1発試射をし、そして2発目が発射される事による起こる悲劇を描いた話しで、最初は老夫婦が銃砲店で購入、その後又銃砲店に戻り、ノイローゼ気味の男性、ヒスパニック系移民(風)一家~~とその一丁の拳銃は渡り歩きます。

かなり以前より「洋画カタログ」みたいな書籍での確認や、「All Cinema online」などのサイトで探すのですが、なにぶんタイトルがうろ覚えでなかなか見つかりません。
今の記憶ではタイトルは「ザ・ガン」で、とにかくシンプルなタイトルだったと思います。只、単発のテレビドラマだったのかも知れません。

そしてストーリーはもっと、かなり詳細に記憶しているつもりなのですが、もしもビデオレンタルなどが可能な場合、今後ご覧になるかも知れない方々の為にネタバレになってもいけないので(^^;)、『補足要求』等が無い限りは取り敢えず前述程度に控えさせて頂きますのでご了承ください。
全体に地味なのですが、リアリティが有り、良く出来た脚本だと思わせてくれて、又単純なカメラワークなのですが非常に効果的な演出だった記憶があります。

何分古い話なので難しいでしょうが、どなたかご存じの方、情報をお願い致します。

もう20年以上は前にテレビ放送(「日曜洋画劇場」か何か)で見た映画のタイトルと、出来ればビデオレンタル等が可能か、又「解説」などをネットで見れないものかと思っています。

ストーリーは一丁の拳銃(おそらく38口径のリボルバー)を巡る話で、銃社会への反発・警告と言って良いかと思います。
ある拳銃が生産された時に1発試射をし、そして2発目が発射される事による起こる悲劇を描いた話しで、最初は老夫婦が銃砲店で購入、その後又銃砲店に戻り、ノイローゼ気味の男性、ヒスパニック系移民(風...続きを読む

Aベストアンサー

邦題は「ザ・ガン 運命の銃弾」ですね。1974年に制作されたテレビ映画のようです。

本国アメリカでもビデオ・DVD未発売のようですので、レンタルは不可だと思います。

英文ですが、「All Movie Guide」に簡単な解説が載っていました。

参考URL:http://www.tvguide.or.jp/cgi-bin/movie.cgi?movie=704,http://www.allmovie.com/cg/avg.dll?p=avg&sql=A126008


人気Q&Aランキング

おすすめ情報