最近ウラン採掘の環境への影響や人体への影響を少しHPで見ました。
それで
ウラン採掘の悪い点はだいたいわかりました。
しかしウラン採掘の利点がいまひとつ分かりません。
国が環境への影響を無視してまでウランを採掘しようとするのは
なにかしら利点があるからですよね。
核兵器をつくるとか?
エネルギーを作るとか?
知識が無いに等しいので、わかりやすくお教えくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 原子力発電の燃料として使われています。



 現在、日本では電気のおよそ3分の1が原子力発電で作られているんですよ。「ウランを採掘しない」ということになると、現在の7割ほどしか電気を作ることができなくなってしまうので、大変なことになってしまうというわけです。

 ごくごく簡単ですが。ご不明な点があれば、私に分かる範囲で補足させてもらいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電気を作る・・・そうですか。
環境や人体に影響が出たからすぐに採掘はやめよう!とはいかないはずですね。
分かりやすく簡潔な回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/17 17:32

ウランを利用するに関しての、理由は#1の方がおっしゃったこと(発電のため)ですよね


質問の趣旨がそこにあるなら、いいのですが
私も別の視点から回答したいと思います

現在、原発でウランを使っているといっても輸入しているもので
何も、国が採掘(国内で)しているわけではないです
でも、かつて国内でも人形峠などでウランを採掘していましたよね
何で輸入できるのに(国内産より質のいいものを)、環境の影響を無視してまで採掘するのかといえば
技術は基礎から固める必要があって、採掘から精錬そして発電と一貫した技術の確立のために採掘を行ったのではないでしょうか。
結果として、採掘しても採算に合わないのでやめてしまった(まだ、残土の管理などで問題になっているようですが・・・)というところでしょう
将来的に、また掘るのかどうかは今後のエネルギー情勢しだいというところです。

結局、採掘してた理由としては
ものづくりとは「ちゃんと続けていかないとダメだよ」ということだと思いますよ
米の蔵と金の蔵を交互に立て替えるようなものです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が見たHPというのはインドのウラン採掘による影響に関するHPだったんですが、やはり、日本でも昔は採掘してたんですよね。

ものづくりの観点からすると、そりゃ採掘から一貫してした方がいいですね。

違う視点からの意見、大変ためになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/17 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウラン鉱石について

(1)ウラン鉱石の中で最も地球に多く存在しているのは何ですか?
 (閃ウラン鉱、燐灰ウラン石など)

(2)それらのウラン鉱石は、そのままだと単体ウランのような蛍光の性質は持たないのでしょうか。

(3)もし他の鉱物と一緒にその辺に転がっているとして、ウラン鉱石を識別できる特徴とかはありますか。

Aベストアンサー

数少ない、岡山の鉱山の坑道に入り採集した者です。
1は話せません。
2は普通に見れば黄緑です。ミネラーライトで見るとすばらしい、
黄緑の発光でこんなに、綺麗な物はありません。
3は転がっていません、もしの場合はガイガーカウンター
で計って下さい。特徴はそれだけです。

Q爆弾などによる長期の影響(劣化ウランなど)

イラクでたくさんの種類の爆弾が使われているようですが、これらが、戦争後長期にわたって環境に与える影響について教えてください。

■劣化ウランは、今回使われているんでしょうか?

■劣化ウランが使われてる兵器としては、具体的に何があるんでしょうか。
トマホーク、デージー・カッター、JDAM、バンカーバスター、MOABなどの爆弾で、劣化ウランが使われている(可能性の高い)ものはどれでしょうか。

■装甲車や戦車で劣化ウランが、実際に使われているんでしょうか。使われているなら、どれにつかわれているんでしょうか。M1A1戦車とかでしょうか。


■兵器に使われている有害物質で、劣化ウラン以外で、長期にわたって環境に悪影響を及ぼす物質って何があるんでしょうか。


■今回イラク後隙に使われている兵器の中で、有毒であり長期にわたって環境に悪影響を与えるとわかっている物はどれでしょうか。


どれでもひとつでもかまいませんから教えてください。

漠然とした有害物質の話は何度も読むのですが、実際の兵器と対応した話を聞いたことがないので具体的なイメージがわかないので教えて下さい。

イラクでたくさんの種類の爆弾が使われているようですが、これらが、戦争後長期にわたって環境に与える影響について教えてください。

■劣化ウランは、今回使われているんでしょうか?

■劣化ウランが使われてる兵器としては、具体的に何があるんでしょうか。
トマホーク、デージー・カッター、JDAM、バンカーバスター、MOABなどの爆弾で、劣化ウランが使われている(可能性の高い)ものはどれでしょうか。

■装甲車や戦車で劣化ウランが、実際に使われているんでしょうか。使われているなら、どれ...続きを読む

Aベストアンサー

>劣化ウランは、今回使われているんでしょうか?
すでに使われた可能性が高いです。劣化ウラン弾(APFSDS)40発がM-1A2戦車のほとんど標準装備になっているようです。

>劣化ウランが使われてる兵器としては、具体的に何があるんでしょうか。
このご質問の文中には有りません。バンカーバスターは鋼鉄で出来た通常爆弾です。
それ以外には、アメリカ空軍A-10攻撃機の「GAU-8A」30mmガトリング機銃の弾丸、海軍の艦船が搭載するCIWS(レーダーで自動化された20mm対空機関砲)、アメリカ海兵隊のAV-8ハリヤー攻撃機の30mm機関銃ポッド等が使用しているようですが、これ以外の戦闘機の機関砲弾などについては使用されている可能性はかなり低いと思われます。

>兵器に使われている有害物質で、劣化ウラン以外で、長期にわたって環境に悪影響を及ぼす物質って何があるんでしょうか。
爆弾の爆発残留物にはニトロ化合物などの発がん性物質が含まれている可能性があります。プエルトリコにあるアメリカ軍の射爆場が長期間にわたって高濃度のニトロ化合物に汚染されたとの報告もあります。

>アメリカ戦車の装甲の多くに劣化ウランは、つかわれているんでしょうか
砲塔の正面装甲と側面の複合装甲に標準的に使用されているようです。

>劣化ウランは、今回使われているんでしょうか?
すでに使われた可能性が高いです。劣化ウラン弾(APFSDS)40発がM-1A2戦車のほとんど標準装備になっているようです。

>劣化ウランが使われてる兵器としては、具体的に何があるんでしょうか。
このご質問の文中には有りません。バンカーバスターは鋼鉄で出来た通常爆弾です。
それ以外には、アメリカ空軍A-10攻撃機の「GAU-8A」30mmガトリング機銃の弾丸、海軍の艦船が搭載するCIWS(レーダーで自動化された20mm対空機関砲)、アメリカ海兵隊のAV-8ハリヤ...続きを読む

Qウランを使い果たした原発の燃料は何になりますか?

原発ではウランを使用しています。

ウランの埋蔵量は60年くらいです。
もしウランが無くなったら、原発は何を原料にするのでしょうか?

あるいは現在も他の燃料が使用されているのでしょうか?
ウランからプルトニウムを作るというのは知っていますが、これは天然に存在するのですか?

Aベストアンサー

原子力は原子核を定常的に崩壊させることのできる核種であればなんでもよかったはずです。

主に使われているのはウラン235です。
これはウランのうち1%弱しか含まれていません。
原子力発電では3%ほどに濃縮して燃やしています。

残りのウランはほとんどが238でこれは、核分裂しにくい核種です。これに中性子線が照射されるとプルトニウム239になります。このプルトニウムを燃やすのが増殖炉です。プルトニウムを軽水炉に使う燃料に混ぜればMOX燃料と呼ばれます。

プルトニウムを燃料として用いると、今までごみ同然だったウラン238を燃料として使うことができるので、同じエネルギーを得るために必要なウランの量は数十分の一になります。ということで、ウランの可採埋蔵量が増えなくても60年の何十倍も使うことができます。

高速増殖炉が頓挫してしまった今、夢物語になりそうな感じがしますが。これからの研究に期待がかけられています。

>ウランからプルトニウムを作るというのは知っていますが、これは天然に存在するのですか?
プルトニウムは人工元素とされていますが、天然の原子炉みたいなものがあって、天然プルトニウムは存在するそうです。
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/04090101_1.html

ほかにも原子炉の燃料としてはトリウムが研究されていますが、実用化はされてなかったと思います。

参考URL:http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/04090101_1.html

原子力は原子核を定常的に崩壊させることのできる核種であればなんでもよかったはずです。

主に使われているのはウラン235です。
これはウランのうち1%弱しか含まれていません。
原子力発電では3%ほどに濃縮して燃やしています。

残りのウランはほとんどが238でこれは、核分裂しにくい核種です。これに中性子線が照射されるとプルトニウム239になります。このプルトニウムを燃やすのが増殖炉です。プルトニウムを軽水炉に使う燃料に混ぜればMOX燃料と呼ばれます。

プルトニウムを燃料とし...続きを読む

Q自動車が環境に与える影響

自動車が環境に与える影響というのはどのようなものがありますか?また、それはどの程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

>自動車が環境に与える影響というのはどのようなものがありますか?

 これは、1冊の本が書けるんじゃないでしょうか。ごく簡単に書きますと、次の3点になると思います。

・大型トラックやバスのディーゼルエンジンから出る排気ガス(窒素酸化物、黒煙など)による大気汚染

・二酸化炭素の増加による温暖現象

・廃車問題(ゴミとして乗り捨てすることですね)

>また、それはどの程度なのでしょうか?

 指標が難しいのですが、例えば、日常生活に伴って排出される二酸化炭素を用途別に見ると、自家用自動車が35%で最も大きな割合を占めています。

Qウランについて(素人質問です)

石油については産油国やその周辺では少し前までオイルマネーだなんだと騒いでましたが、ウランなんかも原発なんかで使ったりするのにウランマネーとか言いませんよね?

石油に比べて用途が狭いのもあるのでしょうが、ウランの方が石油より単価が高そうという勝手なイメージもあり、もう少し騒がれてもいいのにと思ったりします。

ウランが石油のように産出国に富をもたらさない理由にはどのような理由があるのでしょうか?

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

言われてみればそうだなー、と思ったのでちょっと調べてみました。

http://d.hatena.ne.jp/euro-envi/20070731の記事では、「ウランが莫大な富をもたらしている」というようなことが書かれています。なので、「富をもたらさない」ということはないようです。

オイルマネーは特定の時代背景から生まれた言葉らしいので、ウランについてもウランショックのようなものがあれば似たようなことが起こるかもしれません。下はウィキペディアのリンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC

ただ、ウランは石油に比べて色々なところで取れるようなので、石油に比べれば、だれかが独占して価格を操作する、みたいなことは起こりにくいかもしれません。
http://www.atomin.go.jp/atomin/high_sch/reference/energy/sekai/index_03.html
上のリンクでは、各資源の埋蔵量が地図上に示されています。

話は変わりますが、富(=利益)の定義を大雑把に(売上)-(生産費用)とすると、石油の場合、生産費用は掘って湧いてきたのをちょっといじるだけなのでほとんどかからないのに対し、ウランは鉱山を掘って金属を取り出し、さらに放射能の問題もあるので管理が大変で、コストやリスクもばかになりません。以下はウランの精製についての参考ページです。
http://www.nuketext.org/uranium.html

これは個人的な意見ですが、オイルマネーという言葉には、どうも「濡れ手に粟」というニュアンスが含まれているような気がします。だとすると、上で書いたような理由からウランにはそういうイメージが持ちにくいのではないか、なんてこともあるかもしれません。

もう一つ付け加えると、中東は石油「だけ」で潤っている国で、そのことがより強烈な印象を持たせているのではないでしょうか。ここらへんになると単なる印象でしかないので、まあ話半分に聞いておいてください。

色々書いてきましたが、結局のところ決定的な話は分かりませんでした。文章もうまくまとまらなかったので、読みずらかったらすいません。

言われてみればそうだなー、と思ったのでちょっと調べてみました。

http://d.hatena.ne.jp/euro-envi/20070731の記事では、「ウランが莫大な富をもたらしている」というようなことが書かれています。なので、「富をもたらさない」ということはないようです。

オイルマネーは特定の時代背景から生まれた言葉らしいので、ウランについてもウランショックのようなものがあれば似たようなことが起こるかもしれません。下はウィキペディアのリンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83...続きを読む

Q陶芸が環境に与える影響について

現在CO2の削減が大きな課題になっていますが、日本全国のプロアマを含めた陶芸家が焼成の際に出すCO2は一体どの程度の量なのでしょうか?大手の企業等から排出されている量等から比べてたいしたものではないのでしょうか?もしそれが無視出来ないものなら今後規制の対象等になって行くのでしょうか?とても気になっている問題なので御存じの方がおられましたらお教え下さい。参考URL等有りましたら幸いです。

Aベストアンサー

統計に出てこないほどの微量でしょうね。
地球環境問題の非常に多岐にわたる問題の中で、二酸化炭素だけがクローズアップされたのは、原子力発電業界が、ガス石油業界に勝つための作戦です。

趣味の陶芸や、アートとしての陶芸を気にするくらいなら、もっと気にすべきことの方が多いと思いますよ。

人間や猫も息をすれば二酸化炭素が出る訳ですから、運動をすると二酸化炭素が多く出るから、控えましょうとか。
極論を言うと、地球上からすべての生物がいなくなると二酸化炭素の排出も大きく減る訳です。

経済産業省の平成15年の統計に
窯業系の生産額が出ています。

いぶし瓦 
釉薬瓦
普通レンガ
陶管
その他建築用粘土製品
衛生陶器
陶磁器製和飲食器
陶磁器製洋飲食器
陶磁器製台所・調理用品
陶磁器製置物
がい子,がい管
電気用特殊陶磁器
ファインセラミック製IC基盤,ファインセラミック製ICパッケージ(焼結し放しのもの)
その他の電気用陶磁器
理化学用・工業用陶磁器
理化学用・工業用ファインセラミックス(焼結し放しのもの)
モザイクタイル
内装タイル
その他のタイル
陶磁器絵付品
陶磁器用はい(坏)土
その他の陶磁器
粘土質耐火れんが
その他の耐火れんが

これらを合計すると、8,992億円です。

このうち和食器は、741億円ですから、
趣味や陶芸家のつくる陶器の生産量は、多く見積もっても、これらの量の1/100程度でしょうか?
となると、10億円程度?(量産食器は安く、作家物は排出二酸化炭素に比べて高いので補正してます)

となると、産業用窯業の業界の、1/900となります。
そんなものでしょうね。

統計に出てこないほどの微量でしょうね。
地球環境問題の非常に多岐にわたる問題の中で、二酸化炭素だけがクローズアップされたのは、原子力発電業界が、ガス石油業界に勝つための作戦です。

趣味の陶芸や、アートとしての陶芸を気にするくらいなら、もっと気にすべきことの方が多いと思いますよ。

人間や猫も息をすれば二酸化炭素が出る訳ですから、運動をすると二酸化炭素が多く出るから、控えましょうとか。
極論を言うと、地球上からすべての生物がいなくなると二酸化炭素の排出も大きく減る訳です。
...続きを読む

Qウラン236について

専門知識のない一般人です。
原子力発電の文献をあさっていてわからなくなってしまいました。
ウラン235に中性子をぶつけるとウラン236になって、
ウラン236が核分裂し中性子を2~3個放出する、で正しいでしょうか。
電気事業連合会HPのウランの核分裂の図解を見ると、
http://www.fepc-atomic.jp/thumbnail/zumen/cycle-15-uran.html
核分裂の後にウラン236ができる、という解説に見えてしまうのですが
どう解釈すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

ウランの各同位体の半減期は、次の通り。
* 234 :: 24.7万年, 235 :: 7.1億年, 236 :: 2390万年, 238 :: 45.1億年

ウラン236 は、不安定ですぐ核分裂するというのは違います。
天然に存在する ウラン234 より半減期が長いのです。
ウラン235 が中性子を吸収した直後の原子核は いわば変形して波打って
いてほとんど分裂します。図では 左下のウラン236 とは ごく一部の分裂せず
に残ったのを表記しています。つまり 一瞬で分裂するような状態の原子核は、
ウラン236 というようないい方は通常しません。この一瞬とは、10億分の一秒の
単位です。つまり、10億分の一秒ももたない原子核に名前をつけていたら、
きりがないということです。コバルト60(半減期 5.27年)には、核異性体があって
コバルト60m(半減期 10.47分)という同じ質量数のものがあります。このように
ある程度寿命が長く調べられるものは別に名前があります。ここで より不安定な
方を m をつけて区別しています。( metastable 準安定)

ウランの各同位体の半減期は、次の通り。
* 234 :: 24.7万年, 235 :: 7.1億年, 236 :: 2390万年, 238 :: 45.1億年

ウラン236 は、不安定ですぐ核分裂するというのは違います。
天然に存在する ウラン234 より半減期が長いのです。
ウラン235 が中性子を吸収した直後の原子核は いわば変形して波打って
いてほとんど分裂します。図では 左下のウラン236 とは ごく一部の分裂せず
に残ったのを表記しています。つまり 一瞬で分裂するような状態の原子核は、
ウラン236 というようないい方は通常しません。...続きを読む

Qメタンハイドレート 採掘

本日より、メタンハイドレート(ハイドレードと言う意見もありますが?)の採掘が開始されるようです。愛知県沖で大量のメタンハイドレートがあるようですが、それでも日本国内の天然ガス消費量に換算して13年分と言う事でした。"たったの?"と言うのが、当方の感想ですが、日本がエネルギー大国になれる、石油に依存しなくて済むと騒いだ割には、あまりに期間が短いと思うのですが?確かな記憶ではありませんが、石油でも後50年は持つと言われていただけに、13年分と言うのは、あまりに短すぎると思うのは、当方だけでしょうか?日本の周りのメタンハイドレードすべて採掘するならば、無限に近いと言う事だったのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の領海内全部で6兆トン。これを使って約100年。
全世界では、天然ガス埋蔵量146兆の数十倍(400兆オーバー)という事で,無限に近い。
という事の様です。

Qウランの形状と使い道について

前に特命リサーチ200Xという番組でウランが宝石みたいな形状であったんですがウランの形状とは鉱石・固体なのでしょうか?ウランとは元々何に使っていたのでしょう?

Aベストアンサー

私の手元には「閃ウラン鉱」という鉱石があります。
鉱物の標本商から購入したもので、弱い金属光沢をもった黒い角張った小石です。

また、「燐灰ウラン鉱」というのも持っています。
花崗岩の表面にへばりついており、黄色い砂粒のような感じです。
近所の山に登ったときに拾ってきました。

閃ウラン鉱は比較的購入しやすいウラン鉱石のなかでは、特に放射能が強いです。
パワーストーンとして販売されている「ヘマタイト」に、見た目が似ています。

燐灰ウラン鉱は、ブラックライト(紫外線ランプ)の光を当てると美しく蛍光ミドリに光ります。
私の燐灰ウラン鉱は、微弱な放射能しか出しません。

原子力発電に使用するウラン燃料は、ウラン鉱石から複雑な過程を経て精製されるもので、厳重に管理されていますので、私達が目にしたりする機会は、まず一生無いとおもいます。
むしろ、最近のパワーストーンブームで、標本商やヒーリングショップ経由でウラン鉱石が手に入る可能性が高まっています。

パワーストーンを扱うお店の多くで、店員さんが見る参考書に、
八川シズエ 著 「パワーストーン百科全書」
という本があります。
これで先ほどの「閃ウラン鉱」の項目を見ると、
「肝臓や胆嚢を強化する力があり、また体内にたまってしまった毒素を排出する働きがあるとされています」
などの効能が書かれています。

もしこの記述を鵜呑みにして、閃ウラン鉱をアクセサリーにするなどして、肌身離さず持ち歩いたり、粉末にして服用したりしたら、放射線による健康被害が出ることが予想されます。
とても怖いと思います。

特命リサーチ200Xで取り上げられていたのは、クリソベリルという鉱物(宝石)です。
「キャッツアイ」
「アレキサンドライト」
もクリソベリルの一種です。

キャッツアイでは、「アップルグリーン」色と「ハニーブラウン」色が特に珍重されます。
色の薄いキャッツアイをこれらの色に変え、商品としての価値を高めるために、放射線を当てる試みがなされました。
通常は厳重に管理された適切な放射線を当てるのですが、かつて、規則を破って原子炉に入れて放射能を当てたキャッツアイが市場に出た事件があったそうです(番組で紹介されていました)。

番組の再現ビデオ(?)では、特に「ウラン」とか「キャッツアイ」ということではなく、「なにかきれいな石」という感じで取り扱われていたようです。
ですから、あのようなウランやキャッツアイが存在するというわけではありません。

なお、キャッツアイの前後に別な宝石名がつくもの、例えば
「キャッツアイ ガーネット」
「アパタイト キャッツアイ」
などは、クリソベリルではありません。
ただし「アレキサンドライト キャッツアイ」だけはクリソベリルに属します。

放射性鉱物について詳しい個人サイト
http://www.r-mineral.net/

宝石検査機関の放射能キャッツアイに関する記述
http://www.gaaj-zenhokyo.co.jp/researchroom/1998/1998_02.html

参考URL:http://www.gaaj-zenhokyo.co.jp/researchroom/1998/1998_02.html

私の手元には「閃ウラン鉱」という鉱石があります。
鉱物の標本商から購入したもので、弱い金属光沢をもった黒い角張った小石です。

また、「燐灰ウラン鉱」というのも持っています。
花崗岩の表面にへばりついており、黄色い砂粒のような感じです。
近所の山に登ったときに拾ってきました。

閃ウラン鉱は比較的購入しやすいウラン鉱石のなかでは、特に放射能が強いです。
パワーストーンとして販売されている「ヘマタイト」に、見た目が似ています。

燐灰ウラン鉱は、ブラックライト(紫外線ランプ)...続きを読む

Q行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか?

行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか?
極論で一つの事だけを取り上げますが、

例えば、食事中に下に落とした物を拾って食べる人、食べない人
食べない人の中でも、もったいないけど人目とかを気にして食べない人
誰も見てないけど、しつけで行儀良く育ったため、食べない人

など育った環境などによって十人十色だと思います。

北朝鮮やアフリカなどの貧困な人は極端ですが
日本の江戸時代や、それ以前での一般庶民は
何のためらいもなく、それどころかもったいない事のみで
拾って食べるのではないでしょうか?

もったいない事をしてまで行儀やマナーは人類にとって必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

行儀やマナーは、他人を不快にさせないこと・自分を危険にさらさないための行動を起源とするものだと思います。「落としたものを食べない」と言うのは、元々は食中毒を避けるためのものではないでしょうか。

イスラムの豚肉を食べない・・というのは腐りやすい豚肉を食べて豚コレラにならないようにするためですし、犬が物を食べた食器で食事をするな・・と言うのは狂犬病を避けるためです。

TVで食べ物を落とした場合、何分以内なら食べても安全か(ばい菌の繁殖量を調べる)・・と言う実験をおこなっていました。落とした場所の衛生状態によりますが落としたものを拾って食べて病気になったのでは、もったいないどころではないでしょう。

>行儀やマナーは人類にとって必要なのでしょうか?
合理的理由のない人為的な行為(なになに流では、こうやる・・と言うの)は無駄でしょうが、合理的理由が有り生活の知恵で形成された行儀やマナーは人類にとって必要だと思います。
そして行儀やマナーを破る場合はリスクが有ることを覚悟して行動する必要が有ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報