『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

 LD(労働需要)=LD(労働需要)W/P
という式が出てきたのですが、
W名目賃金
P物価
つまり実質賃金W/Pは必ず1となるということでしょうか
意味がよくつかめません

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ED=ED(W/P)を勘違いしてみているのでしょう.



この意味は,ED=f(W/P)ですね.f’>0.
つまり,労働需要は実質賃金率の増加関数であるという意味です.

右辺のEDは関数を表す記号です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

完全に謎が解けました。
dynamic-mさん こんな愚問に付き合っていただいてありがとうございます。
すんません。

お礼日時:2007/02/04 05:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミクロ経済学 限界代替率の求め方について

大学でミクロ経済学をとっているのですが、数学をすっかり忘れてしまい、下記の回答が方法がわかりません。
すみませんが、どなたか教えてください。

設問の1問目にあたるため、これを解かないと2~5問目にさえ進めません。

**************************

2財(x>0, y>0)の組み合わせを選好する消費者の効用関数が、

U=x+2√y

のときの、消費者の限界代替率(MRS)は、どのように求めればよいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 限界代替率はX財の限界効用をY財の限界効用で割ることによって求められます。
今回のケースですと、xとyのそれぞれで偏微分することでxとyの限界効用を求めることが出来ます。
式にするとMRSxy=MUx/MUyとなります。
 偏微分の仕方は、xについて偏微分するとすれば、yを定数と置きxについて微分します。するとMUx(X財の限界効用)は1。MUyはxを定数、yについて微分ということになりますから、ルートyはy~1/2と考えられるのでMUyはy^1/2になると思います。
計算が間違えていたら申し訳ありません。

Q労働需要・供給の(N(小文字でD・S))のNとは?

現在マクロ経済学を独学で勉強していますが、労働市場分析の中で略語の正式なものが分かりませんので教えてください。

労働需要=Nの右上に小さくD
労働供給=Nの右上に小さくS

ちなみに、D=Demand S=Supply まではわかってます。
では、『N』はどのような単語の頭文字からとっているのですか?
教えて頂けますか?

Aベストアンサー

Numberでしょう。Number of hours worked あるいはNumber of workers employedから来ていると思います。労働についてはNのほかによく用いられる記号はLですが、これはお分かりのようにLabor (あるいはLabour)から来ています。なぜLを使わないかというと、ほかにLを使わなければならない場合があるからです。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

QIS-LM分析と限界消費性向の関係について

経済学の初学者なので、かなり低レベルな質問で申し訳ありません。
IS-LM分析で、限界消費性向が変化すると、均衡点はどう変化するかということがよくわかりません。
いろいろ調べてみて、限界消費性向が高くなると、IS曲線が水平に近くなるということだけはわかりましたが、なぜそうなるのかというのがわかりません。
低レベルな質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

限界消費性向は、財市場の45度線分析において、総需要の傾きを表しますから、限界消費性向が上昇すると、総需要の傾きが上向きます。
総需要の傾きが上向くと、利子率が国民所得に与える影響が増します。
(切片の上昇に対して均衡点のシフト幅が大きくなる)

IS曲線は、45度線分析の均衡点と利子率との関係を表したものですから、限界消費性向が大きくなればなるほど、利子率の下降幅に対して国民所得のシフト幅が大きくなるので、水平に近くなっていきます。
(利子率に対して弾力的になっていく)


人気Q&Aランキング