重過失傷害罪と業務上過失傷害罪とでは、どちらが刑法上の罪は重いのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死


傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高い
はずなので、同一の注意義務に違反しても逸脱の程度が大きいからであって、その
意味では「重過失の一類型」だという考え方が一般的で、過重についての法的根拠
としては「特別に高度な注意義務が課されているとする説」、「法律的意味の考慮
が不足しているとする説」 、「被害法益が重大とする説」、「認識の範囲が広く
また認識が確実とする説」等々の学説があります。

また「重過失」とは、「通常の過失に対して、行為者の注意義務に違反した程度が
著しい場合、換言すれば、些細な注意を払うことを怠った場合」をさすようです。

従って通常人が予想するとおり、罪の軽重としては、「過失」「業務上過失」そして
「重過失」の順に重くなるのが理論上は正しいでしょう。

osapi124でした。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

適切なご回答ありがとうございました。
よくわかりました

お礼日時:2001/01/13 19:37

 刑法10条に規定があります。

すなわち
(刑の軽重)
第十条 主刑の軽重は、前条に規定する順序による。ただし、無期の禁錮と有期の懲役とでは禁錮を重い刑とし、有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の二倍を超えるときも、禁錮を重い刑とする。
2 同種の刑は、長期の長いもの又は多額の多いものを重い刑とし、長期又は多額が同じであるときは、短期の長いもの又は寡額の多いものを重い刑とする。
3 二個以上の死刑又は長期若しくは多額及び短期若しくは寡額が同じである同種の刑は、犯情によってその軽重を定める。

 がそうですが、両方とも、法定刑は同じですから、1項、2項では解決できませんので、3項により、犯状で定めることになっています。「犯状」とは判例で「当該犯罪の性質、犯行の手口、被害の程度その他一切の情状を指称する(昭和30.10.3.東京高裁判決)」となっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

10条を見るべきだったんですね。参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/13 19:39

同じでしょう、条文見ると。


【刑法第211条】
業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、
五年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に
処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様と
する。

では。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/13 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務上過失傷害について

先ほど、ニュースで芸能人の方がハンドル操作を誤ってバイクと衝突しバイクの運転手は右手首を骨折しており、車の運転手は駆けつけた警察官に業務上過失傷害で逮捕されたとありました。
ここで、お聞きしたいのですがよくニュースの事故などで用いられる業務上過失傷害はどういった場合に用いられるのでしょうか?
事故を起こして、相手が怪我を負ったという話なら、事故を起こした人の大半が業務上過失傷害ということになると思うのですが。。。
また、業務を行っていない時にも業務上過失傷害と言われるのでしょうか?

Aベストアンサー

業務上過失傷害罪は刑法211条に規定されています。
(業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は…)
まず業務の点についていうと、この場合の「業務」というのは、日常の用法で用いる業務とは異なり、人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為であって、かつその行為が他人の生命身体等に危害を加えるおそれのあるものと定義されています。つまり、業務=仕事ではありません。

自動車事故のケースでいうと、例えばタクシーやトラックの運転手のように営業の一環で運転する人のみがこの罪に問われるのではなく、一般の人でも、日常自動車を運転する以上、自動車運転手としての注意義務が課せられているので、それを怠って傷害を負わせた場合には業務上過失傷害罪が適用されます。
himmelさんがおっしゃる通り、小さな傷害を負わせた場合もこの罪が成立するとなると大変ですから、傷害が軽い場合には刑が免除されることになります。
傷害の度合い等、具体的な事は他の方の補足を希望します。

Q過失傷害罪・重過失傷害罪の時効は?

今、「過失傷害罪・重過失傷害罪」の刑法上での時効について調べているのですが、六法全書には載っていませんでした。


どなたかご存知でしたら教えてください!


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公訴時効ではなくて、刑法上の事項ですね?
刑法209条、211条第1項、32条を参照ください。

公訴時効なら、上記に加えて刑事訴訟法250条を参照ください。

Q重過失傷害罪と業務上過失傷害罪、どちらが重い罪?

重過失傷害罪と業務上過失傷害罪とでは、どちらが刑法上の罪は重いのでしょう?

Aベストアンサー

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高い
はずなので、同一の注意義務に違反しても逸脱の程度が大きいからであって、その
意味では「重過失の一類型」だという考え方が一般的で、過重についての法的根拠
としては「特別に高度な注意義務が課されているとする説」、「法律的意味の考慮
が不足しているとする説」 、「被害法益が重大とする説」、「認識の範囲が広く
また認識が確実とする説」等々の学説があります。

また「重過失」とは、「通常の過失に対して、行為者の注意義務に違反した程度が
著しい場合、換言すれば、些細な注意を払うことを怠った場合」をさすようです。

従って通常人が予想するとおり、罪の軽重としては、「過失」「業務上過失」そして
「重過失」の順に重くなるのが理論上は正しいでしょう。

osapi124でした。

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高...続きを読む

Q業務上過失傷害罪について

 私が所有している船に友人と乗っていた際、私の不注意で友人に
全治10日程の怪我を負わせてしまいました。一緒に病院に行き、治療費・見舞金を併せて支払うようにしています。

 保安庁で調書に印鑑を押す際に、『業務上過失傷害なので、後ほど検察庁から呼び出しがあります』と言われました。

 私が心配していると、怪我を負った友人から『刑事事件にしなくてもいいので、保安庁に自分から言いましょうか?』と言われて非常にありがたくは思っています。友人がそう言った事によって今後、何か変化はありますか?
是非、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

保安庁でなく、もし呼び出しがあった場合はその検察庁もしくは担当検察官に友人の嘆願書を提出すればよいのではないかと思います。

事件の内容としては、怪我の程度が低い・治療費慰謝料を支払う予定・被害者自身の意思からして不起訴の可能性が高いのではないかと思います。

Q交通事故に対する業務上過失傷害罪

交通事故を起こし相手側が診断書を提出したため、警察から業務上過失傷害罪に当たるいわれましたが、どういう罪に問われるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

業務上過失傷害罪はいわゆる人身事故扱いと言うことで物損事故とは大きく違ってきます。 懲役や禁固刑及び罰金刑などの刑事処分を受ける可能性があるんです。 そのほか免許停止などの行政処分・被害者に損害保証を行う民事処分の3っの責務が発生します。 物損事故扱いの場合、よほど悪質でない限り警察はあまり介入しませんので当事者同士での話し合いになりますので刑事処分・行政処分はほとんど発生しません。刑事処分は1~2ヶ月後に検察庁から呼び出しをうけ取り調べ・書類送検後罰金刑などの判決を受けることもありますし些細な事故では呼び出し等無い起訴猶予処分となる場合もあります。罰金刑は相手のケガの度合いにもよりますが12万~50万の間です。行政処分は人身事故の場合4点~15点(安全運転義務違反込み)累積点数が6点以上ですと免停等の処分を受けます。最後に被害者に対して治療費や慰謝料などの金銭的な保証になります。

Q熱中症 業務上過失傷害罪は

地球温暖化で毎年異常な高温に悩まされている中、今年はまた原発事故発の節電でさらに非人間的な生活環境となっています。
この中で、学校では指導要領の改訂に伴う授業不足とかで夏休み短縮が全国的に進められています。本当は冬や春の長期休暇の短縮で対応すべきなのに、冷房も入れない学校で夏休みを縮めるなどは狂気の沙汰です。教室に扇風機などを入れていますが、焼け石に水。風は教室中の一部にしか行かないし、音がうるさいだけで、百害あって一利なしです。
学校現場を知らない冷房の効いた市議会、上役にお追従して校長になった者たちの阿諛追従、この合体でどんどん強行されています。現場の教師や子どもの声は無視されて。

熱中症で倒れる子どもが出て来たら、業務上過失傷害罪?で校長や教委、市議会を訴えられるでしょうか。法律に詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

告訴は可能ですが、
国家権力の制裁を求めますので、
どの法律の何条のどこに該当する犯罪なのか、告訴状に正確に特定する必要があります。
ですので、素人では無理です、告訴するなら弁護士等の専門家に相談ですね。



それと、教師の場合は、公務員なら公務災害補償、私学の教師なら労災になると思います、
生徒の場合は施設賠償等の学校でかけている保険で対応。

賠償請求もできます。

Q被害者でも業務上過失傷害は適用されますか?

先日物損事故にあいました。
相手に7割前後の過失があるのですが(現在調整中)
相手が人身を主張した場合(切り替えた場合)
こちらの業務上過失傷害になるのでしょうか?

もし、そうなった場合は速度違反などの違反や罰金も科せられるのでしょうか?

Aベストアンサー

交通事故で相手が怪我をした場合は業務上過失傷害罪が適用されます。
ただ、事故の態様や事故原因によって、処分があるかどうかはわかりません。
過失割合というのは民事問題なので、警察の処分には関係ありません。
警察がご質問者にも事故の原因がある判断すれば、取調べをして検察に書類を送ります。
その後、検察で処分が決定されることになります。

交通事故の場合の速度違反は測定したわけではないので、速度違反としての罰金や処分はありません。
しかし、業務上過失傷害の量刑を決める上で、速度違反があれば参考になれます。

Q業務上過失致死罪の「業務上」って?

先日7時間で3軒をはしごして飲んだあと、酔ったまま車を運転、信号を無視して高校生をはねて死傷者を出した事件がありました。
そのとき感じた疑問なのですが、7時間も飲んだ後なのにどうして「業務上」過失致死罪になるでしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「業務」は仕事のことではありません。
「普通に生活していて繰り返し行うこと」という意味です。
車の運転はまさにこれにあたりますから、「業務(運転)上」過失致死となるわけです。

詳しくは参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.kachijiten.com/news/negligence.html

Q過失傷害と業務上過失傷害との違いを教えてください

先日知り合いの祖父が犬の散歩中にその犬が通りがかった子に
噛み付いて負傷を負わせてしまいました。
犬は自分で所有している犬で、散歩は日常的に行なっています。

犬を散歩させていた知り合いの祖父は、過失傷害なのかそれとも
業務上過失傷害なのかどちらになるでしょうか?
それによって責任の重さが違うようなので、どなたか判りましたら
お願い致します。

Aベストアンサー

 すでにお答えしている方がいるとおり、業務上過失傷害とは性格が異なるものかと思います。通常は車とか重機とか医療行為などです。このケースでは、過失傷害かと思います。

 ただし、祖父の行為がどれだけ相手に怪我をさせないよう注意を払っていたかがポイントになると思います。ひもをつけて注意していたのに一瞬の事故だったら、過失傷害かもしれません。しかし、凶暴な犬なのにもかかわらず、ひももつけていなかったら、重過失傷害と判断される可能性があります。業務上過失傷害と同様の罰になり、禁固刑の可能性も生じます。詳しくは刑法第211条を参照願います。

 さらに、例えば闘犬等を訓練し、故意に子供を襲ったと認定された場合は、傷害罪となり、さらに厳しい罰になりますが、まあこれはよほど悪質なケースでもなければ適用されないかとは思います。

 ちなみにこれらはすべて刑法上の罰則です。被害者に対する損害賠償(治療費等)は民事的に解決することになります。

Q業務上過失傷害容疑で逃走

私は交通事故の被害者です
警察用の診断書は骨折などで4週間見込みです
事故の相手は警察の現場検証後に2週間以上になりますが行方不明です
今現在は警察が現場検証を終えているので法的には問題にはならないらしいです
事故後1度も当然ですが逢ったこともありません
救急車で運ばれた病院に来るでもなし
入院中にも加害者の家族すら見舞いにも来ません
警察は診断書を提出すれば業務上過失傷害で送致するので
その後は呼び出しに応じなければ最悪指名手配とは言いますが
交通事故で指名手配になることは少ないと言います
被害者心情なのでしょうが加害者を厳罰に処して欲しいです
罪の意識もなければ、また重大事故を起こすと思います
今現在は入院中でもあり警察に診断書は提出してありません
加害者を捕まえる・厳罰にするにはどうしたら良いのでしょうか

Aベストアンサー

ロコスケです。

相手が未成年ならば、親権者の親に民事請求出来ます。
治療に全快の見込みが着いた時点で慰謝料や治療費で保険で
賄えなかったものを請求出来ます。(領収書を保管)

保険会社に事故相談のコーナーを設けています。
そこで請求出来るものすべての相場を聞き出して親権者に
請求しましょう。(配達証明をつけて)
それで無視されれば、民事訴訟で勝てます。
親は、それを認識しているんで逃げているんだと思います。(笑)
そういう逃げの親の子供ですから、当然に逃げるんでしょうね。

僕にも子供が二人おりますが、もし、子供が事件を起こしたら、
全責任は親にあると土下座して謝るでしょうね。
そういう僕ですから、子供は親に迷惑かけるようなことはしません。

未成年ならば、罰金刑です。

本人は、かなり追いつめられているでしょう。
いつ逮捕されるか判らない状況で、親が自分の肩代わりして民事責任を
負わせられるのですから。

未成年の厳罰を求めなくても、これから一生、業務上過失傷害の前科が
付いて回ります。

とりあえず、民事できっちり、決着を付けて下さい。
未成年で良かったと思いましょう。
本人が逃げても親権者に請求が出来るんですから . . .

ロコスケです。

相手が未成年ならば、親権者の親に民事請求出来ます。
治療に全快の見込みが着いた時点で慰謝料や治療費で保険で
賄えなかったものを請求出来ます。(領収書を保管)

保険会社に事故相談のコーナーを設けています。
そこで請求出来るものすべての相場を聞き出して親権者に
請求しましょう。(配達証明をつけて)
それで無視されれば、民事訴訟で勝てます。
親は、それを認識しているんで逃げているんだと思います。(笑)
そういう逃げの親の子供ですから、当然に逃げるんでしょうね...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報